醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2011年05月

9c68558a.jpgコンビニエンスストアにあったポテトチップス。
塩キャベツ味のポテトチップスです。
カルビーの製品と思って買ったら、、またもやコイケヤでした。
実に似ていると思ってしまいます。
店内のレイアウトも、メーカー名よりはカテゴリーでカテゴライズされています。
ポテトチップスはポテトチップス軍団になっているのです。
それで間違い買いが発生してしまうのでした。
考えてみればタマゴもお店では、タマゴ船団を形成しています。
パックから取り出せば、みな卵形で区別がほとんどつきません。
一般の方から見れば、何を基準に買ったらいいのかわかりにくい点があると思います。
基準としては普通の卵より高いタマゴはいいと思いがちです。
では価格が高ければいいタマゴなのでしょうか。
和食のたまごは普通の卵より高い価格設定です。
生産に要する手間ひま、八女茶やヨモギなどをエサに加えていることを考慮すれば、もっと高くすべきだと指摘されます。
しかし、卵の魅力、それは継続して購入できる価格設定であることも大事だと考えています。
コストパフォーマンスはバツグンの和食のたまごです。

さて、塩キャベツ味のポテトチップス。
開封した瞬間、しまったと後悔させてしまうニオイが鼻につきます。
しかし、食べてみると、なかなかいける味です。
これならもう一回購入してもいいなあと、好感度が増したチップスでした。

和食のたまご本舗@

2a190b8c.jpg台風と梅雨の様な天気が続いています。
今日には台風も去って晴れることでしょう。
たまごセンター事務所には先日暑さ対策、日よけ対策として寒冷紗を張りました。
暑さ対策をおこなった翌日から天気は悪くなって、効果を実感することなくやや残念です。
日経新聞プラスワンにもツタ性植物を使ったグリーンカーテンが特集で組まれるなど、夏場の電力事情を考慮した取り組みが盛んです。ゴーヤ(にがごおり)、アサガオ、ヘチマなどなど。
さほどメンテナンスは必要ない植物ですが、イージーさを考えるとこれに相成ったのでした。
ニワトリの暑さ対策にも取り組み始めている昨今でした。

和食のたまご本舗@

画像洗卵機一部iPhone4に変わって20日ぐらいの感想です。
まず、iPhone3Gより格段に使いやすいです。
なんと言っても、サクサク動きます。
コンピューターとの動機もスムーズ。
画面を横に動かすのも快適快適。
他にどうでもいいけれどいい感じなのが、
ホームスクリーンのwallpaperを替えられること。
今まではロックの画面しか変えられませんでしたが、
アプリの後ろに見え隠れする微妙な画像がなかなかすばらしいです。
濃い色、特に黒系統がいいように思います。
宇宙に浮かぶ地球やcity of lightと呼ばれるパリの夜景。
星空に浮かぶ星雲も宇宙を手に入れたみたいです。
それとマリンブルーの海も素敵です。
アプリを貼り付けすぎると見えにくいので、
1面目は半分ぐらいにして下が見えるようにしています。
ちなみにこの画面はタマゴを洗う器械の一部です。
タマゴの重さを量る部分です。

和食のたまご本舗@

紫外線ランプ農場からたまごセンター(GPと呼ぶ)そしてお客様までを再点検しています。
九州北部は今週後半は雨が降っています。
一時期は雨が少なく、福岡市では水不足が心配されていましたが、
今回の雨で解消されたようでよかったです。
しかしながら、食品にとってはやりにくいシーズンの到来でもあります。
鶏卵の場合、急激な温度変化や高温多湿は品質劣化を招きやすくしてしまいます。
またこのような状態ではカビなどの発生もしやすく、
たまごが濡れたりするとあっという間にカビが出てきます。
今一度、農場やたまごセンターを再点検して問題が発生しないようにつとめております。
紫外線ランプも切れているのがあったので、取り替えるようにしました。

和食のたまご本舗@

32608776.jpgウーパールーパーをこのブログで紹介しましたが、
実は次の日には更に大きなウーパールーパーがやってきました。
こんなに大きいとは知りませんでした。
だいたい15センチぐらいあります。
元気っ子で、狭い水槽の中をくるくる回っています。
イムズなどで5センチぐらいのを3,000円ぐらいで売っていたので、
このサイズなら9,000円でしょうか。
逆に気持ち悪がられて安くなるのかも。

トムとジェリーの話に動物園から逃げ出した子象をジェリーがかくまうのがありましたが、適切な大きさがあるのかもしれません。

たまごも1個100g以上のどでかいサイズがあります。
その大きさ故に割れやすく、流通することはまれです。
昨年大玉用のモールドトレイが発売されましたが、流通経路が違うためか目にかかる機会が今のところありません。

和食のたまご本舗@

36a82bff.jpg福岡市城南区南片江にあるパン屋さん
大銀杏
ここのパンを時折買うことがあります。
硬いパンが得意のようでおすすめはエピ。
いろいろなところでエピを買うのですが、
ここのエピは最高においしいと思います。
別のところで買ったエピはカリッと感が不足気味だったりします。
大銀杏のエピは、ためらうことなく昔あったような「青春ど真ん中のCM」という感じにかじりつくことができます。
とがった各先端に突き刺さりそうになる恐怖も多少あります。
先日行ったときはお昼過ぎだったので売り切れており、残念でした。パンダ(コアラ?)のパンも売り切れ。その代わり別のパンを買ったのですが、なかなかおいしかったです。食べてしまったので詳しい名前は忘れましたが、五穀なんとかで硬い系統のパンです。

以前はお店の前の道は混雑していましたが、都市高速環状線と付帯道路ができたおかげか、以前ほど混まなくなりました。お客さんは変わらないそうです。関係ないクルマが通っていたのでしょう。

パン屋さんも小麦をはじめとする原料代の値上がりでたいへんだろうと思います。されとて価格に転嫁するわけにもいかず、難しいところです。
消費税が増税されるのは待ったなしと思われます。そのときは、食品は現在の税率に据え置きして欲しいものです。
ちなみにイタリアは20%の消費税ですが、パン、ミルクなどは5%です。映画は10%だそうです。

大銀杏:福岡市城南区南片江3-5-12 TEL:092-864-1171

和食のたまご本舗@

f448558f.jpgウーパールーパーの話になって、
それではというのでたまごセンターで働くUFOキャッチャー名人がウーパールーパーを持ってきました。
しかも二匹。
体長5センチほどあります。
家には20センチぐらいのがいるそうです。
カラダがシースルーというか、
珍しい生き物です、つくづく。
でも何だかほんわりしていて、
あいきょうのある顔です。
名人いわく、専用のエサ以外になまずのエサを与えているとのこと。
そのため巨大になりやすいと申しておりました。
5センチぐらいならかわいいやつですが、
20センチ超になると気持ち悪いなあと思うのは私ばかりではないはず。
矢口真里の結婚も、あれだけ身長差があると違和感を感じるのは私ばかりではないはず。
FBIに捕らえられた宇宙人の写真を連想したと思う人は少ないはず。

和食のたまご本舗@

08fccf52.jpg夏場の暑さ対策としてたまごセンターの事務所とたまごセンター西側に寒冷紗(かんれいしゃ)を貼りました。日よけです。
河原内農場では集卵作業場の冷暖房導入とともに対策が取られていました。
それで高村場長に頼んで、たまごセンターにも暑さ対策を施したのでした。
夏場の暑さ対策として、かぼちゃやヘチマなどを使うやり方も候補に挙がりましたが、手軽な寒冷紗に落ち着きました。

残念ながら、ここ数日は肌寒く、雨模様の天気で効果の程がわかりません。

たまごセンターの窓から外に見える寒冷紗を見て、
「まるで”おい”の中のごたる」
と、お茶をつくっている方がのたまっておりました。
「おい」とは玉露をつくるときに、日光をあてないようにする遮光物のことです。
昔はむしろだったのですが、ここ20年で寒冷紗に変わってきました。
更には、昔は手で摘むために人が行き来できるように、お茶畑にテントを張るような感じで覆っていました。
しかし、今は直接お茶をくるむように寒冷紗などを張ってあります。
事務所は午前中は窓からの日差しが強く、更に屋根に近い部分に位置しています。それ故に、たまごセンターでも一番暑い状態になります。クーラーを新しくしてからは、効率よく冷えるようになりました。
たまごセンター内は空調を行っています。断熱材を天井と壁に入れています。かなり効率よく空調が行えるのですが、今年の夏は電力事情がどうなるのかわからないので、やれることはやっておこうと相成ったのでした。

和食のたまご本舗@

018cba9d.jpgソフトバンクの防止、おっと帽子を持っているのですが、
子どもに取られてしまいました。
選手のサイン入りの帽子です。
今まで使っていた帽子がヨレヨレになっていたので、
私があまり使っていなかった帽子を略奪されたのでした。
大人用なので大きめですが、
調整する部分を最小にして使っています。
お気に入りのようで嬉しがっています。

3月11日以降、いろいろなものが変わったと感じます。
ただ、野球の選手とかサッカーの選手とかへの憧れは、
不変のようです。
大相撲も、いろいろありますが、
白鵬の活躍には感動させられるモノがあると思うのでした。

和食のたまご本舗@

e7b03435.jpg不思議な食べものが夕方の食卓にありました。
これはおかずなのか?
すかさず妻が、
「モチのベーコン巻。子どもがリクエストしたので」
と。
私は覚えていないのですが、とある飲食店で饗されたものらしく、
それを食べた子どもがいたく気に入ったそうなので、
つくったとのこと。
これをぽん酢につけて食べるのです。

食べてみるとなかなか美味です。
カリカリというか食感がおいしさを増してくれます。
単調になりがちな味もぽん酢をつけることで、
すっきり爽やかにお口にひろがります。

和食のたまご本舗@

4b33f67e.jpg2011年5月に行った卵の検査結果です。

サルモネラ菌は検出されず陰性でした。

当社では毎月外部機関にお願いしてサルモネラ菌の検査を行っております。

清掃など衛生管理を徹底しています。

和食のたまご本舗@

e9fadd9f.jpg連休中クルマが故障していました。
地震の影響?と連休とで部品の調達が遅れたそうで、
その間は軽自動車を使っていました。

これがなかなか快適。
家族で乗ったときも、うちは鶏ガラ家族なので余裕の空間です。

古いワゴンRでターボもついていないので、
坂道では苦しんで前に進みません。

つい数日前に高速道路で事故で大破した軽自動車を見たのですが、古い軽自動車だと鉄板も薄そうで危なっかしいなあと思います。だいたい昔のクルマはどれも事故のことなんか考えていないようなつくりでしたが。

でも何だか軽っていいなあと思います。

20年以上前のことを想い出します。
豊橋のたまごセンターで働いていたことがありました。
その時、豊橋市内の喫茶店や飲食店に卵を軽トラックで運んでいました。
軽トラにはダイハツとスバルとあり、エンジンのレイアウトがフロント(厳密にはミッド?)のダイハツとリアのスバルとでは運転感覚が違います。
特にスバルのリアエンジンはプアマンズポルシェというか、うねるような独特の感じでした。メインはダイハツだったので、それほど乗る機会はありませんでしたが。
当時は1日50件を越える配達先を回るときもあって、ラジオを聞く余裕もなかったのですが、高野寛の「虹の都へ」が流れていたのを想い出します。


和食のたまご本舗@

3a75c27a.jpgiPhone4にiPhone3Gから機種変して一週間経ったので感想を。

1、サクサク動く。クロックアップしたみたい。

2、使い勝手や操作が一緒なのですぐに使える。

3、iPhone4の白は初めて見たとよく言われる。

まず、3Gは全く使わなくなりました。
子どものゲーム専用機になるかと思いきや、
アプリの立ち上がりなど動きにスムーズさが欠ける点や新しいゲームは対応していなかったりで、結局電源オフにしたまんまになっています。
ちなみにこの写真はミサイルを発射するという3G非対応のアプリです。
子どもがはまっています。打つだけ打ってすぐに飽きますが。

私自身もニュースを見るにしても、ツイッターを見るにしても、iPhone4を使った後では動きが緩慢な3Gはwi-fi接続でも使うに絶えません。
例えて言うならガンダムでいうところのニュータイプです。バイクで言えば、泣く子も黙るVFRみたいです。VFRは白バイだと公道最強です。
同じ様なことも子ども英語塾をやっているミキも言っていました。
ちなみにこの時期の購入をあざわらうかのごとく、
「9月にiPhone5が発売されるよ」とミキが言ってました。
私は、
「いや、iPhone4Sじゃないか。たいして変わらん」
と抗弁。
どうなるか楽しみです。

最近はAuからもXperiaケイタイが発売されるなど、スマートフォンのバリエーションも多彩です。
カタログドコモからもAndoroid(アンドロイド)ケイタイが続々出ています。
iPhoneは今後どうなるのかわかりませんが、最近は目が老眼傾向にあるようで、細かな字がつらい最近です。
iPadサイズのケイタイでは大きすぎるので、iPhoneの1.5倍ぐらいのサイズが出ればいいなあと思います。もしくは他社の製品みたいにキーボードの類のデバイスを装着したりと。

和食のたまご本舗@

4df73218.jpg数日前、知り合いの方の訃報に驚きました。昨年10月31日に太宰府で行われた漢字探訪のイベントに一緒に参加して、お昼を一緒にしたことなどを想い出しました。気がつくと私も40才を大きく過ぎてしまっています。
スケジュールをうまくこなせず、迷惑をかけたり、予定通りに仕事が進まないことの連続です。
ブログなんぞ書いているヒマがあったら、ニワトリの顔をしっかりと見に行くことをせねばという焦燥感にかられます。
自己啓発の本を読んで、しばらくは、気持ちも高揚するのですが、3日もすると元の木網です。
変わらなければならないとつくづく思います。
さて、そんな中で10年の間で大きく変わったのは「和食のたまご」の品質です。光合成細菌の権威であられた故小林博士の言葉が脳裏をよぎります。半年前、小林先生の御霊前で感謝の気持ちをお伝えしてから、なにか心のスイッチが切り替わったように思います。生前にご面談頂いたときに「抜群に食べ物がうまくなる」とおっしゃってあった言葉を想い出します。小林先生が生涯をかけて研究された光合成細菌をまだまだ活用しきれていないと反省しています。
更に7年前に他界された末永さん。養鶏を行ってあり、私においしいタマゴづくりの基礎を教えていただきました。
単に技術的なことだけでなく、そのスピリット(精神)の部分も大きく影響を受けました。
単にテクニックでおいしくするだけでない、気持ちが高揚するような卵をつくっていきたいと強く思います。 そして、たまごを通してつないでいくことが大事だと思いました。

和食のたまご本舗@

4b42056e.jpg養鶏業界の話です。
卵価安定基金制度というのがあります。

生産者と国と飼料メーカーとで積み立てている基金のことです。
鶏卵1キロあたり4〜6円程度(地域によって多少差がある場合がある)の掛け金です。
卵価が下がった場合に発動されます。
タマゴの保険のようなものです。

政府の制度改革の一端として取扱に大きな変化がありました。
今までは、

補てん金
 ↓
農協・もしくは養鶏組合等団体
 ↓
生産者

という流れで補填金が来ていましたが、
今年から

補てん金(運営団体)
 ↓
生産者

と直接降りてくるようになったのです。
正確にはこの書き方ではまずいのですが、
(卵業協会が実施主体など)よく分からない人にも解るように簡略化しています。

問題は今まで通りの方式も暫定措置としていいとのことです。
やったことがないほうを選ぶのか、今まで通りで行う方がいいのかを選ばなければなりません。

いずれにせよ、今まで気にしていなかった補てん金ですが、今年は東日本大震災の影響を受けて高卵価が続いているために補てん金のでる番がなさそうです。

規模が大型化している昨今、補てん金のあるなしにかかわらず卵価維持制度の在り方そのものが問われているように思います。


和食のたまご本舗@
QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ