活動終了

ぼんやりしている間に月が替わってしまった。
4/29 のライブには沢山ご来場いただきありがとうございました。

大学の音楽サークルの中でできた一つのコピーバンドが、
何かの拍子にオリジナル作ってみようぜ、から始まって、
デモテープ作ろうぜ、レコーディングしようぜ、で小岩の STUDIO M で
深夜の 6 時間パックでレコーディングして、(生データは DAT でもらいました)
んじゃあライブハウス出ようぜ!てなったのはもう前世紀のことでした。

何かを為すこともなく解散・消滅して行くバンドがあまたある中で、
15 年超の期間活動してこれたことは、
おれらの気合いと情熱と根性とやせ我慢の結果...。
だけでなく、周囲の人の助けやアドバイスや協力があってのことだった。

436 回のライブ、3 枚のアルバム、6 枚のシングル、
北海道から沖縄までのツアー、海外リリースまで含めた音源の展開、
mp3 配信、MV 製作、T シャツ等のグッズ制作等、
まあ出来る範囲のことはほぼやり尽した感がある。
流通会社に資料持ってプレゼンしに行ったこともあったな。

迅も書いてたけど、はじめはほんとに勢いしかないバンドで、
そのくせ夢は大きく東京ドーム、どころか中山競馬場とか、空母の上とか、
宇宙ステーションから中継なんて言ってたこともあったかな(笑)
まあ現実はなかなか非情です(笑)

バンドに旬の時期があるのかどうかわからないけど、それぞれ特徴があった。
V 系シーンでひたすらツアーに明け暮れていた初期、
メタル界隈に来て、善と K.K. のいた中期は総合的なテクニックという意味では最高峰だったと思う。
そして U が加入してそれまでのキャリアを昇華させつつ新しい音楽を模索した後期。

このバンドだからこそできたこと、
このバンドでできなかったこと、
まあ色々ある。 

中でも一番おれが恵まれていたなと思うのは、
信用できるメンバーに出会ってそいつらと長く同じ存在の中にいれたことだった。
特に 10 年以上一緒にやってきた、迅と雀蕗は
「まああいつらなら悪いようにはしないだろ」とギターソロのレコーディング中は、
スタジオにいないで別に作業してた。
だからあの二人がレコーディングでソロ録ってるところ見たことない。
もうちょっと見とけばよかった(笑)

よく「どうやったらそんなに長く活動できるんですか」みたいなこと聞かれるんだけど、
常に必死だっただけで、別に 15 年活動しよう!と思ってないからね。
結果的に 15 年経ってたというだけで。
だいたい年数を目標に活動するのはロックバンドにとっては健全じゃないよ。

まあそんなこんなで、解散という運びとなりました。
個人的には活動終了と言う方がしっくりくるかな。
いろんなことやったし、
音楽やってたからできたこと、見えた景色もあったし、
音楽に触れてたから出会えた人もあったし、
まあまともに社会人・会社員やってたら経験できないことだらけだったよね(笑)

とりあえずこのブログはメンバー個人個人からはこれで最後となるでしょう。
何か今後の活動があれば、それぞれ発信していくこととなると思う。
おれはしばらく物書きをする予定なので、WEB や SNS でお会いできるのではないかと思う。

以下個別に謝辞を。

■市川 CLUB GIO
このハコの存在がなかったら、おれたちは何をするべきかもわからずに早々に路頭に迷って、
こんなに長く活動することはできなかったと思う。

■413 TRACKS
1st アルバムリリースのきっかけを与えてくれ、そしてリリースしたレーベル。
ここで得た特にバンド運営についてのノウハウはその後の活動の基礎となった。 

■bazooka studio / bazooka music
2007-2013 年までアルバム1 枚、シングル 2 枚をリリース。
セルフプロデュースについて何の文句も言わずにひたすらアドバイスだけをくれた。
海外リリースもここがあってこそ。

■吉祥寺CRESCENDO
初めて出演したのは 2008 年 1 月だった。
それから 8 年の間お世話になりました。
GIO 亡き後のホームが得られたことは本当に幸せなことだったと思う。

■Black-listed Records
折に触れバンドを良くすることを一緒に考えてくれた大西社長には感謝の言葉もない。
ほんとに話のしやすいレーベルで、日本のインディーシーンの中核の一つなのに
こんなにフレンドリーでいいのかと思った。
みなさん、リリースはここがいいですよ(笑)

■ オーディエンス・リスナーのみなさん
見に来てくれる人があってこそのロックバンド。
おれらの元気と活力の素でした。

■共演者のみんな
もう何千のバンドと一緒にライブしたかわからん。
ライバルであり仲間だった。良いバンドが良い演奏してると刺激された。


というわけで長々書きましたが、これにて終了です。
このブログをお読みいただきありがとうございました。
またどこかで。


了 

15年間ありがとう

お疲れ様ですー
迅です。
ラストライブ来てくれたみんなありがとうございます。
長い間音楽活動をしてきましたがこれが最後です。
沢山の人に来てもらい感謝です。
応援して頂いた皆様ありがとうございました。


初めてのライブからもう15年も経ったとは実感がなく、別世界に行ってきた気分です。

一つのことをこんなにやってきたことはなかったな。
最初は音楽がやりたい、売れたい、東京ドーム!笑なんてこともあったけど、
ギターを弾いてなにかを伝えたいとか、世界中の人になにかを感じ取ってもらえればいいなと思ってこれまで続けてこれました。


それからメンバーみんなといる事が好きだった。
だからこれから違うバンド始めようとは自分はならなかったな。
いいことも悪いことも色々な事があって、全てがこれからの人生でも忘れられない
思い出です。
みんなありがとう!!

これからはみんなそれぞれ活動していくと思うけど、応援してます。頑張れー(^-^)/


ではまたいつか会う日まで!



image

Last Liveやり切りましたね!

あぁ、どうも。唇が荒れててリップクリームを塗りたくってるMASATOです。

もうXECSNOINって言うバンドが無くなってしまいましたね。皆さん長い間応援してくれて感謝感激です。



2006年のルート14
2007年の12月に赤坂天竺

2013年9月吉祥寺クレッシェン
2016年4月吉祥寺クレッシェンド

XECSNOINとしてLIVEをやってきた年表。


2007年以降も交友を続けて来てましたからね。

弦楽器隊3人との付き合いとしては、もう10年。。。

出会いはドラムの師匠だった方に
<MASATO、XECSNOINでやれ!>

って言われたのが最初の出会い。
ポンコツドラマーだから入団試験して落とされるのがオチだろうと思ってたけど意外にも受け入れてくれたんだよね。

<ちなみに、余談だけどもこの話が来る前に、彼女からだったか、バンドメンバーの彼女だったかにCD渡されてハマって車で良く聞いてた時だったな(笑)
しかもゼクスプロ―ジョン。クリエーターでもう殺されたよね。
で、彼女に「なんで、このバンドはまだインディーズでやってるんだろう」って話をしてた記憶が今でも思い出せる(笑)彼女もゼクスノイン知ってて、実はやる事になったって話をした時に驚いてた(笑)>


そのあとK.K氏が正式入団する事になって僕はゼクスを後にしたんだ。
丁度自分のバンドも動かせる状態だったし。

自分のバンドが動いてる間も色々JUNさんやザクさんに面倒見て貰ったりしてw


K.Kさんが抜けるってなって前任のHIROKI氏の存在を伝えて、気が付いたら加入して更にかっこよくなってるXECSNOIN。

バンド史上初の女性ボーカルでUちゃんも加入してた。
Uちゃんについては、加入前にJUNさんからUちゃんってどうなの?みたいな話をしてきたのを今でも思い出せる。

色々他にもある。

それは思い出として心に留めたいけど…

ラストライブで、LOKIさんがゲストで来てクリエータ―を凄い久し振りにやって、僕の心境は…
<僕にとっての最初にXECSNOINを覚えた曲だな…しかもLOKIさんと一緒にやってるんだな…> 
って思いながらクリエーターをやってた時ちょっと感慨深かったな。

尊敬してるメンバー全員の背中を改めて確認してました。

 
僕にとってXECSNOINは岐路的存在であった場所で、ドラマーとしてミュージシャンとして色々気付かさせてくれたバンドであり大好きなバンド。

勿論僕もまさか解散するだなんて夢にも思ってなかったよ。

<存在するすべての物には必ず死を持ってる>

と言える様にXECSNOINもその時期が来たんだと受け止めてます。
周りからも言われたし、LOKIさんも言ってたけど…

<なんだか本当に解散するの?って位和やかな。普段通りの感じで信じらんない!>

って言われる。

言われてる本人もそうだけど、正直実感が無い。
特別解散だから<悲しい>とか哀愁漂う感じではないですね。

うん…寂しいけど、笑顔で見送れるみたいな?
例えて言うなら…これから死にに行く特攻隊員の表情には見えないみたいな…そんな晴れ晴れしく散る隊員の心境みたいな感じ?

よくわかんないけど(笑)

もうXECNSOINには感謝しかないですね。
色々な出会いも苦悩も与えてくれた存在。

個人的には今はいつステージに戻るのかはわからない。

でも、DRUMはバンドじゃ無くても叩けるからDRUMは辞めないと思う。

機会があればステージに戻るけど、自分の環境等も考慮していろいろゆっくり考えようかと思ってます。

自身のバンドを復活させたり、どこかのバンドに加入したりしたら応援の方よろしくお願いします。

関係者とお客さんとメンバーや自身の家族の皆様。
正式メンバーとしては短い期間だったけど苦楽を共にしたXECSNOINのメンバーの皆様。

今までXECSNOINとXECSNOINのMASATOとしてお世話になりました。
ありがとう。

僕は人に説明をしたりするのが苦手なタイプだから、色々言葉の綾だとかでイラっと毎日させたと思うけど、それでもXECSNOINで過ごした時間は僕にとっては凄くj楽しい時間でした。


 

そしてこれからもよろしくお願いします。

ライブやる時はみなさん勿論チケット購入で来て下さいねwww 

おつかれさま~

55db0075.jpg



皆さん、今までXECSNOINを応援してくれて、本当にありがうございました☆





最高の最後でした。





ここからは、メンバーそれぞれ分かれて道を歩んでゆくけれど、皆も、ここで出会った仲間であることに、ずっと変わりはないからね。





どこかで見かけたら、気安く声かけて下さいね!!






Uはまだ次のことは何も約束できませんが、気持ちが固まったら、また皆さんの前に姿を現す気ではいます…





まだ約束はできないけどね☆中途半端はイヤだから。






それまで、





個人ブログは、皆と連絡がとれるように、当分はXECSNOIN.voの冠を残したまま続けますので、なんでもない日常でもよければ、覗きに来て下さい(笑)





みんな、長い間本当にありがとう。





メンバーたちも、決してデキがいい方ではなく、問題も沢山抱えているボーカルのUを、ずっと支えてくれてありがとう。






では、また会う日まで。






お疲れ様でした?



ありがとうーーーー!

2016年4月29日 晴れ(笑)
吉祥寺クレッシェンドみなさまお疲れさまでした~!

image

image



15年ちょいの活動に終止符を打ちましたなー。

まずは、昨日のライブにご来場のお客さん、関係者の方々本当にありがとうございましたm(__)m。。
image


image


image


XecsNoinに加入しまして、
あたしゃも、あれやこれやと13年くらいか^_^;。

もう当時はツアーで家になど帰らないのは当たり前だったですな。

節約のために、炊飯器とポットと缶詰と各自米を持っていきライブハウスで飯炊いたり味噌汁やコーヒー作っていた(笑)。

オフの日で移動の時は高速道路の便所の電源で飯炊いたな~^_^;(あの時はすいませんでした)。



それでも、
毎日が充実していて普通では経験できない
北は秋田から南は沖縄まで回りました。

image

image

image



1stアルバムをリリースしてツアーを回ってから
image

初代Vo リーダーのLOKIが脱退し
俺が思うに一番最初の解散の危機!!!



メンバーで話し合い
JUN 迅 俺は続けることを決意。
多分、この中の誰かが一人でも
続けることを決意しなかったら
この時にXecsNoinは終わっていたことでしょう。



その時期に、MASATOを知り合いから紹介していただき
当時はサポートで一年ちょい一緒に
JUNがVoを兼任する形で活動してました。
レアな時期ですね(笑)。
この時期に一枚オムニバスアルバムに参加しています(爆)。
レアすぎるぜ(笑)。





多少コーラスやらやっていたからって「出来るでしょ!?」とやってもらったなー^_^;。。

メロは、まだ粗削りだったので、
クリーンのパートはデス声のままで
ギターでメロディーを弾きカバーしてました。


そこからメンバーも入っては辞めが続き
まさかまさかの女性Voが入り

サポートだったDrが数年間開けて正式に加入


年表的に
ざっとこんな感じかな
もう、書きはじめたら終わらん位
色んな出来事がある^_^;。



LOKIが抜けてからは
曲は、ほぼ全曲書かせていただきました。


改めてXecsNoin XECSNOINのアルバム聞きましたがいい曲書くな(笑)自画自賛!!

あたしゃの口うるさく超A型のような(血液型はO型です)細かなところまで口を出すのも嫌な顔せずやってくれたメンバーには感謝!!!。
Uちゃんには「え~O型には見えない」言われたな(笑)。


特にレコ前には
ピッキングのしかた、ミュートのかかり具合、プリング・ハンマリング、グリスのタイミングまで完璧にユニゾン出来るように
付き合ってくれた迅くんには感謝だし最高の相方でした!!。



JUNにバンドの運営を安心して任せられたから気兼ねなく曲作りに集中できたましたm(__)m。
流石です。
俺は、まだいなかったがXecsNoinが初めてツアーに出る時
さぁ!集合したし出発!!!

…………



どこに向かえばいいの?

道を調べていない(笑)



そんな中
JUNだけはネットで道を調べて地図をプリントアウトして持ってきていたとか^_^;。

最初の時からケツモチしてくれていたのねm(__)m。





3rdアルバム直前でDrが抜け
最悪ドラムはサポートで四人でやっていこうと言う話が出ていた中
声をかけたら自分のバンドのメンバーが決まりそうで動き出す直前だったのにも関わらず
電撃!!正式としてカムバック!!!してくれたMASATO。

サポート終了してからも飲みに行っり、
PVやら手伝ってもらってましたなー。
ディスイリュージョンのPVは
朝9時から始まって終了したのが朝方4時(爆)
その間ずっと音出しやってくれまして
感謝しかなかったしスゲー精神力だと思いました。



初めての女性Vo!!
Uが前のバンドで活動している時から噂で知っていました。
すんげぇ~女Voがいると!!
image


回りからも絶対一緒にやった方がよいと強く進められました。

今まではデス声中心でやって来たけれども
デス声+クリーンの要求にも「やってみたい!」と前向きにやってくれて

ライブでは超フロントマン!!!
いやフロントウーマンか^_^;でも、性別を越えたカッコ良いVo!!。

あなたがいるから、楽器陣は安心して演奏できます!!
機材がトラブりバタバタしていても

よく話尽きないな~と思うくらい
MCで繋いでもらい
カバーしていただいた時もありましたな~。



まずは、メンバーのみなさんありがとう!!

これからは、各自バンドを活動したりしたら
主催やイベントの節目の時はチケ買ってね(笑)
これで各自バンドをやったらどのバンドもチケット四枚は確実に+で売れる(爆笑)。


冗談はさておき
活動規模は減っても
是非音楽は続けてほしいね!!



そして、
ライブハウス、仲間のバンドマン、友達、関係者の方々

そして、ライブに足を運んでくれ、音源買ってくれたり物販購入していただいた方々


たまたま、ライブハウスで見てくれた人。


もう、沢山の方々に支えてもらい続いた15年でした。

感謝します。
ジャンピング土下座します(笑)。

本当にありがとう!!
感謝の言葉を書いても書ききれないくらいです!!!。





あたしゃまだ
音楽、、ギター、バンド活動は続けるつもりです。

ギターを弾くことは生活の一部!!

うんこと一緒なのです(切実)!!!!!


毎日、しないと(弾かないと)気持ち悪いのです!!!。
どんなに忙しく弾ける時間がなくても

ギターを握り「ジャラーン♪」と一鳴らしだけでもします。


いつかまたどんな形になるかわかりませをんが
みなさまにお会いできる時をたのしみにしてまーす!!
練習して上手くなって帰ってきます(笑)。





最後に!!



ちょっと伝えたいことがあります





最近、解散・脱退・の話もたくさん聞きます。
まさか、あの人が!?あのバンドが!?ってのがあり
亡くなられたアーティストの方もいます。




バンドはいつかなくなります、永遠には続かないっす。
もしかしたらラストライブと打たずに事後報告の場合もあります。



うちらは、ラストライブをイベントにしないの!?ワンマンは!?と言うお声や助言を頂きましたが一本一本が最後のつもりでやっていました。
なもんで、あえて最後に決まったライブをラストライブにしました。
人のイベントで誕生祭なのにね(笑)。


もし、今好きなバンドやアーティストがいましたら
是非ライブに足を運んでもらい
音源や物販購入しまして応援してあげてください。

その一枚のチケット




一枚の音源で



たかが一枚されど一枚!!




きっと伝わりますーーー!!





あたしゃTwitterなるもの始めたのでそちらで近状報告や下らない日常をupしてます(笑)。


では、みなさんありがとうーーーー!!
一旦

さよなら


さよなら






さよ~~なら~~m(__)m。






あなたの心には何が残りましたか?(笑)。



XECSNOIN プロフィール

XECSNOIN / ゼクス...

U's BLOG【Vo.U個人ブログ】

記事検索
QRコード
QRコード
  • ライブドアブログ