情報処理学会(会長・白鳥則郎東北大教授)は2日、日本将棋連盟(米長邦雄会長)にコンピューター将棋ソフトとプロ棋士の対戦を求める“挑戦状”を突きつけた。米長会長は「いい度胸だ」と受けてたち、女流棋界の第一人者である清水市代女流王位・女流王将を初戦の相手にあてることにした。対局はこの秋の予定。

【関連記事】
最優秀棋士賞に羽生棋聖
羽生夫人・畠田理恵さんが自損事故
羽生四冠が12年連続トップ 平成21年将棋棋士獲得賞金 
授業中に将棋を指し、注意されて教諭殴る 容疑の中2男子逮捕
「タイトル防衛で申告額減らさない!」将棋の矢内女王が確定申告
「けむりの行方は? 受動喫煙論争」

参院比例に片山さつき氏ら=自民(時事通信)
長崎の産婦人科医会がカンガルーケアの注意喚起へ(産経新聞)
<掘り出しニュース>蒲郡みかん郵便ポスト、駅や市役所に登場(毎日新聞)
<枝野担当相>大型連休中の閣僚海外出張「必要最小限で」(毎日新聞)
独法人件費アップを否定=一部報道「誤報だ」-近藤経産政務官(時事通信)