醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2011年07月

358fe56c.jpg先日立命館大学からいらっしゃった方から頂いたおみやげです。
なんと夏場なのにチョコレート。
持ってくるだけでもたいへんだったろうと思います。
それで冷蔵庫に入れておいたら、
めざとく妻が見つけ食べようとしていました。
ちょっと待った、ということで写真撮影。
計6個入っていたのですが、3個×2日分ということになり、
私は食べさせてもらえませんでした。
下の子は写真を撮ってすかさずセンターの白を食べ、
妻と上の子がサイドのチョコを食べ、そそくさと冷蔵庫へ戻されました。
それでどんな味か、どこのどんなチョコか調べることすらできませんでしたとさ。


和食のたまご本舗@

d0558ae1.jpg千葉にある三宅孵化場が民事再生手続きを申請したとのことです。
今朝目にしてブログを書こうとブラウズしたら、かなりのページが削除されてありました。
それゆえ細かい数字は省きますが、売上を上回る負債でした。
原因として千葉県で相次いだ鳥インフルエンザ発生で取引先が破綻した影響と原発事故が重なったことが書いてあったようでした。
900万羽を出荷していたそうです。
それにしてもネットで検索できないことになっていたのには驚きでした。
原発も年間9000万円を使ってネット上を検閲(削除したりはないが)していたそうですが、このブログも要注意ブログとされるのかもしれません。

和食のたまご本舗@

fb28364e.jpg20世紀に影響を与えた最大のものと私が思うのはクルマです。
もちろん人によってはコンピューター、民主主義など様々な見解があると思います。
歴史をひも解くと19世紀にクルマは発明されているのですが、
飛躍的に発達したのは20世紀に入ってからでした。
田舎に住んでいるのでクルマは必要不可欠です。
都市部の方も無関係ではありません。
物品の供給や配達など様々なところで関係し成り立っています。
もはやクルマなしでは生活が成り立たなくなっていると言っても過言ではないでしょう。
更に言えば、クルマ社会に象徴されるよう、町づくりそのものもクルマ中心の考えとなっていたように思います。そしてライフスタイルもクルマを所有すべく、働いていた時代もありました。戦後特に昭和39年あたりを境にますますこの傾向は広がっていったように思います。
もちろん、そうでないとも言えないではないですが、クルマに乗ったことがない方はいらしゃらないはずです。
田舎の山のてっぺんまで舗装されるに至って、その絶頂は過ぎてきたように思えます。

A car is convenience to be sure,but after all it will prove expencive.


21世紀となって、クルマへ求められるものが徐々に変わってきたように感じます。やはりインターネットをはじめとする情報関連技術の発達が関係しているようです。
しかし、やはり顔と顔をあわせないと何かが足りないと思います。

和食のたまご本舗@

00f13669.jpg昨日Tさんが朝礼の時、珍しいタマゴがあると出されたのがこれ。
なんとタマゴの中にタマゴが入っているのです。

インサイドエッグ

私も以前一度目にしたことはありましたが、それはけっこうな大きさの卵の中から出てきたモノでした。
これは普通サイズの卵から出てきたそうです。
当社では1日10万個以上の卵を扱っています。
確率からすれば1ヶ月に1回あるかないかでも、
300万分の1ぐらいの頻度というところでしょうか。
もちろん大ぶりの卵は業者へ出荷するため、この卵の中に卵が入っているケースは少ないのですが、それでもめずらしいタマゴです。

インサイドエッグちなみにこの手は事務所のMT子。
大きさの比較のためにご登場頂きました。

和食のたまご本舗@

4ccabc09.jpg昨日の夕食はタジン鍋でした。
帰ってきたら食べていて、
写真を撮ったのは2回目の鍋です。
ショッキングピンクのハクション大魔王を思わせるカタチです。
子ども達は豚肉が好きなので、野菜と豚肉。
妻曰く簡単にできたそうです。
味付けは好みに応じてセレクト。
酢醤油、ゴマだれ、他にもいろいろな調味醤油があるので、何通りも楽しめます。たまに冷蔵庫の中をのぞくと、使いかけの醤油がゴロゴロしています。
今年買った電子レンジで調理しました。
暑い夏こそ、こうやって調理中に暑くない鍋料理もおすすめです。

なおこのテープは自動的に消滅する

和食のたまご本舗@

81cb0220.jpg昨日夕方菅原洋一さんを迎えてのミニコンサートが上陽町の蛍と石橋の館で行われました。
大学の後輩が主催とのことで、それならというので大学からも来て頂くことになりました。
こういったことは立命館大学はたいへん手厚く、細かなことまで気配りをするようです。
この後輩と大学の方と共通の知り合いがあって、いろいろなところでつながっているのだと感じました。
はじめにピアノと朗読からはじまり、会場はいい雰囲気になりました。ピアノがすばらしいと、朗読も緊張しながらもしっかりと言葉を伝えています。
その後菅原さんのトークから歌へと始まったのですが、時間の都合で途中退席せねばなりませんでした。
菅原さんはいい声だとつくづく思いました。

次は9月4日(日)立花町の専勝寺さんで行われるそうです。
前売り券は2,500円だそうですので、購入を希望される方はご連絡下さい。

菅原洋一

和食のたまご本舗@

48c316be.jpgJR九州が養鶏を始めるそうです。
1ヶ月前、養鶏組合の総会の時、その話を聞いていましたが、
ネットにより詳しく出ていました。
当初、遊休地の再利用に養鶏を始めるのかと思っていましたが、
どうやら新業態で取り組むようです。
現社長になってから、JRは積極路線に転換してきたと別の方からも聞きました。
鉄道と卵という組合せは意外性があっていいのかもしれません。
今後の動向に注目、、するほどでもなさそうです。
というのも独自性という点からすれば、さほど耳目に値するものではないからです。
カルピスでつくった食パンと同程度じゃないかと思うのでした。
少し言い過ぎてスイマセン。

和食のたまご本舗@

3f716a85.jpg八女・久留米・筑後・鳥栖・甘木にある
地どり居酒屋八蔵
昨日帰りが遅くなったので(とはいえ6時過ぎ)ここに立ち寄ることにしました。
メニューが一新されたと聞き、一度行ってみたいと思っていたからでした。
ありがたいことに和食のたまご使った卵かけご飯が登場しています。
他にもだし巻きなど卵を使った料理が登場し、その扱いも小さくないのです。
同じ経営である「パスタの王様」でも冠メニューとして卵かけパスタをつかって頂いています。更に八蔵で大きな扱いを頂いています。

というわけで当然卵を使った料理を食べなければと思い注文。
出てきただし巻きたまごはふわっとして、やわらかい口当たりです。
味も甘すぎず、かといってたまごの生臭さもありません。
妻も絶賛していて、一緒に添えた大根おろしがいいと言っていました。

私はやっぱりここの地どりモモ焼きがおすすめです。
はじめて食べたときの感動が今でも持続しています。

お店はまだ開店間もないにもかかわらず、年配のご夫婦や家族連れ、若い人の集団でお客さんがたくさんでした。広く支持されているのがよくわかりました。

地どり居酒屋八蔵

和食のたまご本舗@

77e6deee.jpg※画像は昨日のです。
ついに今日でアナログ波停止。(地震被災の3県は除く)
地デジであらねば日本国民で非ず、
みたいな風潮がそこかしこに伝わってきます。
テレビでは、今回の移行について、全く異を唱えていません。
当事者なので、当たり前と言えば当たり前ですが、
ここにおかしな論理がまかり通っているのがわかります。
原発も同じ。
あの事故が起こる前は、原発反対というと、
どちらかと言えば思想的に偏っていたり、アナーキーズムに根ざした、いずれも非主流というようなところがありました。
私もそういったところとは一線を画したいという気持ちがあってか、嫌原発を表に出すことはありませんでした。
この震災以降は、手のひらを返したかのように、テレビでも原発を取り上げ、脱原発なんてやってます。
しかし悲しいかな現在テレビという存在の是非も一緒に問われかねない状況に追い込まれています。今までスポンサーの関係があったり、政府の方針があっったりで言論がある一定の方向へ向けられていたというのがわかってきました。電気が足りないブームも同じじゃないかと邪推してしまいます。

和食のたまご本舗@

873ce071.jpgセミ今年いないなあと思っていたら、
そこここで鳴き声を聞くようになって、
ついにたまごセンター前の階段に横たわっていました。
仰向けになっていたので、
セミの成虫は短命なので死んでいるのかと手に取ろうとしたら、

ジッジッジーー

生きていました。

ガラスにでもぶつかったのでしょうか。
なかなか仰向け状態から戻らないので、
手を添えてやったら復活しました。
しばらくそこにいたのですが、
気を取り戻したのか、数分後飛び去っていきました。

セミは卵からかえって、幼虫として地下生活を6年近く過ごすそうです。

来週からはラジオ体操が始まるので、桜の木に群がるセミの鳴き声をいやなぐらい堪能できそうです。


和食のたまご本舗@

882254ac.jpg柳川と言えば水郷の町として有名です。
町中にクリークと呼ばれる水路が網目のように走っているからです。
柳川の町中央にあるのが本吉屋さんです。
「うなぎのせいろむし」を300年ほど前から秘伝のタレで販売されてあります。
落ち着いた感じのところにある家屋はわらぶき屋根です。
調理場は近代的で衛生的なのですが、たたずまいは昔ながらの感じになっています。

支店も沖端にあります。ちょうど御花とクリークを境にして、まるでクリークに飛び出しているように立っています。狭い道をはさんで反対側に倉庫があるのですが、出ると道、となっていて、危ない思いをしたことがあります。より柳川情緒を感じるのであればこちらもありかもしれません。


株式会社本吉屋
〒832-0022
福岡県柳川市旭町69番地
TEL 0944−72−6155

和食のたまご本舗@

c7d83e25.jpg今日は土曜丑の日=うなぎの日です。
それで柳川にある本吉屋へ行ってきました。
なんと贅沢な優雅なと思われるでしょうが、、
実は卵の納品へ行ってきたのでした。
今日は大忙しのようで、バタバタされてありました。
外から写真を撮ったら、どことなくスモークが、
うなぎを焼く煙が漂っていました。

本吉屋は創業300年の老舗です。
古いたたずまいを今にも残しているようです。
ちょっと高いですが、高いなりの理由がある本吉屋さんでした。
それにしても壮絶においしい薫りが漂ってきます。



本吉屋



和食のたまご本舗@

3f199521.jpg福岡市西南にある城南区。
ここの城南郵便局横にパン屋さん

ぶれねん

が7月19日にオープンしました。

というわけで昨日さっそくパンを買いに立ち寄りました。
おいしそうなパンが並んでおり、
たべてみらん
をつかったサンドイッチも並んでおりました。

とりあえず、ミニフランスなどを購入。
食べてみたら、けっこう硬くて本格的です。
ウラには駐車場もあるので、お近くにお越しの際はぜひお立ち寄り下さい。

※ぶれねんをたまごセンターの麗人に伝えたら、
 ブレーメンと聞き返していました。


和食のたまご本舗@

acbfaec0.jpg日曜日の話でスイマセン。
昼から私は福岡へセミナーに参加していました。
妻は子どもと灼熱の中、ドーム界隈をさまよったらしく、
時間も遅くなってしまったので、
JR久留米駅前にあるKU(くう)へ行きました。
正式名称はがんばる鉄板居酒屋 Ku

行くとけっこうお客さんが入って、予約もありました。
妻も言ってましたが、とても感じのいい女性の方がいらっしゃって、
細かいところに気遣いをいただいていました。
子どもが好きそうで、下の子を抱えたりして子どもも大喜びでした。

上の子どもは鉄板焼の所へ行っては、焼いている様子を興味深そうに見ていました。

iPhoneを持たせると、さっそく写真をロゴブロックに変換するアプリでおいしそうな鉄板焼を写していました。

ちなみにKU(くう)では、和食のたまごの卵かけご飯を食べることができます。
スッキリ感のある卵かけご飯は、粉モノを食べた後でもするする入ります。


がんばる鉄板居酒屋 Ku 0942-37-7009
福岡県久留米市中央町1-1 久留米ヒルズモール 1F
営業時間 17:00〜深夜3:00!

和食のたまご本舗@

fb7907e1.jpg熊本県と福岡県の境にある南関町。
高速のインターもあるところです。
ここにいきいき村という農業生産者直売所があります。
南関町はみやま市山川町のお隣。
ということで河原内農場の卵を販売して頂いております。

たべてみらん

という登録商標です。
河原内農場で生産された卵で、ビタミンEが5倍含まれています。
他にもサルモネラワクチンを接種しており、
安心して生食でも食べられるようにしています。

日曜日の朝、納品に行き、卵売り場の横を見ると、
先日行われた交流会の写真、農業者全員集合!が貼ってあり、
あっ自分発見。と自分探しをするまでもなくすぐにわかりました。

たべてみらん、おいしか卵。
さがしてみらん、この写真。

なんとなくホテルカリフォルニアの中に入っていた写真を想い出して。
checkoutできないんだなあ、いつまでも。


いきいき村


和食のたまご本舗@
QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ