2007年10月26日

ガーゼオーマ

 お菓子の中でも、和菓子は、その美しさ・ヘルシーさが、最近見直されてきています。


 和菓子の特長の一つは、“四季がある”こと。

 桜餅や柏餅を包む葉っぱなど、自然のものを利用することによって、季節感を演出することもあります。


 お菓子の原料として、鳥や豚などの獣肉や乳製品を一切使わない、というのも和菓子の特長です。油や香辛料もほとんど使われません。

 和菓子の場合、お米や麦、でんぷん、豆類、砂糖などがメイン材料なのです。


 そのため、洋菓子に比べて、カロリーは概ね低めというのも、和菓子の特長の一つと言えるでしょう。


 また、和菓子は、茶の湯とセットで発達してきたため、味は、緑茶に合うようなものになっています。


 ――五感に心地よい見た目の美しさ、四季折々の風情と趣を感じさせる色彩と形、お茶に合う味。

 お菓子の中でも、日本人に癒しをもたらすのは、やはり和菓子であると言えるのではないでしょうか。


writer=石野


体内のガーゼはどうなるの?
体内のガーゼはどうなるの?「鼻から18年前手術のガーゼ」というタイトルの記事を読みました。私も4年前に鼻の手術を受けた際、「ガーゼが行方不明になった。吸収されるから問題ない。」との説明を受けました。術後直ぐに患部は癒着してしまいました。手術した医師は直ぐに転勤してしまったので説明は聞けず別の医師から使用すべきガーゼの量が少なかったと説明を受けました。その2年後に酷くなった癒着をはがす手術を受け呼吸も楽になり安心していたところ、この記事を読み18年もガーゼが取り残されていた事実があるならあのときのガーゼは?と不安に感じます。ガーゼにもいろいろ種類があるのでしょうか?体内に残っている可能性は?(続きを読む)




ガーゼオーマ
止血ガードの取り忘れ。ドラマ医龍2で.(続きを読む)





xazz6 at 22:31 この記事をクリップ!