2012年12月24日

我的2012年。〜そのΑ

月。

ジンバブエの子ども達が、伝統音楽を発表してくれました。
画像1







福岡県の高校から、ダチョウの卵が届きました。
画像1








ライトアップニッポン@山田

画像1
画像1


初めて観る水上花火に大興奮!















寛平さんのラストランは、山田町からスタートしました。
画像1












お盆は、山田でお世話になった先輩OVのお宅へ。

青森、初上陸〜☆
画像1








浅虫水族館。
画像1










滝沢村の保育士さん達が、タキザワレンジャーに変身してスイカを届けてくれました。
画像1










中国同期の実家、秋田県横手市に遊びに行きました。

ちょうど、有名な西馬音内(にしもない)の盆踊りがあってて、連れてってもらいました。
画像1









画像1











横手に来たら、これ食べねば!
画像1画像1














それから、これも…♡
『婆婆ヘラアイス』
画像1
















日本一と言われる大曲の花火大会。

女4人でキャンプ
画像1










画像1








東北の夏、満喫したぜよ!!

xiaoli_0102 at 17:44|PermalinkComments(0)TrackBack(0)国内協力隊 in 岩手県山田町 

我的2012年。〜そのァ



GWは地元・佐賀で。
画像1上峰町庁舎。






からの〜横浜で中国同期会。


画像1







画像1







画像1







画像1












浅草で同期・よっしーから人力車を引いてもらう。
画像1







画像1












5月の誕生会メニュー
『こいのぼりパン』



画像1




















重慶で知り合ったMさんがベビちゃん連れて山田に遊びに来てくれました。



画像1













さっぱ船に乗って“青の洞窟”へ。
画像1









画像1












保育園にピカチュウが来てくれました。

画像1












この時期特有の自然現象、やませ。

画像1














TUBEが来ました。

画像1










マギー審司も来ました。

画像1


















保育園祭り。
画像1











画像1













5つ葉のクローバー、見つけたよ♡
画像1

xiaoli_0102 at 14:56|PermalinkComments(0)TrackBack(0)国内協力隊 in 岩手県山田町 

2012年12月17日

我的2012年。〜そのぁ

画像1

画像1
11月7日に赴任してから、山田町子育て支援センターでの活動を通してたくさんの人達とその笑顔に出逢いました。



画像1
そして、たくさんの人達に支えてもらいました。




画像1







画像1
画像1
画像1
震災後の姿しかしらないけれど、山田に住む人達との関わる中で大好きになったこの町で、もう一年頑張ると決めました。









4月1日。

画像1
今日からここが私の新しい配属先。








画像1毎朝、この階段を掃き掃除しています。











画像1私がまだ中国にいた頃、どーしても観たくて、結構なお金と時間を掛けて観に行ったリアル少林寺。



画像1
なんと山田町に来てくれました。
タダで…
しかも、Tシャツ付き。











画像1職場の先生に連れられて、人生初のプロバスケ観戦。

コレはハマる…



画像1

岩手ビックブルズ、かっちょ良過ぎ!










画像1連休は陸路で帰省。

初富士!





画像1帰省当日。

実家に帰る前に寄り道してHYのライブではっちゃけました。





画像1翌日は心友の結婚式…



画像1
幸せたっぷりおすそ分けしてもらいました♡














画像1
高知に嫁いだ親友とも、この日別の場所で偶然再会!

私が中国に行ってる間に、妻になり、ママにもなってた…

おめでとう


xiaoli_0102 at 22:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)国内協力隊 in 岩手県山田町 

我的2012年。〜その〜



画像1






画像1配属先である、山田町子育て支援センターでの最後のイベント“すくすく広場”

おひなさまを作りました。








画像1国内協力隊の集まり@遠野ふるさと村












画像1スリップ事故に遭遇しかける。










画像1釜石にUNIQLOオープン!










画像1おひなさまに変身!










画像13月のお楽しみ給食











画像1









画像1
個人的には一匹も釣れなかったワカサギ釣り@岩洞湖

















画像1








画像1人生で初めてカキが美味しいと思えた@山田町 復興かき小屋











画像1











画像1









画像1ちゃんと喪服を着てお参りして来ました。
















画像1じいちゃん・ばあちゃん相手に、ガンダムネタでスベリまくった若井おさむ@山田町公民館














画像1ジョイマン。














画像1



画像110年ぶりに聞く太陽族のナマ歌!
最前列のど真ん中で聞いてやったぜ〜☆
@大槌町 俺らが復興食堂。


















画像1涙、涙の卒園式…

ピアノ、緊張したぁ!











画像1保護者会の皆さんから、お揃いのエプロンをもらいました!








画像1年度末の打ち上げ@いっぷく
大好きな先生達ともお別れデス…


xiaoli_0102 at 03:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)国内協力隊 in 岩手県山田町 

我的2012年。〜その◆




画像1山田町の伝統芸能、“八木節”@山田八幡宮の豆まき









画像1そして、その戦利品。
肉系ばっか(笑)










画像12月のお楽しみ給食は、“鬼ライス”









画像1同僚の先生家族に連れてってもらったスノボ@網張












画像1








画像1夢だった、かまくらでの焼肉@小岩井農場















画像1雪まつり@小岩井農場













画像1仮設に降りしきりる雪。


















画像1道の駅 やまだ名物“わかめラーメン”

美味!


















xiaoli_0102 at 02:39|PermalinkComments(0)TrackBack(0)国内協力隊 in 岩手県山田町 

我的2012年。〜その 

早いもので、あと二週間もすれば2012年も終わり。

中国にいた頃は政府のネット規制にもめげず、一応毎日更新していたブログ。
帰国後はパタリと音沙汰無しですみません…

ここで、私の1年をザッと振り返ってみようと思います。





画像1人生で初めて突いた除夜の鐘@山田町 龍昌寺












画像1画像1初めて観る山田町の伝統芸能、神楽と虎舞@山田八幡宮



















画像1その美しさに言葉を失った初日の出@山田町 四十八坂













画像1
園長先生のお家で祝ってもらった誕生日














画像1画像1わざわざ山田まで逢いに来てくれたマダガスカル隊&マダガスカル土産の嬉しい誕生日プレゼント。
お洒落な塩&胡椒入れ














画像1

枯れてしまうと知り、自分の目で観たいと思い足を運んだ“奇跡の一本松”@陸高














画像1画像1東北の世界遺産、中尊寺&毛越寺@平泉
















画像1達谷窟毘沙門堂@平泉











画像1憧れのわんこそば。
まさかの半人前でギブアップ…@平泉












画像1東北のお正月飾り、“水木だんご作り”













画像1NTC時代に同じ生活班だった同期と、2年半ぶりの再会@龍泉洞

お互い、国内協力隊として岩手で再会するだなんて思ってもいなかったよね〜












画像1人生初、雪かき。

朝・昼・夕、勤務時間の3分の1が雪かきで終わりました。




xiaoli_0102 at 01:09|PermalinkComments(0)TrackBack(0)国内協力隊 in 岩手県山田町 

2012年06月26日

HYも良いけど…

最近、こんな感じの音楽ばっか聞いてます。

なんだか、すっごく癒されるんです。
http://www.youtube.com/watch?v=uYJS0O-9tIc&feature=youtube_gdata_player

xiaoli_0102 at 00:38|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2012年06月19日

ご無沙汰しております。

私は元気です。

かれこれ、もう半年以上ブログを更新していませんでしたね…


PCが壊れたり、色々思う事があったり、何より忙しくて…なかなか

中国にいた頃は毎日UPしてたなんて、我ながらビックリです。


さてさて、私は今、どこにいるかというと?

まだ岩手県山田町にいます

3月までの活動先・子育て支援センターでは素晴らしい先生方や可愛い子ども達、素敵なお母さん方に囲まれ、沢山の出逢いに恵まれた日々を過ごさせて頂きました。



震災が無ければ来る事のない町、出逢わなかった人達だったかもしれません。

私にとって山田町はたった数ヶ月でこんなにも愛しい大切な場所になり、もっとこの場所で自分に出来る事を…!

という思いから、国内協力隊としての復興支援活動を1年延長しました。



配属先こそ変わりましたが、保育園の先生として子ども達と過ごしています。


ボチボチさかのぼってUPしますので、気長にお待ち下さい(笑)


xiaoli_0102 at 23:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)国内協力隊 

2011年12月13日

山田で過ごした一ヶ月。

早いもので、山田に来て一ヶ月経った。


帰国してから実家にいた時間の二倍以上をこっちで過ごした事になる。


可愛い子ども達、ステキなお母さん方、素晴らしい先生方に囲まれ、とても充実した毎日を送らせてもらっている。



私は今、仮設住宅に住まわせてもらっているが、ネットがうまく拾えずブログがなかなか更新できていない。

でも、元気にやっているのでとりあえず安心して欲しい。



今日は、国内協力隊としての活動レポートをしようと思う。


<1>
実施した活動内容

 
子育て支援センター業務再開を知らせるプリントを製作し、町内に住む未就園児全家庭に送付した。

∋勸蕕道抉腑札鵐拭爾陵菲親子の対応。

12月・1月に実施するイベント告知のポスターを製作し、町内各地に建設されている仮設住宅の掲示板をはじめ、役場や保健センター・コンビニやスーパ等を回って協力をお願いし、ポスターを掲示させてもらう。

12月21日に実施するクリスマス会の企画及び準備。

ゥリスマス会当日参加した子どもに渡すプレゼント製作。

κ欅蕷犇般海離汽檗璽函

 

<2>
活動を通しての気付き
 

山田町地域子育て支援センターは織笠保育園に併設されており、震災後保育園が避難所になっていた事と職員不足の為、センター業務は停止していた状態であった。
震災前から実に様々な活動が展
開されており、利用者も非常に多く、地域のニーズも高かった事が見て取れる。
 

今回8ヶ月ぶりに子育て支援センターの事業が再開した事を知らせる通知を出したが思った以上に反響が大きく問い合わせの電話が相次いだ。その為、30組の参加を見越して進めていた準備を急遽50組を想定して組み直した。

 

 

3歳の女の子とその祖母の話だ
 

センターの業務再開のチラシを見て来園したものの、無料で一時預かりをしてもらえるものと勘違いしていた為、ここは子どもと親(祖父母)が一緒に遊ぶ場である事を伝え一緒に遊んでもらうよう促した
 

津波で家が流され現在仮設住宅住まい。

子どもがいるだけに老人が多い隣近所には気を遣い肩身の狭い思いをしているという。

気に入っていたおもちゃも全て流されてしまい、
家ではTVを見るか、支給されたポータブルゲーム機で遊ぶかくらいだと聞き、私はまずショックを受けた。



センターに着くなりその子はままごとセットのある場所に走っていき、おもちゃの包丁を持って野菜を切るマネを
したり、祖母にコップを渡して飲み物を注ぐマネをして楽しむ姿が見られた。


私がその子に子ども用のエプロンをかけてやると
手を叩いて、飛び跳ねて大喜び!!祖母はその姿に涙を流し「良かったね〜!本当に良かったね〜!お家に帰ったらお母さんにも見せてあげようね!」と言いながら、笑顔満開で遊ぶ孫娘の姿携帯カメラに収め続けた。





「震災が起こってから
というもの、子どもらしい遊びをさせてあげられなかった。小学生のお兄ちゃんが学校に行くと遊び相手もいなくてつまらなそうにしているし、私に遊び相手は務まらない…。
近所の目を気にせず、子どもがのびのびと遊べる場所がある事は素晴らしい!勘違いで連れて来たが、毎日でも連れてきたい!」

、祖母。




大好きだった公園には、仮設住宅が建てられて遊び場ではなくなってしまった…。



大好きだった散歩道には、今でも
瓦礫やガラス片が落ちている



大好きだったおもちゃは津波で流されてしまった…。



大好きだったお友達は遠い所に行ってしまった…。



被災した事が日常の子どもの遊びにも影響を与えている。

その事が子育てを
する側の大人にもストレスになっている事を顕著に表わす事例である。



子育てセンターの事業再開によって少しでも改善されれば嬉しいと思う。





来年度からは、保育園と併せて民間委託が決まっている子育て支援センター。


私の活動に延長はあり得ない。


残りの活動時間は3ヶ月…。



やる事は まだまだ沢山ある。


xiaoli_0102 at 21:56|PermalinkComments(1)TrackBack(0)国内協力隊 in 岩手県山田町 

2011年11月28日

とうとう…

パソコンが使い物にならなくなりました。

しかも、二台とも… (T_T)


かなり参ってます。 



とりあえずiPhoneのおかげで何とかなっとりますが。

xiaoli_0102 at 22:37|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年11月09日

ステキなサンタさん大募集!


山田町に着いて早3日、今日から本格的に活動しています。

配属先と色々話し合って早速12月にクリスマス会をする事になりました‼

そこで、12月21日と22日のクリスマス会当日(2日間)、サンタさんになってくれるステキな男性を探しています‼

帰国後、身軽で時間の融通が効く男性OBが身近にいらっしゃるという方を始め、この人やってくれそうだな〜という方(協力隊OBに限る)に心当たりはありませんか?


もしいらっしゃったらご一報下さい!




震災後、半年ぶりに再開する子育て支援センター…

まだ幼稚園や保育園に入園する前の親子がセンターの主な利用者なので、センターが再開する事を知らない人がほとんど。役場もどの仮設住宅にどの位未就園児がいるのか把握できていないのが現状です。


今日作ったばかりのセンター再開を知らせるチラシを町内の仮設住宅に配って回っていますが、クリスマス会をするなら、きっとお母さん方も子どもを連れて来てくれるでしょうし、震災前の様にセンターを利用してもらえる良いきっかけになれば…と思っています。



その中でもサンタさんは超目玉です‼

生まれて初めて見るサンタさんかも…⁈

子ども達にステキな夢をプレゼントする為にも、是非ご検討下さい‼



以下、詳細です。



1日目は赤ちゃん&お母さんが参加する子育て支援センターのクリスマス会で、2日目は在園児を対象とした保育園のクリスマス会に特別ゲストとしての参加をお願いしたいと思います。

打ち合わせ&衣装合わせ等の関係もありますので、前日には山田入りして頂きたいです。

交通費はJOCAが負担します(上限有り)。

JOCAの事業なので、協力隊OBの方でご協力をお願いしています。

車があるので送迎しますし、泊まる場所も確保済みです。



興味のある方、お問い合わせはコメント欄にお願いします!



それから、今一緒に活動してる相棒は2週間の短期ボランティアなので、彼女が来週帰ってしまったら私1人で活動する事になります。

JOCAが必死で新しい相棒を探してくれていますが、まだまだ見つかっていません…

知り合いの幼児教育隊員の方で、被災地ボランティアに興味をお持ちの方がいらっしゃっいましたら、そちらもご一報頂ければと思います。



xiaoli_0102 at 22:15|PermalinkComments(1)TrackBack(0)国内協力隊 in 岩手県山田町 

2011年10月31日

国内協力隊員になります!

先の告知で、5日と6日の2日間とお伝えしたバルーンフェスタの担当日。

変更があります。


6日には佐賀を離れなければならないため、5日のみの参加となりました。




佐賀を離れてどこへ行くかというと、岩手県山田町です。

 来年の3月いっぱいまで、復興支援の一貫として、山田町の子育て支援センター立ち上げを任される事になっています。


震災後、被災地支援に携わりたい気持ち が日増しに強くなり、ボランティア登録をしたり、協力隊OBで組織されているJOCAという団体が仕切っている国内協力隊の求人をチェックする毎日。


帰国前日に、山田町と大槌町の幼児教育隊員の要請が上がり、東京での帰国後研修中に、担当者の方に無理をお願いして、面接を受けて帰って来ました。


20日、実家に帰って来た日には、父も母も大喜び。

「ずっとこっちにおるとやろーもん?」という父の問いに、一瞬怯む自分…。


山田町への派遣が確実に決まってから言うつもりでしたが、面接では手応えを感じましたし、このタイミングを逃したらいつ言おうかまた悩む事になるだろう…と。


一瞬でガックリと落ちた父の肩。


私が被災地に行くと言い出すだろうとは、実は想定済みだったらしいです。


正式に山田町派遣が決まってからは、両親とも応援してくれてます。


スーパーでバッタリ会った友達のお母さんからは、「こん親不孝もんが!」と呆れられました。

 そう言われてしまうと、返す言葉がないんですけどね。。。


でも、頑張りますよ。


送り出した事を後悔させたくないですし。



皆様、引き続き、応援して下さいね☆

xiaoli_0102 at 09:49|PermalinkComments(0)TrackBack(0)帰国後 

2011年10月24日

告知!

佐賀筑紫平野の風物詩、佐賀インターナショナルバルーンフェスタ。


例年、和太鼓チームメンバーとして参加していた私ですが、今年は違います。


帰国後早速ではありますが、協力隊OGとして、JICAブースのお手伝いをさせて頂く事になっとります。


11月5日(土)と6日(日)の2日間、朝10時から夕方までいますので、さゆり先生に逢いたい人はJICAブースへっ☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆



場所は、プレイランドゾーンの出口横。



懐かしい顔に逢えると嬉しいナ♡

xiaoli_0102 at 16:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)帰国後 

2011年10月15日

帰国。

ついに帰って参りました!

日本はやっぱりスゴイ国なんだな〜という事を噛み締めています。


昨日は、同じ生活班だった8班メンバーがわざわざ集まってくれて、本当に嬉しかったです!


そして、噂のiPhone4sをお買い上げ。


記念すべき帰国後初めてのブログは、iPhoneからの更新です。



ただいま、日本☆

xiaoli_0102 at 07:08|PermalinkComments(1)TrackBack(0)

2011年10月11日

取り急ぎ。

バタバタでなかなかブログ更新できずにいましたが、とりあえず・・・


明日の夜、日本に帰国します。



xiaoli_0102 at 11:54|PermalinkComments(2)TrackBack(0)

2011年09月29日

銀行口座クローズ手続きに小一時間。

2年間お世話になった中国銀行とも、この手続きを以てお別れです。


今まで、日本からドルで振り込まれていた外貨・人民元を管理する”活期一本通”という種類の口座と、中国国内で利用していた普通口座。

もう用済みなので、昼休みの時間を利用してクローズ手続きをしに行きました。




整理券発行されてるのにもかかわらず、横から割り込む老人。


老人と言っても、中国ではだいたい60歳以上の人をそう呼びます。

割り込んできた人は、全然ピンピンしたおじいちゃん…というより、おっちゃんでした。



年上を敬う文化がある中国、整理券を持った客より、割り込む老人が優先?



「こちらの方(老人)ご優先でもよろしいでしょうか?」の一言くらいあれば、こっちだって快く譲るのに。。。


”愛幼児、尊老人”

こんなスローガンがあるのは私も知ってるけどさ、行員が割り込む客の対応するから並ばない人が出てくるわけでしょ?



”文明都市”を目指すのなら、老人も整理券をとって並んでもらう。

老人優先で対応する場合、せめて順番待ちしていた本来の客の承諾を得る。


日本だったこうですよね?





そして来ました、私の番が!



ただでさえ遅い中国人の仕事。


新人の行員さんだったみたいで、エラーの連続。

パスワード、合計20回以上押した自信あるぞ?


「ここには留学?仕事?」

まあ、この程度の質問は許容範囲。


「日本人女性って、結婚したら働かないんでしょ?」

「日本人って毎日寿司を食べるんでしょ?」

「日本で働いてた頃の給料って、1カ月いくら?」



いいから、手を動かせ〜ぃ




終いには、「私、日本のパスポート見るの初めて!個人的に1枚コピーさせて!」





もちろん・・・お断りします


仮にも”公用旅券”、何かあったらたまったもんじゃない。




xiaoli_0102 at 02:40|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年09月28日

2代目CPのおごりで火鍋パーティ♪

「笑理、重慶で一番好きな食べ物って何?」


ちょっと前に3カ月前まで組んでたCPに聞かれて、「火鍋!」と即答の私。



「じゃあ、笑理が日本に帰る前に火鍋をご馳走するね!」って言ってくれました。



そして、今日がその日。



”巴倒汤”という、ウチのマンションの向かいにある火鍋屋さんで、いつも行列ができるお店。


今まで何度か行った事ありますが、他のお店が“辣(喉が渇く=唐辛子の辛さ)”メインな味付けに対し、ここのお店の火鍋は、とにかく“麻(舌がしびれる=山椒辛さ)”なんです。



ところがどっこい、今日の火鍋は全く麻(マー)でもなく、辣(ラー)でもありませんでした。


今日の火鍋会のメンバーは、私・2代目CPの寮老師・主任の王老師・前任者の初代CPの朱老師・前任者の2代目CPの付老師・2年ぶりに職場復帰した鄭老師の計6名。




真っ赤なスープ煮えたぎる鍋を囲んで、女だけで色んな話をしました。


私が日本にいない間に流行った言葉、”女子会”。


こんな感じでしょうか(笑)?





面白い話が色々聞けていっぱい笑いました。







xiaoli_0102 at 02:08|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年09月27日

你还不走啊(まだいたの)?


IMG_1821

昨日作った提灯を教室の前に飾りました。

どうです?

キレイでしょ〜♪









IMG_1819

給食を食べ終わった子ども達と作った切り紙をアレンジして作った”中国結(中国の伝統民芸品)”と一緒に。












さて、笑理老師がもうすぐ日本に帰るという事が、CPの口から大一班の子ども達に告げられました。



「え〜っ!先生、帰らないでよ〜!」

「誰が帰ってこいって言ってるの?」

「日本は地震があって危ないんだから、ずっとここにいればいいじゃん!」



「笑理老師は、あなた達が小班の時からずっと日本に帰ってないの。
もし、あなた達がお父さんやお母さんから離れた所に、こんな長い時間いたとしたら、あなた達のお父さん・お母さんはどう思うかな?あなたに逢いたいに決まってるよね?」


CPが子ども達に問いかけると、「そんなの当たり前だよ!」と子ども達。


「でしょ!? 
笑理老師のお父さん・お母さんも日本で笑理老師の帰りを楽しみに待ってるハズ!
笑理老師が日本に帰っちゃったら、皆も先生もとっても寂しく感じるけど、笑理老師が元気に日本のお家に帰れるのはやっぱり嬉しい事なんだよ。」

と、CPが子ども達に話してくれました。




それだけで、目頭にジワ〜っとくるものが・・・。




それからというもの、私が教室を出ようとする度に

「どこ行くの!?日本に帰るの!?」 と、子ども達…

トイレに行くにも、子ども達の許可が要ります(笑)



午後、お昼寝から覚めておやつを食べに教室に戻った子ども達。


口ぐちに言うのは、この一言。




「笑理老師、你还不走啊?(まだいたの?)」



今日、日本に帰るなんて誰も言ってな〜いっ(笑)!






xiaoli_0102 at 00:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年09月26日

日式教育活動ファイナル!〜灯篭を作ろう〜

国慶節(中国の建国記念日)に向けて、灯篭を作りました。


風船の張り子で作る、今日は金曜日の続きです。


本来、赤い絵の具で色付けをするつもりでしたが、前回子ども達の集中力が想像以上に持たず、1層貼るのがやっと。。。


土曜日返上で出勤して、私が貼り足して3層くらいにはしたものの、まだ強度が無いので絵の具は使わず、赤色のコピー用紙をちぎって上から貼る事にしました。


前回と同じ手順なので、こないだよりも慣れた手つきの子ども達。


私の手直しがいらないくらい、隙間なくキレイに貼ってる子も多かったです。





いつも私に甘えて「ボクできな〜い。」という子。

「じゃあ、笑理老師が手伝ってあげるよ。その代わり、先生が貼ったんだからこの灯篭が出来上がったら先生にくれる?」


って言ったら、しばらく考えて「じゃあ・・・自分で貼るよ・・・。」


トボトボと自分の席に戻っていきました(笑)



でも、それだけでもこの子にとっては大きな成長なんです!




そして今日は、私が配属先で行う最後の手工の授業となりました。



こうやって、”最後の○○”が増えていくんだろうな〜

xiaoli_0102 at 00:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動 ?年目 

2011年09月25日

ノルマ達成。

とりあえず、中国語の報告書提出しましたー。

電子辞書をすっかり幼稚園に置き忘れてしまったので、自分の今ある精一杯の語彙力で。。。


重慶で過ごす週末も、何気にあと2回!


他の国の同期達は、ぞくぞくと首都に引き上げて帰国前プログラムを受けてるようです。


私の残り時間はちょうど2週間!

でも、そのうち1週間は国慶節(建国記念日)の連休なので、幼稚園でも活動時間はもう今週1週間のみ!


ガっツリ授業も入ってるので、そんな実感が全く無いんですけど、子ども達といつも通りに過ごせたらなと思ってます。

xiaoli_0102 at 23:45|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動 ?年目 

2011年09月24日

10000アクセス突破!

いつも私のブログをのぞいて下さって、ありがとうございます

このたび、9月23日付けで10000アクセスを突破いたしましたー

拍手〜 v( ̄∇ ̄)v


ここ最近またもや更新止まってますけど、帰国前のバタバタ以上に、新学期(中国は9月に新年度が始まる)のバタバタでくたばってるのが原因です。


私も遂に、この仕事に気力・体力が付いていかないお年頃になってしまいました。


近頃こっちの知り合いに”送別会”的なお食事会を開いてもらってはいるものの、全く実感がないのが正直なところ。


ただ、さっき、お向かいに住んでるおばあちゃんに逢って「もうすぐ日本に帰る」って言ったら、泣かれてしまって…


ちょっぴり、自分が本当に帰るんだという気になりました。



今週末は、先延ばしにしまくっていた中国政府に提出する中国語の活動報告書作りに追われる予定。


ちゃちゃっとやれたらどんなに楽でしょう・・・


まあ、頑張ります。



そんなこんなで元気にはしてますので

20110913396

帰国は10月12日。

東京で帰国後研修があるので、地元に帰るのは19日前後になりそうです。



xiaoli_0102 at 23:51|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月27日

童神


昨日プチ自慢した、童神の中国語訳を載っけます。

 ※ 中国語がお出来になる方、文法ミスに気づいても目をつぶって下さいっ!


领受着天上的恩惠 在这颗大地星球上 (天からの恵み受けて この星に) 
诞生下的我的孩子  饱含着祝福而成长 (生まれたる我が子 祈り込め育て)
咿啦哟嘿  咿啦哟嘿         (イラヨーホイ イラヨーヘイ)
咿啦哟 可爱的心疼的宝贝      (イラヨー 愛しうみなしぐぁ)
不要哭泣呀 嘿哟 嘿哟         (泣くなよや ヘイヨー ヘイヨー)
接受着太阳的灿烂的光              (てぃだの光受けて)
要从容优雅 嘿哟 嘿哟                (ユーイリヨーヤ ヘイヨー ヘイヨー)  
健康安然地好好成长                (健やかに育て) 


炎热夏天的日子里  将清爽凉风送给你   (暑き夏の日は 涼風を送り)
寒冷的冬天到来时  在这片怀中抱着你 (寒き冬来れば この胸に抱いて)
咿啦哟嘿  咿啦哟嘿          (イラヨーホイ イラヨーヘイ)
咿啦哟 可爱的心疼的宝贝      (イラヨー 愛しうみなしぐぁ)
不要哭泣呀 嘿哟 嘿哟         (泣くなよや ヘイヨー ヘイヨー)   
淋浴着月亮晶莹的光         (月の光浴びて)  
要从容优雅 嘿哟 嘿哟          (ユーイリヨーヤ ヘイヨー ヘイヨー)  
健康安然地进入梦乡                  (健やかに眠れ)

在风暴狂乱呼啸着  穿渡的这个人世哟    (嵐吹きすさぶ 渡るこの浮世)
饱含着妈妈的祈祷  让永恒的花开放吧   (母の祈り込め 永遠の花咲かそう)
咿啦哟嘿  咿啦哟嘿           (イラヨーホイ イラヨーヘイ)
咿啦哟 可爱的心疼的宝贝        (イラヨー 愛しうみなしぐぁ)
不要哭泣呀 嘿哟 嘿哟          (泣くなよや ヘイヨー ヘイヨー) 
接受这天上明净的光           (天の光受けて)            
要从容优雅 嘿哟 嘿哟          (ユーイリヨーヤ ヘイヨー ヘイヨー)
像天空一样高高地成长         (天高く育て)

 



xiaoli_0102 at 20:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月26日

思い出ムービー、完成!

今までの日式活動を振り返った思い出ムービーを作り終えました。

最後の授業は全然最後っぽくなかったし(当たり前か・笑)、私から子ども達に直接ありがとうが言いたかったのもあって。

せっかくなので子ども達が好きな”童神”という日本の歌をBGMに写真を当てはめていきました。


”童神”は、有名な沖縄民謡の一つ。

夏川りみさんが歌ってる”ヤマトグチ(標準語)”バージョンが特に有名です。


この曲をピアノを弾きながら歌って聞かせた時から、子ども達すごく気に入ってくれて、先生達も「言葉はわからないけど、良い曲ね」と言ってもらえます。


この曲は沖縄の歌手、古謝美佐子さんによって作られました。
古謝美佐子さん・・・中学校の音楽の授業で習った記憶があります。

孫の誕生を機に作った歌なんだそうで、我が子に対する母の愛がたっぷり詰まった曲。




私の子ども達に対する気持ちも重ね、この歌詞を中国語に訳したものも画面の下に添付してみました。

 

今日、大大二班に行って上映させてもらったのですが、これを見てある女の子が大号泣!


感動の涙は伝染してクラス中に泣き声が響き、「卒園式は明後日でしょ」って言いつつ先生も泣いてる…!


私もしっかりポロっちゃいました。

 

「このムービーはすごくいいっ!」

先生が園長に掛け合ってくれた結果、卒園式で流す事になりました!

当日、保護者の方にも見てもらえます。


園長も私が作ったムービーを見て泣いてました。

「今まで笑理がどんな授業をしてきたか保護者にもわかってもらえるし、とにかく音楽がすごく合ってる!中国語の訳があるから余計感動しちゃった!!」と。



xiaoli_0102 at 19:52|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月25日

日式教育活動・135〜今年度最後の授業〜

配属クラスで最後の授業。

折り紙のポーチを自分で折って、その中に日本のお菓子を入れてあげました。


最後の最後までやりたい放題の子ども達だったけど、お菓子がもらえると知った豆豆というあだ名の男の子がやたらお利口だったのが面白かったです。


豪豪は、途中で東東の折り紙をクシャクシャにしたのでお菓子お預けの刑に。


豪豪が「東東に”ごめんね”って言ってきたから、お菓子ちょーだい!」と自己申告してきました。


「不是这个问题!还是我不给你!你自己想一想,为什么我不给你!
(そーゆー問題じゃない!やっぱりお菓子はあげない。なぜかは自分で考えなさい!)」
とだけ言い、引き続きお菓子はお預け。

 


この子は自分を抑えきれない傾向があります。


もちろん謝らないのよりはマシですが、”謝ったら済む”と思っています。

だから、友達からも嫌煙されたり、悪者扱いされたり、仲間に入れてもらえなかったり、本当は悪くないのにこの子のせいにされるケースがあるんです。

先生からも”この子は悪い子”とレッテルを貼っているような態度が伺えます。


自分を抑えられないのはこの子の問題であり、”謝れば済む”と思って人の嫌がる事を止めないのもこの子の問題。

 

これを見た保育員の李老師が、豪豪に「あなたのポーチを東東にあげなさい。」と言いましたが、私が豪豪にこの様な態度を取る目的はコレではありません。

李老師には、今回はこの場を私に任せて見守ってもらうようお願いしました。

 

豪豪は、”謝れば笑理老師はお菓子をくれるハズ”と思っていた事でしょう。


でも、実際はそうじゃなかった。


豪豪はその場で固まっています。

 


それを横目で見ていた東東が「私のお菓子を分けてあげるよ!」と言いました。


これは私自身も想定外の事でした。

 

「ありがとう…」と豪豪。


豪豪はもらったお菓子をしばらく見つめ、「さっきはごめん…」と言いました。


心からの”ゴメン”が言えたのです。

 

理由もなしに、隣に座ってた東東の折り紙をいきなりクシャクシャにして泣かせ、お菓子欲しさに謝ってはみたもののお菓子はもらえず。

そんな豪豪を不憫に思い、自分に嫌がらせをした張本人に対して仕返しもせず、優しい心配りをしてくれた東東。


きっと、豪豪もそんな東東の姿から自分の間違いに気づけたのでしょう。


最終的に私の出る幕はありませんでした。

 



xiaoli_0102 at 19:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月24日

卒園祝い。

IMG_0638


今年も卒園祝いとして、手作りのコサージュとJICA広報グッズのノートを準備してます。








大大班の子ども達は全員卒園しますが、大班の中には卒園せず来年大大班に上がる子もいるので、どう扱おうか悩んだ結果…

卒園しない大班の子にはノートだけをあげることにしました。

元々コサージュは卒園式で卒園児がつける事を前提にしていたので。

IMG_0696
去年は千代紙のチョッピリ渋いコサージュでしたが、今年はドラえもんとポケモンのコサージュです。


子ども達の喜ぶ顔が早くみたいな〜♪

 

 



xiaoli_0102 at 18:59|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月23日

卒園写真撮影。


今日は卒園写真撮影の日。

例年、卒園写真は並んで全体で1枚撮るのですが、今年はイギリスに研修に行った先生達が感銘を受けたという”イギリス式の卒園写真”となりました。


仲良い友達とグループで撮った写真を後で合成するというものらしいです。

IMG_0414NK4_1002NK4_1009






NK4_1025NK4_1022NK4_1017





NK4_1032NK4_1025NK4_1026





NK4_1036







私もちゃっかり映ってきました(笑)












無題
仕上がりはこんな感じ。

これは卒園式の時に子ども達にあげます。




こういう時に声をかけてもらえるのは、本当に嬉しいですね♪


最初で最後の集合写真。
NK4_1056



xiaoli_0102 at 08:21|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月22日

お隣さん。

卒園式にお呼ばれしたからには、それなりの服装で行かなきゃ!


でも…

こっちに来てから体型が随分と変わってしまったため、手持ちの服を試行錯誤してたらどれがいいのか自分でわからなくなっちゃいました。

 

日本にいた頃は、リビングに行けば妹が色々言ってくれたのにな〜。

ほぼダメ出しだけど、今はそれすらもありません。

 


一人で悶々としても埒が明かないので、今日は意を決してお隣さんの家のドアを叩きました。


3日連チャンで卒園式に出席するのですが、さすがにこの暑さの中同じ服は着たくないので自分の中で何着か選び、お隣さんの力もお借りしてその中から決めようかなと。

 

おばあちゃんとおじいちゃんと孫がいました。

IMG_0619
IMG_0627
ハッキリ物を言うのが中国人、

あっという間に決まりました(笑)

 

孫に向かって「ほら、日本人のお姉ちゃんよ。日本語で挨拶しなさい!」って。

まだ中国語で挨拶もできないのに(笑)

 

私のカメラが気に入ったようです。

 



xiaoli_0102 at 01:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月21日

子どもは正直。

今日は朝からものすごい大雨で、幼稚園に着いた時点でジーパンがひざ上までビッショリ…。

大大二班の前を通り過ぎる時、ある子が質問してきました。


子:「笑理老師、今週は何の工作するの〜?」

私:「この前の授業の時に王老師が言ってたでしょ?
   卒園式の練習があるから、笑理老師が授業する時間ないって。」

子:「大丈夫、気にしないで。
   こないだは王老師すごく怒ってたでしょ?
   僕達がちゃんと言う事に言っただけだと思う。
   どーせ嘘だよ!」

 

・・・無言。

 

確かに、王老師は子ども達を叱る際少し表現がオーバーに感じる事があります。


例えば、ハサミを片付けてなくて没収する時、「永遠に返さないからね!」とかある子の物がなくなった時「今日は○○が見つかるまで、皆帰れないよ。お家の人が迎えに来てもあなた達は帰さない。それが嫌なら一生懸命探しなさい!」等。

それは子ども達に対する一種の”脅し”であり、もう1つの問題としては、王老師が本心で言ってるわけじゃない事を、子ども達自身が悟ってしまっている…つまり、先生の言うことを”100%”で聞いていないという事。


実際、没収したハサミはその日のうちに返すし、保護者がお迎えに来たらもちろん家に帰すわけです。


もうすぐ小学校にあがる子ども達、ものの道理というものが全くわからない歳ではありません。

 


今朝の子どもとのやり取りを本人に伝えたら、王老師は「アハハ、ウケる!」と笑ってました。










ただ、それだけでした。



xiaoli_0102 at 00:04|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月20日

日式教育活動・134 〜紙コップけん玉を作って遊ぼう!〜 

今日は、大二班で紙コップ剣玉を作りました。

授業に入る前に、新聞紙を使ったじゃんけんゲーム。


新聞紙の上に立ったまま、皆一斉に私(リーダー)とじゃんけんをして、負けたら新聞紙を1回半分畳む、勝ちとあいこはそのまま。

何回も負けると、新聞紙の面積がどんどん小さくなっていき、初めは両足で立てたのに最終的には片足で立たないといけなくなります。

で、立てなくなったら終わり…という、超単純なルールです。


子ども達は初めてするゲームに、案の定大興奮!


本当は最後の一人がフラフラになるまで続けたかったんですが、時間の都合もあり途中で中断。


子ども達は気に入ってくれたみたいなので、給食を食べ終わった後とか時間を見つけてやってみようと思います。

 



xiaoli_0102 at 15:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月19日

園舞踏組。

配属先幼稚園は、あらゆる面で重慶市でトップクラス。

今日は、放課後にお遊戯を習っている子ども達のご紹介。




5歳児のリフト
IMG_0216IMG_0219








皆、又割できます。

IMG_0237IMG_0245








皆、こんな事出来ます。
IMG_0231IMG_0232






IMG_0233IMG_0228









皆、表情が同じ…。
IMG_0240IMG_0249








皆、一生懸命!

IMG_0225IMG_0242 








もうすぐコンテストに出るらしく、先生も時折声を荒げての指導でした。

 



xiaoli_0102 at 13:31|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月18日

スカイプ出席。

今日は、友達の結婚式。

私も出席しました。


SKYPEで。


本来今日はお休みですが、ピアノで歌のプレゼントをする為に幼稚園へ。

 

便利な世の中になったもんだ〜。


まさか、友達の花嫁姿をリアルタイムで見れるとは思ってなかったので、本当に嬉しかったです!

友達カップルも、私の気持ちを知ってるからか、式場に色々手配してくれたみたい。


嬉しいサプライズでした。




i PHONE 004

おめでとう。

 










実を言うと、2年間日本にいないと大好きな友達の結婚式に出られないのが心残りだったりしました。

すでに、出席し損ねた結婚式は8組!

同級生が結婚かぁ。

そんな歳になってしまいました、私も。


今や、”結婚”や”出産”をとっくに済ませ、子どもが”入園”&”入学”の友達も多いですしね…。


帰国したら、”就活”の前に”婚活”かなぁ…

 

がんばろ。



xiaoli_0102 at 00:30|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月17日

評価されてナンボ。

まーた学期末が近づいてきました。

同僚は子ども達の評価に追われて大忙し評価されるのは子ども達だけではありません。

同僚同士の評価も行われます。

・先進教師(積極的に新しい取り組みをした先生)
・同事評価最高教師(同僚からの評価が最も高かった先生)
・家長最満意教師(保護者からの評価が最も高かった先生)
・日常工作賞(日頃真面目に仕事をしている先生)
・本学期骨干教師(今学期特に抜きん出てた先生)
・最優秀班級(最も優秀なクラス)
・文明家庭(文明的な家庭)

保護者も評価の対象とは…。


さすが、評価されてナンボのお国柄ですなぁ〜。



xiaoli_0102 at 00:23|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月16日

日式教育活動・133 〜父の日のプレゼント◆


今日は大二班で、”父の日のプレゼント大作戦”。


「ボクのお父さんは北京でお仕事してるから、あげなくてもいいでしょ?」


おっとっと・・・。

 

ウチのクラス、ものすごく現実主義な子が多いんですよね…。

 

「お家に帰って来た時にあげたらいいじゃん。」と言うと、しばらく考えて…

 

「じゃあ、おじいちゃんにあげる事にする!」

 

おじいちゃんって…。


「おじいちゃんはお父さんのお父さんで、あなたのお父さんじゃないでしょ。
お父さんは1人しかいないんだよ。」と話をしましたが、伝わったのか否か。


IMG_0603IMG_0604






”福福”など、大二班はあだ名にしました。

 



xiaoli_0102 at 00:03|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月15日

呆気ない最後。


昨日は最後の日式授業となりました。

それは私自身、授業が終わった直後に担任から聞かされた事です。


卒園式の練習に全てを費やす為と言われましたが、先に言って欲しかったな…。


最後の授業は来週だろうと、勝手に思って確認しなかった私が悪いんですけど。

でも、最後の授業の時はこんな話をしようとか、こんな風に終わりたいとか、心の準備っていうもんがあるでしょ?

 

最後の授業だったのに王老師、子ども達を怒鳴りつけて終了だったんだもん。

お説教の後、「最後の授業だったのに怒鳴りつけて終わっちゃってゴメンね。」

って言われたけど、私自身は全然最後の授業のつもりでやってなかったので「えーっ!?」って感じ。


赴任直後から関わってきたクラスだったのに、実に呆気ない最後でした。

 



xiaoli_0102 at 23:43|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月14日

日式教育活動・132 〜父の日のプレゼント〜




授業の前に、”我爸爸”という絵本を読みました。

自分のお父さんと照らし合わせながらお話を聞いてる子が多かったです。


「先生は、もう1年半以上もお父さんに逢ってないよ〜。」と言うと、

「じゃ、笑理老師がお父さんに逢いに行けるように、また皆で募金しようよ!」
という子がいました。


・・・ありがとう。

 

でも、お金の問題じゃないんだ〜(笑)

 

 

自分が好きな柄じゃなく、お父さんに似合う柄の千代紙を選んで作戦開始!


IMG_1172





大大二班の子ども達にとって、ネクタイを折る作業は簡単だったようです。








IMG_1174



お父さんの似顔絵も、こんなに本格的に描いちゃって私がビックリ…(笑)













IMG_1173




ご丁寧に年齢まで描いちゃう子も。

 






お迎えの時間にクラスを覗きに行ってみました。


IMG_1170



お父さんがお迎えに来てる子は早速渡してて、お父さんものすごく嬉しそうでした。

 



xiaoli_0102 at 23:29|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月13日

父の日大作戦!

職員室でせっせとワイシャツを2クラス、80人分作りました。

でもそれは本物ではなくて、A4の紙を折って作る折り紙のワイシャツです。


今週末は”父親節”=父の日。


母の日はお母さんを幼稚園に呼んで盛大なイベントをするのに、父の日は特に何もしないらしい。

世の中もそんな感じで、母の日ギフトは大規模でやるのに父の日はイマイチ。


毎年、母の日の行事に裏方で参加するお父さん達から「父の日もイベントして欲しい。」と嘆願が出るけど、今までその願いが報われる事は無いらしい。


そんなの、お父さん達が可愛そう過ぎます!!

 


日頃、お仕事を頑張ってくれるお父さんのために、次の授業では父の日のプレゼント作りを考えてまして。


ワイシャツはその下準備…といったところでしょうか。

 

本当は子ども達にワイシャツを折らせたいのですが、それだけで1日かかってしまいメインに使う時間がなくなりそうだし、何よりも難しいので…。


私がやっちゃいました。

 

相手が日本の子ども達だったら絶対自分達でやらせますけど、この子達には時間がありません。

その上、ワイシャツが折れるレベルに無い…というのが現状。

ちなみに、折り紙のワイシャツは封筒にもなります。

なので、子ども達には

1.千代紙でネクタイを折る

2.別紙にお父さんの似顔絵を描く

3.ワイシャツにネクタイを貼って、ボタンとポケット、模様を描き足す

4.ワイシャツ(封筒)の裏に、
  【大大二班】”谢谢爸爸”と、自分の名前を書く
  【大二班】私が用意したカード”我  爸爸”の間に❤マークを描く
       (すると、”我❤爸爸”=”お父さん、大好き”になる)

5.似顔絵をワイシャツ(封筒)に入れて、帰宅後お父さんにプレゼントする





完成品は同じですが、クラス別に年齢を考慮したミッションを与えようと思っています。

 



xiaoli_0102 at 19:35|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月12日

日式教育活動・131 〜卒園式プロデュース大作戦!〜

卒園式まで2週間。

今年も卒園式をプロデュースして欲しいと年長組の先生に頼まれました。
去年は、配属先の元々の卒園式を日本風にアレンジしたのですが、今年は更に日本の卒園式風にさせてもらいました。

一番の目玉は、子ども達からお家の人に感謝状を渡すという項目です。

今日は、臨時の日式授業。

お家の人に渡す感謝状を作りました。


❤型に切った画用紙に、”謝”という文字を書きます。


子ども達はこんなに複雑な字を書くのは初めて!

 

しかも・・・


毛筆で書かせてみました。

IMG_1168

どうです?

味があっていいでしょう♪

形は歪かもしれないけど、子ども達が初めて書いた感謝を表す文字。




キラキラ折り紙を自由に張り付けて飾り付け。

 

素敵なプレゼントになること間違いなしっ!

 

お家の人には卒園式当日までナイショです❤

 



xiaoli_0102 at 18:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月11日

金城武。



日本でも有名な俳優さんですね。


私が彼を初めて見たのは、”神様、もう少しだけ”というドラマでした。


クールで、ニコリともしない。


日本ではそんなイメージのある彼。




中国でも彼は大スターです。


彼は、日本人の父と台湾人の母との間に生まれ、台湾育ち。


中国人は、彼が日本人・・・つまり、日本国籍を持っている事を知らないようです。



私が中国に来てビックリした事の1つ、金城武。


中国ではニコニコ笑ってるし、インタビューで冗談も言う。






更に、私の彼に対するイメージを大きく裏切ったのがですね〜。









   


彼、なんと歌まで出してるんですね〜。



元々、中国では歌手としてデビューしたらしいです。



いや〜、これには本当驚きました。




みなさんも、金城武がマイク片手に熱唱してる姿、あまり想像できないんじゃないですか?



日本と中国じゃ、だいぶイメージが違うもんですよ。


ちなみに、これは藤井フミヤの”TURE LOVE”のカバーです。

http://www.1ting.com/player/6c/player_458816.html



で、こちらは米米クラブの”君がいるだけで”のカバー。

http://www.tudou.com/programs/view/uws4IegY9zw/



xiaoli_0102 at 09:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月10日

わかってないなぁ・・・。

中国の長距離バスでは、車内でDVDが放映されます。


反日映画か、共産党万歳的な映画か、成龍(ジャッキー・チェン)の映画が多いです。


成龍のアクション映画って面白いですけど、私はエンドロールで流れるNG集が一番面白いと思います。


なのに、長距離バスの運ちゃんは、映画の本編が終わるとブチっと切っちゃうんですね〜。


実にもったいないっ!




成龍の作品の良さをわかってない気がします。



xiaoli_0102 at 09:19|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月09日

日式教育活動・130 〜小麦粉粘土で遊ぼう!〜

今日の授業では、小麦粉+水+塩(少々)+絵の具(少々)を混ぜ合わせて、小麦粉粘土を作りました。



i PHONE 836

試飲用の小さな紙コップを使って、一人ずつ自分で分量を量る事をさせました。


指を使って、”すり切り”という方法も教えましたよ。









i PHONE 837




手を使って混ぜ合わせます。








i PHONE 838i PHONE 839i PHONE 840



なかなかすぐ粘土状にならず、せっかちな子は手洗い場に行き勝手に水を足したようなんですね…。



まあ、頭を使った所は評価したいのですが、これは私も想像していなかった事でして・・・。


小麦粉を足して調整していたところ、


”水を入れたら、笑理老師が小麦粉をもっと入れてくれる!”


何やら、その様に勘違いした子がどんどん水を入れ始めちゃって。



「量った分の材料を長い間混ぜ続けたら、絶対できる!
もう小麦粉がそんなにないから、自分で水を足しちゃうとべちょべちょの粘土にしかならないよ!」

と注意をしましたが、聞いてるのか聞いてないのか…。




そんな感じ。



i PHONE 841i PHONE 842









出来上がった粘土は、ビニール袋に入れてお持ち帰り。


冷蔵庫に入れたら1週間くらいはもつので、お家でもまた遊べます。







xiaoli_0102 at 23:22|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月08日

シャボン玉とばせ 〜パネルシアター〜

今日は、中二班の王老師に事前に交渉し、初めてこのクラスに関わらせてもらいます。


王老師も、「今日はねー、笑理老師がみんなに日本のお話を聞かせてくれるんだって!」と話してくれていたみたいで、私が教室に行くとすぐ子ども達に取り囲まれました。



日本の保育現場でよく活用されているものの1つ、パネルシアター。


前回は、三角形を組み合わせて、パズルのように形を組み合わせていくという、数学的要素のあるものでしたが、今回は少し違います。

i PHONE 835
今回の内容は”シャボン玉とばせ!”

色んな動物が出てきて、それぞれシャボン玉を膨らませるというお話です。


中国語に訳して歌いながら、物語を進めていきました。




i PHONE 833
最後、「これは誰のシャボン玉かな?」と、クイズ形式にしたのも良かったみたいです。


ラストまで、子ども達がニコニコしながら見てくれたので、私自身も楽しみながら演じる事ができました。






「笑理老師、あれのどこが日本の話なの?」と聞いてくる子が・・・。


私が日本語で話すものだと思ってたみたいw








xiaoli_0102 at 22:42|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月07日

变魔术!

私は、ちょこっと時間が空いた時、子ども達に手品をしてみせます。

簡単で、それこそ子供だましのようなものしかできませんが、それでも子ども達の眼差しは真剣です…!!



今日は、ある男の子が



「先生、見て!ボク手品できるよ〜」と言ってきました。



私:「へ〜、すごいじゃん!見せて見せて♪」



そういうと、その子は眉間にシワを寄せながら掌をものすごいスピードでこすり合わせ始めました。


「見ててね、何か出てくるから・・・」




しばらくして。




「ジャーーーーン




その子は得意気に掌を見せてくれました。



特に何も見えませんが





反応に困る私に気づいたのか、「ホラ、ここ見て



よくよく見てみると、何やら黒いものがポツポツと付いてます。

















う〜ん、これは手あかですねぇ(笑)




「变魔术!(手品)」



ご満悦のご様子。





子:「先生この黒いの、なぁに?」


私:「これはね〜、ちゃんと手をキレイに洗ってないと出てくるんだよ。」


子:「えっ

 
私:「じゃあ、見ててごらん。先生がやっても黒いの出てこないから…。」


DSCN3854

その子は慌てて手を洗いに行きました(笑)


ちょっと”おぼっちゃま君(アニメ)”に似てますww









xiaoli_0102 at 15:25|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月06日

チマキ。

3連休が明け、今日から通常保育。


家に帰ろうとした時、同僚から渡したい物があると引き留められました。



「中国では、端午節にはチマキを食べるのは知ってるでしょ?」と同僚。

確か、去年の端午節直前の朝の給食にはチマキが出ました。


「私は、昨日まで彼氏の地元に行ってたんだけど、彼の実家のチマキが特別な物だったから、笑理にも食べさせたいと思って、もらって来たの!」と。



見てビックリ!




一般的なチマキは、このような三角形をしています。






が!!



もらったチマキは長方形でした。

IMG_0597      
私;「へ〜、この形初めて見た!!」


同僚;「私もよ〜!だから、あなたに見せたかったの!」




筍の皮を剥くと、ずっしりと詰まったもち米の塊が顔を出しました。


チマキにも色々あって、味が付いてるものや、具が入ってるもの、もち米に色が付いているもの等があります。



IMG_0599私が頂いたチマキは、真黒!

薬膳系の物で色付けされているようですが、
味は無いので砂糖を付けて食べるように言われました。



実食してみると、全く味が無いわけではなく、遠いところで苦みと酸味を感じました。

ご飯に砂糖を付ける…というのは日本に無い習慣ですが、中国には砂糖がたっぷり入った甘〜いお粥もあります。

最初こそ抵抗を感じましたが、今ではすっかり慣れ、特に黒米粥(これも甘ーい)が大好きです!


xiaoli_0102 at 14:33|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月05日

成都旅行 〜世界遺産ツアー(都江堰)〜

IMG_0581

今日は成都の郊外にある、都江堰という世界遺産に行きました。




都江堰(とこうえん)、中国語では”どぅじゃんゆえん”。



新幹線が1時間遅れ、乗ること45分。


乗ってる時間より、待ち時間の方が長い



バスに揺られて30分くらい。


入場料90元。

 



IMG_0583IMG_0584









以下、ネットで拾った参考資料

「都江堰」は、中国・四川省の省都・成都の西方約60km、岷江(みんこう)の中流部に位置し、秦の時代(BC221〜BC206)に築造された水利施設である。当時の蜀の郡守・李冰が創建者で、その後歴代の増修によって完全なものになったとされている。岷江は全長が700kmを超え、四川省の険しい山々を縫って流下し、最後は長江(揚子江)に合流する大河川である。都江堰が築造された場所は、岷江が山地から平地に出る境目、扇状地の扇頂部に当たり、激流で押し流された岩石や土砂が堆積し、昔から洪水を繰り返す治水の要の地であった。また当地は、岷江の流れが大きく西側に回り込んでいるため、水量の少ない時期には、岷江の東側に大きく広がる成都平原へ豊かな水が届かず、干ばつ被害が深刻化していた。
都江堰は、岷江の氾濫による水害を治めるとともに、成都の大平原に岷江の水を引いて地域に豊かな恵みをもたらし、後の秦の天下統一に大きく貢献したといわれている。以来、2200 年余りの時を経た現在も、農業用水ばかりではなく、生活用水・工業用水をも賄って地域に豊かな恵みをもたらしている。幾多の時代を超えて今なお貢献し続けるその姿には驚嘆せざるを得ない。中国では「万里の長城」「南北大運河」「都江堰」を古代の三大土木工事と称しているが、築造当時の役割を脈々と果たし続けているのは「都江堰」のみである



IMG_0585IMG_0586IMG_0595
 








文章読む分にはなんかすごい場所なのはわかるけど、観光してていまいちそのすごさが伝わってこなかったのは残念だったかも。


IMG_0592

ただ、この橋の揺れ具合にはビビった(笑)




IMG_0593


渡り終えても、しばらく揺れてる感があったし。





IMG_0596


これで、中国世界遺産14か所目制覇っ



xiaoli_0102 at 14:28|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月04日

成都旅行 その


成都にいます。

昨日、ゆみちゃん&めぐちゃんと新幹線に乗って。

成都で森さんと合流。


IMG_0580
で、泊まったのはお気に入りのユース(シムズ)、ここ泊まるの何気に4回目?

ユースの猫ちゃん。

ヨーグルト、横取りされました(笑)



今日は、成都を満喫の内容です。

 

IMG_0578
成都駅の切符売り場。

明日行く所までの新幹線の切符を買い、そこから地下鉄で街の中心部へ。


IMG_0579

写真は天府広場の毛沢東氏。

”天府”というのは、四川の別称らしい。







スタバ→とんかつ和幸→伊勢丹(スーパー)→伊藤洋貨堂(スーパー)。


成都食べ歩きコース!

 

別名、財布の紐緩みっ放しコース(笑)

 



xiaoli_0102 at 14:24|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月03日

教師として、子どもをどこまで信じるか?

朝の給食を食べ終わった子から、厚紙と爪楊枝を使ったコマを作って遊びました。

いつも先生に叱られてものんび〜り食べてる子も、今日は別!

早くコマを作って遊びたいが為に、モグモグ口を動かしていました。



水性で自由にお絵描きして、で切って、裏に出席番号を書いたら、私がコンパスで穴を開けて爪楊枝をブサっと。


みんな楽しそうにコマで遊んでいて、「カバンに入れて持って帰っていいよ〜!」と言うと大喜び




夕方、いつになく早く給食を食べ終わったA君。

(中国では朝昼夕、三食とも幼稚園で食べます。)



「笑理老師、ボク今日遅く来たからコマ作ってないんだ。今作っちゃダメ?」と、聞いてきました。


元々絵本を読む時間。

でも、「もちろん、いいよ」と答えました。



必要な道具を自分で用意させ、絵本を読んでいる子達から離れた机で製作開始!




と・・・



絵本を読んでいたハズの子がチラホラ見物にやってきました。



「そうそう、そこをそうやってね…

「次はね〜…」

自分は今朝作ったもんだから、得意気に教えるチビッ子先生達(笑)




「穴開ける時になったら呼んでね〜」とだけ声を掛けて、ここはこの子達に任せました。






・・・と、その時





「私も作ってない!!」


と、申し出る人物が現れました。


B子です。



そんなハズはありません。



だって、B子は今朝私の隣でコマを作ってたんですもん。



どんな絵を描いてたかだって、私はちゃ〜んと覚えてます。



それでもB子は作ってないと言い張ります。



B子が嘘をついている事くらい、とっくにわかっていました。


B子は自分に都合が悪い時、必ず目が泳ぎます 


相手のを見て話せません。





私はB子に対して、どう接するのがいいかな〜と考えていた時、チビッ子先生の1人、佳佳(あだ名)が

「カバンを持っておいでよ。
朝作ったならカバンの中に入ってるハズでしょ?
一緒に探してあげる



ナイスアシスト…




B子は、意外にも「うん」と心良い返事。




カバンを置く棚は教室の外、廊下の所にあります。


しばらくしてB子がカバンを持って来ました。




一緒に見てもカバンの中にコマはありません。



「ほら〜、無いじゃん。だから私も作っていいでしょ?」と、B子。




でも、私は知っていました。


B子のコマがどこにあるのか。





B子は気づいていない様子でしたが、私は教室の窓越しにB子の行動を見ていました。



一瞬見た事を後悔しそうでした。



B子の動向を追わずにいたら、

「あれっ?無いね〜… 先生の勘違いだったかな B子ちゃんも作っていいよ!」で済んだ事でしょう。




でも、私は見てしまいました。

B子が、カバンの中から自分のコマを取り出し、棚と廊下の隙間にねじ込むのを・・・。




「ちょっとおいで。」


B子を他の子ども達から離し、教室を出ました。




私:「B子ちゃん、今日コマ作った。作ってない。どっち?」

B子:「作ってない。」


私:「本っ当〜に作ってないの?」

B子:「も〜、何度も言ってるじゃん…。作ってない!!」



先ほど私が述べたように、B子の中では私の勘違いで終わるハズだったのでしょう。

B子の計画では、今頃お友達の注目を集めながら、水性ペンでコマに色を塗っていた頃かもしれません。

私があまりにも事実確認をするので、B子は完全にイライラしているようでした。



私:「だったら、今朝、給食食べ終わってB子ちゃんは何をして遊んだの?」

B子:「・・・覚えてない。」



なかなか口を割ってくれないB子。


あまりこういう事はしたくありませんでしたが、B子をカバン置き場に連れて行き、彼女が隠したコマを取り出しました。


無理矢理ねじ込んだせいか、厚紙で作ったコマは少ししわくちゃになっていました。



私:「これはあなたのコマなんじゃないの?」

B子:「・・・違う。」


私:「じゃあ、コマの裏に書いてある出席番号は何?あなたの番号じゃないの?」

B子:「・・・きっと、誰かが間違って書いたんだよ。」



きっとこの子は、幼稚園でも家でもこうやって切り抜けてきたのかもしれません。




B子も後に引けなくなったのでしょう。

ここまでB子追い詰めるような事しなくてもよかったかもしれない…私自身、そう思っていました。


でも、それはB子自身が引き起こした結果でもあります。

わざわざ「作ってない」と言ったり、コマを隠す事をしなければ、私が掘り下げた質問をする事もなかったのです。



実は、B子に関しては今までにも似た様な事が何度かありましたが、決定的証拠が無く、CPは「○○する時間になったから…とか、じゃあ今日だけね!」と、うやむやにしてしまう傾向がありました。


私がそれを指摘すると「だって証拠が無いんだもん、見てないんだもん。」とCP。


確かにCPの言う通り証拠もなく、見てもないのに叱るのもよくありません。




でも、今日は違う。


証拠もあるし、この目で見ています。


今回彼女を導くいい機会かもしれない…。



私はそういう気持ちでした。




私:「・・・ねぇ、B子ちゃん。もう1つ作りたかったなら、正直に言えばいいんだよ。」


B子の表情が揺るいだのを見逃しませんでした。


私はB子を抱き寄せ、「先生が教えたおもちゃを気に入ってくれて、先生は嬉しいよ。」と言いました。


B子は声を出して泣き始めました。


私:「でも、B子ちゃんが嘘をついたのは悲しかった。」


B子は咳き込みながら、激しく泣いています。



私:「先生がコマを見つけた時、ドキドキしなかった?」


頷くB子。




教室にいたCP、隣のクラスの先生も何事か?と見に来ました。


私:「もう大丈夫だよね?」と問いかけると、また大きく頷くB子。



ギャラリーがいなくなるのと、B子が泣き止むのはほぼ同時でした。



日本の幼稚園で働いてた頃、「嘘をつくと心が黒くなるんだよ。」と子ども達に話してきました。

「1つ嘘をついたら、その嘘を隠すためにまた嘘をつかなくちゃいけなくなる。あなたがお話してくれる事が嘘ばっかりになっちゃったら先生悲しいな。」とも。

B子にも、同じようにその話をしました。




嘘をついた事無い人間はいないと思います。


私だってそう。


だからこそB子の気持ちがよくわかる。


”初めから素直に言えば良かった・・・” と。











xiaoli_0102 at 00:17|PermalinkComments(0)TrackBack(0)

2011年06月02日

日式教育活動・128 〜指版画をしよう!〜

IMG_0571
大大二班で日式。

今日は、中国でずっとやりたかった指版画をしました。

画面いっぱいに絵の具を手でのばし、指で絵を描き、別の紙に写し取るというものなんですが。




これは、7年前。
私が短大の幼稚園実習で初めて任された責任実習でやった内容です。


授業準備として

・カレンダーの裏や広告(特にパチンコ店)など表面がツルツルした紙。
 美術業界では”アート紙”と呼びます。
 → この手の髪は、絵の具を吸い込まないので版画の土台に適しています。
   使用済みJICAカレンダーは捨てずにとっておいたので、その裏を活用。


・ハンドペインティング用のインク。
 → 日本では”ゆび絵の具”という名前で売られていますが、ここでは自分で調合するしかありません。
絵の具+水+でんぷん糊(白いやつ)+手洗い用洗剤少々(これを入れることによって、絵の具が洗い落としやすくなります)


・写し取り用の紙。
→ インクジェットの紙を使用。



 

子ども達の動向を考えると服が汚れるのは必須なので、事前に美術室からスモッグを20枚借りておきました。

クラスの総人数は40人なので、分組…つまり半分に分けて作業を行います。




授業の導入は、絵本”スイミー”(中国語名:小黒魚)


この絵本は、日本の小学校1年生の教科書にも載っている有名なお話。
比喩表現が豊かで、海の中の生き物が沢山でてきますよね。

今回は、青の絵の具をベースにしようと思っていたので、海に関するものを描かせて海を表現させてみようかと。


絵の具の色を青にしたのも、実は理由がありまして。
色には、それぞれ作用があるというのは有名な話ですね。
暖色は温かみを感じさせると言いますし、寒色は涼しさを演出する色だと。
青や緑は心を落ち着かせる色、逆に、赤や黄色は気持ちを興奮させる色とされています。
お医者さんや看護師さんの手術着が青や緑なのも、これからきているとか。


絵の具で手をべチョべチョにするなんて、ただでさえ興奮しやすい子ども達のテンションは一気に上がるに決まってます。

なので、色だけでも落ち着きを促す色を使いたいというのが本音。


机には、汚れ防止に新聞紙を敷いて。


子ども達の手は、スイスイ動いていきます。

IMG_0569IMG_0572 










i PHONE 831



   カニ









i PHONE 828


 


  ワカメ







i PHONE 824

 
  お魚さん





i PHONE 826




  お魚さん








i PHONE 829
 私;「あら、お人形さん描いたの?」

 子;「違うよ〜。
    海で泳いでる私を描いたの!
    先生でしょ?
    海の物を描くように言ったのは…」

 ハイ、すみません(笑)



i PHONE 827

  私;「このキノコみたいな生き物は何?」

  子;「キノコだよ〜。」

  私;「海の中にキノコがいるの?」

  子;「えっ、いないの…!?」

  私;「う…う〜ん、いるかもしれないね。」












i PHONE 832

写し取った絵は、色画用紙に日付と一緒に貼ってカレンダーにしました。

そうする事によって、持ち帰ってから家で飾る事ができます。

卒園までのカウントダウンもできますしね。

 


先生のこの”一手間”が大事なんです。

 

それをわかってくれても、実行してくれる先生はまだまだ少ないのが現状ですよ…。


う〜む。

 

 


面白かったのは、絵の具を洗い落とす子ども達が私に言った一言。



「日本の絵の具、洗っても全然落ちな〜い!もう、面倒くさ〜い!」




ちょっと、ちょっと・・・!!

これ、中国産の絵の具なんですけど(笑)

確かにポスターカラーだから落ちにくいとは思うけどさ。

 

私が授業で使う物は全部日本のだと思ってる子ども達。(確かに、時々使うけど。)


かわいいな〜♪

 



xiaoli_0102 at 13:57|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年06月01日

新幹線のチケットを買うために。


今日は中国の暦ではこどもの日。

普通の人はいつもの平日でしょうが、幼稚園はお休み。

幼稚園職員もお休みです。ちょっとお得な気分♪


今度の3連休、友達と成都に行くことにしたので、そのチケットを買いに。

 


成都⇔重慶間には動車という、新幹線が通っているので、約2時間チョイ。


友達が私の分のチケットも一緒に買ってくれることになってました。


しかし、動車のチケットを買うのに身分証…外国人である私達はパスポートがないと買えないとの電話が…!

「今までそんな事無かったよ!」って言うと、6月1日から制度が変わったんだと。


6月1日って… 今日じゃん!!


なんでも、ダフ屋行為防止のためらしい。

まー、それは一理あるかもね。

それにしても…本当、この国なんでもいきなりだし、事前に通知が無い。

いきなり一方通行になるわ、いきなりバス停が無くなるわ、いきなり身分証が必要になるわ・・・。

いきなりタクシーの初乗り(燃料代)が1元上がった時も、運転手が騙そうとしてるんだと思ったくらい。

 


急遽パスポート持って、バスに揺られること40分。


沙坪坝駅のチケット売り場に行ったら、改装するとかで閉まってる…

 

 

結局、重慶北駅までタクシーに乗り、チケットをゲット。


面倒臭〜い!

 

ちょっと前までは、少々面倒でも旅行するのが楽しみだったけど、最近は旅行に行っても疲れる事の方が多いし。


でも、チケット取れて良かった。


もし動車のチケットが取れなかったら、バスか電車にもっと長い時間乗る羽目になるから。

 



xiaoli_0102 at 13:55|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年05月31日

児童節のイベント

IMG_0515IMG_0514






今日は我が配属先幼稚園2大イベントの1つ、子どもの日行事。

今年は事故の影響もありお遊戯や発表的な内容を控え、その分”安全教育”をテーマにした内容を充実させました。

子ども達はコスプレしての参加です。

IMG_0517IMG_0516







IMG_0526IMG_0525







事前準備で、安全教育をテーマにするのはいいけど、それを広げたブースをどう展開するかに頭を抱えていた同僚達。

私も無い知恵を更にしぼり、一緒にアイディアを出してこの日に備えました。

 

以前働いていた日本の幼稚園では、地元警察署や交通指導員さんのに協力して頂いて”交通安全教室”をしていました。

園庭に石灰で書いた交差点や横断歩道が出没!

そして、本物そっくりのミニ信号機も設置されて、子ども達が交通規則を実践を通して学ぶという体験ができました。


その時の写真を園長にも見せ、これに類似した活動がここでできないか討論を重ねました。


中国には交通安全を総括する”交通警察”という組織があり、同僚の旦那さんや子どもの保護者もそこで働いたりしています。

なので、協力を呼びかけて幼稚園の行事に協力してもらっては?という話を持ちかけました。


幸い協力的な保護者が見つかったようで、これはクリア!



IMG_0542

ん!?


保護者かと思いきや、交通警察の制服を着た楊老師! 


彼女のクラスの子が「楊老師〜!」と呼びかけると、

「先生は本当は警察官なの。だから、ちゃんと言う事聞かないと逮捕しちゃうよっ!」


2歳半の子どもにこの冗談はキツイでしょ・・・。

本気で信じてる子ども達。。。



交通教室が始まりました。


子ども達を、運転手と歩行者のグループに分けます。


信号が赤になったり緑になったり。


IMG_0540IMG_0541









ちびっこスーパーマンもお姫様も、安全運転です(笑)

IMG_0546IMG_0547












交通安全をテーマにした遊びを、どう展開させるか?

結局、私が出した2つの案が採用されました。


その1.【”交通安全クイズ”コーナー】

IMG_0535入り口から出口に沿って、交通安全の標識や、交通安全に関するウンチクを絵にしたものを1枚ずつ展示。

出口には先生が待機して、1人1問、クイズを出す。(答えは展示品の中にある)


IMG_0534正解したら、好きなシールを1枚選んでおでこにペッタン(中国スタイル)!

間違ったら、最初からやり直し。

3歳〜7歳の子達なので、問題を出す先生はもちろんレベルを考えて出します。

 


その2.【”交通安全すごろく”】

IMG_0532大きな部屋の床に、大きなすごろくのシートを設置。

すごろくを通して、次のコマに進む時、横断歩道をどう渡るかや標識の意味を考えさせる機会を作ります。

 

 

他に私の助言が取り入れられたのは、恒例の食べ物コーナー。

去年、私はこのブースの食べ残しがあまりにも多くて驚きました。

ゴミ箱に入りきれないほどの食べ残し&ゴミ箱にすら捨てられていない食べ残し。

IMG_0565
で、私が提案したのが、1人1箱でセッティングされたものを渡し、その場で食べ切れる分だけ食べ、それ以外はお持ち帰りできるようにしてはどうか?という案。



去年は1人1ちぎりのパンが配られたのですが、食べきれない子やそもそも受け取っていない子がいて、ものすごい数が余ったんですね〜。

IMG_0566今年はパン屋さんに頼んで、可愛くてどっぺリ来ないような小さなものを、しかも選んで食べる楽しさを味わえるよう、エッグタルトやプチシュー等を子ども達の大好きなケーキの箱に入れて配布しました。

これは大正解でしたね


IMG_0553
ビックリするほどゴミが少なかったですし、みんな箱をお持ち帰りしてました。

それに、食べ歩く子も少なく、テーブルについて食べてる子が思ったより多かった気がします。 






それから、事前に保護者に切り取り線付きの案内を配った事も大きな収穫でした。

今回の行事を行う目的や、各ブースの注意事項、そして何より、”子どものお手本となる行動を心がけましょう!”という啓発も込めて。

この書類に目を通して内容を理解したら、切り取り線に沿って切り離し、サインをし、先生に提出する。


この書類の絶大な効果を受け、この方法は今後継続して取り入れてもらえそうです。

 

行事が終わってから、副園長に「今日の行事について、あなたの意見やアドバイスを聞かせて欲しい。」と言われました。

いくつか提案事項と改善事項を伝え、昨年の行事と比べて良かった点についても話しました。


去年は中国の幼稚園というものがわかってなかったから、色々思うところがあっても特に何も言わず見てました。

特に意見を求められる事もなかったし、配属クラスの小道具や衣装作りを手伝う程度。


でも、今年は2回目ということもあって配属クラスレベルを脱し、園全体レベルで行事運営に関わらせてもらう機会が増えました。

IMG_0559
そりゃ〜もう忙しいですけど、配属先も新しい方法をどんどん取り入れようとする一面があるので、意見を求められたり、積極的に導入してくれて嬉しいです。

 



xiaoli_0102 at 13:53|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 

2011年05月30日

こどもの日のプレゼント☆

IMG_0503IMG_0504

千代紙で”こいのぼり型菓子入れ”を80個折りました。




IMG_0508

で、先日外資系スーパーで買った日本風のお菓子を入れて、子ども達にプレゼント♪








IMG_0506
明後日、中国の子どもの日で幼稚園はお休み。

明日は幼稚園の一大イベント。

子ども達に手渡す時間がなさそうなので、今日渡しました。





今、授業で入っている2クラスの子ども達にプレゼントしたのですが、反応が対照的で面白かったな。

 

大二班→「やったー!食べて良い?美味しそう!」

大大二班→「キレイ!先生ありがとう!キレイ過ぎて食べるのもったいないなぁ…」

 

大大二班の子に関しては、「家に帰ったら、入れ物のこいのぼりをこないだ作ったこいのぼりの仲間に入れてあげようっと!」っていう子もいて。


子どもの発想って、ステキですね☆

 IMG_0509IMG_0511



xiaoli_0102 at 12:48|PermalinkComments(0)TrackBack(0)重慶・隊員活動(2年目) 
記事検索
記事検索