醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_69d6

iPhoneの画面に突如右上に白い丸が。
タッチしても何も反応せず。
こんなこと初めてです。
iPhoneXなので、ホームボタンがないのですが、
アクセシビリティとかいうのをオンにすると、
かってのホームボタンの位置にこれよりもやや大きい白丸が出てきます。

場所も大きさも違うのでこれはイッタイナニ。

電源オフにして再起動したら消えました。

なんか調子が悪いのかと。

和食のたまご本舗@

シューロールサンド

最近やたら忙しい日々が続いています。
お昼も食べるのがやっとですが、
ちゃんと食べています。
最近プラスワンで食べたのがこれ。
半分チョコがコーティングされている、
シューロールダブルクリームサンド。
サンドイッチではなく、
クリームをサンドしたものです。

北海道産牛乳入りカスタード風味クリームと
北海道産牛乳入りミルククリームが入っています。

心ここに在らざれば、みえども見えず、
聴けども聞こえず、食らえどもその味を知らず

忙しいと味もよくわかなくなってしまいます。

おいしいものをおいしいと感じる余裕が必要だとつくづく思ったのでした。

和食のたまご本舗@

マザーリーフ2

マザーリーフことセイロンベンケイソウ
葉っぱを水にひたしておくと葉っぱの分け目部分から新芽が出てきます。

実に不思議な葉っぱです。

水にひたしておいたらだいぶ芽が出てきました。

春らしい感じのするマザーリーフです。

和食のたまご本舗@

青汁

伊藤園のごくごく飲める青汁です。
これはおいしいのではと期待をしていたのですが、
さほどおいしくなくて残念でした。

たぶん砂糖とか塩とか油とかそういうものが入っていないからなのでしょう。

健康にはいいかもしれないけれど、
まあそれほど意識して飲まなくてもいいかもと思ったのでした。

和食のたまご本舗@

ブルックリン

九州の製パンメーカーのリョーユーパン。
いろいろなパンがありますが、
ビーンズロールと双璧をなすおいしさが

マンハッタン

固めのドーナツにチョコレートがかけてあるものです。
昔からあって、なかなかです。

最近某お店で発見したのがコレ

ブルックリン

いやーパッケージもマンハッタンそっくり。
中身もほぼ一緒。

ただ食べてみると、その志の低さゆえか、
ややドーナツがやわらかというか油っぽい。

私の好みでは元祖マンハッタンに軍配が上がりそうです。

それにしてもこのブルックリンをつくったフジパン

似ていてもかまわないけれど、もっと味を変えるとか、

チョコレートの分量を増やすとかして、

追随商品だけれど、先祖超えくらいして欲しかったと。

トヨタなどはこういうパクリ商品が上手で、

ホンダのストリームに似たウイッシュを出したりしていました。

ものの見せ方としてはウイッシュのほうがよかったです。

ただ、乗った感じは残念だったとの評価が多かったようです。

和食のたまご本舗@

桜

福岡県南部では一斉に桜が開花しています。
しかし、場所によってはすでに葉桜になっていたり、
まだこれから満開という具合にけっこうばらつきがあります。

一斉に咲いて一斉に散る

桜のそんなところが魅力でもあるのですが、
こういうふうに長い時間見ることができると得した気分になります。

さくらをエサに使った卵も一時期考えたのですが、
時期を過ぎてしまうと興ざめとなるので、
短期間しか使うことができないのでやめることにしました。

さくらが入ったエサ

なんかそれだけでもいいなあと思ったのでした。


和食のたまご本舗@

2019年4月1日からアキタが社名をアキタフーズに変更しました。
日本で2番目に大きいアキタ
ちなみに日本一でもあり世界一大きいのがイセ食品
ともに大きい卵生産者です。
そんなアキタがこれからは卵にまつわるいろいろな食品を売っていく会社に変えるとのことで社名も変更したそうです。
もはや卵の生産ではなくて、卵を介した食の文化提供なのでしょう。

昨年海外輸出向けの展示会に参考出品させて頂いたのですが、
ここで感じたのが、
・すぐに食べられること
・保存がきくこと
ということでした。輸出向けの食品なので、そういう傾向だったのかもしれません。

今たまごの相場は安値で安定しています。
しばらくは続くと言われていますが、この影響を受けて大きな変化が起きています。

アキタの社名変更もこの大きな変化の先取りなのでしょう。

和食のたまご本舗@

イースター

これはイースターのお菓子でしょう。
食べたら砂糖を食べているような甘さでした。
この時期はキリスト教で復活祭。イースターです。

イースターで知っているのは、
トムとジェリーでイースターおめでとうというがあったことと、
モアイ像で有名なイースター島がイースターの時に見つかったということくらい。

卵をさがす?らしいのですが、
よくわかっていません。

この時期日本では、卒業入学就職、転勤から引っ越しなどなどあって、
とてもそれどころではない気分なのでしょう。

今年は4月21日でしたが昨年は4月1日とコロコロ変わるのもよくわからなくしています。

ちなみに昨年は4月1日だったそうで、
ディズニーランドぐらいしかとりあげていなかったと思います。

卵の売上にもあまり貢献しないようで、
イースターはますます存在感が薄いような気がします。


和食のたまご本舗@

桜

桜が満開です。
会社近くには公園が3つあって、
3方向桜に囲まれている感じです。
高台に会社が建っているため、
眼下に桜を上から眺めることができます。
会社横は桜がありますが、裏手なのでちょっと見えにくい。
そして会社のウラには童男山古墳があって、
ここの桜をいつも見ています。

ライトアップはされませんが、
それはそれでいいと思うのでした。

それにしても寒い日が続いて、
なんとなくお花見という気分も失せているこの頃です。

和食のたまご本舗@

zes%e7S3QSWmYZQZnes1Iw_thumb_6998

元号が令和になりました。
5月1日から変わるのですが、
この4月というタイミングゆえに、
なんとなく先走っている感があります。

和という字が入っていいてなんとなくよかったです。

ちなみにこの書は筑後市で書道教室を開いてある
永田 一晴さんの字です。

和の口の部分は点になってます。
最初これを見たときは驚きました。
和という字は、こういうふうに書くんだと思ったのでした。

今見ると、本当に力強くも優しい部分のある、
まるで不動明王のような書体だと思います。



和食のたまご本舗@

ごちそうマエストロ

TVQで日曜日11:25から放映されている

ごちそうマエストロ

3月31日の放送に弊社和食のたまごが取り上げられました。

この番組は九州各地の食材を紹介する番組で、

その食材を使ってロバート馬場さんが料理をするというもの。

和食のたまごのよさをいかんなく伝えていただきました。

反響は大きかったです。

この番組に出演するきっかけとなったイワナガさんの玉めし、

そしてみやまの道の駅の方々には感謝申し上げます。

撮影ではTVQの撮影班の方々にもたいへんおせわになりました。
私のつたない話やしょうもない話を編集の力でまとめていただいていました。

和食の「和」の字はのぎへんに口。これは稲穂を皆で分かち合うという意味だとか。
みんなで食べ物をわけて食べることが社名に入っていてよかったです。

ごちそうマエストロ

和食のたまご本舗@

wasyoku

和食のたまごは25周年を迎えます。
当初は農場の環境改善のために光合成細菌と木酢液を農場に散布していました。
ニワトリの飼育環境を改善したら、卵もビタミン類を含むいい卵になりました。
これを発売開始したのがはじまりです。
その後10回にわたり、改善していき、
八女茶をエサに入れたり、国産よもぎを入れたりしました。
またパプリカやターメリックなどを入れて味も考えるようになりました。

また旬の食材もエサに使っています。
かぼちゃパウダー、にんにく、など微量ですが入れる量を増減させています。

おいしい卵とは何かを考えながらつくっている卵です。

※エサに入れる副原料は、エサに入れることが許可されているものか
 人間の食用に使ってもいいものに限定しています。
 また人間の食用に可能でもニワトリに悪影響を与えるものは避けるようにしています。


和食のたまご本舗@

桃

会社近くの童男山古墳では1本だけ桜が満開。
他にこの梅?桃?八重桜?みたいな花がきれいに咲いています。
ここの公園は人が全くいません。
なので桜が満開の頃は独り占めできます。

この花もきれいに咲いていますが、
誰も見る人がいません。

桜の名所に行くよりは、
ここでゆっくり静かにみる花が綺麗だと思うのでした。

桜の花が咲く頃は別れと出会いの時期ですね。

しんみりとした気持ちになるのでした。

3月31日(日)11:25TVQごちそうマエストロに登場します。

ロバート馬場さんや上野敏子さんに和食のたまごを使った料理を紹介していただきます。

ごちそうマエストロ

和食のたまご本舗@

玉めし

3月31日(日)11:25TVQごちそうマエストロに登場します。

先日収録があり31日に放映が決定しました。

ロバート馬場さんや上野敏子さんに和食のたまごを使った料理を紹介していただきます。


ごちそうマエストロホームページに予告ムービーがあります。

ごちそうマエストロ

この番組はいろいろな食材を使って料理が得意なロバート馬場さんが調理する番組です。
こだわりの食材があれこれ登場します。
今回卵を使って様々な料理を紹介されます。

弊社が選んでいただけたのは、
玉めしをつくっているあげもんイワナガこと岩永源蔵本店さんのおかげです。
和食のたまごのよさを最大限に活かしていただいております。

あげもんイワナガ

そして今回撮影場所としてご協力いただいた道の駅みやまの方々のおかげです。

道の駅みやま

皆様に感謝申し上げます。

和食のたまごは販売開始から25周年

和食のたまご本舗@


焼きそば

玉名PAの焼きそばは卵が載っているものがあります。
目玉焼き焼きそばと言って目玉焼きがトッピングされた焼きそばです。

卵がないと味がどうもガツンと来てしまう濃さなのです。

卵のやわらかさで、硬質なやきそばの味を受け止める感じとで申しましょうか。

一定間隔でここに立ち寄っては、味を確かめています。

ちなみに弊社の卵

ここのPAの名物にもなっているようで、
販売機の一番目立つ1番メニューになっています。
よく目立つはずが、かえってわからなくて戸惑ってしまった券売機でした。

和食のたまご本舗@

QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ