醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2021年発売27年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

gyLtAZ1jRZy7o+tEGrF2WQ_thumb_8eac

ファミリーマートで販売されている

クッキー&クリームバー

こんなに厚い日が続くと一瞬だけでも涼みたいものです。
そんな時に速攻なのがアイス。
でもここ最近は価格が上がってきたことと、
50も半ば過ぎてくると全体的には筋肉が落ちるけれど、
ハラだけは出て、まるでアオガエルのようになってしまいます。
それでも意を決して購入。まあそれほどの意気込みはありませんが。

価格は100円税別とプロレタリアートには優しいお求めやすい価格。
もっと安いガリガリ君にするかで悩んでしまいます。

驚きなのは実にしっかりしているクリーム。
安いのにこれよりも高いアイスと同等かそれ以上の質感です。
またアクセントのようにチョコ味のクッキー粒が入っていて、
しまりのある飽きさせない味になっています。

この夏はガリガリ君とこれの繰り返しになりそうです。

ただし、アイス道を極めるものの一員としては、
やはり一期一会で新製品を試してみたいと思うのでした。

和食のたまご本舗@




PWpquZRnQriZAlF1TqNQLQ_thumb_8fc8

先週土曜日夕方に農場へ続く山道でがけ崩れが発生しました。
さいわいクルマが通っていないときに崩れたようで事故にはなりませんでした。
なんとか軽自動車なら通れるくらいはありましたが、
エサを運ぶトラックや卵を運ぶトラックは通れないため、
応急処置をして通れるように。
みやま市の方には日曜日の早朝から二次災害の起きないようにもしていただきました。

それにしても道が崩れることはあまりなかったのが、
雨の振り方がここ10年は徐々に強く激しくなってから
毎年どこか崩れたりしています。

ひどいのは八女市立花町側
山の側面が雪崩のように落ちそうになっているのが実感できます。
が谷側に押し出されたガードレールは危険な徴候だなと。

また梅雨のような雨になっていますが、
何事もないことを祈るばかりです。

和食のたまご本舗@

sPtV4%rrSYGOkESVhoWvbQ_thumb_8f58

GUの

「Comfortable Cotton」コットンクルーネックT

定価790円がセールで590円になっていました。

白いTシャツが欲しかったので、ちょうどよかったです。

今まで使っていたワークマンのTシャツの襟首がヨレて
首元が下に下がってました。
これを着ると実に貧相な感じになり、
袖のついたランニングシャツ然に。
外から見えないとはいえアンダーシャツにこれを着ていては、
やはりだらしない感じになりそうです。

このGUのTシャツはそんな襟首脱落を打破してくれます。
襟のところが二重になっており、多少のことではへたらない感じ。
生地も厚みのあるしっかりしたものです。

シンプルな白Tシャツなだけに、安ければいいというものでもなく、
でもこのGUの白Tシャツならばコスパ高しです。

いろいろなものに合わせやすいベーシックなアイテムになりそうです。

和食のたまご本舗@

4pQf0c%KSa6gTm4VpaeqMQ_thumb_8dfe

鶏卵相場が6月に入って落ちています。
しかしながらエサはずっと上がりっぱなしで、
7月からは1,3000円/tを超える値上が待っています。
このような価格の上がり方は今までありませんでした。
夏場は相場が低く推移する時期ですが、
それでも今のエサの価格からすれば、ここまで低く推移しているのが不思議なくらいです。

今後はできうるコスト削減と価格への転嫁をしないといけないのですが、
品質を落とすコスト削減はできず、価格転嫁も相場がこんなでは、
なかなか進みにく感じがします。
とにかくできることが一つずつです。

和食のたまご本舗@





aBpEc2FNSdWaF7ynpKPlZQ_thumb_8cf4

「タマゴの値段が上がれば賃金も上がる」
まるでビジネス本のようなタイトルになってしまいました。
最近賃金が上がらないとマスコミの報道があっていますが、
実は最低賃金の引き上げは、ほぼ毎年行われていて、
10年間で時給200円上がっています。
なので変わっていないというのは、正確ではないけれど、
マスコミのよくある報道の仕方です。
消費税を上げるための準備なのではと危惧しています。

中小企業では僅かな賃上げも重くのしかかってきます。
また日常使う品物は価格の転嫁がなかなか難しいです。

ともかく、賃金だけ高くなっても、
他先進国と比べると電気代は高いし、ガソリンも税金が入っていて高い。
タマゴのように内需に頼る仕事は、売る値段が変わらず。
海外への輸出もリスクが高く、昨今価格が下落傾向にあります。

とにもかくにもテレビではモスが値上げしたとか、
マヨネーズが上がったとかはよく取り上げますが、
社会保険料の引き上げはほとんど報道されていません。
賃上げしても社会保険料に吸い取られてしまっています。

タマゴが上がれば賃金も上がる

つまるところ、いいインフレにならないと正常な上がり方ができない状態です。

和食のたまご本舗@


fHafL3rzSA2KvZ7xDk8Hdw_thumb_8f11

道の駅くるめから南に50mほどのところにハルタベーカリーがあります。

ここには弊社がエサを納めていた田川養鶏場さんが納品してありました。
田川さんがこの4月で廃業されたため、弊社が引き継いで納品することになりました。
納品前に卵を試していただき無事に継続となりました。
その後にわかったのですが、売り切れ続出の人気店だそうです。
納品があったので、さっそくたまごサンドを買って食べました。

bBYA6dhyR4apoDIkRuUTYw_thumb_8f14


サンドイッチのパンがおいしいです。
中のたまごも素材の良さを最大限に引き出していただいています。
たまごサンドだけれど、実に整っている感じがするのです。
一緒に買ったカツサンドもなかなか。
人気店なのがよくわかります。

休みが月、水、土となっています。仕込みに時間をかけているとのこと。
なので月曜に納品したこともありました。
人気なのがそういったところからもわかります。

和食のたまご本舗@
※現在アクセスができなくなっております。サーバー側に問題が発生しているようです。ご迷惑をおかけします。

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_843b

昨年5月から使い始めたメテオブラストセーフティシューズ
写真は買ってすぐのときです
価格はなんと1,980円と割安ながら安全靴です。

1年間使ってみての感想です。
qdoouQ41TJWlQqC2X1WJPQ_thumb_8e9d

ハイコストパフォーマンスな一足だと実感しています。

つま先には指先をガードするプロテクターが入っています。
しっかり金属製のガードのようですが、
バランスがいいため重さを感じません。
鉄骨を動かすなどのハイスペックは必要ないけれど、
不慮の事故を防ぐこの靴は安心できる余裕があります・
以前卵の金属製の陳列用移動かご(ロールと呼んでいる)が
つま先に倒れてきて足の指を骨折したことがありました。
この靴さえ履いていれば、そんな不慮の事故を防げたかもしれません。

さすがに1年使うといろいろと不具合が出てきました。
一番はかかとの部分(ヒールカウンター)がダヨンとなってしまうこと。
ヨレが買ってすぐから出て、ダルダルのダヨンとなりました。

そしてつま先部分の靴底と上の部分に亀裂が入ってしまいました。
さすがにこれは見た目もよろしくない上に、
靴底剥離という顔面にパンチが入ったような強烈なダメージ。
靴の最終形態
それでついにノックダウンされてしまいました。

いい部分
安い(安全靴でもある)
頑丈(1年はもつ)
快適(インナーソールを入れる必要なし)

悪い点
特にないが強いて言えば
かかとの部分(ヒールカウンター)がもろい


次に買ったのも同じメテオブラストセーフティシューズ
色違いにしました。

やはり新しい靴はいい感じです。
買ってすぐにかかとの部分(ヒールカウンター)がゆるくなってきました。
これも経験済みなので問題なしです。

和食のたまご本舗@




aIeBkwwsT9mFbMWrvAkZFw_thumb_8d1a

なかなか終わることのないロシアの一方的なウクライナ侵攻。
ウクライナは穀物の一大産地であり、
長期化すれば世界的な食糧危機を招きかねないと言われています。
当然穀物価格も高騰するばかりです。
エサの価格が経費の5割以上を占める養鶏業は大打撃を受けています。
ただでさえ、鳥インフルエンザなどの不安要素がある中で、
追い打ちをかけるようなコスト高に対抗するには、
コスト削減だけでは追いつきません。
価格転嫁もすすめていますが、
それすら価格に見合った値上とは言えないケースもあります。

ここでコスト削減をエサのグレードを下げるなどで行うと、
産卵成績がパットしなくなるだけでなく、
卵のおいしさを損ねることにもなるのではと思います。

多少高くともいいものを突き詰めて、
その対価をお客様からいただくような姿勢が大事なのかと思います。

少し前に廃業された生産者から味にこだわるお店を
いくつか受け継がさせていただきました。

ただし、そのときに弊社でそれを受け継ぐだけの品質がなかったら、
その後がうまくいかなかったのではと思います。
やはりいいものをつくっていく姿勢は大事だとつくづく感じるこの頃です。

和食のたまご本舗@

78RBNUFHRO6pFeJnZZ5X5g_thumb_8e40

アマゾン等のコメントでかなり高評価を得ているのが
フラ印のポテトチップスです。
てっきり輸入物かと思っていましたが、
カルビーなどが協力してできた国産のじゃがいものポテチなのです。
開けるのをためらっているのは、
その大きさ。
昨今袋が小さくなっていく中、
このフラ印は160gと通常の倍以上あります。
「開けたら全部食べる」
はなかなか難しいサイズです。
それゆえに買ってから10日ほど経ちますが、
そのままになってしまっています。
それでやっと思い立って食べるのを開始。
高評価をなぜ得ているのかわかります。
いい意味で以前家でつくったポテトチップスに似ています。
じゃがいもが新しい感じがするのです。
味のシズル感というかみずみずしさというか
新鮮な感じがするのです。
味も至ってシンプルだけれど飽きない味です。
なので自分でセーブしないと1袋食べてしまいそうです。

また買ってみたいと思ったポテトチップスでした。



和食のたまご本舗@


KieFXeWCSD26Gl4KnSSiKg_thumb_31af

夏バテは暑いと基礎代謝が高まるため体内のタンパク質を多く消費します。
タマゴには夏バテ予防に効果があるタンパク質をたくさん含んでいます。
更にビタミンやミネラルなども多く含んでいて同様に夏バテ防止につながります。

この卵だけも栄養豊富なのにうなぎのせいろ蒸しとなるともはや向かうところ敵なし

fd79419b
写真は10年前のものです。

来月が土用丑の日ですが、すでに30度を超す気温となっていて、
うなぎいいなあと思うのでした。

和食のたまご本舗@

CNS8Q8leS+OTHojrj7S8mQ_thumb_8e37

1ヶ月前に買って使用していたワークマンの

500ml専用真空保冷ペットボトルホルダー

1ヶ月連続ではないですが使ってみての感想です。

クルマで移動することが多いのですが、
車内は天気のいい日だとかなり暑くなります。
そんな時でもこれを使うと冷えた飲み物が飲めます。
特に炭酸だと冷えていないと残念でしかないのですが、
コレを使えば快適な飲み心地を維持することができるのです。

難点は、クルマによってはクルマのホルダーに入りきれない場合があります。
栓をしっかり閉じれば横倒しにして、転がらないようにすれば問題ないので、
そういうネガな部分は大して問題にならないです。


aKSrzg2rSCeVNUahbfUbZg_thumb_8e35

このパッケージングからわかるように、
ワークマンはアウトドア志向の商品をラインナップしています。
もともと荒天での作業を視野に開発された衣服をつくっていたので、
割とすんなりと商品を揃えることができたようです。
驚きなのはダイソーもアウトドアグッズを販売していること。
私のような初心者には向いているかもしれません。
20才のときバイクで野宿しながら北海道に行きました。
今のように安価な用品はなかったけれど、
バイク用品はかなり過酷な使用状況になるため、
十分アウトドアでも使用に耐えうるものがありました。
北海道でレトルトだったけれど、外で食べたカレーは最高でした。
飲水だけは寄生虫の問題が顕在化していた時期だったので、
水道水を使うようにしていましたが。

和食のたまご本舗@

2x7d%mI9TAKIk1gS64R72A_thumb_8d8f

連日のようにパックやダンボールや資材の値上がきています。
特に今週は毎日来社されては値上を伝えられます。
パックは原料となるリサイクルペットの価格が上がっているからだそうです。
なんでもペットボトルのペットボトルへのリサイクルが原因のようで、
対外的なエコのイメージをつくるために
エコの方にシフトして価格が上がるというなんとも皮肉な上がり方です。
その昔バイオエタノールの精製でトウモロコシの価格が上がったのと一緒です。
それはともかくとして、小麦がとにかく上がり方がすごく
米国小麦先物は恐ろしいくらいの右肩上がりになっています。
うどんが1杯1,000円になるかもとも言われています。

一方でコメの価格は下がっています。
米粉などの活用で少しでも安くしようという試みもあるそうです。
産卵鶏のエサに使われていますが、
コメを使うと黄身の色が白っぽくなります。
それとこれは私だけの主観かもしれませんが、
何か物足りない間延びしたような味になってしまうように思います。
価格が輸入トウモロコシに比べて高いだけが使わない原因ではないようです。
もちろんコメは一定の割合で配合飼料にも入っていて、
なんでもそうですが、限度を超えて使うといい感じにはならないようです。
私がおいしくないと感じたのは、コメの割合が多すぎたからかもしれません。
全体のバランスが壊れていたのでしょう。

ともかく今後卵の価格が上がっていくことは確実のようです。


和食のたまご本舗@



67427637877__BC5379AE-0225-420E-9072-DEDC22728441
会社横の竹林の破竹です。
1週間前まではなんともなかったところから、
あっという間に無数の破竹が破竹の勢いで生えています。
そして成長の早いこと。
すでに数メールとを超えるものもあります。
なるべく小さいうちに切っているのですが、
今年は間に合っていません。
とにかく切らねば。

和食のたまご本舗@

4bw9tlnMTRCBa0AbAs%xNA_thumb_7c10

iPhoneのカメラも手頃でいいけれど、
やはり一眼レフで撮ると本当にいい写真が撮れます。
ですね。すっかり忘れていました。
今から8年前に買ったカメラなので、
性能は今のものと比べるまでもないくらいですが、
利便性などを抜きにすれば十分今でも使えます。

これを選んだ理由はずばりそのデザイン。
無骨な感じででもとても機能的に考えてあります。
特徴的なのがプリズムハウスの出っ張りです。
PENTAXの文字も斜めになっていて珍しいです。

コロナ以降はイベントごとや旅行がなかったのもあって、
出番がありませんでした。

まだ微妙な社会状況ですが、
だいぶ動きやすくなってきて、
カメラも出番がありそうです。

ちょっと重たいけれど、
味のある写真を撮るには必要なことだなあと。

若葉もきれいな季節なので、目についたものを撮ってみたいと思います。

和食のたまご本舗@

IMG_1164

後先考えずに買ってしまったのがこのTシャツ。

PENTAXのK-3 Mark IIIという一眼レフのTシャツです。

K-3 Mark IIIはたいへん評判が良くて、

だからというわけではないでしょうがTシャツにまでもなりました。

IMG_1168


残念ながらカメラは本体だけでも20万円するので、

おいそれと買えませんが、

先ずは気持ちだけでもこのTシャツでと思います。

萩原朔太郎の詩で

ふらんすへ行きたしと思へどもふらんすはあまりに遠し
せめては新しき背廣をきてきままなる旅にいでてみん。

というのがありますが、その心境です?

和食のたまご本舗@

QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ