とっくんブログ:【レポ】第15回月刊インタラ塾 7th session (栗原泰隆氏) @intarajyuku

2009年10月28日

【レポ】第15回月刊インタラ塾 7th session (栗原泰隆氏) @intarajyuku

第15回月刊インタラ塾
「イメージソース開発チーム・実装最前線からの叫び」に来ています。

日時:2009年10月28日(水) 19:29-19:36
場所:Apple Store Ginza 3Fシアター
題名:イメージソース開発チーム・実装最前線からの叫び」
出演:イメージソース開発チーム/タナカミノル(Pickles)
運営:Pickleshttp://intarajyuku.net/

メモ:

イメージソース開発チーム・実装最前線からの叫び」

題名:「WEB開発はおもしろい」
出演:栗原泰隆氏

1.メーカー開発現場とWEB開発現場の違い
・なぜWEB開発者になったか?
 もともと雑誌編集者になりたかった。
 デザインは苦手、でもネットは好き
 Flash、とくにRIA開発に可能性を感じた
 動くものを作りたかった

・「動くものを作りたかった」
 もともとはプリンタドライバの開発をしていた。
 プログラミングをしていたのは入社後半年間だけ(開発の空洞化)
 その後は仕様作りやマネージメント中心。
 日本人が作るより、安い賃金の地域で作った方が良いという風潮。

・WEBに転身してどうか
 超実践型。
 各工程が互いに関係する
 クローズドな技術 から オープンな技術へ

・フィードバックによって変わる仕様

2.まとめ
 やりがいはあるけど、プレッシャーがある。

以上。

xisi2007 at 15:50│Comments(0)TrackBack(0) イベント 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字