醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2012年09月

開栓
先日養鶏協会の朝筑支部で行った唐津ですが、お昼にはおさかな村で海鮮丼にもなるセットを食べました。おさかな村の2階で食べたのですが、こういう類の所はあまりおいしくないという先入観が見事に打ち破られました。
刺身はしっかりしていて、費用対効果というか価格に見合った内容のセットメニューでした。
最近の飲食店は問題はあったものの食べログとかのネットで評判が拡散されてしまうため、よいしょしたような内容もある一方で、いい加減な内容ではすぐに悪い評判がひろがってしまいます。

お客さんにとってはいい面もある一方で、何か特徴もなくなってしまうようでそれはそれで残念な面もあります。

和食のたまご本舗@

きんも
どこからともなくキンモクセイの香りが漂ってきました。

もうこの時期になってきたのかと思います。

秋も深まってきています。

以前青年会議所で八女市内と上陽町とを画像を見ながらというのをやっていました。今ではスカイプでもできることですが、当時としては画期的なことでした。その中で香りを伝えることもできるというのもありました。
キンモクセイも香りを伝え合う時代がやってくるのかもしれません。

和食のたまご本舗@

みのり
昨日は養鶏協会朝筑支部の視察研修がありました。
唐津にあるみのり農場の直売所とケーキ屋さんを見て回りました。
今年は参加者が少なかったのですが、いろいろ考えるヒントになりました。
直売所では鶏めし470円、玉子焼き100円がよく売れているそうです。
次にちょっと離れたところにあるケーキ屋さんに行きます。
ちょうど唐津のイオンとおさかな村の中間ぐらいのところを海岸の方へ行ったところにあります。養鶏場もすぐ近くにあって、養鶏をするにはもったいないような場所です。建物はかなり年数が経っているようで、スレート葺きの屋根が珍しかったです。外からだけ見ました。
そこからちょっと行った集落の中に民家を改造というか流用したケーキ屋さんがあります。ほとんどそのままの状態で、何かふつうの家に訪問したような雰囲気です。わかりにくい場所ながら、お客さんが次々にきてありました。シフォンケーキやプリンなどをつくってあり、ロールケーキが評判だそうです。
このようなケーキ屋さんを養鶏場が経営するところがここ10年ぐらいで増えてきたように思います。一つは某大手広告代理店が卵を扱うところにDMを送るようになってからだと思います。卵だけではなかなか収益が上がらないので、卵の直売兼シュークリームやケーキを販売で収益を上げようというビジネスモデル。うまくいっているところもあれば、苦戦しているところもあるようです。もっとも使う卵の量は全体の生産からすれば、少なくこのあたりが難しいところだと思います。
今は九州にはシャトレーゼという全国展開しているお菓子屋さんが出てきたり、コンビニエンスストアでもこだわりスイーツを売るようになってきてと状況が刻一刻と変わっています。今後の動向が気になるところです。


和食のたまご本舗@

ハローウイン
モールドさんが持ってこられたハローウインのモールドパック。

何か売れるためにできないかを考えた結果だそうです。

カボチャがエサに入っていると誤解を与える、とは思わないでしょうが、
アイデアとしてはなかなかいいと思います。

無地の無味乾燥なパッケージングよりもこちらのほうが数倍好感がもてます。
ハローウインはけっこう長い期間使えるのでこれもよしです。

和食のたまご本舗@

天気
最近は1日の中に夏と秋があるような感じの日が続いています。
入道雲が出ていた空もちぎれ雲が飛び交うようになり、
それを見ては龍だとか牛だとか子どもが見ては喜んでいます。
子どもの見る視点というのは新鮮です。
空を見て、こういうカタチに見えていたのはいつまでだったのかと。

やはり、仕事とはこれと相通ずるものがあると思います。
空を見てはタマゴに似ていると思い、
黄色と白のコントラストを見てはタマゴと思うくらいつきつめないといけないのだと思いました。
初心に戻らねば、情熱を絶やさないようにせねばと思いました。

和食のたまご本舗@

iPhone
先週金曜日に手に入れたiPhone5。
数日使ってみてからの感想です。
今までと一番違うのは、誰もが指摘される軽さです。
iPhone4と比較すると大きさが大きくなっているのに軽くなっているのです。
実はケイタイを受け取るときに販売員(男性)の方が、驚きますよ、みたいなことを言っていたのですが、その意味がよくわかりました。
例えるならバルサ板(懐かしい〜。小学生とか中学生の工作に必須のアイテムだった)に工作を施したような感覚とでもいいましょうか。あのバルサのもろさにも通じる感覚を得ることができます。
えいっとやれば割れそうな感じです。

なので買ってからすぐに、前日ベスト電器で購入していた透明のケースを取り付けました。もともとケースは使わない派だったのですが、8月にiPhone4の画面が割れるというアクシデントに見舞われ、そのために今回の導入となったので、今度は割れないようにと心がけての蒸着でした。装着じゃなく蒸着。この前ギャバン(80年代初頭のヒーロー)がテレビに出ていて、なんでギャバンかと思っていました。ギャバンは蒸着といって変身していたのであやかってみました。ちなみにギャバンに変身する人は私の大学時代にバイト先の居酒屋にたまに来店されてありました。

さて、全体的に動きが速いとわかってきました。4でも速くなったと感じていましたが、それを上回る感じで、なめらかになっています。

それとイヤホンの音の品質が格段に良くなっています。低音が出るようになっています。ただし、ちょっといいイヤホンと比べるとわかりますが、高音と低音が分離して出ているように聞こえてしまいます。でもおまけでついてきているイヤホンにしては、がんばっていると思います。

iPhoneは卵の相場を調べたり、道を調べたりと仕事にも必須のアイテムです。卵に関係はありそうです。

蒸着。

和食のたまご本舗@






まつり
昨日はちょっとの時間でしたが、八女福島の人形浄瑠璃を見にいこうと出かけました。
11時ぐらいについたのですが、すでに露店が軒を連ねており、子どもを誘惑していました。
お宮にお参りをしたら、戦闘開始。さっそく、ムシを買ったり、くじ引きで銃を手に入れたりというありさま。人形浄瑠璃は13時からだったのですが、場所取りの方がすでにシートを貼り始めていました。
なんとかレンジャーショーがあるので、そこから離れた伝統工芸会館まで足を伸ばすことに。
やっていました。毎年やっていますが、中でがんばっている方はたいへんだろうなあと思いました。彼らの真剣さを学ばねばと思った昨日でした。

それが終わるとすでにお昼過ぎ。露店で焼き鳥なんぞを買って食べていたので、あまりギーギー子どもは言っていませんでしたが、とても人形浄瑠璃を見るまでは待てそうになく、ここ去ることになりました。
まだ人形浄瑠璃を見ることができるのは先のことになりそうです。

和食のたまご本舗@

21日に農林水産省から飼料価格高騰への対策として支援策が発表されました。
しかし、来年も飼料価格は上がる見通しが高く、畜産経営者は先行きに不安を感じています。
私も畜産経営者の一人ではあります。見た目は何ともないようですが、やはり一抹の不安はあります。

すでに社長として9年が過ぎていますが、この間は未曾有のことの連続でした。

外的なことでは、鳥インフルエンザの発生や史上最低の卵価、リーマンショック、市場最高値の穀物相場などなど。
内的なことでは、洗卵機の入れ替え、GP設備の変更、農場経営などなど。

それでも、日々がんばってくれている農場やたまごセンター、そして配送のスタッフ、また協力して頂いている業者の方々によって支えられています。
なにより卵を購入頂いているお客様のおかげだと思います。

和食のたまご本舗@

うああ
昨日のニュースで農水省が飼料価格高騰に対して緊急支援策を実施すると発表。今回のエサの値上げは5,000円に迫る大幅な値上げだったため、先行きに不安を感じる生産者が大半を占めていました。
今回の措置で、しばらくはなんとかなりそうです。
しかしながら、今のような異常気象が多くなる傾向では、今後も穀物高となるため、なお予断を許さない状況であることに変わりはありません。

和食のたまご本舗@

iPhone
NHKの朝のニュースでも喧伝していたアップルのケイタイ電話iPhone5
テレビではアップルストアに前夜より列をなしていた人を撮っていましたが、八女ではあっさりとiPhoneを手に入れることができました。
アップルストアで列をなしていた人々はそういう情報を知らなかったのか、それとも何かプラスαがあるのでしょうが、マスコミ的には目に見える形で出てくれる人たちがありがたい存在です。
私もマック歴は20年近くになろうとしていますが、今回のiPhoneのメジャーアップグレードはCPUがパワーPCからインテルに変わったインパクトに比べれば微々たるモノです。

和食のたまご本舗@

papan
中津にある小南商店さんが経営するパパン。
パン屋さんです。
建物は白に赤のアクセントが入っていて、どことなくアメリカのウエストコーストを思わせます。いい感じです。
小南商店さんは卵を販売してあり、エリアが異なるため、あまりお付き合いはありませんが、昔からよく知っている間柄です。

和食のたまご本舗@

sky
今日は北部九州は一気に秋めいてきました。
風は冷たさすら覚えるほど。
台風で待機の流れが一変したのでしょうか。

これからの季節は寒くなるに従って、暖かいモノが欲しくなります。
おでん、特にたまごなんかいいですねえ。

和食のたまご本舗@

monitor
最近モニター(ディスプレー)でトラブルが発生しました。ブラウン管タイプのモノを使っていたのですが、突然画面がつかなくなってしまいました。
仕方なしに液晶をつけたけれど、「入力信号が範囲外です」とメッセージが出てあいません。
それで中古品を探しにリサイクルショップを見て回りましたが、液晶しかディスプレーは売っていません。ブラウン管タイプのはお断りしているそうな。時代は大きく変わってきました。
それこそ10年前はテレビもパソコンもi-macもブラウン管でした。
液晶の価格も安くなって、ちょっぴり大きいのが欲しくなってきた昨今です。

和食のたまご本舗@

iPhone
iPhone5を予約しに行きました。30分待ちと言われ、文庫本を50ページぐらい読んだところで窓口へ。
ちょっと料金上がっているぞ、なんか割高で押しつけられている感があるなあと感じつつも変更へ。

和食のたまご本舗@

卵価安定基金卵価安定基金という制度があります。
鶏卵相場がある一定の金額以下になると差額分を補填するというものです。
生産者は年に4回積立金を支払います。
昨年9月から鶏卵相場は低迷を続けており、補填金の財源が枯渇しています。

和食のたまご本舗@
QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ