醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2010年12月

d770c778.jpg今日は久留米と春日に配達がありました。
八女はもちろん、久留米鳥栖まで雪がかなり積もっていて、
ホワイトアウト。
雪を見慣れていないため、いつもと違う空間を楽しみます。
そんな余裕もわずかで、
筑紫野から八女まで高速道路が通行止めのため、
道にはたくさんのクルマであふれていました。
鳥栖では裏道を使って回避したものの、
遅くなってしまいました。
途中KBCラジオを聴いていたら80年代の音楽。
マイケルジャクソンやホール&オーツなどなど。
でも今私のiPhoneに入っているモノが多いなあと。

まだ今年は年賀状も書いておらず今からやっています。
段取りが悪い私です。

和食のたまご本舗@

15100c81.jpg
今年は例年に増して注文が多く、

それはそれでいいことだと思います。

会社のみんなに感謝しております。

和食のたまご本舗@

be6fc5b0.jpg昨日は大野城に行ったので太宰府の事故現場へ寄ってみました。
大野城のザ・モールから鳥栖方面へ向かいました。
あの事故にさえ遭わなければ通っていたところです。
池はすぐにわかりました。
現場は黄色の工事中などに使うバリケードが一部分巡らしてあって花束を置くところがありました。
特に急なカーブがあるわけでもなく、こんなところで事故が起こるとは思えませんでした。
本当にまさかというのが至る所にあるのだと痛感させられます。

数日過ぎてやっと気持ちは落ち着いてきました。
亡くなった方々のご冥福をお祈り申し上げます。

和食のたまご本舗@


47f392f4.jpg年末になるとタマゴが不足してしまいます。
特に茶色の褐色卵(なぜか赤玉と呼ぶ)が不足します。
同じエサを食べる限り、
茶色の卵と白色の卵との成分的な違いはありません。
ただし、茶色の卵はエサを特殊なモノを使っているケースが多く、
成分的な違いはやはり生じている場合が多いようです。
また、殻の表面には目に見えない穴が空いています。
その数の割合は白のほうが多いため、
殻の質感が茶色の卵はどことなくよさそうな感じがします。
年明けにはキャンペーンを予定していますので、
お買い得な年明けに和食のたまごをご賞味下さい。
キャンペーンについてはおってお知らせ致します。
大人のお年玉にも最適です。


和食のたまご本舗@


今から20年ほど前、台風で鶏舎が倒れたことを想い出します。
鶏舎の事故では火事が多いのですが、バラックのような構造の鶏舎もあって、
強い風が吹いてあたりどころが悪いと倒壊してしまいます。
そのためというわけではないのですが、
保険がかなり高額です。


01768973.jpg今年後半全体的に相場が高くなったのは夏場の暑さの影響。
それと今年の鶏卵相場は全体的に小玉が高かった1年でした。
例年夏場になると小玉が安くなる傾向にありました。
しかし、今年の夏は小玉が安くならず、
高いままの状態が続いています。
福岡全農相場ではMとSサイズの中間MSサイズは268円となっています。
ここまで高くなると1パック160円以上となって、
もはや1パック100円で売るというのは厳しい状況です。
年明けは相場が下がるので瞬間的には下がりますが、
1月中旬からじわじわ上がってきます。
この仕事を長いことやっていますが、
専門家も含め相場予測はことごとくみな外している感じがします。

和食のたまご本舗@

a835b413.jpg元気を出そうとがんばっています。
ふとした瞬間にどことなく寂寞感が漂います。
今日は農場で半年、たまごセンターで1年働いてくれた佐藤くんの葬儀です。まだ18才。とても信じられません。
太宰府の事故はトップ扱いで報道されていましたが、
本当に人間の運命はちょっとしたところで変わってくるのだと思います。
一緒にカレーを食べに行ったことがつい先日のようです。

和食のたまご本舗@

3cb0fbea.jpg和食のたまごを販売して頂いているハローデイ。
ここではポイントを集めるとムーミンのぬいぐるみを購入できるというのをしばらく前までやっていました。
というわけで、上の子どもはニョロニョロを手に入れ、下の子はムーミンを手に入れ、私もニョロニョロを手に入れ、、ではなく、下の子がニョロニョロが欲しくなって、こういう結果になってしまいました。

このニョロニョロ。こたつでちょどいい大きさです。
枕代わりに使うのにかっこうのアイテム。
というわけで横になっていたら、ニョロさんを奪還。
そして総攻撃を受けます。

和食のたまご本舗@

今朝のニュースで報道されていた太宰府で起こった交通死亡事故。

6人が死亡したとのこと。

驚いたのはその名前を知ってから。

2人が当社で以前働いていました。

1人は1年前まで。

そしてもう1人は半年前まで。

ともに18才だったそうです。

絶句しました。

言葉になりません。

和食のたまご本舗@

272c6523.jpg手づくりケーキもやっている上陽町の木村パン。
今年は例年と違うタイプのケーキを頼んでいました。
配達方々取りに行き、
待ち時間に八女バウムについてあれこれ話を聞きました。
バウムクーヘンはつくるのに6時間かかるそうです。
焼いては付け焼いては付けでできるそうですが、
さすがに23,24日はケーキがあってやめにしているそうです。
かなりでているそうで、年末はかなり品薄になるとのこと。
買うなら早いうちがよさそうです。

さて、クリスマスケーキ。
クリスマス=ケーキです。
いとこ夫婦with子どもが来ていたので、
遅く帰ってきた私が夕食中、すでに切り分けられていました。
食べてみて皆、このケーキおいしいと言います。
私も食してみたら、ホイッピーで口当たりがマル。


和食のたまご本舗@

391b8cb1.jpg写真は3年前のもの。
昨日の日経新聞にホンダがジェット機の初飛行に成功したと報じていました。7,8人乗りの小型飛行機です。これからは、ちょっとした移動も飛行機という時代になってきたのかもしれません。そうなってくると利用が低くて赤字だったりで今問題になっている地方空港も案外活用できるようになってくるかもしれません。話によっては専用倉庫も置いてくれそうでいい感じです。ちなみにお値段は1機3億8000万円だそうです。

ホンダのジェットとは実は20年前に体験済みです?その昔、CBR250Rハリケーンというとんでもないバイクがありました。何がとんでもないかというと、レッドゾーンが1万8000回転だったのです。当時私はヤマハのXJ400ZSに乗っていました。一応ジェット機の音を解析してつくったエンジンだったのでいい感じだったのです。が、しかし、このCBR250Rを前にしてはタダのバイクの音。後輩が乗っていたバイクを借りて乗ってみるとCBR250Rは1万3000回転を越えるとそれはもう今まで体感したことのないサウンドでした。これこそジェットだと。完全な敗北でした。
残念に思った私は、その後XJに鈴鹿レーシングの集合管をつけ、セパハン、バックステップと改造し武装強化を図るという策に打って出ました。更に。加速ダッシュで優位に立とうとエンジンから出ているスプロケを交換し、最高速は伸びないものの、通常乗りでは扱いやすくなったというより、トルクフルにしたのです。例えて言えば、ハイヒールからぺったんこシューズに履き替えたというところでしょうか。無理に背伸びせず自然体で。というのがいいのかもしれません。

日本経済新聞を読もう

ホンダジェット

和食のたまご本舗@

2010年12月27日から2011年1月4日はネットでの注文は受け付けますが、配送手続は2011年1月5日以降となります。よろしくお願いいたします。

お客様各位  「卵の発送についての変更」

卵ご購入の皆様にはたいへんお世話になっております。
さて今までは、クレジット以外の方は配送終了後入金を頂くようにしておりました。しかしながら、諸般の事情により、事前に入金後発送するようになりました。なお、今までお取引のある方は従前通りのシステムで行います。
何卒ご理解いただきますようお願い申し上げます。

和食のたまご本舗株式会社代表取締役社長 久間康弘

(ご注文から品物受け取りまでの流れ)

ご注文(ファックス・メール)
 ↓
確 認(電話・メール)
 ↓

入金手続き(当社より振込用紙を送付します)

 ↓

お支払い(代引の場合は品物受取時・クレジットは注文確定時・郵便振替の場合7日間以内)

 ↓
品物を発送
 ↓
品物受取

※今までお取引のあるお客様でも事前に後入金をお願いする場合があります。


2010年12月27日から2011年1月4日はネットでの注文は受け付けますが、配送手続は2011年1月5日以降となります。よろしくお願いいたします。

9308e683.jpg写真は2003年9月に撮ったモノ。
昨日今日と西日本新聞新聞の見出しトップは鹿児島県出水で発生した鳥インフルエンザ発生についてです。
今朝の新聞では強毒性であったことが報道されていました。
出水のツルは飛来する数の多さゆえに、確率的に高かったとも言えるのですが、やはりショックです。
今から7年前の9月に出水には養鶏場を見学に行ったことがありました。
まだ建設されたばかりの新しい鶏舎で、鶏は入っていない状態です。
ウォーターパッドという水を通すことで空気を冷やす設備やエサをグラム単位で供給管理するシステムを有していました。
その時はまだ鳥インフルエンザの問題はありませんでしたが、駅前や町の至る所にツルのオブジェや看板があって、ツルの町という印象でした。
鹿児島県は国内でも有数の養鶏が盛んなところです。出水市は400万羽ニワトリがいます。
とにかく、これ以上拡がらないことを心より願っております。

和食のたまご本舗@

ec9af900.jpg写真はりっくるん 学校のマスコット

昭和30年代40年代は金の卵と呼ばれていた学卒生。
時は高度成長期。
とにかく仕事がたくさんあって、人手が足りなかった時代です。

今は全く状況が違います。
学校を卒業しても就職口がないらしいのです。
求人数が少ないというのもある一方、
これは選んでいるからと言う人もあります。
私があれこれ言っても当事者ではないので切迫感がないのですが、
社会の人口構成も深く関係しているとは何となく察しが付きます。

今後は高度成長期にできた会社=創始者が事業承継を考える時期にさしかかってきます。大企業に入るのもいいのでしょうが、こういった会社に入って苦楽をともにするのもいいんじゃないかと、人ごとなので勝手に思います。苦労8割なのは規模の大小関係ないようです。


和食のたまご本舗@

鹿児島県出水市でツルから鳥インフルエンザ汗腺の疑いがでました。
しかしながら野鳥なので、即座に鶏卵や鶏肉の移動制限はない模様です。
養鶏は農水省管轄、野鳥は環境省管轄、そして動物園は文部科学省管轄と鳥インフルエンザでも縦割り行政なのが原因です。そして人は厚生労働省。
ここでも危機管理体制の弱さが露呈しています。
同じ九州で出たことでもあり、警戒レベルはこれでいっきにアップしました。

和食のたまご本舗@

QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ