2018年05月02日

麦焼酎 風龍

DSC07829
僕、風龍。
今朝の僕の輸液だよ。
いつも同じ画像なので、今朝は風龍が遊びに来たよ。
風龍といっても麦焼酎の風龍だよ。
「は〜〜い!僕、麦焼酎の風龍だよ」
「ぼく、シーズーの風龍だよ」
「あ、でも、僕は”ふうりゅう”と読むんだよ」
「僕は、フェンロンだよ。中国の犬種だからね」
「僕は、宮崎県生まれだからね」
「でも、漢字は一緒だね」
「だね」

DSC07811
この焼酎風龍、もとは、masterのお友達が見つけてくれて、さっそくネットで探して発注したんだよね。
でも、限定品で、ネット上でもあるのは蔵元に残り二本のみだったよ。
で、本体価格税込み2057円だけど、送料がヤマト運輸さんで1340円。宮崎はやっぱり遠かったね。

DSC07813
以下、うんちくだよ。

【黒麹仕込み 麦全量甕仕込み】
九州山脈との山々の間にある須木は、秋から冬にかけては、風の通り道と言われています。
自然の織り成す渓流の滝(瀧)の水は、この強い風により空へと舞い上がります。この風景が、龍が空へ昇る様に見えます。

黒瀬杜氏伝承…焼酎造りが薩摩に伝わったその昔から、黒瀬杜氏達は焼酎造り伝道師と言われ、宮崎県、鹿児島県、熊本県、福岡県などの各蔵に焼酎造りに行っていました。
現在では黒瀬杜氏の方々も高齢になりまして、またその後継者も少なく、既存では数名ほどになっております。その技は一子相伝とも言われ、一族以外で技の伝承は困難な中で、当蔵の内嶋杜氏は多くの黒瀬杜氏師のもとで、昔の苦労話や楽しさ、そして多くの技術等を伝承した数少ない杜氏さんです。

この麦焼酎は黒麹としては甘く・やさしく・すっきりとした味わいの中に力強い余韻が幾重にも広がります。喉の中を流れる滝(瀧)を深い味わいが昇りつめてくる様が、まるで強い風により空へと舞い上がる龍のように感じる事から、風龍と名付けられました。黒麹の濃厚な味わいの基となる香味成分が温度差により浮遊物やオリ等で出る場合がありますが、香味成分ですので品質に問題はありませんので、安心してお召し上がりください。
xiaolong_fenglong at 11:00│Comments(0)風龍 | 輸液

この記事にコメントする

名前:
URL:
  情報を記憶: 評価: 顔   
 
 
 
小龍 Profile
小龍プロフィール用

私、小龍(シャオロン)。
2000年3月6日生の女の子よ。
ちょっと、おっとりしているけど、頑固な裏番タイプなの。
あ、でもヨーヨーは持ってないからね。
そして、私、実はジェダイの騎士なの。なのでフォースを持っているのよ。だから、マイマスターのお帰りは1時間前に分かるのよ。
小龍&風龍 Profile
小龍&風龍02

シーズーの夫婦です。
小龍(シャオロン)は女の子。風龍(フェンロン)は男の子。
姐さん女房で、風龍はいつもこき使われています。