菅直人副総理兼財務相の財政演説に対する各党の代表質問が19日、衆院本会議で行われ論戦が始まった。野党は民主党の小沢一郎幹事長の資金管理団体を巡る事件や鳩山由紀夫首相の偽装献金問題など「政治とカネ」を追及。首相は、小沢氏にかかわる事件を巡り「(法相による)指揮権の発動は考えていない」と語った。

 「指揮権」は検察の個別捜査について、法相が検事総長を指揮・監督する権限。自民党の大島理森幹事長は、首相の「どうぞ戦って」発言に関し、「『国策捜査』とか『指揮権発動』を言いたいのか」と追及した。

 首相は指揮権発動を否定したうえで、「私は行政の長であり、検察が公正な捜査を行うことを信じたい」と語った。

 首相自身の偽装献金問題では、「脱税ではないか」との指摘に対し、首相は「母からの資金提供は知らず、贈与税を免れるという発想はなかった」と弁明。資金の使い道についても「(検察から)違法な支出という指摘はなかった」と述べた。【野原大輔】

「人のいる空間守れ」ローコスト耐震化実証 京大防災研(産経新聞)
通常国会提出を見送りへ=地方議員年金の改革法案(時事通信)
受刑者129人が胃腸炎、ノロウイルス検出…宮城(読売新聞)
ロープウエー地上30m宙づり、整備の2人乗せ(読売新聞)
衆院予算委スタート 「政治とカネ」問題で首相、「大変遺憾」(産経新聞)