2007年09月13日

アメンバー

犬に服なんて必要ない――。

 数年前まではそういう風潮が主流でしたが、現在は、犬用の洋服は「犬服」と呼ばれて普及し、さまざまな種類のものが販売されています。


 犬に服を着せる理由は、見た目が良いからというだけではありません。


 犬の体を、散歩のときの雨風や紫外線から守ったり、抜け毛が飛び散るのを防いだりといった役割もあります。服を着せるようになってから、犬が風邪をひかなくなったという話も聞きます。


 犬用の服を選ぶ際は、目的に沿った形状・素材のものを選ぶようにしたいものです。


 また、犬の服を買うときのポイントは、事前に、犬の首まわりや着まわり、胸まわりのサイズを測っておき、合ったサイズのものを購入すること。


 注意点としては、洋服を24時間着せっぱなしにしないこと、子犬の頃から服を着ることに慣れている犬は別ですが、嫌がる犬には無理強いしないことです。


 最近では、オーダーメイド商品や、コスプレ用商品まで流通している犬服の世界。今後は、人間と同程度まで、アパレル産業も発達していくのかもしれません。


URAS(ユーラス) ポコチーナ(リアメンバーサポート) ローレル(C33)
商品価格:8,700円
レビュー平均:0.0

アメブロのブログの非公開
アメブロのブログの非公開ってどうやってするんですか?友達にだけ教えて、他の人には見られないようにしたいです(・ω・`)(続きを読む)




アメンバー設定画面がご利用いただけません
ログイン後トップページから「アメンバーの設定」の設定がご利用いただけなくなっております。 現在、原因の究明と復旧作業を行っております。 ご迷惑をおかけいたしますが、修正の完了まで今しばらくお待ちください。(続きを読む)





xazz4 at 02:38 この記事をクリップ!