とっくんブログ:【レポ】第18回月刊インタラ塾「螺澤裕次郎の企画の仕上げ方」 #intarajyuku

2010年03月24日

【レポ】第18回月刊インタラ塾「螺澤裕次郎の企画の仕上げ方」 #intarajyuku

100324_月刊インタラ塾

第18回月刊インタラ塾
「螺澤裕次郎の企画の仕上げ方」に来ています。
会場からTsudaったツイートのまとめをシェアしておきます。

日時:2010年03月24日(水) 18:30-20:00 (18:00開場)
場所:Apple Store Ginza 3Fシアター
題名:「螺澤裕次郎の企画の仕上げ方」
出演:螺澤裕次郎(株式会社電通 コミュニケーション・デザイン・センター/アートディレクター)/タナカミノル(Pickles)
運営:Pickleshttp://intarajyuku.net/
概要:Webクリエイターに制作のヒントを提供するマンスリーイベント、月刊インタラ塾。今回はソニー、ANA、ソフトバンクモバイルなどの広告を手がける電通のアートディレクター、螺澤裕次郎氏が登場。情報アーキテクチャなど、現在のWeb広告に求められる多様な要素を一つの企画にまとめ上げる方法論を中心にお話しします。
メモ:

  • 例によって、アップルストア銀座に来ています。今日は第18回月刊インタラ塾「螺澤裕次郎の企画の仕上げ方」です。 #intarajyuku posted at 18:32:10

  • タナカ「ツッコミ役で参加させていただきます。」 #intarajyuku posted at 18:33:22

  • 螺澤「1年前にタナカさんに出て下さいと言われた。1年前だと紹介することないので「パス」しますと回答した。2度目お誘いを受けてお話することができたので今日に至りました。」 #intarajyuku posted at 18:34:29

  • 螺澤「ピクルス タナカミノルさんとの思いで。東北新社の方からタナカさんを紹介頂いたのが最初。→ヒロシです。100万円があたるとです・・・キャンペーン」 #intarajyuku posted at 18:35:55

  • タナカ「実は若作りしてるんですが、もう40歳になるんですよ・・・。」 #intarajyuku posted at 18:36:23

  • タナカ「Flashのエンジニアとして参加した。」 #intarajyuku posted at 18:36:44

  • 螺澤「今よりも牧歌的な雰囲気でしたね、雰囲気が。5〜6年変わらない感じ。過去の事を思い出す作業をした。Web は応募フォームのある場所という雰囲気がイヤだった。応募プロセス自体をエンタテインメントにできないか?と考えた。」 #intarajyuku posted at 18:38:38

  • 螺澤「100万円が当たるのに、なぜか悲しい雰囲気が新しかった(笑)」 #intarajyuku posted at 18:39:08

  • 螺澤「何回目かの打ち合わせで「なんでヒロシ何ですか?」と聞かれたときに、初めてタナカさんを認識した。」 #intarajyuku posted at 18:39:49

  • 螺澤「2005年にテレビが壊れて、2年間持ってなかった。重要なニュースは耳に入ってくることがわかった。でも、お笑い芸人は分からなかった。アンガールズとかは、DVDを買ってたりした。」 #intarajyuku posted at 18:40:59

  • 螺澤「その時タナカさんが気合を込めて作った尺を半分にして下さい!とお願いした。あと、良いサイトなら2回見るのか?という話をしてたりした。」 #intarajyuku posted at 18:41:58

  • タナカ「何回もサイトを訪問してもらって、PVを稼いだらと思ってたりしていた。」 #intarajyuku posted at 18:42:30

  • 螺澤「6年前(2004年)から、あまり変わっていないない点について」 #intarajyuku posted at 18:43:04

  • 螺澤「<タイトル>企画の仕上げ方。SPEED「速さ」という切り口から」 #intarajyuku posted at 18:43:38

  • 螺澤「要するに、企画を考えるときに、何をやっているんですか?人の興味や関心と企業が伝えたいことを、以下に短いステップで繋ぐか。」 #intarajyuku posted at 18:45:06

  • 螺澤「人の興味を、企業の宣伝へとむけるさせるためには、いろいろとハードルがある。人の興味や関心→階段→階段→企業が伝えたいこと。「何か?」でつなげられないかを考える。逆に考えると1ステップで両者が繋げられないだろうか、と考えた。」 #intarajyuku posted at 18:47:41

  • 螺澤「事例:ソニーブルーレイ〈おまかせ・まる録〉スクリーンセーバー」 #intarajyuku posted at 18:48:39

  • 事例:ソニーブルーレイ〈おまかせ・まる録〉スクリーンセーバー 25万ダウンロード達成!→ http://www.sony.jp/bd/ss/ #intarajyuku posted at 18:50:37

  • 螺澤「ソニーのレコーダーのキーワード録画機能はとても優れている。しかし、実際に購入して使ってみないと、その素晴らしさは分からない。」 #intarajyuku posted at 18:51:22

  • 螺澤「キーワード録画機能の自分のものに情報がどんどんやってくる感じを、Webの検索プロセスのように捉えられないか。」 #intarajyuku posted at 18:52:16

  • 螺澤「つくるべきは「シミュレータ」ではない。機能の体感→素晴らしさを感覚的に伝えるには?」 #intarajyuku posted at 18:53:05

  • 螺澤「体感=人間の驚くポイントの抽出。自分が意図した番組が録画できていること、ではなく、自分が思いつかなかった、こんな番組を録画するんだ!」 #intarajyuku posted at 18:54:08

  • 螺澤「「意図しなかった検索結果」との出会いが驚きにつながるのでは?→自分が入力したキーワードワードが持っ・・・」 #intarajyuku posted at 18:58:08

  • 螺澤「自分が愛しなかった情報の文脈とはどんなものか?→情報が勝手に動き出して、新しいつながりをつくる様子、情報があつまって、新しい情報を作り出す様子→それを観たときに人は、「不思議な気持ち」になるのではないか?」 #intarajyuku posted at 18:59:46

  • 螺澤「SONYの製品の話では口コミは広がらない。「自分の感覚のアピール」にSONYの情報が付随する設計だから口コミで拡散した。→ユーザが関与することで、口コミが広がる。」 #intarajyuku posted at 19:01:39

  • 螺澤「その他のポイント:「行為」より「結果」の方が大きいと人は驚く。混沌からルールを見つけ出すと人は驚く。」 #intarajyuku posted at 19:03:19

  • 螺澤「1.自分のワードを入力して演出してもらう。2.不思議な気持ちになる演出」 #intarajyuku posted at 19:04:47

  • 螺澤「機能をちゃんと伝えたいという気持ちから、あえてベタなタイトルにした!!」 #intarajyuku posted at 19:05:24

  • 螺澤「事例:ソフトバンクモバイル のりかえキャンペーンWeb (※公開終了)(会場はムービーが流れてます。)乗り換え顔メーカーのデモ中。。お兄さんが画用紙に似顔絵を書いてくれる!お友達のケータイ番号を入れる!も必ず経由する作りになっている。」 #intarajyuku posted at 19:09:44

  • 螺澤「ソフトバンク社はTwitterをうまく活用している。意外とTwitterを意識した最初の事例だった。2年縛りが切れるタイミングだった。ソフトバンクにキャリアチェンジするというお題だった!」 #intarajyuku posted at 19:12:36

  • 螺澤「のりかえキャンペーンの情報低キュ+ウェブの人たちに広がる仕掛けをつくろう。ケータイに関する要素で、自分も、友達も絶対にもっているもの、として電話番号が浮かんだ!共感ポイントを探っていた。→似顔絵」 #intarajyuku posted at 19:15:40

  • タナカ「使ってもらうことが前提にあった?」 #intarajyuku posted at 19:16:00

  • 螺澤「(それ)も、ありましたね!」 #intarajyuku posted at 19:16:32

  • 螺澤「どんな似顔絵だと、人にいいたくなるのか?似ていればいいのか?→驚きを作り出すための、火が終えの”引っ掛かり”の要素→イラッとさせる(POINT)」 #intarajyuku posted at 19:17:46

  • 誤:火が終え → 正:似顔絵 #intarajyuku posted at 19:19:22

  • 螺澤「みんな「ムカつく」とかコメントしてくれて、面白かった(笑)」 #intarajyuku posted at 19:20:04

  • タナカ「似てないところがいいですよね。似てないから、逆に人に伝えたくなったりする!という」 #intarajyuku posted at 19:20:51

  • 螺澤「1.電話番号から似顔絵を生成 2.イラッとさせて伝えたくなる演出」 #intarajyuku posted at 19:23:24

  • 螺澤「事例:ソフトバンク通信3社2011年採用サイト → http://recruit.softbank.jp/#intarajyuku posted at 19:24:25

  • 螺澤「ソフトバンクというブランドに相応しい、採用サイトにしよう!と考えた。」 #intarajyuku posted at 19:25:14

  • 螺澤「ソフトバンクグループ通信3社にふさわしい顔つきの、先鋭的サイトを作りたい。」 #intarajyuku posted at 19:27:06

  • 螺澤「自分が学生なら、企業の採用サイトをみるのはめんどくさい!→閲覧者が一目で構造を理解できて、かつ演出的にも優れている・・・ / 演出モチーフをすべて「=」から生成(POINT)」 #intarajyuku posted at 19:28:58

  • 螺澤「1.わかりやすい構造+情報提供 2. 演出モチーフをすべて「=」から生成 → 学生が使いやすいサイト」 #intarajyuku posted at 19:30:28

  • 螺澤「事例5:ソフトバンクモバイル Jelly Beans SoftBank 840SH → http://bit.ly/aHXmyb#intarajyuku posted at 19:31:00

  • 螺澤「端末のキャラクター性を、サイトのインタラクション演出を通じて伝えられないか?」 #intarajyuku posted at 19:33:35

  • 螺澤「DANCE 人はなぜ「金魚すくい」をやるのか?→動いているものは触りたくなる、という人間の生理→「捕まえる」という1アイディアでサイトのすべてをまとめる。」 #intarajyuku posted at 19:34:54

  • 螺澤「ユーザはドラッグするというシンプルなアクションのみで操作できる。→ DANCEの演出 使えまえるインタラクション」 #intarajyuku posted at 19:36:06

  • 螺澤「事例:ANA 旅割REVIEW → http://tabiwari-review.jp/#intarajyuku posted at 19:36:45

  • 螺澤「旅割、国内旅行、ANAというブランドが、好意的な印象とともに認知され、広がるようにしたい。」 #intarajyuku posted at 19:37:33

  • 螺澤「美人出没注意:北海道に美人が多い!+かわいい女性が出ているバナーはCTRが高い → 「ご当地の美人」を入り口にした興味喚起 (POINT)」 #intarajyuku posted at 19:38:48

  • 螺澤「「旅行先で行動をしている自分の姿」を頭に描く。逆に、アタマに絵を描けない場所への旅行は選択肢として浮かばない。→ 各地の風景をビジュアルで見せる。」 #intarajyuku posted at 19:42:21

  • 螺澤「人の興味と企業の宣伝を最短距離で繋ぐ「何か」は、論理や言葉ではないかもしれない。それをどのように、最適解だと提案出来るか?」 #intarajyuku posted at 19:44:19

  • 螺澤「「仕事場で遊んでいるヤツがいる」のではなくて「遊び場で仕事をしていてすみません」が正しいと思います。」 #intarajyuku posted at 19:45:38

  • 螺澤「どこに、誰がいて、どんなことに興味を持っているのか?」 #intarajyuku posted at 19:45:57

  • 螺澤「子供のころ、CMを観て友達に話すとき、それは企業の話なのか、自分の話なのか?それは今日話した内容と同じことなのか?」 #intarajyuku posted at 19:47:00

  • 螺澤「2010年はもう少し違うことを考えて仕事をしますが、内容は秘密です(笑)」 #intarajyuku posted at 19:47:43

  • パチパチパチパチ #intarajyuku posted at 19:48:22

  • タナカ「気持ちを動かす、自分の気持ちに対してなんでなんだろう?をよくかんがえてるんですか?」 #intarajyuku posted at 19:49:06

  • 螺澤「それを言語化することを、よく考えてはいます。」 #intarajyuku posted at 19:49:34

  • タナカ「人の気持を動かす前に、自分の気持ちの動きをよくとらえているから、感じるものなんですかね?」 #intarajyuku posted at 19:50:38

  • タナカ「クライアントからの相談があったところで、外側から考えて企画に落とすのか、最初から企業とコンシューマをつなげることを考えるのか?」 #intarajyuku posted at 19:51:55

  • 螺澤「企画から考えます。」 #intarajyuku posted at 19:52:20

  • タナカ「手書きの資料はお客さんのところに持っていくんですか?」 #intarajyuku posted at 19:52:45

  • 螺澤「スキあらば、手書きもお見せします。A4一枚ぺらに手書きにまとめたりします。」 #intarajyuku posted at 19:53:46

  • 螺澤「ベタに落としている企画はあります!あえてベタベタに。」 #intarajyuku posted at 19:59:11

  • 螺澤「質問:今までに一番面白く、衝撃を受けたキャンペーンは?→ 回答:今すぐに思い浮かばない。。Webでいうと「ライフカード」は素晴らしかったと思います。」 #intarajyuku posted at 20:00:47



以上。

xisi2007 at 20:10│Comments(0)TrackBack(0) イベント 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字