醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2017年発売23年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

試供品
ニベアクリームケアボディウォッシュ

たぶんニベアに付いていた試供品ではないかと思います。

こういう入浴剤は使ったことがなかったのですが、せっかくの試供品なのでさっそくお試し。

エレガントという言葉が似合いそうな芳醇な香りがお風呂場に広がります。

バスタブを使った巨大カルピスのできあがり。

これが単に色が白くなるのではなく、とろみというか素肌にしっとり感ももたらしてくれます。

和食のたまご本舗@

梅
会社のヨコにある童男山古墳(どうなんざんこふん)。
石棺も見ることができる古墳です。
周辺には梅の花があって見事に咲き誇っています。
しだれ梅のような華やかさや桜のような明るさはありませんが、
ひっそりと咲いていて、ああ春も近いのだと思います。

桜もいいけれど、梅もまたいいなあと思います。

和食のたまご本舗@

ローラー
フレキシブルローラーカーブコンベア(FRCC)を使っています。
伸縮自在な上に右に左に曲げることもできます。
ストレートタイプのローラーコンベアだと場所が固定化されてしまうため、不都合なことがいろいろあります。
最たるものは、掃除が疎かになることでしょう。

このFRCCなら掃除も簡単。またわざわざ反対側に行くのに遠回りを何回もしなければいけない時、このFRCCなら短くしてショートカットで行き来できます。

トヨタではありませんが、動きを減らす、1歩を減らすことが大事なようです。




和食のたまご本舗@

天気
昨日はいい天気でした。各地でイベントが行われていたようで、晴れの天気もあいまってとても盛況だったようです。八女では十二単を着た花嫁の結婚式も行われたそうです。天候に大きく左右される遊園地も盛況だったことでしょう。

今日は一転して雨。風もやや強くて気温よりも寒い感じがします。

天気がいいか悪いかで心持ちも変わってきます。

しかし、気分がよければ雨でも楽しいです。

梅雨のような長く続く雨ではないので、天気もやがで変わってくるでしょう。

雨が降るとなんとなくほっとします。雨だと野鳥の活動も停滞します。
またウイルスの感染力も低下します。
しかし、完全になくなるのではないので、とりあえずはという気持ちです。

気温の上下も激しいので皆さんもご健康にご留意下さい。


和食のたまご本舗@

デュアリスミラー
日産のデュアリスはサイドミラーが大きい。
デザインはまさしく流線型で砲弾型っぽくていいのだけれど、いかんせん大きい。電話帳ぐらいありそう。
クルマの車幅が1780mmあるので、更に幅広になります。
スタンハンセンがウエスタンラリアートをぶちかますか!のように。
このためミラーの角度を調整して、ちょっとミラーを閉じてわずかに折りたたんで乗るようになりました。
狭いところではみ出した植木にガサガサとやってしまうことが多いためです。
しっかりミラーには擦り傷が付いてます。
ほんの数センチ幅が狭くなるだけですが、これだけで効果バツグン。
その数センチが運転しやすいかしにくいかの分かれ目なのでしょう。
デザイン優先のミラーの思わぬ死角です。

トラックに乗ると意外と車幅がわかりやすい。
これはボンネットがないことや見切りがいいこと。
そしてミラーの感覚がわかりやすいからです。

たかがミラーですが、最近はこの部分にウインカーと連動して光るところが付いていたり、RX-8と同じと言われているベリーサにはダウンライトと言って、ドアを開けるとミラーの下を照らしてくれるライトが付いています。コンパクトカーながら上質感を感じるのはこういうところなのでしょう。

デュアリスは左側のミラー内にカメラがあり、ナビ画面を切り替えて左下を写してくれるようになっています。ちょう狭いところで確認しながら運転するときには役立ちます。でもそういう機能があるのを忘れてこすった経験があり、、あまり役に立たないです。

今年はこのミラーがないクルマが発売されるそうです。
ミラーがないと、隣のクルマがミラーをこすりそうだと真っ赤なポルシェに乗る人から文句を言われなさそうです。

和食のたまご本舗@




コロナ
その昔。我が家でトラック以外で初の新車がたぶんコロナのバンだったと思います。
銀色で特に華美なものは付いていませんでした。
ひょっとしたらエアコンもなかったと。
以外に短命だったとも思います。
曖昧です。
このクルマで熊本まで通う途中で車酔いにあったなあと。
昔の道路事情とあの新車特有のニオイとで。
それに比べると今はだいぶ道もよくなって、新車でもヘンなニオイはないようになってきました。
当時はバスとかも同じように酔いやすかったので、やはり子どもだとそういうふうになってしまうのでしょう。

今ではほとんど見かけなくなったコロナ。

その立ち位置は、凡庸というか中庸というか無難というまさに日本のクルマです。

高度経済成長時代をがんばってきた世代へカリーナとともに、ちょっとした余裕を与えていたことでしょう。

デザインはこれぞクルマという典型的なデザイン。

数年に1度ぐらい見かけますが、がんばっているなあと声援を送りたくなるクルマです。



和食のたまご本舗@

チョコ2


バンダイが発売元の「チョコレイ島のモアイ」

よくできたお菓子です。



現物を食べることはできませんでしたが、

義理チョコにこれをもらうとハッピー?

いや、友チョコにもってこいなのかも。

もちろん本命には渡せないチョコでしょうが、話題性はあります。

顔もいろいろあるそうです。

チョコ


ウラ面はビスケットになっていて太陽の塔のように顔があります。

サイトもしっかりつくってあってびっくりの世界観を展開してます。

チョコレイ島のモアイ

食べていなけれど、チョコの味を考えてつくってあるそうな。

とにかく気合が入りそうなチョコです。


和食のたまご本舗@

31
サーティワンことバスキンロビンスのアイス。

これはジャンピングなんとかという名前で、食べると中に入っている小粒キャンディーが唾液と反応してパチパチと弾けます。その昔発売されていた、テレバッチやドンパッチという炭酸入小粒キャンディーと似たものなのでしょう。

このキャンディーがわたあめみたいな味。そして歯にくっつく。

味はそれなりですが、好んでこれを選びます。

口の中で弾けるキャンディーのギミックは代え難いからです。

和食のたまご本舗@

ダイソー
108円で買ったダイソーのiPhoneケース。プラスティック製で金色にメッキを施してあり、なかなか目立ちます。他にも透明のものなどいくつか種類があります。金色でギザギサのタイプも以前使っていました。こういうケースは電気店で購入すると1,000円くらい。安くてデザインも大して変わらないのでついついダイソーに走りがちです。
しかし、一番問題なことがあります。
それは今使っているiPhoneでは電波が入りにくくなることです。
WIFI接続がふつうならいいところでも、入が悪くなり4G回線に変わってしまいます。
これでは使えん、ということでお蔵入りになりました。安物買いの銭失いです。先日購入したiPhoneケーブルも同じ。やはりこういうアップル関連製品は、純正か純正に準拠したようなところの製品を買ったほうが無難です。

結局今まで使っていた電気店で購入した高いケースに戻しました。



和食のたまご本舗@

デュアリス
巷ではトヨタのC-HRというSUV志向のクルマが売れているそうです。宣伝も大量にやっています。さすがトヨタ。インプレでは走りがいいそうですが、ザックス製のダンパー(サスペンション部品)を使っているとのこと。なるほど。
このザックス製のダンパーはBMWやポルシェなどにも使われているやつだそうです。このため足回りがいいので高評価につながっているのでしょう。
このザックス製のダンパーを使っていたのがデュアリスです。
それも初期型のUK=イギリスの工場で作られたクルマです。
私もこれに乗っています。シートがもちもちしていて腰痛になりそうな感じでしたが、以外にこれが大きめで厚みもある上にサポートもしっかりしていて長時間乗っても大丈夫でした。というか、デザインも良くていいシートです。
内装はシンプルなもので外国車風。デュアリスそのものがキャシュカイという名前でヨーロッパで売れていたクルマだったので、こうなるのは当然の理でしょう。なので、日本車にある装備がありません。ドリンクホルダーも一応あるけれど使いにくかったです。運転に集中せよということなのでしょう。
しかし、そんな豪華な内装や便利な装備よりも大事なものがデュアリスにはあります。
運転のしやすさと安全面です。
運転のしやすさは、全体のバランスがいいからだろうと思います。
でもデカいミラーは狭い道でのすれ違いでヒヤヒヤします。左側のミラー先端は擦過傷だらけです。

そして安全は実際に事故に遭って痛感しました。
ボディーがしっかりしているため、ほとんどダメージを受けずに無事でした。多少首が痛かったけれど、そこまで深刻でなかったことは、このクルマがしっかりしているからだと身をもって痛感しました。

内装、特に天井のガラスルーフを覆う布が落ちてきて、さすがに修理するほどでもなく思案中です。

また、ザックス製のダンパーは年が経つにつれ、走行距離が伸びるにつれ、異音が発生したり、本来のしなやかさがなくなってきます。

和食のたまご本舗@




sakuranoki
八女市にあるバウムクーヘン専門店「サクラノキ」
2月11日でオープンから2年目となりました。
特にイベントはやっておられず、でも中ではもくもくと着々とバウムクーヘン作成が続けられていました。
久しぶりに訪れたのですが、バリエーションも増えていて、選択肢が広がっていました。
ちなみに和食のたまごを使っていただいており、素材のよさを最大限に活かしていただいております。

八女に起こしの際はぜひお立ち寄り下さい。

ちなみに八女には他にもおいしいスイーツのお店がたくさんあります。

スイーツ巡りをされるのも一考かと。スノーベアやオ・シャンティーなど個性があっていいですよ。

また筑後にもリヨンやクローバーなど目移りするところばかりです。

八女・筑後はスイーツ天国です。

和食のたまご本舗@

降雪
北部九州では雪がちょこっと降っただけでも大騒動。
今回は佐賀にけっこう降ったようでした。
久留米は金曜日に比べると少なく、八女も少ない感じでした。
一方で佐賀市界隈はけっこう降雪したようです。といっても数センチという北陸や東北、北海道の方からは笑われそうなぐらいですが、高速道路は通行止めが発生して一般道は国道を中心に大渋滞でした。

農場は心配したほどの降雪はありませんでした。一部途中の道で日陰になっているところがアイスバーンになりかけでしたが、特に問題になるレベルではありませんでした。水道の凍結もなかったので一安心。
午後からはやや日も差すことがあって、道路が乾けばこれまた一安心してよさそうです。

こういうイレギュラーなことが起きると交通渋滞はじめ、いろいろと支障が発生します。
しかし、天気相手なのでこれは致し方ないことです。タイヤチェーンをクルマに常備していますが、今年はまだ出番がなさそうでよかったです。

和食のたまご本舗@

晩白柚
まるでガリバーが食するかのような巨大なみかん🍊が晩白柚(ばんぺいゆ)です。

熊本でつくられているザボンの一種で、ルーツはベトナムだそうです。

知り合いの方からいただきました。柑橘類特有の甘酸っぱいいい香りが持つだけで手に付きます。

フレッシュな感じになります。

特筆すべきはその大きさ。

直径17センチぐらいあります。

大きいものだと25センチになるとか。

デカい!まるで往年のバイクXZ400にカウルを付けたXZ400Dぐらいに大きい(全く伝わらない表現)。

でも意外と皮が分厚いので、まるでトムとジェリーの爆弾のようにどんどん小さくなって、トムの笑いものになりそうなサイズになります。

しかし!味はなかなか!トムが爆破されるように、笑ったものはとんでもない仕返しにあいます。

和食のたまご本舗@

雪
早朝雪が降りはじめ、うっすらと雪化粧という使い古された表現ぴったりの雪。

寒さは昨年に比べひどくはないですが、鳥栖や久留米付近では雪で交通渋滞が発生しやすいので心配です。

今日も八女よりも久留米のほうが雪が積もっていて、交通の要の地域に雪が降ると本当にたいへんです。

何より、農場へ行く道が心配。確認したところ、こちらは問題ないそうです。

和食のたまご本舗@

カシミア混
ユニクロのコットン90%カシミヤ10%のVネックセーターです。
似たようなエディバウアー製のコットン95%カシミヤ5%のVネックセーターを持っています。
スーツの下に着るのにちょうどいい厚み。
これがウール製のセーターだとスーツが苦しい感じになります。

買う予定はなかったのですが、子どものセーターを買いに行って、
私も欲しくなり買いました。
というか1980円が1290円になっていたので、これぐらいならもう一つ買ってもいいかなになりました。

代わりに毛玉が目立ってきたウールのセーターを1着リストラする予定です。

とにかく買ったら減らすを徹底せねば。

和食のたまご本舗@
QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ