醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2007年09月

e158ca02.jpg子どもがお絵かきに夢中になっている。
クレヨンを使うことが多いが、たまたまあったペンでなにやら書いてる。
もっぱら、何々レンジャーのなにがしロボットの絵が大半である。
私も影響を受けて少しはわかるようになった。見事にミイラ取りがミイラになってしまっている。

いろいろな乗り物が合体してロボットになるのであるが、最近のはゴテゴテしていて好きになれない。ゴーゴーファイブのビクトリーロボはシンプルかつバランスがよくてかっこいい。

ちゃんと紙に書いてくれるが、つい先日はクレヨンで畳に線路を書いていた。
畳の縞目は確かに線路を描くのに便利そうではあるが。

31da69e2.jpgこの時期しか食べられないのが栗ごはん。

栗だけで食べてもおいしいのですが、ご飯に入れて食べると、また格別です。

卵かけごはんもいいけれど、旬の食材を使ったものもおいしい。

季節感があるというのはいいことだなあと、つくづく思うのでした。

30c5680e.jpg女子校の先生に連れられて行ったのが食品市場「博多せんしょう」。
夕方6時半過ぎで店じまいしているところが多かったのですが、先生おすすめのキムチを手に入れることができました。
年末には行列ができるほどの店の品だそうで、期待が高まります。

食べました。

うまい。おいしすぎる!今まで食べた中で最高のキムチ。
ひどく辛いわけでもなく、素材の良さを引き出した逸品です。

白ごはんとこのキムチのコンビなら、おかわりがどれだけでもできそうです。




商工会で監事をやっていいます。
新任なので本日福岡で行われた監事研修に参加しました。
今日は眠かったので、一番前に行きました。ここなら絶対眠れません。
意外と後ろでも眠っているのは目立ちます。それならいっそ一番前。
いやでも頭に入ってきます。
最近社会保険庁の横領問題や公的機関での金銭問題などがあってか、
公益法人の監査に臨む態度も今までのようにはいかないようです。
法的には不正を見抜けなかったことに対しての責務はないとのことですが、
道義的に連帯責任を負わざるを得ないという見解もありました。

成長期には問題にならなかったことも、今のように閉塞感が漂う中では、問題視されるようになってきたのでしょう。
電車で読んだ野口悠紀夫の「超リタイア術」にも年金問題で似たようなことが書いてあって、なんだかおかしかったです。

「超」リタイア術 (新潮文庫)


びっくりしたのは筑後にある羽犬塚駅が建新幹線の架橋建設のため消えていたこと。
高校の時はローカル線のディーゼルカーで通学していたので、早い便に乗り遅れたらここからいつも乗っていました。知っていた景色が変わるとなんだかさみしいです。

1feb1032.jpgようやく朝晩の気温も低くなってきました。
彼岸花も咲き、ススキも出てきて、稲刈りも早いところで始まって、風景は秋。
なのに日中は真夏を思わせる暑さに閉口してしまいます。
それでも着実に季節は変わってきているようです。

和食のたまご@

a62344ef.jpgあまりテレビを見ないのですが、たまたま京都旅行の特集を見ていたら、卵かけご飯が出てきました。

料理屋さんの裏メニューだそうで、たかが卵かけご飯、誰彼なく出すことはできないのだろうと思いました。

京都にはあちこち出荷しています。どことは申しませんが、どこかで当農場の卵に巡り会っているかもしれません。

生卵で気になるのは、サルモネラ菌による汚染。
農場ではワクチンを接種しており、発生を抑制しています。
これもひよこから一貫飼育しているからできることです。

安心安全を第一に取り組んでいます。


和食のたまご本舗@

6519e4ad.jpg気温は相変わらず35度を指す猛暑日が続いています。

それでも田んぼのあぜには彼岸花が咲き、空を見上げると秋の空に変わってきています。

暑さのせいか食欲=食品の消費も芳しくないようで、みんな何を食べているのかなあと思ってしまいます。

もう少し気温が下がれば、おかわりが欲しくなってくるとき、食欲が戻ってくるときこそ卵かけご飯に最適なシーズンの到来です。


和食のたまご本舗

69591c63.jpg昨日からヒヨコの世話が始まりました。

ヒヨコは高温多湿を好みます。

そのため作業に当たる者は汗だくになりながら、エサをやったり、水を与えたりしています。

ピヨピヨ鳴くヒヨコはとってもかわいいです。

I really lile a chick.(とってもヒヨコが好き)
アメリカ人の友人から教えてもらった英語です。



和食のたまご

d46a8368.jpg遅ればせながら昨日はじめてスカイプで通話した。
ヘッドホンタイプ(ヘッドセット)は話している姿が格好悪いので、電話タイプのにした。大きさは折りたたんだケイタイ電話ぐらい。
パソコンにUSB接続しただけで話ができる。通話品質も悪くない。
国際電話をする機会はほとんどないが、いとこがドイツにいてスカイプを使っているそうなので、かけてみようかと思ったが、話すネタがないのでやめにした。結局仕事で使わざるを得ないか、遠く離れた恋人かでもないと要らないのかもしれない。
ライバルと言えばソフトバンクの月980円プラン。電磁波が気になるが、ある時間帯なら通話料が要らないのはすごい。
でも陰の部分もある。電話料金を安くするマイライン。マイライン登録でNTTコミュニケーションズに勝手に変えられてしまったことがあった。代理店による過当な競争は、このような弊害も産むのであろう。その後の対応のまずさにも驚いている。


f7ff1b10.jpgヤクルトの選手兼監督の古田が今年限りでユニフォームを脱ぐ、、。
同じ歳で同じ大学の体育会(私は自転車競技部)に所属していたこともあり、とても残念な一方で最後まで力の尽きるまで野球の第一線で活躍できたのは、本当にいい終わり方ができたのかもしれないとも思った。まだまだ若いけれど。
大学では学生選抜に選ばれるほどの活躍をしながら、ドラフトではどこからも指名されないという、挫折を味わったこともある。
その後プロ入りしてからの活躍は皆さんの知るところ。日本を代表するキャッチャーとして、野球界でも屈指のプレイヤーであった。昨年より、監督も兼任しており、野球を知っている人なら誰でも知っていた。本人が言ったか言わないか「代打オレ」と言って出てくると球場が沸いた。今季チームの成績が振るわず責任を取っての退団。
お疲れ様でした。


写真は古田のサインボールです。

8c9e69ef.jpgうちの近所の建物。昔お酒をつくっていたところです。どっしりとしたたたずまい。
奥に見えるのは上陽町農業活性化センターです。
子どもの時、ここで遊んだ記憶は1回ぐらいしかありません。缶けりをやっていたように思います。でも、中には立ち入らず、すぐにやめて別のところで遊び始めたのじゃなかったかなあ。隠れるところがなかったからです。


こちら八女上陽町情報局

前々日、大学の校友会役員会に出席しました。

11月22日に行われる福岡支部総会と懇親会の準備のため、5月ぐらいから始まって、アトラクションやチケットの配布などの検討を行って参りました。

諸先輩方がたくさんいらっしゃいますが、福岡県では一番遠方(今回はケニア出身の方がいて県ではとなった)だけれど出席率がよいため、役員になっています。

福岡県は福岡支部と北九州支部があります。福岡支部は更に8つのエリアに分けてあり、その中の八女地区の副ブロック長です。かれこれ14年ほど総会には出ています。酸いも甘いもかみ分ける40代に変わり果て、気が付くと若い人があまりいないなあと、ここ何年か思っていました。
今回は若い人がたくさん役員として出席していて、次につなげると心強く思いました。

総会には最初一人で参加していましたが、結婚してからは夫婦で、子どもができてからは3人で。そして今年は子どもが増えて4人で参加します。夫婦同じ大学出身なので、私が参加できなかったときは、妻+子どもで参加したこともありました。
14年も参加していると、面白いとき、そうでないとき、いろいろありますが、今年は面白くなりそうです。



立命館大学プラザ福岡


京都大学・立命館大学合同オープンキャンパス in 福岡 9月30日

488ccb70.jpg写真は何の変哲もない液体のように見えますが、この液体をニワトリに飲ませています。
これは福島県の阿武隈山系の花崗岩の黒い部分、蛭石と呼ばれるものを酸で溶かしてつくられたものです。ミネラル分がppmオーダーで22種類、bpmオーダーで80種あまり入っています。この液体との付き合いはかれこれ12年になろうとしています。私自身10年以上これを飲んでいます。
これを飲ませてつくった卵が「いわたま」「和食のたまご」なのです。特筆すべきはセレン、コバルト、バナジウムなどの微量ミネラルも含んでいること。単なる地下水や電気水とは次元が違います。実際これを食べてみた後だと、本当においしい卵がなんたるかがはじめてわかったという人もあるほどです。
卵をつくるコストは上がりますが、通常の食事では不足しがちなミネラルをニワトリの飲み水に与えてつくるこの卵は、健康増進にも期待が持てます。


和食のたまご本舗

0dfca00e.jpg夕方まで情報の入らないところにいたので、首相辞任の報道にびっくりした。
昨日ちらっと見たテレビで安倍首相の雰囲気が違って見えた原因はこれだったのでしょう。いつになく好感の持てる顔というか、あれっと思うほどさっぱりしていました。

新しい内閣でがんばり始めた大臣をはじめとする、それらをサポートする人たちも虚しさを感じたのではないでしょうか。
せっかくつくった「経済財政改革の基本方針2007」や所信表明での教育再生もパー。

外からも内からも、最後まで首相は批判の矢にさらされて、その心労はたいへんなものだったでしょう。


写真は3年前商工会の研修視察で行ったときのものです。

210afa8d.jpg昨日はたくさんの来客があった。
うち、2人はダンボール屋さんで、原料値上げに伴う単価改定のお願いであった。
それでは売り先に値上げができるかと言えば難しい状況。キー。
ブルーになってしまいます。

写真は関係ありませんがブルーハワイを食べて、ショッカーの手先になってしまった子どもです。赤で「氷」と書いてあるのれんを目ざとく見つけては、かき氷を売ってあるよ!と婉曲的にせがみます。
氷を食べて子どもはかなり陽気です。


和食のたまご本舗
QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ