とっくんブログ:【レポ】第15回月刊インタラ塾 5th session (吉津卓保氏) @intarajyuku

2009年10月28日

【レポ】第15回月刊インタラ塾 5th session (吉津卓保氏) @intarajyuku

第15回月刊インタラ塾
「イメージソース開発チーム・実装最前線からの叫び」に来ています。

日時:2009年10月28日(水) 19:15-19:20
場所:Apple Store Ginza 3Fシアター
題名:イメージソース開発チーム・実装最前線からの叫び」
出演:イメージソース開発チーム/タナカミノル(Pickles)
運営:Pickleshttp://intarajyuku.net/

メモ:
イメージソース開発チーム・実装最前線からの叫び」

題名:「Flashを使ったアプリケーション」
出演:吉津卓保氏
1.Flashとアプリケーション
・perl, java, Flash, objective-cなど。
・担当:コンテンツを管理するためのアプリケーション等をFlashで実装している。

2.Flashアプリケーションの種類
・ウェブアプリケーション(ブラウザで動作する)
 サーバ側にああるデータを操作
 
・AIRアプリケーション(デスクトップアプリとして動作)

3.実装例:iida calling2 / CMS
・CMS公開しても良いかの検閲。
・イメージソースはキャンペーンサイトの構築が多い。
・投稿されたデータは検閲をする必要あり。
・サーバ側に貯めたデータを操作する。

なぜFlash3で実装するのか?
・非同期でサーバ通信する必要があるので。

4.実装例:FLV player
・ローカルにあるFLVを再生するツールをAIRで作成。
・Flash+アプリケーションの新しい可能性(iPhoneアプリ)

=> 新しい表現領域。


xisi2007 at 15:48│Comments(0)TrackBack(0) イベント 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字