醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2009年07月

7425d5ea.JPGくまあらためくまたまです。
昨日は高村農場長と一緒に甘木まで行きました。
福岡県養鶏協会朝筑支部通常総会が行われたためです。
総会に先がけ鶏供養が行われました。
神妙な面持ちで玉串を奉てんします。
その後昨年の収支報告と今年度の予算など。
その後懇親会が行われます。
先行きの養鶏の景況感は様々で、人によって温度差があるようです。
ある人は鶏卵相場もかなり回復するであろうと予測されていました。
私はどちらかと言えば、シビアに見る方なので、年末も1キロの価格が200円行かないであろうぐらいに思っていたので、意外な感じがしました。
もちろん、そんな相場では養鶏経営はよほど特別のことをしないかぎり、収支が合いません。
しかし、昨今の状況からすれば、そのよほどのことを求められているのだと思うこの頃でした。
行きと帰りは西鉄甘木線を使いました。
二両編成のこじんまりした電車はいいもんだと。

和食のたまご@

くまあらためくまたまです。
長井亮さんのブクログにあった本。それが、

どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座

背表紙には100年に1度のチャンス!?と書いてあります。
次に、苦しい時代こそ、経営の原理原則が問われる!

なるほど!忘れていた!ありがとう!となった本です。
ともすれば、枝葉にとらわれてしまい、木を見て森を見ずということになっている云々。本当に大事なことです。
一気にとはいきませんでしたが、きちんとかみ砕きながら読みました。
この本の重心は109ページに書いてあったこと。
「クレームの処理」ではなく「クレームの対応」という箇所。
全てにこの言葉に集約されているように、大事なことは何かを気付かせてくれる本です。
ありがたいことに、各チャプター事に要点を最後にまとめてあり、この本の書き手も読む人のことを考えているんだとつくづく思った本でした。

和食のたまご

どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
どんな時代もサバイバルする会社の「社長力」養成講座 (ディスカヴァー携書)
クチコミを見る

1bd61681.JPGくまあらためくまたまです。
今日はお昼から高速道路を使って福岡へ行きました。
太宰府インターのところは通行止めになっており、痛ましい事故のことを想い出します。本当にいつ何があるかわからないとつくづく思いました。

当社顧問である吉田忠幸氏は発酵や堆肥化技術でたくさんの特許を持ってあります。日頃から懇意にして頂いており、今日はあいさつに行ったのでした。
鶏ふんの状態の改善のアドバイスを申し出たところ、後日直接見に来て頂くことになりました。
吉田先生は他にも飼料化技術など様々なアイデアを持っていらしゃいます。
写真はドレッシングを飼料化したものです。
日本全国から、様々な問題を抱えてここの門を叩く人が多いようです。


和食のたまご@

4196602e.jpgくまあらためくまたまです。
今見ているアナログ放送が2年後終了し、地上デジタル放送に移行するそうです。
誰が決めたのでしょうか、なんて考える人は少ないはず。
というわけで「地上デジタル放送 誰が決めた」で検索すると、、
どうやら2001年の国会で決まったとのこと。その後何年も経っているので、事実上了承されたとのことになっているそうです。
先日は後二年だと言うことで、テレビで地デジ大使だのとやっていましたが、肝心の普及率や、国会で承認されたとは言え、個人の費用負担の問題など、マイナス面は全くと言っていいほど報道されていませんでした。当日は、なぜか原発と一緒で、地方の人の少ないところで、アナログ波停止の実験をされたようで、選ばれた地域では不便を感じた方が多かったのかもしれません。このあたりも不明です。仮に実験を東京や大阪でやっていたら、一気にマイナス面が吹き出たかもしれません。
不満が多かったからといって、とりやめになるとまではいかないでしょうから、いわばこれは勝敗が決まっている出来レースなのかもしれません。
新しもの好きの私ですが、テレビの買い換えは壊れるまで待とうと思っています。テレビはタマゴなどと一緒で日用品の性格も持っており、かといってなくてはならないモノではないというのが難しいところです。大学4年間はテレビ無しで過ごしましたが、特になくて困ったなんてなかったです。
問題は、この問題が地デジが目指す双方法メディアと逆行する一方通行の報道しかない点。これでは判断ができかねる人も多いのではないでしょうか。
業界の既得権益ばかりに執着し、肝心の視聴者を置き去りにするメディアには厳しい現実が突きつけられると思うのは私だけではないはずです。
広く人々に周知するにはうってつけのメディアがテレビ。いずれにせよ、今後どう変わっていくのか注目して行きたいと思います。
(写真は昨年めざましテレビに私が出たときの様子)


和食のたまご

6da61db1.JPGくまあらためくまたまです。
昨日の日経新聞はかなり役に立つこと満載でした。
同志社大学が京都市街へ回帰することや、深層水が苦戦していること。陪審員制度のこと、REIT救済のこと。全面広告は日経の商品が並んでいて、広告取れなかったんだなあ、なんて考えます。
記事の中で感心して読んだのが薬に頼りすぎる日本人という内容のコラム。
私自身、カゼをひいても、ちょっと具合が悪くても、薬は極力飲まないようにしています。
もっぱらスイミン時間をたっぷり取って、自力で治します。
この話の内容は、安易な対処療法に頼っていると、本当にたいへんなときに効果があまりないということだと勝手に解釈しました。
これって、今の政治にぴったりとあてはまります。
経営も同じで、問題を先送りしていると、重大なトラブルを発生してしまう。つねに問題を解決して行く姿勢が大事だと、本編の話とは別に思考をめぐらした昨日でした。

日本経済新聞

和食のたまご@

こんにちはガッツ玉子です。

7月23日放送局・番組名■テレビ新広島(TSS-TV) 満点ママ
にて、卵かけご飯専門店「たま一」さんが登場しました。

といっても、残念ながら福岡では 拝見できず 从´_υ`从ショボーン

当日、放送後に、たま一さんから、
「結構、時間(放送時間)も長くて、卵のことも色々詳しくでてましたよ」
っとお電話をいただきました。(ありがとうございます)

とても と〜〜ても 嬉しかったです。

社長の(正確には奥さんの)知り合いの方が
録画して下さっていて、早く見たいo(≧∇≦o)(o≧∇≦)oうきうき!!
してます。

映像待ちして、ご報告が遅くなりましたが、

待ちきれずに、まずは 

テレビ新広島(TSS-TV) 満点ママ HP〈↓〉 より ご紹介します。

    http://wwwz.tss-tv.co.jp/mama/musume

「たま一」さんに 選んでいただいたことに 感謝。

食べていただいた方に 満足を感じていただける卵であるように

p(^^)q★☆ 頑張らねば。

「たま一」さん 今後ともよろしくお願いいたします。

映像が届きましたら、放送圏外の皆様にも ぜひ ご覧いただこうと思います。

そして 広島に行かれたときには 

「たま一」さんを 発見していただきたい*^^*です。

よろしくお願い致します。

こっそり情報(?)(* ̄▽ ̄*)・・・・

    和食の卵の販売もしていただいてます。





和食のたまご@

da2a69fb.JPGくまあらためくまたまです。
昨日雨の降る中、家の横のツタを發个気澆農擇辰討い燭蕁
ハサミの部分に枝がはさまって動かなくなり、先っちょについた枝を取っていました。
取れた瞬間、先端のハサミ部分と連動する、手で作動させるグリップ部分が動いて、、、
見事にはさまれました。

さっそくスプレー式の白くなる傷薬をつけました。
その上から何とかレンジャーの黄色カットバンを貼り付け。
昨日は気付かなかったのですが、
今朝見るとなんとなくニコちゃんマーク。(^_^)ニコニコ
痛い話でした。


和食のたまご@

馬場写真くまあらためくまたまです。
写真は馬場部長です。
手にしているのはHACCP講習の修了書。
先日宮崎で行われたセミナーに参加して、卵を製造する(選別して包装する)過程で起こりうる様々な問題をクリアーする手法を学んできました。
ちなみにHACCPとはHazard Analysis and Critical Control Point、危険を分析して、最適な管理点をさぐるというものです。
よくよく考えると、これは仕事であれば何にでもあてはまります。
問題点を発見して、それを解決することなど、先日聞いた現場力のセミナーに相通ずるところがあります。やはりHACCPも同じで理念的なことはトップダウンでできても、実際の行動はやはり現場の力が必要であることなど。
この講習を受けたことで馬場部長も思考法に新しい面ができただろうと思います。
何はともあれ、一つ一つ問題点をクリアーしていき、みんなで次のステップに進んで行きます。

和食のたまご@

5

ヤマサ昆布醤油くまあらためくまたまです。
和食のたまごは昆布だしとの相性がいい、そう実感できたのがこの醤油でした。以前100円ショップダイソーで買って、あまりにもおいしくて、こんな値段でいいの?と思わずうなってしまった醤油。
今回は1リットル入りのペットボトルで買いました。
もちろんそんなに高くない値段です。なぜか北九州市に近い「ゆめタウン遠賀」という大規模ショッピングモールで買いました。ここの醤油コーナーはたいへん充実しています。醤油発祥の地和歌山県の湯浅醤油があります。醤油屋さんがべた褒めする本膳など関東の名だたる醤油などに混じって、地元福岡の醤油も多数揃えてあります。
ヤマサ醤油は大手5社に入る大きな会社です。ちなみに日本醤油協会は全国醤油工業協同組合連合会とキッコーマン、ヤマサ、ヒゲタ、マルキン忠勇、ヒガシマル、の大手5社で構成されています。
さてヤマサの昆布醤油。今回は間接法で食べてみます。
卵は平飼い卵「和食のたまご☆プレミア」
卵をお皿に割って入れ、ペットボトルから慎重に醤油をかけます。
ペットなので、ドバッと出たらおしまいです。
その前に醤油のかおりをみると、、なかなかいいです。
さて、卵と醤油をかき混ぜると、、おおっ色がわき出ています。
総天然色!沸き立つ色!ものすごくオレンジ色になって、驚きです。
醤油が卵の色を引き出している、卵に醤油が反応しているようなのです。
ヤマサ卵かけご飯ご飯にかけてまぜまぜして、一口。
醤油を控えめにしていたので卵の味が引き立ちます。
うまい、うますぎる!
次に醤油を少し加えてまぜまぜして、また一口。
これはうまい。この醤油の特徴であるバランスの良さが、なお一層引き出されています。至福の時をかみしめながら味わいます。
やはり昆布だしの醤油は最高に合うようです。
こんなにおいしい醤油が普通の醤油に並んで平然と売られている、これはすごいことだと思います。昆布醤油で卵かけご飯にはまってしまいそうな日々が続きそうです。1リットルもあるから。1回につき7.5ミリリットルとすれば133杯食べられます!!たぶん妻が料理に使うのでそんなには食べられないと思いますが。ただし、妻が言うには普通の醤油のほうが使いやすく、昆布の味がいかにも付け加えましたという感じ?だそうです。
何はともあれ私からは文句なしに強力おすすめの醤油です。
いやあ醤油って、すばらしいですね!

ヤマサ醤油

和食のたまご@

f060a22a.JPGくまあらためくまたまです。
農場はお昼前に通られるようになりました。
それでも道が川になっていて、
水しぶきをあげながら慎重に進んでいきました。

夕方またもや雨が降ってきました。
明日はまた撤去作業になりそうです。

和食のたまご@

bb725791.JPGくまあらためくまたまです。
みやま市山川町にある河原内農場へ行く途中の道が崖崩れで寸断されています。10時ぐらいには復旧の見通し。
それと配送の車が一台エンスト。エアークリーナーが低い位置にあるため、水を吸い込んで動かなくなった模様。
やっと一息ついたところ。
写真は水がたっぷりの川の様子。

その後、車の修理工場から連絡があり、、、
車のエンジンがダメになったと!!
ものすごい被害です!!!!!!

和食のたまご@

2dbbba30.JPGくまあらためくまたまです。
昨日クリーブラッツ大野城店に配達に行きました。
クリーブラッツは鳥栖店と大野城店とあります。

大きな地図で見る

コーヒーの無料サービスもあって、いつもお客さんがたくさんです。

もちろんできたて石窯パンも最高。

クリーブラッツ

和食のたまご@

b8e7347a.JPGくまあらためくまたまです。
昨日夕方から日航ホテルで行われた農業者交流会に出席しました。
はじめに講演があり早稲田大学ビジネススクール教授遠藤功氏によるセミナーがありました。
最近講演に参加する機会が多いのですが、この講演もさすがとおもわせる内容でした。仕事をしていく上で一番大事な現場の力を高めていく手法を懇切丁寧にわかりやすく説明頂きました。
3年後には成果をだせるようにみんなで取り組んでいきたいと強く思いました。
その後懇親会では、様々な農業者の方とお話しをする機会がありました。
どなたもがんばってあるのがよくわかります。
ちなみに余談ですが、シェフからは各料理の産地の説明などがありました。
ハム私のお気に入りはハム(イタリア製)と黒豚カツサンドでした。

和食のたまご@

ガッツ玉子です。


purinn 001purinn 002
母から湯布院のお土産にプリンどら焼きをもらいました。
ガッツリプリンを挟んだお姿に 
チョット吹き出しちゃいました*^^* 
合うもんですねぇ、プリンのおかげでどら焼き特有(?)のモサモサ感もなく、チャンと一体になるんです。美味しかったですぞ

実は先週からネットでセブンイレブンの『卵たっぷり濃厚プリン』なるものが
ちょくちょく目に付いて、気になっていたんです。「やっぱ食べんといかん」
と思い購入↓ これこれ
purinn 003purinn 004
またこれも、美味しい。濃厚は間違い無し、スプーンにかなりな手ごたえを感じるほどにどっしりとした食感でこれはスポンジ生地が合体していてケーキ仕立て(?)
カラメルシロップが染み込んでいて、豪快な満足感*^^* 

幸せ おごちそうさまでした。



和食のたまご@


a279f8ff.JPGくまあらためくまたまです。
卵かけご飯を極めたい方々のために文章をたくさん入れたパンフレットをつくりました。
名付けて、

卵かけご飯道免許皆伝・秘伝の書

卵かけご飯専用卵「和食のたまご」をいかに食べるかを詳しく説明しております。まだつくったばかりなので、徐々にこれからバージョンアップしていきたいと思います。

和食のたまご@
QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ