醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2005年12月

e0ac5c30.JPG久々に橋本醤油にしょう油を取りに行きました。(写真はむかしのものです)売れ行きがよくて品薄だそうです。社長自ら工場から作業着姿で出てこられて、しょう油を積んで頂きました。帰りの高速でETCカードを入れるのを忘れ、バーが閉じた状態で突き進んでしまいました。「しまった」。あわてずインターの事務所へ車を寄せるとパトカーが2台スーと入ってきました。突破したので、はやくも来たのかと思いきや、偶然だっただけのようでした。こちらから事情を話すと丁寧に教えて頂き、手続きを事務所の方にしていただきました。

福岡に行ったときに寄ったスーパーで、高さ10センチほどのしょう油を2つ買ってきました。キッコーマンとニビシです。大きさがまさにベビーサイズで未だに子どもが両手に持っては喜んでいるという状態です。普通のしょう油も使っての感想もアップする予定です。
今気になっているのは、電話番号が似ている日田醤油という会社です。市外局番の1つが違うだけなので、よく間違えて電話がかかってきます。同じ日に4回も醤油注文の電話がかかってきました。

子どもに催促され、今日も玉子ごはん。それならと、切り札の湯浅醤油の珠美人を投入。前回はかけすぎて判定ができなかったため、今回慎重にごはんに注ぎ、まず子どもに。私のひざに座って、テレビを見ながら、私から食べさせてもらいながらというお気楽な状態です。催促されるスキをついて私も一口。うまい。しょう油、玉子、ごはんとそれぞれの力を引き出しているようです。さすがです。

4

0d886012.JPG玉子ごはん専用しょう油と双璧をなす私の一番使いしょう油が自然一醤油。味がいいことこの上なしです。玉子と合うおすすめしょう油です。単にサイズが小さくて注ぎやすいということもあるのですが。

ブログのしくみがわからず、変なサイトから投稿されていたので、いったん削除しました。迷惑メールといい、インターネットは魑魅魍魎(ちみもうりょう)どもが跋扈(ばっこ)するところとあらためて認識しました。

c886d4b0.JPG家に帰ると子どもが冷蔵庫へ私をいざない、「たーご」「たーご」。昨日の夜も玉子ごはん、丸秀醤油の自然一というお気に入りのしょう油でつくりました。
今日も「おいしい」「うまい」連発。確かにおいしかったです。でも白ごはんを食べたいと思うこの頃です。でもブログの原稿書くには、道を究めるにはちょうどいいのかも。

df9cd369.jpg今日はラフティーこと豚の角煮。味付き玉子がうまい。昨日から寒くなってきて、おでんやこういったものがおいしい季節になりました。和食は料理に使う醤油とお酒で決まりまっせ。と、さも自分でやっているような口ぶりですが、これ妻からの受け売り。
子どもと同じで食べるばっかりで何もしません。
今日もかめびし醤油。ビンに入っているので、妻の使い勝手もいいようです。
味は最高。ぜひお試しあれ。
QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ