とっくんブログ:【レポ】第10回月間インタラ塾4時間スペシャル・1限目

2009年04月25日

【レポ】第10回月間インタラ塾4時間スペシャル・1限目

今日アップルストア銀座で行われた
「第10回月刊インタラ塾・4時間スペシャル」に
参加してきましたので、殴り書きメモをシェアします。

日時:2009年04月25日(土) 14:00-14:55
場所:Apple Store銀座 3Fシアター
題名:1限目:「マキビシでもできるホームページの作り方」
出演:1限目:熊沢新之助(株式会社マキビシ)クリエイター
概要:いま3Dと2Dの中間的な2.5Dゲームをつくっています。宣伝をかねて、少しお見せしたいと思います。 そして、ものをつくるときに僕が考えていることが3つあります。 当たり前のことなのですが、あたかも自分で考えたようにお話できればと思います。

メモ:

■マキビシでも
できるホームページのつくりかた
Flashやサイトのデザインをやっている。


あなたにとって映画って何ですか?Nobody knowsという回答だった。
言葉を借りて、Nobody knows about the internet.

■マキビシってなに?
エンターテイメントに力を入れている。
インターネット上におけるエンターテイメント体験
not advertisement
一方的ではなく他エンターテイメントとの共存。

■マキビシのお仕事とプライベートワークス
半々ではないが、いろいろな作品をつくって世の中に刺激をあたえられたらと思っている。

■makibishi comic/マキビシコミック
コンセプト
マンガ×ゲーム→WEB
マンガは三人称メディア。ゲームは主人公を動かす一人称。
三人称と一人称の中間のようなゲームを作った。
iPhoneとiPod touchで夏頃に発売する予定。

■ABC LAND
女性だけで組織されている不動産
concept:<コミュニケーションエントランス>
情報を売るのではなく人を売る
社員全員にブログを持ってもらって、
RSSを使って1つのサイトに集める、入り口を作っている。
部屋があったり、不動産クイズなど楽しいサイトに仕上げている。

■SPACE INVADERS INVADE YAHOO! in April Fool's Day.
concept:侵略、反撃、謝罪
・ヤフーをインベーダーゲームが侵略する。
・ひとつのストーリーにしたいと思った。
・時間で三部構成(侵略編、反撃編、謝罪編)にした。

侵略編:インベーダーがヤフーを攻撃してくる。
反撃編:検索を掛けてインベーダー反撃の方法を検索する。
謝罪編:明日の記事を編集中です。エープリルフールでごめんなさいを表示。

■DODGE QUEST
concept:エンターテイメント アプリケーション
・任天堂DSに移植してもおかしくないくらい注力した。
・ゲームのなかにDODGEが登場するRPG。
・プレースメントという考え方、ただのゲーム、という考え方も。
・15分でゲームをクリアしないといけない。
・最低7回アクセスしなければエンディングまでたどり着けない。
・12月25日プロローグからゲームは始まる。
・ルーシーに告白をしに行く。(容量1.2MBで作っている)
・DODGE SHOPに行ってストーリーが始まる。クリックで敵を倒す。
・こだわりを持ってひとつの案件に取り組んでいる結果のもの。

■other works
・日本郵政/ロッテ/花王/セガ/マクドナルド/読売ジャイアンツ
などの案件もこなしている。オーサリングとか、デザインとかで
収益を挙げている。

■いまやっていること
・iPhoneに向けての取り組み。
・新しいゲームへの取り組み。
・5、6社の案件を実施中。

■seven(仮)
技術的な側面から面白いと思っている。
3Dと2Dの組み合わせた2.5Dゲームを考えた。
・まだ開発途中(45%ほど)今年の夏から秋に発売したい。
・(・・・ゲームの概要は書けません・・・)
・テーマは戦争にしたい?
・まったくお金になっていないので、どなたかプロデューサーを・・・。

■つくることに考えていること
・tech/idea/designのバランス
・techは最適化。
・ideaはスタートとゴール。常にぶれないように。
・designは見た目だけでなく、目的と機能
3つのバランスが一番重要だと思っている。

そして、それらがシンプルであるか?
言葉がなくても伝わるのか?
ユーザーからの視点なのか?

・シンプルであるか?
省くことではない。削ることもある。分かりやすさが売り物の価値。

・言葉がなくても伝わるのか?
もっと多くの人に見てもらう人(海外の人)にも伝わった方が良い。
言葉がなくても本来は良いはずでしょう・・・。
サイトの説明も本当は書きたくない(書かざるおえないのだが・・・)
伝えたいことがちゃんと伝わるか。

・ユーザ視点なのか?
ユーザとは誰なのか。一番神様なのはユーザだと思っている。
「約3秒でユーザをどれだけびっくりさせられるか」だと思っている。

真摯にWebのことを考えている。
これからもがんばって行きたい思っています。

【会場からのQ&A】
(特に無し)
タナカ氏:
作品を見させて頂いて、マキビシコミックをみて、ゲームが古い、やってて、広告にもっていこう、ゲームに新しさは無い、と思っていたが、マキビシコミックをみて、「やっぱりゲームは面白い」と思った。
その時から、やり過ぎな感じがあるのは?シンプルであるか?という割には奥行きがありすぎるような気がするのですが?モチベーションは?

熊沢氏:個人的なことですが、やってておもしろいかどうか。それがモチベーション。金額が安くても、イノベーションがあるなら、やりたいと思っている。

タナカ氏:クライアントと直接ですか?
熊沢氏:代理店が居ます。

タナカ氏:どこまで用意したか?
熊沢氏:「もう作り始めています。」

タナカ氏:シンプルじゃなくて、流れがあると感じる。
熊沢氏:どちらかというと、流れ、ムービーを作る感じです。押したら出てくる、押したら出てくる、というのはあまり好きではなく、映像感覚で作っています。

タナカ氏:ストーリー作りが緻密だと思うのですか。
熊沢氏:いろいろ色づけをしています。

タナカ氏:普段からアーカイブ溜めみたいなことをしているのですか?
熊沢氏:そうですね。

タナカ氏:ネタはたくさん持っているという感じですね。
熊沢氏:企画案だけで20個くらいあります。

以上。

xisi2007 at 14:56│Comments(0)TrackBack(0) イベント 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字