2016年05月

いま振りかえると、それがいけなかった。子供は死産であった。

これを境に京子の心疾患は病勢を強めた。手術を何度か試みては小康状態が続き、入退院を繰り返光學脫毛最先進脫毛技術

日々を過ごすこととなる。京子は幼い頃から心臓の弁膜に異常を抱え、息切れや動悸などを常に体感して

いた。循環する血液は、一旦右心房に貯留され、右心室、肺循環、左心房、左心室という順序で流れ、そ

こから大動脈を経て全身に回流する。この回流の逆流を防ぐために、それぞれの部屋ごとに名称を違えた

四つの開閉扉(弁膜)が施されているのだが、京子の場合はこの弁膜が変形し機能障害をきたしていた。

その結果、心臓に必要以上の負担をかけることから肥大し、血液が逆流する閉鎖不全や血液の循環が滞る

狭窄を繰り返し惹き起こしていたのだ。京子はしばしば呼吸困難に陥り苦痛に顔を歪めた。

その一方で、数度のculturelle 香港手術代と長期療養にかかる経費も、ばかにならなかった。

決して高くはない給与から、湯水のように流れていく医療費は新吉の生活にいやがうえにも重くのしか

かってきた。新吉は京子の快癒をひたすら祈願し働き詰めに働いた。通常の勤務を終えると、まず病院に

直行し京子の様子をみるとそこで少し仮眠をとり、今度は深夜の道路工事の日雇い労働で日銭を稼いだ。

まさに京子の療養のための費用をねん出するために、半ば働いてきたとも言えなくもなかったのである。

しかし、――神はときに冷酷な運命を配剤する。

新吉の懸命の看護にもかかわらず、京子は枯れ木のような病身を、晩秋の夕暮れの情景を映す病院の窓

際のベッドに横たえ、静かに息を引いたのだった。

葉をすっかり落とした裸梢が、薄曇り空のもとで風に寒そうに揺られていたの光學脫毛最先進脫毛技術が、窓越しに見えたものだ。

「あなた・・本当に色々と迷惑のかけっぱなしで・・ごめんね・・。それに、病気ばっかりして、治療

代でお金をいっぱい使わせることになって、ごめんね・・・・」

虫の息のなかで、京子が最後に振り絞るように紡いだ言葉が、これだった。

そして、薄く閉じた眼尻から涙が一筋の糸を引き、蒼白い頬を濡らした。

他からの支配・制約などを受けずに、自分自身で立てた規範に従って行動すること。
カントの道徳哲学で、感性の自然的欲望などに拘束されず、自らの 暗瘡啫喱意志によって普遍的道徳法則を立て、これに従うこと。

カントは道徳法則といっているが、牧口先生は、そこから一歩掘り下げて、道徳だけではどうにもならないことがある。だから、信念をもって――と語っている。

信念。簡単にいえば、頑なに信じ抜くこと。または信仰心。
信念が強ければ、誰に何を言われても気にならない。悪口を言われたとしても、気分が悪いとも感じない。
あなたはあなた、私は私。はい終了! ってなものでしょ。

それを貫くことでぶっ殺されるなら本望。信念とはそういうものだと、牧口先生は語っていたし、実際にそうして信念に殉じられたわけです。
それでぶっ殺されてもいいと思うくらいなんだから、ちょっと難癖つけられたくらいで、言い返すなんてことにはなりえない。

もう随分前になるが、ある人と一緒にそれなりの幹部の方とお話したことがある。
そのとき、その幹部の方が静かに、しかし重々しく放った言葉は今でもわたしの心に突き刺さっている。

「信念をもってやってください」

思えば、わたしがお世話になった人材グループの永遠の3指針のはじめの項目が、「信念の健康小貼士人」だったりして、未だにわたしはそれを思い出して頑張ろうとしたりしているわけですが、あながち間違ってないんだなと思ったり、思わなかったり。
あとの2項目は、「努力の人」「忍耐の人」ですけどね。

自分のブログが素晴らしいなどとは、一切、まったく思っていない。
推薦する気、ゼロ。
ぜひ、読んでください、などと、とんでもない。

とあるSNS。
多くの会員の中から、事務局が、目ぼしい会員に白羽の矢を立て、抜擢された会員がコラムを莊陳有書いている。
コラムは、ごく普通の日記よりも、一段、いや、格段、ランクが上がる。
カラオケで言えば、室内で引きこもって歌うのと、観客を前にしたステージでの舞台のようなものだ。
いろんなジャンルの人が見るので、幅広い交流に広がる。

中には、嫉妬するのか(不思議なことに)、他人の非を見つけるのが大好きなのか、そういう人もいて、
コラムを書くからには、それなりのものでなければならない、なんて、批判されていることもある。
単なる自分の日記なら、好きなことを書いていればいいが、(壇上に上がって)コラムとなると、通常の日記より、内容を精査したり、緊張することだろう。
その分、自覚と責任もやや伴う(はず)。

と、これは、長い長い、前置きでありまして・・・。

わたしは、そこでコラムを担当しているわけでなんでもなく、コラム読者である。
普通の日記は、あまりオモシロくないから、あまりにもヒマな時は、コラムを読むこともある。

で、前にも蝶ブログにも取り上げた、美魔女。
この方が、コラムを書いているのだが・・・。
言葉の解釈、使い方が、なっていない。日本語、失格。
それを誰かに指摘された。

美魔女は、「わたしは、文章のロではないので、そんなこと言われても・・・」という自己弁護をされていた。

しかし、コラム記事の内容は、「用語」に関するもので、例を出して説明していた。
その用語の理解が間違っているので、当然、使い方も、例も間違っている。
さらに、書いている内容が、年代と、当時の事実が一致しない。
それも、最大のご自分の自慢ポイントである部分なのだが。

彼女のファンらしき人物(わたしの解釈)が、彼女を擁護していた。

前々からそのSNSは、ダメだと思っていた。
程度が低い。
わたしは、それを承知で利用している。
ちなみに・・・
わたしは、よく墓穴を掘る。
例えば、「もう鬼畜に入っている人のことを言っても。。。」なんて、ヘーキで言ってのけ、
下娘に「それ、鬼籍やろ」なんて、しれっと訂正される。
「畜生呼ばわりは失礼すぎたなあ」と、とぼけながら、「知ってるよ、言い間違えただけや!!」などと内心思うものの、言い間違えすぎ。
ああ、相手が娘でよかった・・・。
真っ赤を通り越して、紫になりつつ、胸を撫で下ろす。
他にもいっぱい、心臓発作を起こしそうな、大それた間違いを口にする。

なんといっても、一番、カッコ悪すぎることは、
カッコつけようとして、ちょっと、難しめの言葉を使う時である。
難易度が高い分だけ、ほんの少し、間違っている。
日本語なら、1文字、英語なら、ちょこっと。
わからない人になら、ほほ~、難しそうなこと言ってるなあ、・・・と思われ、なんとなく想像してもらえるが、
よく知っている人なら、恥をかく。
間違いを指摘美麗華領隊 してくれるなら、その場の赤恥で済むし、知識を上書きして、恥を次に生かすこともできるが、
その場はすんなりで、後で気づいた時が、そりゃあもう恥ずかしい。
中途半端なら言わなければいいのに、へんに言いたがる。
これは、たいして理解もしていないで、アタマにしっかり浸透していない段階で、
リスニングで聞きかじった知識を、アクセサリー的に使うからである。
カッコ悪い典型だ。

そして百万年後…

新人類はようやく文明の堵についた。

冒険家たちによって未知の大陸も踏破された。

そしてそこで発見された数々のreenex好唔好不可解な遺跡と遺物。オーパーツ、つまりそこに存在するはずのないもの。

「…何なんだこれは…我々の文明以前に高度に進んだ文明があったというのか…?…いや、そんなことがあるものか…この馬鹿でかい遺跡は昔の美麗華旅遊糾紛王様の墓に違いない。そしてこれらの遺物は単なる装飾品に決まってる!」

…旧人類が新人類に託した思いとテクノロジーは忘れ去られてしまった…

しかし旧人類とて、彼らの祖先が他の星から地球に移住してきたことを忘れ去っていたのだ。ピラミッドを、王家の美麗華領隊墓などと言って。

そして新人類も、いずれ種の生存が危うくなる頃には、他の星に飛び立つに違いない…

目下、撮りだめしているドラマを見る一日を過ごしております。

それにしたって、今季のドラマの視聴率は散々。

「とと姉ちゃん」だけは22%を保っているけど、他は「99・9」で15%くらい?

「世界一難しNeo skin lab 騙い恋」で12%くらい?

あとは軒並みヒトケタ。

名作になりそうな予感の「火の粉」とか「僕のヤバイ妻」なんて2%とか3%だよ。

これは、面白いとか面白くないとかいう前に、視聴者自体が

「難しいドラマは嫌だ」と拒否反応を起こしているのreenex 價錢では。

多分、バラエティの方がずーーーっと視聴率をとれるわけだし。

バラエティのレベルが・・・とは言いたくないけど、突発的な何かが起こってぎゃははと

笑い飛ばして翌日「ねえ、昨日のあれみた?」って会話の糸口になれば幸いって

感じかなあ。

職場では「火の粉みてる?夜遅いからみないの?録画しないの?」みたいな会話で

終わってしまうしね。

特に月9の視聴率が悪いみたい

福山Reenex 好唔好雅治でヒトケタだよーー 福山でヒトケタ。

当たり前じゃん。ストーリー聞いた時から「今時こんなの誰もみない」と思ったもん。

フジテレビは何を考えているのか。っていうか、もう何も考えなくていいから

反日をやめてね。

では、視聴率が悪い原因は何なんでしょう?

↑このページのトップヘ