とっくんブログ:【レポ】第14回月刊インタラ塾 in グラントウキョウサウスタワー #1 @intarajyuku

2009年09月13日

【レポ】第14回月刊インタラ塾 in グラントウキョウサウスタワー #1 @intarajyuku

「第14回月刊インタラ塾 in グラントウキョウサウスタワー」に来ています。
殴り書きメモをシェアしておきます。
日時:2009年09月13日(日) 13:10-13:35
場所:グラントウキョウサウスタワー リクルート23Fサウスホール
題名:本気勉強会ヒット作品の作り方
出演:鈴木啓央(面白法人カヤック 企画部)
運営:Pickleshttp://intarajyuku.net/
メモ:
■自己紹介
■会社概要(面白法人カヤック)
・ART-Meter / こえ部 / HOUSECO
・Wonderfl / コンチ

ヒットするってどういうこと?
ヒットが出なくても儲かればいいのでは?
1.話題になる(ユーザが楽しめる)=ヒット
2.クライアントが儲かること=ヒット
3.自分が儲かること

■具体例
・プロモーションサイトからちょっとはみでて考えて行く
 例)gooホーム
 いいことが起きると楽しいのでは?gooのSNSに参加することによって、沖縄の海に珊瑚を植えるプロジェクト。社会貢献活動をフックにしている。
 例)いきものみっけ
 あぶらぜみの分布など。対象は30種類の生き物。

プロジェクト自体が目的になっている。プロモーションではない。
人が集まるといいことがある。人が集まると

・コンテンツ&スポンサード的な考え方
 例)JPRS 鷹の爪さんとコラボ ドメインのプロモーションサイト
 日本のドメインを啓蒙させたい。
 ドメインを入力すると怪獣が登場する。
 いろんなドメインを入れることにより、ドメインの啓蒙に。

 プロモーションをよりコンテンツかしたものがでてくるのではないか?
もちろんそのコンテンツに、プロモーションのエッセンスがふくまれている。

 例)NGI ミクモン
 プロモーションの枠を超えて、ファンドで融資を募って、コンテンツをつくる。広告や課金で利益をあげて、利益配分しようという新しいスキーム。クライアントが小口でスポンサーフィーをだすような形お出てくるのではないか。

→キャンペーンサイトという呼び方をしないようになるのでは?

以上。

xisi2007 at 13:35│Comments(0)TrackBack(0) イベント 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字