2006年01月30日

中間報告

随分このブログからご無沙汰していました。もしもこの一向に更新されない怠けブログに、何度か来てくれていた人がいたなら、本当にすみません!
学校が終わった私は一度日本へ帰国し、そして今はハワイにいます。日本では8カ月ぶりに戻った私は、自分がすでにいろんな点で浦島太郎であることを再認識。そうやって日本のさまざまな事情から、どんどん漂流していく自分を、時々おもしろく、時々恐ろしく感じたりしています。
 北京に来ることになってから、なんとなく書き出したこのブログを通じて、文章を書くことが私にとってとても大切な思考のステップになりました。私にとって何かを書く引き金になるアイディアみたいなものは、突然波みたいに打ち寄せてきたり、ぱったり満月の海みたいに静まりかえったりするのですが、2006年はもう少しこの文章を書くという事に力を注いでやっていこうと考えております。
 日本で感じたこと、ここハワイでの出来事なども追って書いていきます。明日は頑張って写真、とってくるぞ。
 一日中湿気を含んだやわらかい風を運ぶハワイの青い空に、もはや幕は下ろされて、そろそろすべてのものが寝静まる時間が訪れています。明日の世界がもっとまんまるでありますように。では、おやすみなさい。
  

Posted by xiaobaihe77jp at 19:42Comments(6)TrackBack(0)

2006年01月01日

サンタと迎えるお正月

7f86bbb4.jpg 新年がやってきた。中国では日本のような盛り上がりは特に無く、街にはサンタクロースがまだなごりおしそうにビルのガラスや商店の窓にかじりついている。
 中国の人たちにとってみれば、年末だって特にお休みはないわけで、3日から通常業務も開始してしまうこの正月は、1月末に迎える旧正月に比べれば、まったくありがたみもなにもないそうなのだ。
 去年4月、中国にわたる4日前まで仕事して、あたふたと飛行機に飛び乗り、5月、中国でも盛り上がるゴールデンウィークの波のっていっちょ前に海外旅行、7月、曽祖父が倒れ、海外生活者にとって、日本の家族が健康でいてくれることが、なによりも大切であることを知り、9月、若者に混じって大学通いを開始。10月、語学の奥の深さに呆然とし、11月、もうどうにでもなれーと諦めの境地に達する。12月、大学卒業以来、二度と受けるとは思わなかった期末テストを受けて、それぞれの国に帰るクラスメートを送り出した。
こうして私の一年はすぎた。
 怒ったり、泣いたり、笑ったり、喜んだりにかかわらず時間だけは確実に過ぎていき、私もますます年をとっていく。
 今年が全ての人にとって、素敵な年になりますように!  
Posted by xiaobaihe77jp at 18:13Comments(2)TrackBack(0)