2006年06月14日

真夜中のギター

 最近ギターを習いはじめた。音楽は好きだけど、ギターなんて全然興味はなかったし、アコースティックとかクラシックとか、ギターにいろんな種類があることさえ知らなかった。
 最初は授業がいやでいやで仕方なかった。先生は口ではやさしく「ゆっくりやりましょう。」というけど、目は笑ってなくて怖かったし、練習ための単調な曲は、ただ指の運動みたいで音楽とは思えなかった。
 でも最近聞いた事のある曲に少しずつ挑戦できるようになってきて、少しずつギターへの気持ちが変わり始めた。特に、真夜中にひとりでギターをひくのは、割と気持ちのいいものだ。
 夜中のギターは、明日の仕事を気にしなくてもいい、妻の特権。早く上手に弾けるようになりたいな。

この記事へのトラックバックURL

http://trackback.blogsys.jp/livedoor/xiaobaihe77jp/50946382
この記事へのトラックバック
この21年間生きてきて、疑問に思うことがあります。女の「イク」って何??たしかに一人でしてて、最高に気持ちいいときはあるよ?でもそれがイクってことなの?
こんにちはぁ【蓬田エレナ】at 2006年06月14日 04:37
この記事へのコメント
真夜中というか、もうすぐ夜明けですよ☆
堀内さん、なかなかやりますね〜。
Posted by ゆみ at 2006年06月14日 05:34
ども〜ヽ(^o^)丿お元気そうだね。
ギターは若い頃私も少しかじったんだけど、フォーク全盛時代でね・・・猫も杓子も・・という感じで(笑)
知ってる曲が弾けるようになるとホントに楽しいね♪
基本が出来るともっと広がるんだろうね・・
趣味ごとが増えるのは
人生を豊かにしてくれるね〜(*^.^*)
Posted by baaya at 2006年06月16日 09:47