ジェットスター搭乗レポートが終わったので、今回はバイロンベイの旅についてレポートします💓









ヨガオーガニック🌿サーファー🏄ヒッピーの聖地バイロンベイは、 女子の大好き!がいーっぱい詰まった場所でした(*´∀`*)



いるだけで、元気が湧き出てくるパワースポット。
もしゴールドコーストに行く予定があれば、ぜひぜひぜひ!寄ってみて下さいね!



◆バイロンベイとは


オーストラリア最東端に位置する小さな街。
サーファーやヒッピーなど、独自の文化を構築してきました。
少し前まで、街にはファーストフードやチェーン店がなかったそうです。





サーファーズパラダイスをより、コンパクトに、田舎に、陽気にしたような街で、バケーションにぴったりです!




アーティストが多いので、
ミュージックフェスティバルが毎日のように開催され、砂浜は座って音楽を聴く人でいっぱいでした♬♩



私はゴールドコーストの中心地、サーファーズパラダイスに宿泊したので、オーストラリア人の友人に車で連れてってもらいました〜。



◆7月のオーストラリア

ちなみに私がオーストラリア行ったのは
7月。オーストラリアの7月は真冬!
...ですが、みて下さいこの青空と通行人の服装。笑


たまたま40年に一度の暑い冬の1週間にあたったそうです。
旅行中はずっと、ノースリーブ!
パーカー一枚あればOKという最高の気候でした。
私が行く数日前までは毎日雨で、UGGのブーツが手放せなかったそう。
天気予報をしっかり見て、服装を間違えないで下さいね。
オーストラリアは常夏ではない!と何度も言われましたから!笑




爽快なサーファーズパラダイスを抜けていざ!バイロンベイへ出発です。




車で約1時間半、バイロンベイへ到着です。

ついて撮ったこの写真。
青空が本当に青い!




◆オーガニックカフェ
まずは腹ごしらえ*
バイロンベイは有機食材をふんだんに使ったカフェがいっぱい。
訪問したのはByron fresh cafe☕︎


どれも美味しそう!







メニューも可愛くて、オシャレなんです。








このサラダ、人生で食べたサラダで一番美味しかったです。
新鮮なお野菜にジューシーなチキン、クコの実がアクセント。





サーモンも、アスパラや木の実と一緒にライムをしぼって頂きます。






名物フィッシュアンドチップス。
イギリスも名物ですが、断然オーストラリアの方が美味しかった!笑







コーヒーは勿論オーストラリア流
FLAT WHITE(フラットホワイト)!
エスプレッソベースのコーヒーにフレッシュなスチームミルクが混ざり合った淹れ方。
これがまた美味しかった〜💓
普段は断然紅茶党の私が、オーストラリア滞在中、ずっとフラットホワイトを飲んでいました。




テラス席が最高です。
オシャレなカフェが街には溢れているので、カフェ好き女子はたまらないと思います!
是非行ってみて下さいね!








最高に美味しかったこちらのコーヒー豆は日本に持ち帰り、帰ってからもバイロンベイを感じています♡





◆街中


ヒッピーの多い街は、やっぱり裸足で歩く人もいっぱい!






雑貨や、お洋服もボヘミアン♬
刺繍が可愛いお洋服はバイロンスタイル。
無理に服を持って行かず、現地調達でバイロンスタイルを完成させるのもオススメです。


私もバッグや雑貨を沢山購入しましたよ〜!




一軒、一軒があまりにも可愛く
吸い込まれるように買い物しました。笑







スーパーもカラフルで、オーガニックフードが綺麗。
オーストラリアで外食すると、とにかく高いですが、スーパーで買う分には日本と物価はほぼ同じだそう。





ケールやベビーリーフなど、ミランダカーがでてきそうなスーパーでした。笑






vegan用のメニューや、お菓子も多く、
うっかり買ったチョコレートは変な味がしました笑






オーガニックで溢れた街は、
調味料の計り売りなど、とにかくヘルシー。何時間でもいれそうです。




私も友人がオススメしてくれたオーガニックコスメや石鹸など、いっぱい買いました。
私は何を隠そうコスメフリークなので、本当に楽しすぎました😅




◆宿泊



バイロンベイには大きなリゾートホテルはなく、ほとんどが小さなゲストハウスや、バックパッカーです。

とにかく宿が多いので、予約はとっても悩みました。


バックパッカーならば、一泊1000円程度で宿泊できますし、高級なゲストハウスは4.5万します。
旅の目的で選んで最高の宿を選んで下さいね。

ちなみに私は一泊11000円程度(女子2人で止まったので1人5500!安い!)のゲストハウスにしました。






これがまた写真の100倍可愛いゲストハウスで、大興奮!
ホストマザーも優しく出迎えてくれました。
お水ももらえましたし、冷蔵庫も共有で使えます。
客層はほとんどが欧米系のご夫婦とカップルでした。



お部屋は100年以上前からあるアンティーク雑貨に囲まれ、本当に可愛くて大興奮!

http://www.balibali.jp/world/australia/hotel/arcadia-house-byron-bay.html





ソファーに座って女子トークで盛り上がりました。
写真を撮り忘れましたが、シャワー室も可愛かった〜。
他の部屋にも泊まってみたいです。



◆ディナー


ディナーはロケーション最高の海にほど近いこちらのお店(Fish heads)で。


シーフードが新鮮でとっても美味しかったです。


オーストラリアって、そんなに美味しい食事のイメージがなかったのですが、今回の旅行は口にしたもの全てが美味しくて、幸せでした。








海外旅行は野菜不足で悩まされる私ですが、バイロンは新鮮な野菜だらけ!








ムール貝のパスタも美味しかった〜。






お酒は一杯1400円近くしましたので、
お高めですね。



最高のディナーを終え22時ごろ、ゲストハウスへ向かって歩き出しました。







夜も特に治安の悪さは感じず、女子2人でも大丈夫でした。


ランプやさんなど、昼には見えてこなかった良さ。


ストリートミュージシャンも多く、
夜もこうして、みんなが音楽に集まっていました。



こうして、1日目のレポートは終わり。


振り返るのが楽しすぎて、ついつい写真だらけになってしまったので、何回かにわけてレポートします!







夏休みの方も多いのではないでしょうか?
私は一足早く夏休みを頂いたので、
お盆は全日出社しますよ〜。

道路が歪んで見える程の暑さですが、
8月は仕事の方!一緒に頑張りましょうね〜(^-^)/



ブログランキング参加中!↓

にほんブログ村 グルメブログ ハーブティー・紅茶へ