醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2011年02月

f0045080.jpg大銀杏で売っていたコアラのチョコレート入りパン。
二人分仲良く食べられるよう2つ買ってきていました。
買ってきたその日に下の子は食べてしまいました。
問題は翌日。
下の子がコアラのパンをパンダのパンと言って、
ステッチの皿に入れて持ってきました。
が、上の子がそれは自分のだと主張。
たいへんな状態になります。
それならと大岡裁きで私が登場。
私が食べようと。
それでは納得がいかないらしく、
武力衝突。
結局上の子が食べることになってしまいました。
破れた下の子は、泣きわめき、
結局ベーグルのチーズ入りでなんとか機嫌をなおしました。
なんとも私小説的なお話し。
それにしても今世界で起こっている問題も本質的にはこれと同じレベルなのかもしれません。パンを巡っての争いが始まっている序章かもしれません。

和食のたまご本舗@

36c55520.jpg2月に入ってから出る機会が増えています。
先日先輩と後輩と飲む機会がありました。
その時飲んだのがシバリスというワイン。
赤です。
大ぶりのワイングラスに注いで飲みました。
価格も手頃で味も渋みがなくてあっさりスッキリです。
口当たりがよくてすんなりとなじみます。

後輩とはあまり面識がなかったのですが、
先輩の計らいですんなりとなじむことができました。

ちなみにパン屋さんの大銀杏でもワインを売っています。
今度プレゼント用に買っていこうかと思います。

シバリス

和食のたまご本舗@

8e48a466.jpg福岡ブランド.comの帰りに立ち寄った
火の茶房ほうじ屋博多リバレイン店。
リバレインの地下は初めてでした。
ほうじ屋は地下の一番奥にあります。いい感じです。
ディスプレイには効茶(ききちゃ)の原料を展示してあって、
なるほどなるほどという感じです。
なんと24種類もあるそうです。
霊芝・どくだみ・柿の葉・くま笹・とうきび・あまちゃづる・ハブ草・おおばこ・甘草・黒豆茶・麦・クコの葉・クコの実・シモン・びわの葉・桑の葉・はま茶・はと麦・イチョウ葉・アロエ・スギナ・ほうじ茶・ギムネマ・垣通し
漢方的な感じなのかとなんとなく思います。また知らない薬草野草もあります。16茶の1.5倍増はすごすぎます。
試飲をすすめられ、飲んでみて不思議な感じがしました。
次にほうじ茶も飲んでみます。
くせがなくすっとしています。
効茶とほうじ茶のセットを買いました。
たぶん試飲をすすめられた女性がきれいだったからでしょう。
数日後、家で効茶を飲みました。
お茶を開けた妻。一瞬驚いたそうです。
丸いのや枝みたいなのが入っていて、説明書を読んでいなかったら仕掛品に思ったかもしれません。
家で飲んだらはと麦茶風だと感じました。

火の茶房ほうじ屋

和食のたまご本舗@

f4fdff00.jpg春日と筑紫野にある天砲ラーメン。

筑紫野店は今週月曜日に開店したばかりです。

昨日福岡に行く用事があったので、

配達し春日店でラーメンを食べました。

メニューに卵かけご飯があります。

この卵は和食のたまごです。

炭水化物に炭水化物では重たい感じがしますが、

スッキリ感のある和食のたまごはラーメンにもあいます。

ぜひお試し下さい。

ちなみに私はラーメンセットにしてしまい、

おにぎりを食べました。

やや説得力に欠ける点がある私でした。


和食のたまご本舗@

79e6d967.jpgポテトチップスを買ったらカルビーじゃなくてコイケヤでした。
ロゴとか全体的な感じがそっくりで間違えたのでした。
ロゴは一番上部にあったのですが、パッケージの下のところの

「九州の味・フンドーキン醤油ゴールデン紫使用」

に目を奪われてしまったからでした。
カルビーは誰でも知っていますが、コイケヤは九州での認知度は弱いように思います。カラムーチョをつくっているとホームページで知ったぐらいですから。

上の子どもの友達がやって来たときに、略奪されそうになったのですが、バレンタインのチョコレートでごまかして難を逃れました。
買ってから2週間は経つのですが、途中バレンタインや外に出ることがあったり、早寝したりで、まだ食べていません。

コイケヤ

和食のたまご本舗@

150fefba.jpgたまごセンターの一角に菜の花が咲いていました。

もうそんな季節になってきたのでしょう。

暖かい日がここ数日続いています。

もうすぐ春がやってきます。

白く見えるのは消毒用に周りに巡らしている消石灰です。


和食のたまご本舗@

9ab2a56b.jpg昨日は星野の木屋に誘われて福岡ブランド.comの5周年記念イベントに参加してきました。全く行く気がなかったのですが、福岡ブランドの動画映像を撮って頂いたハーテックの坂本さんからも誘われて、ならばと行くことにしました。
行ってよかったです。まず司会は岡部はち郎さん。アシスタントはテレビのリポーターやDJのきれいどころ。あと長谷川法世さん。福岡の人なら知っている傑作饅頭「はかたとおりもん」のCMで有名な漫画家さんです。
参加されてある企業さんも有名なところがたくさんでした。同じテーブルで名刺交換させて頂いた方は、山灯家の久家常務、因幡うどんの竹崎社長、チョコレートショップの佐野社長、床漬処なかのボナールの中野代表、フランス料理レストランMORIの方々、博多石焼大阪屋の西川さんです。どれもどこもおいしそうな有名なところばかりです。
セミナーでは椒房庵こと久原本家の河邉哲司社長の話がありました。短い時間ながらも値千金の話です。小さな田舎の醤油屋さん(本人が言ってあったので)でどうしようもなかったけれど、タレをつくることに特化して、更にめんたいこに合うタレをつくったことがよかったと。それがブランディングにつながり、椒房庵や茅乃舎をつくりに至ったと。通販は地方の小企業が生き残るチャンスでもある。
ただし、根っこの部分がしっかりしていないとダメ。自社にデザイン事務所を持っているこだわり。そして永続するために2つのことが大事であると。
ネタ晴らしになるのでここで終わりにします。「意思あるところに道あり」ともおっしゃってありました。
やはり行ってよかったです。懇親会の途中、長谷川法世さんが「とおりもん」を食べて、「うまかー」と言う場面もあって、リアルで「うまかー」を見ることができました。もうちょっと福岡ブランド.comを活用せねばとも思いました。反省も少し。

福岡ブランド.com

和食のたまご本舗@

ed47414b.jpgカフェCafe do Roco Moco(カフェドロコモコ)に日曜日に行ってきました。
久留米市の上津バイパスFコープの道をはさんだ反対側のちょいウラにあります。妻がチラシを見たことがあるというので食べに行きました。
建物がすごい。コンクリートの打ちっ放しです。壁は一面ガラスで開放的な感じです。中も南方のリゾート地にあるホテルのロビーをコンパクトにしたみたいな感じ。籐編みのイス、大きめのグリーンにダークな床材。小さな犬がいます。たくさんいます。というかお客さんは全て犬を連れています。犬好きなら絶対外せない場所という感じ。
お客さんも東京から運ばれてきたみたいな感じとでも申しましょうか、不思議な感じです。うちも犬を連れてくればよかった(ニワトリは飼っているが犬は飼っていない)という気持ちを子どもが察してか、犬のマネをします。ワン、といってみたりじゃれたり。
平日と土日ではメニューが違うらしく、日曜日に行ったのでお好み焼きオンリーでした。
犬カフェお好み焼きとりあえずお好み焼きを頼むと、すごいボリュームです。
食べてみるとさくさくふわふわの食感でした。
いい焼きが入っている感がします。
特におすすめはチーズ入りのお好み焼き。
チーズの焼けた感じが食欲をそそります。
ランチにはサラダやスープ、ドリンクが付いて、更にケーキのデザートまでついています。これでこの価格はリーズナブルです。

ちなみに卵は別の所から買ってあるようです。養鶏場の原卵コンテナが置いてあったので、あえてお店の人に聞きませんでした。

和食のたまご本舗@

5541268f.jpg本日11時に筑紫野の県道5号線沿いに

天砲ラーメン筑紫野店がオープンしました。

筑紫野インターを降りて、福岡方面に進むと高速道路の下をくぐります。
そこから150mほど行った左側に天砲ラーメン筑紫野店があります。
ちなみに春日店が昨年できていました。
大砲ラーメンからののれん分けで出来たお店です。
当社の卵を使って頂いておりますので、
ぜひともお立ち寄り下さい。
筑紫野いながら本場久留米ラーメンの味が堪能できます。

和食のたまご本舗@

ツイッターやフェースブックといった新しいコミュニケーションツールが流行っています。とりあえず流行に乗り遅れまいとツイッターははじめたものの、フェースブックには至っていません。そのうち始めるだろうとは思います。すでに世界では六億人の人がやっているそうで、知的生産系の仕事であればアカウントを持っていないと仕事にならないそうです。ニュースでもエジプトのデモで殺された若者がいたのですが、フェースブックをやっていたそうです。時代は変わっているのです。
とりあえず私も入門書を買ってみました。人脈をつくるツールであると。ふむふむ、なるほど。そして何をするか決めることが大事だと。ふむふむなるほど。もう少し読み進めてみると、この本の核心部分は、、結局動くのは自分であるということでしょう。すでに私も本を手に取っている時点で何かが動いているのかもしれません。ただし、フェースブックにしろツイッターにしろブログにしろ、ホームページにしろ、結局は目的が何か決まっていなければ、ただの時間の消費になってしまうのだと思います。

私の場合、どちらかといえばそういったことを減らす必要があると時々感じます。ブログも日々書いていますが、これもこれでいいのかと思うことがしばしば。
一方で発信していきながら、やはり、自問自答するためのツールだと思って書いています。
こういった新しいコミュニケーションツールを使いこなせていない私ですが、楽しみながら取り組んで行きたいと思います。

和食のたまご本舗@

仕事で使える!Facebook超入門 (青春新書インテリジェンス)
仕事で使える!Facebook超入門 (青春新書インテリジェンス)
クチコミを見る

62c26985.jpg小売店にはいろいろな商品が並んでいます。その中から選ぶのに、価格で決める人もいれば、新商品だから試してみようという人や、いつも買っているから、という決め方をしていると思います。
卵も醤油も納豆も売る中身はさほど代わり映えしません。ビタミンが多少多く入っていると言われても、だからどうしたと言われそうです。味が格別よくても何か別の調味料と混ぜてしまえばわかりません。
そんな中でも選んで頂けるためどうしたらよいかを考えてみました。
まず安心安全は大前提です。というかこれを売りにすることはできません。
当然これはクリアーしておかねばならないことです。
ではこれ以外では何か。
思うに「和食のたまご」なら価値があると思われる品だということ、つまりブランディングです。
昨年末に和食のたまご専用置き場をつくって実験的にいくつかの店舗に置いてもらっています。和食のたまごらしさが出ている演出になっていればいいのですが、プライスカードをつけると、せっかくの焼き印が見えなくなってしまいます。また、品物がなくなると撤去されてしまい、どこかに行ってしまうこともあります。
この置き場をもり立てるアイデアを次々と考えていきます。

もちろん見た目も大事ですが、中身も進化させていますので。

和食のたまご本舗@

49613f55.jpg今日は筑豊方面へ。途中お昼になったので、飯塚の幸袋(こうぶくろ)にある中華料理店「鴻福家」によりました。
焼きそばの想夫恋(そうふれん)の近くです。交差点のすぐそばで、隣にはお好み焼き屋さんがあります。以前からここを通る度によってみたいと思っていたので、念願が叶いました。
中に入ると、元気のいい声であいさつ。お客さんもけっこう入っています。最近食べていなかった回鍋肉(ほいこうろう)を頼みました。大学時代は王将で木須肉(むーしーろー)の次ぐらいによく頼んだものです。そういえば唐揚げ(えんざーき)や餃子一つ(いーがこーでる)とか店内で店員さんが呼んでいました。
さて、出てきた回鍋肉。ボリュームがたっぷりです。ごはんも山盛り。スープとサラダと漬け物とデザートまでついて680円。破格の安さです。
回鍋肉は味噌がきいて、絶妙な味付けです。
おすすめです。

和食のたまご本舗@

53bf508b.jpg「スーパーバイオリックス」とは、日本配合飼料がつくっているエサに入れる発酵資材です。枯草菌や乳酸菌や酵母などに、オリゴ糖、きびしぼりエキスなどを入れてつくってあります。他にも植物・鉱物性原料を使用しており、エサに入れることで鶏ふんの臭気や鶏舎内の悪臭を低減させる働きがあるそうです。と、ここまで書くといいことばかりですが、発酵資材のうたい文句はだいたいこれと似通ったことが書いてあります。問題は再現性というか、エサに入れたらよくなるかどうかは、実感しにくいということです。
そもそも実感できるほど効果があれば、相当環境が悪い農場であるということでしょうし、こういう資材を使うところは、けっこういろいろやっているところなので、効果がわかりにくいということでもあります。
とりあえず、オリゴ糖は整腸効果が期待できるので使ってみたいと思います。味も変わるかもしれないので、実験的に平飼い卵で行ってから使いたいと思います。

和食のたまご本舗@

a8763b98.jpgアグリビジネスセミナー・農業発展研修会に行ってきました。
今回は京都の福知山にあるスーパーニシヤマの古山副社長の話がメイン。
たった5店舗なのに15店舗分の売上があるというスーパーです。
単にスーパーだけやっているのではなく、農業者と関係を密に保つ仕入組織があることです。こだわりの品を適正な価格でというスタンスから思ったのが、ここはセレクトショップのようなお店だと感じたのでした。商圏も通常2キロぐらいですが、ここの場合15キロ離れたところからもやってくるというあたり、そこにこだわりがあるようです。

ここのセンターピンは規格外品をひと工夫して売るということです。

例えば、みかんで有名どころの産地と300m違うだけで安く売らざるをえないところと契約することで、お互いプラスになるように働きかけます。
味がいいのでお店としては評判が上がり、生産者として適正な年収が定まるという利点があります。

いい勉強になりました。知り合いの顔もあって、皆がんばってあるようでした。

スーパーマーケットNISHIYAMA

和食のたまご本舗@

25a13764.jpgたまごセンターで働く女の子がUFOキャッチャーで捕まえた

チョコレートチップス


ベルギー製でした。なかなかおいしかったです。
チョコが違う感じがしました。
エジプトやイランなど衝突が各地で勃発しており、本当はベルギーよりカカオをつくっているガーナが注目されるべきなのでしょう。
おまけにガーナは石油も搾取されるばかりで、いいところは欧米に持って行かれ、ガーナは潤わない事もあまり伝えられません。
そんなことを考えてしまうと社会のシステムそのものを何とかしないといけないと思ったりします。
ベルギーが属するベネルクス3国のしたたかさを感じます。

妻からもチョコレートを頂きました。
子どもが選んだそうで、宇宙のチョコレートでした。
宇宙ではなく惑星です。
あまりおいしくなさそうに見えたのですが、
チョコレート宇宙球形の海王星みたいな青いチョコを食べたら、これまたなかなかおいしかったです。
見事に期待を裏切られました。
ちなみに地球のプレートは子どもに食べられてしまいました。

和食のたまご本舗@

QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ