2012年12月10日

背景:
タバコの煙には多くの有害物質が含まれており、長期的に喫煙することで肺や気管などに様々な障害を引き起こすと考えられている。またそれ以外の体の各部に様々な悪影響があることが示されている。

要約:
高校生は骨の弱化や骨粗しょう症について考えるには早すぎるように思えるかもしれないが、シンシナティ小児病院医学センターのLorah Dorn博士らによって、喫煙をしている10代の女の子は骨ミネラル量が低下してしまうことが分かった。

骨粗しょう症は高齢の女性に頻発し、骨密度が低くなることで日常生活で簡単に骨折してしまうようになる。骨は生きている間は絶え間なく再生・再構築されるが、その強さや密度の増加に措いて10代はとても重要な時期となっている。

Dorn博士によると、青年期に強い骨の構築に失敗してしまうことで、閉経後骨密度が低下していく時に必要となる、「骨の貯蓄」が正しく行われなくなってしまう。この貯蓄の約50%は青年期に獲得されるため、その時期は将来の骨の健康にとても大きな意味を持つという。

彼らは11歳から17歳の健康な262人の女の子を対象に3年間調査を行った。すると喫煙をしていない女の子の腰椎や股関節部の骨密度は安定して上昇していたのに比べて、喫煙をしている女の子では、腰椎の骨密度がほとんど成長せず股関節部では低下してしまっていた。彼女らが19歳に達したときには、喫煙者は非喫煙者に比べて骨ミネラルの蓄積が丸1年遅れていた。

メンフィス大学のKenneth Ward博士によると、喫煙の影響は徐々に蓄積していくものであるため、青年期では明確な害が現れることは珍しい。そのためこの研究によって、青年期での喫煙の明確なリスクが明らかにさらたことは素晴らしいことだという。

またこれまでにも、喫煙者の女性は脊椎の骨折が13%、股関節部の骨折が31%増加するという研究結果があった。今回の研究結果はこの以前の研究結果とも合致し、より若い女性にも同様の害が現れることが示され、喫煙をしている子供たちにより危機感を示すことができるようになるだろうという。

smoking mom

元記事:
Smoking hurts teen girls' bones - Lower density likely in adolescents who smoke cigarettes
http://www.sciencenews.org/view/generic/id/346875/description/Smoking_hurts_teen_girls_bones

参照:
L.D. Dorn et al. Longitudinal impact of substance use and depressive symptoms on bone accrual among girls aged 11-19 years. Journal of Adolescent Health. doi: 10.1016/j.jadohealth.2012.10.005.

このエントリーをはてなブックマークに追加 mixiチェック

トラックバックURL

コメントする

名前
 
  絵文字