醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2010年09月

73da8771.jpgいよいよ明日10月1日は和食のたまご本舗に社名を変更して1年になります。この一年の間、現代農業に寄稿したり和食のたまご専用醤油を若竹醤油さんと一緒に開発したりとあわただしく過ぎていきました。
それと明日は私個人にとっても大事な日。
平成2年10月1日は1回目の私の命日なのです。
この日は北九州の笹尾エッグセンター(卵屋さん)に卵をトラックで運んでいて高速道路で事故に遭い瀕死の重傷を負ったのでした。
私のトラックに加え大型トレーラーが二台もぶつかる大事故でした。私はトレーラーにぶつけられた自分の運転するトラックにはねられ、吹っ飛ばされたのです。助かったのが奇跡だったのか悪運だったのか。ターミネーターのような自分です。
私を助けていただいた救急車の方、高速道路の方、そして病院の方。たくさんの方の助けがあって今の命があるのだと思います。
その人たちへの気持ちを忘れないようにいいたまごづくりで返していきたいと思っています。
最後に、新聞を読んでいただけるとわかりますが、笑えるのはタマゴと便器に私が横たわっていたことです。病院で数日後ヘソからタマゴのカラが出てきたときは、おかしかったです。

和食のたまご本舗@

9c61a263.jpg卵かけご飯に最適と自負する和食のたまご。
和食のたまごプレミアは平飼いのたまごです。
今日の河原内農場は少し雨が降りそうな感じでヒンヤリとしていました。
そんな中、ややうつむき加減ながら、ひときわ大きいヒマワリが2本だけ残っています。
一面ヒマワリが咲いていたのですが、収穫されてタネはエサ用にと乾燥させています。
プレミアがおいしいもう一つのわけは旬を取り込んでいる点です。
タネはそんなにたくさんは採れませんが、ニワトリのエサに混ぜます。
これが実においしくなるのです。
もちろん素性の知れたタネなので問題ありません。
費用を考えると採算ベースに全くあいません。
しかし、和食のたまごプレミアをつくる技術を和食のたまごにフィードバックすることで、おいしさが進化しているのです。
きれいに咲いてくれたヒマワリ。夏の想い出をしっかりと卵にして伝えます。

和食のたまご本舗@

def6a2ae.jpg和食のたまごを30個+専用醤油二種類送料込みで1,800円(税込)
わしょくのたまご本舗に社名を変更して一周年。
皆様に感謝の気持ちを込めて特別価格にてご奉仕致します。
先着10名様+αです。
電話でのみ受け付けます。
お支払いは郵便振替もしくは代引(代引手数料300円は別途お願いします)。郵便振替は手数料は当社にて負担致します。
卵かけご飯のベストシーズン到来。
あさイチにも紹介された柿を原料に使ったわしょくのたまごのしょうゆも特別に放出します。そういえばチャングムの宮廷料理にも隠し味に柿が使われていたとか。
これを機に和食のたまごデビューはいかがですか。


内容
・和食のたまご 30個
・橋本醤油150ml 1本
・和食のたまごのしょうゆ150ml 1本

電話 フリーダイアル0120-049-214(0120-わしょくにいーよ)
   朝9時〜夕方4時までの受付です。

和食のたまご本舗@

c0c745c8.jpg上の子がクワガタのカードをつくっていました。
数日前クワガタとカブトムシが戦うDVDを見ていてそれに触発されたのか。
うちにもリアルのヒラタクワガタとセアカフタマタクワガタがいるので、
ムシに対しては関心を強く持っていたようです。
たまにセアカのほうが脱走してたいへんなことになるのでした。

和食のたまご本舗@

18才から27才までテレビのない世界を堪能していた私でしたが、今ではすっかりテレビの世界に引き込まれ、退廃的な世界を享受しています。
そんな私をはっとさせたのがシオノギのコマーシャル。荻野目洋子のセデスのCM以来のインパクトに残る出来映えです。
内容は電車の中で一風変わった音楽とともに乗っている人が倒れてしまうというもの。背中に血管を輪切りした絵?を貼っていてこれが昭和な感じ。
何のCMかよくわからなかったのですが、youtubeで見ると、その後にテロップが流れ動脈硬化うんぬんと言っていました。覚えていませんでした。
印象的なのはこわーい女性の方がほほえんでいるところ。怖いですねー。
インパクトが大事なCMとしては、これでよかったのかもしれません。
動脈硬化というか動脈瘤とコレステロールの関係では、今医学界を2分して少ない方がいいとか多い方がいいとか言われているそうです。
タマゴもコレステロールと関係あるとかないとか言われ、コレステロール値の高い人は食べない方がいいとか言われるなど言われていましたが、そもそも出発点がどうなのか不明だとこれも怪しくなってきます。

卵のコレステロールは善か悪か


ワショクノタマゴ


ff925f7c.jpg今朝八時台のNHKの番組あさイチで「和食のたまごのしょうゆ」
が放映されました。
実は柿を醤油の原料の一部に使っており、
従来にはなかったスッキリ感のある醤油に仕立ててあるのです。

若竹醤油

和食のたまご本舗@

ひまわり2昨日の西日本新聞にヒマワリの写真が載っていました。。
それでサザンクス筑後で行われた仮面ライダーショーが終わってから行くことにしました。
有明海沿岸道路の川を渡ってすぐのところから降りてすぐでした。このインターから降りるのは初めてです。初めて沿岸道路でこのあたりを通ったときは、工場のメカが渦巻くそのサイバーパンクな景色に驚きました。そんなところでヒマワリというギャップがたまりません。
というわけで到着。露店も出ていてけっこうにぎやかです。
おおー。
確かに1km×1.5kmの大きさだけあって、遙か彼方までヒマワリが咲いているじゃん。
遠く彼方まで続く演出は見事です。
大牟田には仕事でしょっちゅう来ていたのですが、こんなスポットがあるとは知りませんでした。
介護の方と一緒に来ていた車いすのおばあさんは、「ここは前ケシの花の咲いとったとこねー。」と。
よく考えると春過ぎにはポピーを植えているので、そうおっしゃったのでしょう。ちょっとびっくりはしましたが。
入場無料ですが100円の募金を募っていました。募金をしたらポピーの種を頂きました。駐車場も余裕があって混雑もしていませんでした。

ちなみにたまごセンター前や河原内農場でもヒマワリを植えています。
たまごセンター前はすでにコスモスに変わっています。
河原内農場のヒマワリは見頃を過ぎた頃です。


ひまわり畑ネット・おおむた健老町大ひまわり畑

和食のたまご本舗@

698b1d95.jpg日曜版の日本経済新聞は新たな時代を感じさせる紙面でした。
と書くと何となくいいことおこりそうと感じますが、さにあらず。
やはり時代を反映して次世代インターネットの規格作りで覇権争いが欧米との間で起こっていることや、電子新聞を標榜する日本経済新聞がありありと伝わってきます。
国際化にともなう国同士での主導権争いやインターネットの社会へのますますの関与など、時代が移り変わっていくのがよくわかります。
これからは自分から情報を選び抜いていかねばならないのがよくわかります。その日暮らしではやっていけない時代になっていくのでしょうか。

日本経済新聞

和食のたまご本舗@

昨日は久しぶりに上村さんとメールをやりとりしました。
上村さんは大きい靴の専門店をネットでやってらっしゃる方です。
数年前の栢野先輩のセミナーでご一緒したことが縁で1年に1回の超ヘビーローテーションで連絡を取っていました。
通販のことではかなり経験を積んでらっしゃるので、近況かたがた連絡を取ってみた次第でした。
大きい靴を専門に扱うサイトは最初からだったのではありませんでした。私が上村さんとこを訪れたときは、洋服からカバン、レアものの靴など、氏の好きなモノがあふれているサイトでした。
しかし、波長が合う方であっても、なかなか購入に至らないのがネットの厳しいところ。それで好きなモノではなく、特定の方にはなくてはならない必要なモノを置くサイトに変貌したのでした。
さすがに私は足が大きくないのでさほど必要ではありませんが、シルクの靴下なんかいいなあと思います。靴下なら似合う似合わないは関係在りません。それにちょっとぐらいいいものを身につけていた方が少しはマシに見えます。それが目に付きにくい靴下とかならなおさら。倹約令下の江戸時代の商人のように表は質素な羽織でも内側は豪華文様の絹という感覚に似ているとでも言いましょうか。
時間があったらうかがってみたいと思います。


大きい靴屋

和食のたまご本舗@

博多駅昨日は福岡へ楽天セミナーに参加してきました。実は出店セミナーに参加するのは4年ぶりです。前回は知りあいの方の息子さんから誘われたので、とりあえず出てみたという感じでした。会場は福岡の中心地天神にあるビルでした。100人を超す方がいらっしゃっていて、驚きました。当時はネットもまだまだ延びる過渡期にあったので、これだけたくさんの方がいらっしゃったのだと思いました。
説明をされる方法は3−3−3の法則で成り立っていて、それはそれで感心しました。結局出店はしませんでしたが、楽天の人材の層の厚さを感じました。
昨日は博多駅近くの自社ビル会議室で行われました。人数は15名程度。
説明はたんたんと行われます。話しの構成は4年前とほぼ一緒でしたが、細部がバージョンアップしています。ケータイとの連動や低価格でも出店できるシステムなど、その気がちょっとでもあれば、出店を決めかねないいい話でした。結局、今回も決めかねてしまいました。今取引して頂いているお客様を先にもっとフォローしなければと思ったからです。結局楽天は新規のお客様を呼ぶには最高の所であり、それは楽天そのものの在り方なのだと思ったのでした。
最後に社員の方々。ネームプレートがローマ字になっていて、英語たいへんそうだなあと思ったのでした。楽天は英語ができないと出世できない仕組みらしいのです。確かに世界的に使われている割合は中国語の方が多いのですが、ネットの世界では英語の割合が多いため、グローバル化に対処すべく、まずは名前からとなったのでしょう。でも、ちょとそれはずれているなあと思うのは私ばかりではないはずです。今の社会の縮図のような感じがないでもない。それは強迫観念というか、できなけりゃ失格という厳しい社会。でも楽天。今年は売上げが1兆円に迫る勢いだとか。


和食のたまご

9aa87b10.jpg和食のたまごとしょうゆのセット写真を撮ってみました。
醤油は二種類。
日本で最初に卵かけご飯専用醤油をつくった橋本醤油。
ここの醤油には昆布が丸ごと入っています。
底が見えるぐらいになってくると出てくるのでびっくり。
味も昆布ダシが効いてまろやかな感じです。
もう一つは和食のたまご専用醤油。
九州では数少ない自家醸造を行っている若竹醤油さんと共同でつくりました。和食のたまごの特徴である食後のスッキリ感を存分に引き出してくれます。
もともと若竹醤油さんは九州の醤油らしく甘さがありました。更にコクがばしっと決まっていて、「これじゃないといかん」という方もたくさんいらしゃいました。そんな中で、私から味のライト感、アッサリ感、スッキリ感を理解いただいて、快く新味に挑戦していただきました。
結果、柿を原料の一部に使うことでスッキリ感を引き出しています。
この豪華な二本立てに更に百年蔵の醤油を更に加えて、選べる卵かけご飯を更に更に提供していきたいと思います。

和食のたまご本舗@

61333900.jpgたまごセンター前、というか下には道が通っています。
先月から電柱工事をやっていて、上陽側から次々にできていました。
それでついにたまごセンター前の工事がはじまったのです。
電柱の先端部分が目線にあります。すごい風景です。
下から高所作業車で仕事を行ってありますが、こちらから見ると地面の上で作業をしているように見えて、緊張感がありません。
それにしても視線をさえぎるように電線が走ってしまい、景観ぶちこわしになっています。そもそも景観ぶちこわしなら、たまごセンターそのものが景観を壊しているのですが、、。
電柱が立つ風景はアジアを感じさせます。日本の町並みがどことなく雑多な感じがするのも電柱が立っているからです。山口県境にある島根の小京都と呼ばれる津和野では電柱が地中化されていて、実にスッキリした町並みになっていました。同じお金をかけるならクルマが1日数台しか通らないところを舗装するよりも、誰もが目にする電柱を地中化させた方がいいと思います。目の見えない方も安心できるメリットもあります。クルマがぶつかっての死亡事故も減るんじゃないかと。とりあえず思いつきなので思慮深くありません。
他にいい方法がないものかと思います。

和食のたまご本舗@

43e6ec61.jpg和食のたまごは遠方にも発送できます(一部地域を除く)。
一番多いのは10キロのダンボール入りです。
昨日もたくさん来ていて、たまごセンターの方々と私も一緒になって出荷準備を行いました。丁寧に梱包して送ります。
以外と知られていないのが6個入りパックも出荷できることです。少量では割高になってしまうので、最小ロットは18パックからです。なぜ18パックかと言えば専用の厚みのあるダンボールケースに入る単位だからです。
通常よりコシがあって、少々のことでは崩れません。
遠方の小売店やみなで分けることを前提にした場合パック卵のほうがいいという要望があってつくったのでした。
エアーキャップで囲んで、割れない対策も充分に施しています。
イベントで使いたい方にももってこいです。高価な物ではないけれど、かといってありがたみのうすいものではと思ってらっしゃる方に最適です。
人によってはお菓子より喜ばれることもあります。


和食のたまご本舗@

185367b9.jpg昨日は筑豊に行ったのですが、いつもと違う道を通りました。
イオン穂波そばを通ってしばらくすると山梨に本社があるお菓子屋さん「シャトレーゼ」があって、道を隔てて50m先にさかえ屋という地場のお菓子屋さんのアウトレットの「おんがや」がありました。
通り過ぎようと思いましたが、こんな接近戦は見たことなかったので、おんがや横のコンビニに停車して写真を撮りました。
おんがやはクルマは少なかったのですが、滞在時間が短いので回転率で勝負のようでした。
シャトレーゼはたくさんのクルマがありました。たぶん昨日はお彼岸だったので、アウトレットのおかしではあんまりだからシャトレーゼにしようかという気持ちになったのが奏功したのでしょうか。
ちなみにこのコンビニ店内にもロールケーキはじめいろいろなスイーツが置いてありました。お菓子を見ていると自分の所が何をしたらいいのかがなんとなくわかってきます。
つきるところ、やはりおいしくないと売れないようです。


和食のたまご本舗@

3975460d.jpgmatu1秋の味覚は数も豊富でどれもおいしいものばかりです。
梨や柿や栗の木になるもの。秋刀魚や越前ガニや牡蠣の海の幸。
そんな中でも秋の味覚の代表格といって差し支えないのが松茸です。
まつたけ。なんと優美な響きでしょう。
というわけで松茸ごはんと焼き松茸が食卓に出ました。
実は最初に松茸ごはんが先に出てきて、単なるハムかねりもののスライスが入っている味ごはんかと思ってしました。
その後焼き松茸が出てきて、
「ああ今日はまつたけ。いいねえ。」と言ったら、
妻が驚きながら、
「ごはんで食べてたでしょう。」と言われ、
やっと松茸ごはんだと気が付きました。
そういえばそうだと。
醤油には敏感な私も高級な味にはめっぽう弱いようです。
さっそく妻はメールを後輩のMK子に連絡。
MK子からは
「もったいないから我が家に持ってくるよう」
と返信が来たそうで。
短いと言われていた秋ですが長い秋になりそうです。
とりあえず画像は横向きですが。

和食のたまご本舗@
QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ