とっくんブログ:【レポ】第14回月刊インタラ塾 in グラントウキョウサウスタワー #2 @intarajyuku

2009年09月13日

【レポ】第14回月刊インタラ塾 in グラントウキョウサウスタワー #2 @intarajyuku

「第14回月刊インタラ塾 in グラントウキョウサウスタワー」に来ています。
殴り書きメモをシェアしておきます。
日時:2009年09月13日(日) 13:35-14:05
場所:グラントウキョウサウスタワー リクルート23Fサウスホール
題名:届く作品の作り方
出演:小池博史(株式会社イメージソース/株式会社ノングリッド 代表取締役社長)
運営:Pickleshttp://intarajyuku.net/
メモ:
■届く作品の作り方
いつも作るときに考えている。案件が来て考えるとき、全員で考える。そのときに、それぞれの立場での施策、サーバサイトでのシカケなどをあつめて、ひとつのアイディアにまとめて行く。そのときに気をつけるのは、どういった形でユーザに届くかを、よく考えている。

■Web でのお仕事
例)3年前にやったリーバイスのオンラインカタログ
 オンラインだけでなく、店舗でもPOPやDVD再生で、サイトへの流入を考えたもの。どうしたら、サイトに来てもらえるか。どれだけ深くユーザに届くかを考えた。

例)ゲーム(GTのイトウさんと)
 BIG SHADOW で Web からアバターが参加。

例)マクドナルド McDonald's Smile Factory (1年ほど前)
お母さんはどうしているのか?忙しく、TVはだだ流し。たまにケータイを使ってコミュニケーションしている。そこで、ケータイを使ってマクドナルドを好きになってもらおうと考えた。

→ 子供の顔の画像が Flash 画像待ち受けになっている。
30万人のユーザが利用してくれた。店舗とも連動したかったが実現しなかった。デジタルの中でたくさん用意してプレゼントした。

届ける場所についても考えている。

デジタルサイネージはインフラが整ってきた。どういうコンテンツを流せば、ユーザの注意を引けるか。それをWebとどう連携させていくかを考えている。

■GUCCI
1Fのデジタルサイネージはショーの様子。
1F奥はカタログカット。人が近づくとフロアガイドを表示する。
2F 天井から込み具合を把握していて、少ないときショーの映像、多いときは、購買意欲をかき立てるような映像を流すようにした。
ネットワークを介して映像を配信している。

■intaractive Mirror
1着目、2着目のイメージを比べたり、後ろ姿を確認するように、映像を撮影し、表示する。

■TAKE a PICTURE CUBBE INDTALLATION
記念撮影。いろんな人が集まったところで、エンターテイメントっぽく記念撮影できると面白い。
3m角のリアプロジェクション。キューブの下にカメラがあり、フラッシュもたかれる。PV風にする施策も入れた。
どういう風にすれば、みんな楽しんでもらえるかを考えて、施策に入れた。また、iPhoneアプリも作成した。広い会場の3カ所を回ってもらうように、GPSを使って、曲を提供してもらって「あと何mで曲がゲットできますよ!」とセカイカメラ風の、人を回遊させるアプリを作った。

届き先を新たに開発しつつ、Webでも楽しいコンテンツを提供できるかを考えている。

Q:遊びの要素はどれくらい大事に考えてますか?
A:シンプルな遊びは必要だと思う。が、テイストが偏りすぎないように、回遊してくれるように、考えている。

以上。

xisi2007 at 14:06│Comments(0)TrackBack(0) イベント 

トラックバックURL

コメントする

名前
URL
 
  絵文字