醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2013年08月

鶏ふん処理
養鶏場で問題になるのが鶏ふん処理です。
日々卵が生産されるとともに、鶏ふんも出てきます。
昨年堆肥化施設を増設したのですが、時期によっては大量に鶏ふん処理をせねばならないため、頭が痛い問題です。
これの解決の一助になるのが微生物とおがくずを組み合わせた処理の仕方です。
弊社では2年前から取り組んでいました。
八女市上陽町にある養鶏場で行っていましたが、
水害の影響を受けて生産活動を中止したため、
途中でやめることになりました。

半年ぐらい続けての感想は、確かに鶏ふんの減量につながっていました。

今回河原内農場でもおがくずを鶏舎の下にひいて4ヶ月ほど経ちました。

感想は、1週間に1回の切り返し作業はたいへんだけれど、
鶏ふんを出さなくていいことを考えるといいのではないかということです。

現在いろいろなメーカーがこの方式を出してあり、
成果を上げているようです。

2年間ぐらいは持つそうです。
再度行う場合は、一旦おがくずを出して新しいのと取り替えて、
微生物資材を再投入すればいいそうです。
この時以前に使ったおがくずを多少は使ってもいいとの話も聞いたことがあります。
このへんの口コミ技術は、環境や状況によって左右されるので、
この通りでない場合があります。


和食のたまご本舗@

te
おしゃれなテーブルがやってきました。
かなり前に予約していて、ようやくやってきたテーブルです。
特徴としては、
・引き出しが付いている
・ベンチチェアーの座面が広い
・デザインが優れている

いい感じです。

ちょっと高めでしたが、満足度が高いのでこれ以上ないチョイスでした。

和食のたまご本舗@

アイス
北部九州の民放ラジオで時報のお知らせスポンサーやっていたスジャータ。コーヒーフレッシュ(小さいカップ状のミルク)のメーカーというと年配の方にはテレビCMで知ってらっしゃる方も多いと思います。そんなスジャータのアイス。
乳脂肪分15.5%と高いため、ぎゅっと固まってかちかちのアイスになっています。
味はなかなかよくて、最高峰レベルのアイス。
安い金額でブルジョア気分が味わえるスジャータアイスです。

和食のたまご本舗@

カレー
カレーパンの中に半熟卵が入ったパンを食べました。
ふつうのカレーパンに比べ70円ほど割高の231円。
玉めしが220円なので、ほぼ互角の価格。

食べてみると、ほぼカレーパン。
せっかくの半熟卵もカレーに味が相殺されてしまい、
よくわかりません。
カレーパンとしてのポテンシャルもさほど高くない感じ。

軍配はたまめし有利

やはり玉めしは感動する味です。

お金を出してからの判定であり、
私見に基づくので、まあ戯れ言だと思って勘弁して下さい。
でも、半熟卵の味がほとんど失われていて、
卵に携わるものとしてはちょっと残念だったのでした。
この卵もさほどこだわりがある卵ではなさそうです。

玉めしは、和食のたまごを使って頂いています。
いろいろなところで取り上げていただいており、
数々のグルメ番組でも折り紙付きの味。
まさしく横綱級だと思います。

和食のたまご本舗@

ハルカス
大阪に行ってきました。
仕事と家族旅行を兼ねて。
また、見聞を広めるのも考え方を広くするのに大事だと思います。
とりあえず、究極の大阪ということで、
通天閣へ。
地下鉄動物園前駅から歩いて10分ほどのところに通天閣があります。
途中の道も楽しいこと。
目的地へ観光バスでズドンと行くのもいいのでしょうが、
やはり通常の生活や生活を支える場に行くのも興味をかき立てられます。
その後、全く通天閣と対峙するかのごとく天を突くあべのハルカスに行きました。遠目に見るとさほど大きくないように見えますが、
近くに行ってみると高いこと高いこと。
日本一高い高層ビルだそうで、納得の高さです。
通天閣からハルカスに行く途中タクシーに乗ったのですが、
運転手の方が、地震が起きたらガラスが降ってくるんじゃないかと危惧されてあるほど、ガラスガラスしているビルです。

まだ完成していないそうですが、中の近鉄デパートは観てみる価値がある(でも通り過ぎたぐらい)ところです。

あべのハルカスリンク先

和食のたまご本舗@

アイスバーガー

モリナガのアイスバーガー

アイスばかりです。

和食のたまご本舗@

スコール
北部九州では雨が降って一息ついたところです。
島根県ではたいへんな雨量とのことで、昨年水害で甚大な被害を受けた八女に住む私どもも心配しております。
雨が降ったことで歴代最高気温を更新する暑さも一休みです。

この今までにない暑さで、畜産業は多大な影響を受けています。
人間ですら疲労困憊(ひろうこんぱい)している状態。
ニワトリは卵を産まないばかりか、ダウンしてしまうニワトリも出ています。

連日、ブログでかくないようも画一的になってしまっていますが、
それだけ深刻な状況です。

このため、ネットでの通販はご注文を頂いても、時間を頂くことがあります。

誠に申し訳ありませんがよろしくお願い申し上げます。


和食のたまご本舗@

月見
マクドナルドのキャンペーンが始まりました。
月見バーガーとハンバーガー無料券のサービス。
月見バーガーにプラスしての無料券とくれば、
来店数もかなり増えそうです。
いったいどれぐらいの数になるのかわかりません。

こういう企画モノの怖いところは、
一時的に出荷量が増えることです。

バンズやパティなどは、ある程度計画生産ができます。
しかし、卵はなかなかうまくいきません。
余剰の時はよいのでしょうが、今のように卵が不足気味だと、
更に追い打ちをかけてしまいます。

昨日から北部九州は雨が降っていますが、
天候にも左右される生産状況。

なんの仕事でも難しいですが、
卵はほんとうに難しいと今さらながら思っています。

和食のたまご本舗@

うどん
連日暑さが続いています。

卵が小さくなり、数が不足しています。

私の所ばかりではなく、

全国どこもそうのようです。

原因を挙げると、
・暑いから
・養鶏場の軒数が減ったから
・大規模養鶏場の生産調整

などが考えられます。
暑いからは、説明する必要はないくらいですが、卵が小さくなり、産まなくなってしまいます。

養鶏場の軒数が減ったため、生産の振れ幅が広くなったように思われます。

そして、大規模養鶏場では生産調整に入っているため、市場がひっ迫している、と考えられます。

もうしばらくはこの状況が続きそうです。

和食のたまご本舗@

40最高気温更新が続く夏です。
今年の夏は暑いと毎年言っているようで、
でも今年は暑いとつくづく思います。

暑さの影響は深刻です。
とにかく大きいサイズの卵がありません。
逆に小玉はたくさん出てきます。
まだ残暑は続きそうなので、この状態は変わらないと思います。

この暑さの話がしばらくは課題になりそうです。

和食のたまご本舗@

モンスター
私の右顔は赤ちゃんの頃にやけどを負いました。
25才の時に大事故に遭い、頭蓋骨欠損および右目の下の骨が折れるというたいへんな状態に陥りました。
さいわい、優秀な先生方のおかげで双方とも顔には最小限のダメージ程度ですみました。
もし、はありませんが、もしもヤケドの痕(あと)がひどく残っていたり、右目下が異様になっていたら大きく人生が変わったかもしれません。
モンスターは人からさけずまれるほどに見た目がよくない女性が整形によって、その扱いが変わってくる様をとらえている作品です。
忙しいながらも、ぐいぐいとひきこまれて読み進めていきました。
著者の作品には優れたモノが多いのですが、これが一番のおすすめです。

和食のたまご本舗@

暑さ
最高気温を更新している八女地域です。
37度を超えるとニワトリの斃死が格段に増えます。
暑さ対策もなかなか功を奏しません。

卵が小さくなり、供給量が不足しています。

和食のたまご本舗@

ジブリ
スタジオジブリではないかもしれないけれど、
ジブリっぽかったのがハイジとかフランダースの犬のアニメ。
そしてなんと言っても未来少年コナン。
コナンは今でも見たいアニメです。

ジブリ作品と言えば、すでに30年前にナウシカや魔女の宅急便とかがありました。

魔女の宅急便は映画館でリアルタイムで観ました。

遠い昔の思いでです。

ちょっと前までは映画館に観に行っていました。

最近は、観に行っていません。厳密に言えば、映画館に行っても戦隊モノとかポケモンとかを強制的に観るしかありません。

たまには自分が観たい映画を観に行かなきゃと思います。

和食のたまご本舗@

kinoko
先日白い大きなキノコを見ました。
だいたい15cmの高さがあるのではないかと思われます。
かなりの大きさです。
カサの部分も直径8cmほどはあるのではないかと。
これからの時期はキノコが取れやすい時期になるので、
また変わり種のキノコに会えるかもしれません。

和食のたまご本舗@

アイスバーガー
タリーズコーヒーでめずらしいものを見つけました。
アイスをビスケット風のものではさんだアイスサンドという感じ。
味は甘さを抑えたちょいとほろ苦いおいしさの外型部分に、
はさまれたアイスの部分はバニラがおいしいという感じです。

今年はアイスネタが多いのですが、
やはり暑さがとてもではないのでしょう。

今年の夏は暑すぎると思うのでした。

和食のたまご本舗@
QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ