November 09, 2011

ひとりごと。

ワタシの中の何かが たぶん
どこかで変わってしまった

もう二度と あんな感情を
誰にも持てない気がする

ちゃんとサヨナラできなかった

もう二度と あんな想いを
何処にも抱けない気がする

ありがとうも ごめんなさいも
一度も伝えられないまま

ちゃんとサヨナラしたかった

ワタシなら大丈夫だから と
言いたいけれど言えない

あれがきっと最後だと思う
死ぬまできっと忘れない

ちゃんとサヨナラできなかった

ワタシの事を 覚えていますか
ワタシを 許してくれますか

ワタシは忘れない 死ぬまで
だからどうか 許さないで



x_fusigi_x at 21:09|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

May 06, 2011

ひとりごと。

いくら考えても 分からないけど

いつも悪いのは ワタシだから

きっとまた ワタシのせいなんだろう

 

だから 何も求めないし

浅はかな 期待もしない

 

何が いけなかったんだろう

どこで何を 間違えたんだろう

許してなんて 言わないから

 

ねぇ、誰か 教えてくれないかな



x_fusigi_x at 17:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

April 01, 2011

shut out.

全てを

ココから全てを



x_fusigi_x at 19:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

March 21, 2011

no title.

綺麗な眼をしていた

何もかもを見透かされているようで

ただ 怖かった

綺麗な眼をしていた

時折り見せる柔らかな眼差し

見過ごすはずはなかった

それなのに

二人とも 幼かった

二人とも 子供だった

ただただ なす術もないまま

時を戻せたら、なんて

今更のように思う

だからって何も変わらないけど

幸せでありますように

大切なモノを 大切なヒトを 大切に

日々 幸せでありますように



x_fusigi_x at 20:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

October 15, 2010

ヒトリゴト。


ボク ハ キミ ヲ ユルス

キミ ガ ユルセナイ キミ ヲ

ボク ガ ユルス


ナイテモ

サケンデモ

イインダ


ボク ガ キミ ヲ ユルス

キミ ノ キライナ キミ モ

ゼンブ ユルス カラ



x_fusigi_x at 04:44|PermalinkComments(5)TrackBack(0)

October 12, 2010

ひとりごと。

no title.

 

色んな事が まるで他人事

どれもこれも 輪郭を持たず

 

ふわりふわりと 浮いている

 

風が吹いたら 飛んでみようか



x_fusigi_x at 19:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 26, 2010

ひとりごと。

no title.

ココロを何処かへ置いたまま

抜け殻が何やら喋っていた


ワタシが何処か遠くから

それをじっと見ていた



ココロは未だ戻らぬまま



x_fusigi_x at 05:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 17, 2010

loop.

no title.


守れない約束を抱えたまま

どれも捨て切れない心のまま

雁字搦めの罠に身を委ね

また壊して傷付け傷付いて

 

こんな事 いつまで続けるんだろう



x_fusigi_x at 05:11|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 15, 2010

ひとりごと。

a rainbow.

 

 

何年か振りに 虹を見た。

 

あの時みたいに 綺麗じゃなかったけど

あの時より多分 心は少し、綺麗だ



x_fusigi_x at 00:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 04, 2010

ひとりごと。

no title.「ウソはつけないの」なんて

一番のウソをついて

下手なウソを塗り重ねる


「ウソは下手なの」なんて

今更言ったところで

きっともう見抜かれてる


全て自分で招いたこと

そんなの分かってるけど


ほら またモンスターのせいにする


誰も傷付かないなんて

そんなの有り得ない


ワタシだけ傷付いて済むなら

何だってするのに



x_fusigi_x at 12:07|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

September 03, 2010

ひとりごと。

no title.

 

   空を 雲を じっと ずっと見ていた

 

no title.

いつの間にか 蝉の声も聞かなくなって

夏休みも終わったんだ


いつの間にか 夏の匂いを残した空も

夕暮れ時の 足の速さ


そんな事にも気付かずに

いつの間にか 何も知らぬうちに


ワタシだけが いつまでも

小さな箱の中 何も変わらずに



x_fusigi_x at 11:07|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

September 02, 2010

ひとりごと。

DSC01399

 

約束はどれも 守れそうにないし

問題は山積み ガラクタも山積み

膨らむばかり 何一つ片付かない

 



 

小さな瞳が ワタシを見てる

だから今は ただキミの為に



x_fusigi_x at 05:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 30, 2010

ひとりごと。

何となく引き出しの整理をしてたら

もう捨てたと思ってた古い写真が出てきた


捨てようと思ってたはずなのに

酔ってたはずなのに

薬で朦朧としてたはずなのに


それでも捨て切れなかった写真

どれも見れば見るほど涙止まらない


なんでこんな写真残したんだろう

確かあの時はもう消えるつもりで

パソコンや携帯に残してたモノも


全部捨てたはずだったのに

それでも残してあった数枚の写真


もう多分、自分以外

誰も見る事も無いだろう写真

捨てようか、どうしようか



x_fusigi_x at 11:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 24, 2010

さみしい病。

それはおそらく「さみしい病」です

お薬の処方はできません

何故ならそれは

アナタの中に有るモノだからです

或いはアナタの傍に居るヒトが

持っているかも知れません

ですがそれは

こちらでは分かりかねます

お酒は時に症状を悪化させますので

特に独りで呑むのは要注意です

一時的なものですが

そのヒトの処へ行けば症状は和らぐでしょう

ただし「一時的に」という事を

お忘れのないように

はっきり言ってしまえば

治す方法はありません

何故ならそれは

アナタの中にしか無いからです

それを見つける事でしか

治す道も見つかりません

そのヒトが見つける手助けになるかは

こちらでは分かりかねます

大変申し訳ありませんが

私共に言えるのはこれだけです



x_fusigi_x at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 22, 2010

ウソツキガワ。

サミシク ナイ トカ

イイ ナレタ コトバ

イマ モ チャント イエル

ワタシ ハ ウソツキ


ダイジョウブ ナンテ

コトバ モ イマ ハ

ナカナイ デ イエル

ワタシ ハ ウソツキ

ウソツキ。

 

コトバ ハ ゼンブ

カワ ヘ ナガス ノ

ウソ デ ヨゴレテ

ナツゾラ ウツス


カワモ ノ ソラ ハ

ワタシ ノ ウソ

ソシテ クモ ハ

アナタ ノ ヤサシサ



x_fusigi_x at 04:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 21, 2010

Please control me .

ただ「寂しかった」だけで

終わらせたくは無いけど

でもそれがいいって事は

自分が一番良く知ってる

プラタナス。

 

 

また壊してしまう前に

これ以上近付かない為に

 


 

「酔ってた」って言えば

きっと、それでおしまい

大切な人は大切なまま

それがいい、それでいい



x_fusigi_x at 17:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 20, 2010

ひとりごと。

みんな勘違いしてる

別に悲観もしてないし

同情なんかクソ喰らえ

「悲劇のヒロイン気取り」と

誰かに言われたけど

いつの話だっけな

また同じ事言われたら

思いっきり殴ってやる

no title.みんな色々言うけど

解り切った事ばかり

もういい加減うんざり

それ一般論ってヤツ?

根拠は何処にあんのさ

それでも黙って聞いてるけど

そこんトコの線越えたら

本気でぶん殴るからね



x_fusigi_x at 23:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 19, 2010

ひとりごと。

眠りたくないの
このままじゃ眠りたくない

お酒呑んでも
ちっとも酔えないし

薬で眠っても
また朝がくるだけ

眠りたくないの
また明日になるだけ

でも だって
このまま居たって

朝はやってくるし
明日になってしまうから

このままじゃイヤだけど
そんな事どうしようもないし

仕方ないから
薬で無理矢理眠るけど

公園にて。

 

あぁ このまま
朝も明日も来ないなら

ありったけ呑んで
ありったけ飲んで

酔っ払って眠れるのに
何も考えずに眠るのに

 

このままずっと
眠ってしまえるのに



x_fusigi_x at 01:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 16, 2010

d i l e m m a m o n s t e r .

どこ で まちがえ たんだろう
なに を まちがえ たんだろう

むじゅん と かっとう
なにもかも が そんなふう

alone.やまあらし の じれんま
なにもかも が そんなふう

ちいさな はこの なか
まいにち いき を ころして

これいじょう なに も こわさぬ よう
これいじょう だれ も きずつけぬ よう

できるだけ ちいさく いき を して
せかい と はなれた ところ で

できるだけ なに も ちかづけぬ よう
できるだけ だれにも ちかづかぬ よう

ちいさな はこの なか
できるだけ ちいさく いき を して

すべての ほこさき は おのれへ と
むけた つもり だった

それなのに それなのに
つもり だけ だった

いつも このては なにか を こわし
だれか を きずつけて しまう

もんすたー と よぶいがい なにも ない
やっかい な この いきもの

やはり このてで こわすの だろう
いつか このてで こわすべき なのだろう



x_fusigi_x at 22:06|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 13, 2010

はは と むすめ 。

「一緒に死のうか」と

母に言われたのは

今日で何度目だろうか

朝焼けと線路。


昔は嫌だった

誰がアンタとなんか死ぬかと

死ぬなら独りで死ぬと

そう思ってた

 

でも何故か今日は

それでもいいかと

それがいいかも知れないと

少し思った



x_fusigi_x at 19:01|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

August 12, 2010

y e l l o w b e l l y .

 

どうせならもっと これでもかと 罵ってみてよ

 

no title.

 

それとも 何も無かった事にしたい?



x_fusigi_x at 10:05|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 11, 2010

しゅうせん。

夕暮れの公園

子供らも帰ったあと

ひとりゆらり鞦韆

このままいつまでも

ゆらりひとり鞦韆

夕立がきても平気

鞦韆

ひとりゆらり鞦韆

暗くなっても平気

月と一緒にこのまま

ひとり鞦韆ゆらり

さよならさよなら

このままいつまでも



x_fusigi_x at 17:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 10, 2010

ひとりごと。

もう疲れたよね

無理は続かないし

もうやめようね


夏空。このままでいい

このままがいい


最初から解ってた

誰もモンスターなんか

愛してなかった

 


本当は知ってたんでしょう?



x_fusigi_x at 23:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 09, 2010

さみしいところ。

ここにあつまるひとたちは

みんなわらってばかいって

よっぱらっていいきぶんで

かえってねむるのだろうか


さみしくひとりでやってきて

わらってうたってばかいって

ねむるときさみしくないの?

そこでひとりさみしくないの?

顔。。

ここはそんなところ

みんななにかをかかえてるのに

だれひとりそれをみせようともせず

こどくをかかえたままかえるの


そしてわたしもおなじように

わらってうたってばかいって

よっぱらってかえっては

ひとりここでこえあげてなくの



x_fusigi_x at 12:58|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 06, 2010

かそうくうかん。

ただ「ばーちゃる」な
できごとだったなら
それだけだったなら

やくそくはまもれない
ただのよっぱらいの
たわごととおもったでしょ

おぼえてもいないか
きっとどうでもいいこと
そうだったんでしょう?

ほんきでいったの
ちゃんとおぼえてるの
でも もうやめるね

DSC01106

またうしなってしまう
かそうくうかんでさえ
ワタシはもんすたー

またこわしてしまう
いつもいつもこんなの
のぞんでないのに

もんすたーのいばしょは
いったいどこなんだろう
ワタシのかえるばしょは



x_fusigi_x at 16:27|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 05, 2010

t e a r s .

ドブ河。泣きたいだけ泣いて

それでも溢れて毀れて

納まりきれないモノは

そこんトコのドブ河に

ポイと捨てに行こうか

それともいっその事

この身ごと放り込もうか



x_fusigi_x at 19:45|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

August 03, 2010

ひとりごと。

蒼い糸を ほどいて

銀の針を 外したら

何も 無かったかのように


忘れよう 忘れよう

何事も 無かったように

ココロも 涙も 捨てて



x_fusigi_x at 00:00|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

August 02, 2010

ひとりごと。

泣きたいなら 泣けばいいって
誰も 言ってくれなかった
泣いたりしちゃ いけなかった
ずっとずっと 小さい頃から。

泣くな 負けるな 強くなれ
そう 言われ続けてきた
ずっとずっと 小さい頃から。

そう頑張ってきた つもりだった
強がって 何でもない振りして
演じるのは 得意だった。

どこかで 何かが 切れた
いつだったか 何故だったか
今でも 分からないけど。

このカラダに このココロに
納まり切れず 溢れた何かは
モンスターと化して 現れた。

このカラダも このココロも
大切なヒトや 大切なモノも
傷付け 壊し そして失った。


でも 泣いちゃいけないんだって。
強くならなきゃ いけないんだって。

ワタシ そんなにダメな人間?



x_fusigi_x at 17:12|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

August 01, 2010

ひとりごと。

そんな言葉 よく口にするけど

それっていつも ただの冗談?


嫌われてないのは 分かるけど

愛されてないのも 分かるの


面倒なら いつでも切り捨てて

ズルイのはきっと お互いさま


違う、本当はワタシの方…



x_fusigi_x at 20:22|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

July 31, 2010

ひとりごと。

行きたいトコロまで

会いたいアナタまで

どれだけ離れてるの


どのくらいの 距離

どのくらいの 時間

どのくらいの ココロ


歩いて行けるかしら

その ココロまで

辿り着けるかしら

sora



x_fusigi_x at 02:16|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

July 30, 2010

ひとりごと。

朝焼けは 雨

夕焼けは 晴

って いうよね。

どーっちだ。

 

 

 

 

 

 

これはどっちだと思う?

って、バレバレか。



x_fusigi_x at 04:22|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

July 27, 2010

ひとりごと。

ね、どっちにかける?


くる」 「こない

こない」 「くる

すき」 「きらい

きらい」 「すき

ね、なにをかける?

 

なんにもないや。

そんならもう

どうでもいいや。

ぶらんこ。



x_fusigi_x at 09:25|PermalinkComments(4)TrackBack(0)

July 25, 2010

かこのこと。

いままで なんども

ばかみたいに

おなじこと したけど


せめたり おこったり

しなかったのは

ふたり だけだった


たぶん ひとりは

ほんとうに

こいつを あいしてた


ひとりは たぶん

むかんしんな

ふりしてた だけだった



x_fusigi_x at 11:35|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

July 22, 2010

ひとりごと。

夜明け前の 地上の景色

路面電車の 錆びた線路


もうじき 車の音と電車の音

排気ガスと 大急ぎの自転車

蝉の鳴き声と 夏休みの子供達

線路。
泣きたい時 何も考えたくない時

当てもなく 路面電車に乗るんだ


失くした言葉を 拾いながら

失くした記憶を 探しながら

失くしたココロを 想いながら


そう言えば何年か前 夜明け前に

線路の上を 終点まで歩いた


まだ暗くて 人影もなくて

何を考えてたのか 忘れたけど

河の上を渡る時は 少し怖かった

薄明るくなって 始発電車が走り始め

世界の歯車が 廻り始めた


数えきれない いくつもの歯車

そのどれにも 組み込まれていない

それでも世界は廻り 日々は巡る


ちっぽけな モンスター一匹

ひっそりと 地下で息をしている


世界は ただやり過ごすだけ

今日も 地球は廻るだけ

海や 空や 森 ヒトを壊しながら



x_fusigi_x at 00:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

July 20, 2010

ひとりごと。

消えてしまえればいいのに。

もうやめようかな。
半分以上やめてるけど。
全部捨てちゃおうかな。
ほとんど残ってないけど。

そんな事思いながら 何年経ったろう。

まだ何かに しがみ付いてるんだろか。

それが何かさえ もう分からないのに。

あの辺りへ。

いつでもこの痛みは
とっくに麻痺してしまった。
誰にも知られないように。
誰も許してくれないから。

 

 


そっと、あの雲の辺りへ。



x_fusigi_x at 22:39|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

July 19, 2010

しるし。

いちにちが おわったら

しるしを ひとつ つけるの

すぐに わすれちゃうからね

きょうは ここに ひとつ


きょうも いきました

きょうも いきをしました

きょうもまた こんなふうに

そのしるしに ×をひとつ


また わすれちゃうからね

かれんだー みたいにね

あしたは こっちに ひとつ

×のかずは つみのかず



x_fusigi_x at 03:37|PermalinkComments(3)TrackBack(0)

July 18, 2010

ひとりごと。

この云いようのない孤独

誰に理解などできましょう

地獄のような葛藤に

目を瞑っている矛盾

何も考えずに済むよう

思い出さずに済むよう

ただ身を任せる日々

十七年の歳月を捨てた

この壊れそうな苦しみ

何処へ遣ればいいでしょう

全てこの胸に手に抱え

抜け殻と共に燃やしましょうか

抱えきれず溢れたモノは

何方か捨てて下さいますか

また誰かが繰り返さぬよう



x_fusigi_x at 00:00|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

July 17, 2010

ひとりごと。

まともに生きれもしないのに

死ぬ事さえままならぬ

生き損ないの死に損ない

全てが中途半端のまま

 

何もかも諦めたはず

夢とか希望なんてモノも

立ち上がろうとする事も

抜け出そうとする事も

 

だから もうおしまい

ワタシはヒトじゃないの

呼吸するだけの抜け殻

時にモンスターと化す

 

ねぇ 許して



x_fusigi_x at 22:52|PermalinkComments(1)TrackBack(0)