醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2010年06月

9c8d34eb.jpg28日から一部高速道路無料化となったそうです。
というわけで、筑豊に行く用事があったので昨日福岡から筑豊飯塚を通る八木山バイパスを通りました。
とりあえず写真に納めようと思ったのですが、危ないので手前のコンビニから写しました。
時間は昼からの混まない時間帯だったのでそれほど車は多くなく走れました。ただ、お金も払わなくても料金所のボタンは押さなければなりません。
というわけで職員の方もいらしゃいます。職員の方も無料化になったからと、すぐに仕事をしないわけにもいかず、政治に右往左往させられている感じがします。
無料というとみな歓迎という感じですが、よくよく考えるとこれは税金で補填しているようなもので、結局はタコが足を食べているのと一緒です。
受益者負担の部分も考えると、多少なりとも料金をとらないとやっていけなくなります。そんな部分が今の政権には見あたらず、かといって今まで道路行政を誰がやってきたのかを考え、でも実行できるか否かも考えて投票したいと思います。

和食のたまご本舗@

1e3f0d9b.jpg先日もブログに地域のお土産のことを書きましたが、またもやその優位性を根底から覆す(ちょっとおおげさ)できごとがありました。
会社の女の子はUFOキャッチャーが得意で、キティーやアルパカなどのぬいぐるみをしょっちゅう手に入れています。私も数度、やったことはあるのですが、お金を吸い取られるばかりです。なんかコツがあるらしいのですが、そこまで道を究めようという気持ちはあまりありません。

先日3時の休憩の時、チョコなどお菓子が山積みになっていて、よく見ると珍しいお菓子だったので、どうしたのか尋ねてみました。
するとどうやらUFOキャッチャーの戦利品だったとのことでした。すごい。
その中にNHK大河ドラマにあやかって長崎のおみやげがありました。
坂本龍馬が書いてあります。が、そこにはポップでうら若きアニメキャラが踊っています。実にすがすがしいじゃありませんか。
中身はそれほど他の地域との差はなさそうです。パッケージングが命です。

小山ゆうホームページ(おーい!龍馬)

和食のたまご本舗@

f693018a.jpg雨が降る中、取引先のスーパーへ行きました。
着いたところ、雨がびっくりするくらい降って、
車から降りるのをためらいました。
しばらく待っていても雨はとまらず、
結局軒先に横付けして卵をおろしました。
この雨ではさすがにお客さんもちょっと歩いただけでずぶぬれになってしまいます。これも梅雨だからしかたがありません。
それにしても九州地方、特に南部は6月としては記録的な雨が観測されています。土砂災害などがなければと心配されます。

和食のたまご本舗@

今人口関係の本を読んでいますが、いろいろに気が付かされることが多い本です。
どの部分も今の社会を端的に表しており、久々に読み応えがあります。
紹介すれば全部引用になってしまうぐらいなので、一つだけ。
最初のほうに書いてある出生率の上昇についてです。
この本を読むと、その原因は政府の少子化対策のおかげではないことが手に取るようにわかります。
今は一時的に晩婚化している影響が出ているのが数字ではっきり示されています。

予言の書というのはありません。だからこそみんな来年のことを予測する経済書やうらないなどに頼ります。
しかし、この本を読めば、ほぼ確実にやってくるであろう未来の一端が見えてきます。
そんな本が850円+税で手にはいるとは安すぎです。

和食のたまご

人口負荷社会(日経プレミアシリーズ)
人口負荷社会(日経プレミアシリーズ)
クチコミを見る

break梅雨らしい天気になって、昨日はけっこう雨が降りました。
この時期になってくると心配なのが食中毒です。
特に25℃以上の日が続くようになると、卵の品質劣化が進みます。

25℃を境目に菌の増殖するスピードが早くなるためです。
また、サイズが大きい卵ほど劣化が進みやすいようです。
小さい卵は若鶏が産んでいる傾向が多いので、産後1週間のモノでも卵白がしっかりしています。大きいサイズの卵が傷みやすいと言うより、小さい卵が劣化しにくいと言った方がいいのでしょう。

割れた卵はもっと悪くなりやすいので注意しましょう。


和食のたまご本舗@

パック今日はたまごセンターにいたのですが、某SEO対策を専門にやっている会社から、またもや電話がきました。土曜日に、しかも1日2回。ヤル気があるなあと思います。ただし、残念なのは、ここの会社SEO対策で検索しても上位に表示されていません。これではちょっと説得力に欠けると思われても仕方ありません。
しかもスポンサーリンクにも見あたらず、広告も打っていないようです。
最初電話をかけてきた人にはそっけなく集客の必要のないことを告げ、次の方にはSEOとは何かを聞きました。SEOをすると集客できるということだそうです。そんな特効薬のような話ですが、特に必要としていないのでお断りしました。

写真はたまごセンターのパックをする機械です。右から左へスルーします。

和食のたまご本舗@

daa225b3.JPG山鹿市鹿央町付近の3号線沿いにある農協の直営店で見つけたベビースターラーメンのご当地バージョン。京都駅でもいろいろなお菓子の京都バージョンを見たのですが、同じ熊本とはいえ、天草でもないこんなところにある伊勢エビ味のベビースター。思わず買おうかとも思いましたが、やっぱりやめました。
最近こういった手合いのが多いのですが、選んでいるというより選ばされているという気持ちになることがあります。

日本にはハレ(=非日常)の日とケ(=平常)の日とがあったのですが、今はなんというか毎日がお祭りのようなハレの日が続いていると言えるのではないでしょうか。モノばかりでなく、ライフスタイルも余剰感があるのです。食べるものにしても、ぜいたくしなくても、けっこうなものが手に入ります。しかし、何かありがたみが少ないと感じます。
おみやげにしても、特にネットが出現してからは、一層簡単に手に入るようになりました。それでも駅弁の物販などあると、ついつい手を出してしまいます。人間の本質はあまり変わらないようです。

和食のたまご本舗@

7eab086a.JPG先日、お昼にすすめられてキリンのノンアルコールビール「FREE(フリー)」を飲みました。
今までもノンアルコール系のビール味はいろいろありました。
しかし、気が抜けたビール感というか、わざわざ飲むという気にはなりませんでした。そんな中でも、大人向けでないこともあるのでしょうが、こどもビールはとても全部飲めませんでした。
今回の「FREE」はなかなか味わえる味になっています。対抗商品として、アサヒのポイントゼロがありますが、飲み比べた人の話では、「FREE」のほうがおいしいそうです。
ビールっぽいデザインも、フリーという銘柄のものみたいで、飲み会でも浮くような感じがしません。もっとも時間が経つと周りが酔っぱらう中で一人飲んでいない自分が浮いた感じになるかもしれませんが。

キリンのもう一つの商品、休む日のAlc.0.00はそんなアサヒの商品を更にやっつけようとしている意図が感じられます。ただし、上手だと思うのは、こちらは家庭用を意識しての商品らしくシジミエキスで肝ぞうをいたわろうというメッセージです。効果は二の次でこういったタイムリーな問いかけはさすがだと思います。ポイントと休む日を比べたら、なんとなくよさそうな休む日を選びそうです。
日本勝利の美酒はノンアルコールなら朝からでも問題ナシ?

フリー

ポイントゼロ

休む日のAlc.0.00

和食のたまご本舗@


ディーノシステム23日午後は社長TVの記念祝賀会に参加させていただきました。
電車で薬院まで行って、ニューオータニの会場へ。
とにかく三年間続けてきた中にはいろいろな苦労があっただろうと思います。会場にはたくさんの人であふれ、三年間の実績が実感できます。
中島社長がんばっているなあと、誰しもが思ったはずです。

考えてみれば、今回の祝賀会は、参加する側にとっても有益な集まりです。この場に来ている人は、大なり小なり情報感度に優れた方が多いわけで、そういった人と人を結びつける絶好の機会になっています。
幾人か旧知の方もいらっしゃいましたが、はじめてお会いする方もたくさんでした。
さっそく連絡をいただいたりしており、みな行動に移すのが早いのも実感できました。このような力を政治の世界にも使っていただきたいと思うのは私だけでしょうか。

社長TV掲載

和食のたまご本舗@

4d5901fe.JPG昨日は宇佐へ所用があって行きました。
それで、その途中で不思議な建物を見ました。
ここにはかって海軍の飛行場があったそうで、
米軍の空襲から飛行機を守るための格納庫だったそうです。
コンクリートでつくらていて、
けっこうな大きさがあります。
近づくと表面は荒っぽいコンクリートです。
物置代わりに使われているらしいのですが、
大きすぎてもてあましている感じがします。

壕すでに第二次世界大戦から65年が過ぎようとしています。
このような跡を目にすると、現実が一気に寄せてきて、二度と戦争を起こさないように、と気持ちが引き締まる思いです。
私の母の父(祖父)も戦争で亡くなっています。

和食のたまご本舗@

adf91ab0.PNGiPhoneのOSを新しくしました。
けっこう時間がかかったのですが、なんとかインストール完了。
体感速度が増しています。
まるでガンダムがニュータイプに進化したような感じです。
シャーもびっくりです。(ネタ古すぎますが)
はたまた仮面ライダーのクロックアップとでも申しましょうか。
ただし、微妙にしっかりホールドしてフリック(はねるようになぞる)しないと、動かないようになっていて、角が取れていない感じです。
見た目も下の部分(ドック?)が立体的になっています。
回転寿司風です。ボーリングのピンみたいだとも言えます。
アイコンのデザインも計算機など一部変わったような気がします。

残念なのはiPhoneがSのつかない古い機種なので、
マルチタスクなどができません。
思うに買い換えを促進させる戦略的な非対応と思ってしまいます。
そうであったら、なかなかアップル商売上手です。
それでもスピードが速くなったのは嬉しいです。

今度出るiPhone4は販売受付中止になるくらい予約が殺到しているそうです。
ムービーなどは、ipod-miniに付いていたりしていたのですが、こうやって統合されるとズーム機能など使い勝手が良さそうです。
ただし、iPhoneがメジャーになってくると希少性という立ち位置が薄れてしまいます。そうなると、今まで疑問に思っていなかったiPhoneの必要性を考えるようになりました。私が崇拝するガンジーのように、何も持たない、モノに固執しない生き方を考えたりと、全く次元の違う発想すら出てきます。たぶん、できないゆえの憧憬(あこがれ)に似たところがあるからなのでしょうが。

和食のたまご本舗@

9a003cd6.JPG来年開通する九州新幹線。久留米駅は在来線と新幹線が両方とまる駅です。
交通の要である鳥栖駅が新幹線と別々の駅になったため、がぜん久留米が注目を集めています。というのも駅前にそびえる35階建ての高層マンションです。東京や大阪ではめずらしくありませんが、久留米ではこの120mのマンションはひときわ目をひきます。
同じ久留米にある成田山の慈母観音像の高さが60mぐらいですから、以下に高いかがわかります。河原内農場からもしっかりと見えます。関係ありませんがウルトラマンは身長40mだそうです。

このマンションとつながっているモールには病院やレストラン、飲食店が軒を連ねます。

実はこの中にある7月オープン予定の
「KU(くう)」
という鉄板焼屋さんに和食のたまごを納品することになりました。

こだわりの素材を探してある中で、選んでいただきました。

オープンまでまだ時間がありますが、先行してお知らせ致しました。


和食のたまご本舗@

d207a1b7.jpg土曜日の夜、サッカーを外で見て、10時過ぎには家に帰ってきたのですが、寝室へ行くと誰もいませんでした、、。
全く気が付かなかったのですが、私をおどかそうと妻と上の子と共謀して練った作戦だったそうです。結局、家の別の部屋で寝ていたのですが、わざわざ入れないようにいろいろなワナをしかけてありました。
それはそれでいいのですが、昨日子どもが移動中に車の中で寝てしまったので、広告の本を読んでいました。その後、目覚めたのでミスタードーナツへ行って、注文をして席につきました。しばらくして気が付いたのが、きみどり色の抹茶のドリンクとドーナツの看板でした。のぼりや壁掛けタイプの広告やポスターと他にもいろいろあります。
これだけいろいろやっていても気が付いていなかったのです。ミスタードーナツはテレビのコマーシャルもやっている、知名度抜群のところです。
そんなところが大がかりにやっても、私のように気がつかない場合もあるのです。大きな所はそれなりに腐心しているのだとつくづくわかります。しかし、ある日、それがわかってしまうと、まるでマトリックスの主人公が敵の動きが見えるようになったのと一緒で、完全に動きがわかって、それがいやになることもあります。最近ではマクドナルドの飽和点を感じるようになりました。ある日、気が付くときがやってくるかもしれません。
いたるところにワナがしかけてあると、見えていなかったものが見えてくるのです。
更に言えばトヨタマークXのテレビコマーシャル。ワールドカップのオランダ戦の惜敗を受け、それを奮起させるような内容で、イメージ戦略の最たる例だと思います。
それにしても私が読んだ本は、単なる売るための広告戦略ではなく、その先にあるものをしめしてくれた本だったと、この商業主義(コマーシャリズム)あふれる世の中をまさに喝破する珠玉の一冊です。すでに4回読んでいますが、まだまだ会得していないので、紹介させて頂く日が来ればいいなあと思います。ワナがあって、なかなかたどりつけないかしれませんが。

和食のたまご本舗@

de46ccd3.jpg昨日は久留米ハイネスホテルで同志社校友会久留米クラブの総会及び懇親会が執り行われました。昨年11月に立命館校友会筑後会の来賓として同志社から来て頂いたので、エールの交換という訳ではないのですが、ある方の代理で今回急きょ参加することになりました。懇親会からの出席だったのですが、30名以上の方がいらしゃって、中に数名ですがお知り合いの方がいて驚きました。
筑後会の副会長と一緒の参加だったので、特に私は何するでもなかったのですが、来賓席だったので、お隣は同志社校友会北九州支部の方で、大学の教授。私ごときが座るべき席ではなかったと思いましたが、いろいろとお話しさせて頂きました。

同志社は京都を離れた田辺に25年前に新キャンパスをつくっていました。私も一度体育会の関係で行ったことがあったのですが、田舎ものの私も田舎だなあと思うところにありました。広いのは広いのですが、なんだかウキウキ感に欠けるものがありました。
それで、立命館ごときに追いつかれ、裏千家も立命にシフトするに及んで、昨年から今年にかけて、キャンパスの再編計画を打ち出しました。京都の今出川キャンパスに文学系学部を統合し原点回帰としたそうです。それだけでもウキウキ感を感じる人が増えたかもしれません。

さて、途中で退席して、そのまま先輩と飲み屋さんへ流れました。テレビがあったので、サッカーに釘付けになってしまいました。
1−0で負けたものの、日本はよく強豪相手にがんばったと。
とにかく昨日はあわただしい1日でした。

同志社大学:統合関連のページ

ワショクノタマゴ


天砲ラーメンチャーハン昨日は福岡にいくつか用事があって、その途中でお昼に天砲ラーメンに寄りました。卵の納品です。
で、お昼だったので、お店に入ってラーメンを注文しました。小さいチャーハンが付くセットです。
天砲ラーメンは久留米ラーメンです。と、ここまで書くと、久留米の有名店大砲ラーメンを彷彿させる名前だと思われる方が多いと思います。実はここは大砲ラーメンで働いてあった方がのれん分けしていただいたものだったのです。
直系の久留米ラーメンを福岡市近郊の春日市で食べられるのです。
店内は懐かしい昭和の雰囲気を醸し出しています。と、この文を書いている途中、そういえば今年初めに来たときのことを想い出しました。同じ事書いていたなあ。
それで今回は、別の視点からここを見てみます。
ズバリ、ラーメン店に来るお客様は何を望んでいるのか。
まず客層。私の20年以上前に書いた卒論でも論じていますが、家族構成が核家族または個人へと変化していることを考えると、今まであまり縁のなかったカップルや女性同士、子連れの家族、そしてお一人様という組み合わせが多いようです。屋台でラーメンの時代は、酒を飲んで最後にラーメン、や、腹減った〜ラーメン食べたい、なんて感じの労働者や学生が大半だったのですが、時代の変遷とともに、なくなりはしないものの、確実に減っているのは事実です。これによって、メニューも今までにないターゲットを想定したものを加えるところが出てきています。
次にラーメン店の形態も時代によって変わっているのだとわかります。昔は夫婦で家の一角でやっていて、席もせいぜい10ぐらい、マンガや週刊誌があって、なんていう感じのお店でした。今は、そろいのTシャツでしっかりと分業化され教育された店員さんが、郊外型のきれいな店舗で、50席あまりを仕切っているというお店が出現しています。
もちろん、立地によっていろいろな形態があって、こういった方法が当てはまらないこともあります。とにかく、おいしいラーメンさえ出てくれば、お店がどう運営されているかは、食べる方には関係在りません。でも簡単なようで難しいのが飲食業だと思います。
最後にやっぱりスープと麺だなあと。


和食のたまご


2010年1月の私のブログ
QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ