醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2014年08月

終わり
八女では夏休みが8月注に終わって小学生や中学生の登校するところを今週は目にしました。

話を聞くとやはりあちらこちらで8月中に学校が始まっているところがあるようです。

その昔は、8月31日が夏休み最後の日でした。
もちろん9月1日が日曜の場合は2日から。
この1日あるかないかが小学生にとっては大事なことでした。

宿題が終わっていない、、。

先行逃げ切りというタイプではない私だったので、

8月もお盆が終わって20日以降からあわてて、結局最後3日くらいでがんばるという感じでした。

今年は雨も多かったせいかいつになく夏が短かったように感じました。

この画面はにゃんこ大戦争というiPhoneアプリのゲームです。

私は1回もしたことがないのですが、子どもがやっていて日本全国統一したようです。

だいだらねことか足の長いねこ、さかなのねことかヘンなねこが登場しています。

さほど難しくないようで、だからこそクリアーできたようで。

でもこれで終わりとならず、また新しいバージョンでゲーム再開。

どこかで見切りを付けるにはまだまだ時間がかかりそうです。


和食のたまご本舗@

東洋ホテルあんざ
博多駅の新幹線のホームに近い出入り口が筑紫口側です。阪急がある博多口側のほうが表とすれば、裏側のところです。裏側と言っても博多都ホテル、セントラーザ博多などあります。なによりヨドバシカメラがあります。
東洋ホテルはヨドバシカメラ方面と逆のところに位置しています。
駅から150mほど離れているため、やや歩かないといけませんが、逆にリーズナブルかつ、お客さんもピーク時は混むけれど、列ができるほどではありません。
東洋ホテルにはあんざという飲食店が併設されています。
ここで和食のたまごの卵かけごはん定食を食べることができます。
卵1個とごはん、漬け物、みそ汁と小皿でなんと400円。
更に食後のコーヒーをプラス50円で付けることができます。
なんと450円で卵かけご飯定食が食べられて、コーヒーも付いているというバーゲンプライス。
スタバでコーヒーのみもいいけれど、あんざで卵かけご飯定食食べてコーヒーもいいですよ。

和食のたまご本舗@

人材育成
2014年8月28日福岡日航ホテルにおいて、
読売人材育成フォーラム2014が行われました。
第1部は日本コカコーラ広報パブリックアフェアーズ副社長の後藤由美氏による基調講演「世界に挑むグロバル化と人材育成」がありました。後藤由美さんは日本とアメリカを行き来する仕事をいくつかこないしながら今の立場に着かれてあります。コカコーラの女性起業家への取り組みなど初めて知ることもありました。
続けてのパネルディスカッションでは後藤氏と九州経済連合会会長の麻生泰氏、そして立命館総長の川口清史氏の3人によって社会が求めるグローバル人材とはというテーマで話が繰り広げられました。
3名に共通している点は、このままの日本では世界スタンダートに乗り遅れてしまうということです。
特に麻生氏は日本というブランドは今は神通力があるけれど、あと10年もすれば誰からも尊敬されるような対象ではなくなると言うことを話ありました。
詳細は9月20日(土)に読売新聞に掲載されるとのことです。
グローバル化というと遠い世界の者と思いがちですが、実に身近な問題だと痛感させられました。
私なりに感じたのは、英語は教養やレジャーではなく、友人を作る手段であるということでした。
かっこつけて言うと、English is not leisure,Englic is tresure.
(英語はレジャーではなく、ブロークンでもとつとつと英語で何とか話そうというアクションは宝である)

読売新聞

日本コカコーラ

麻生グループ

立命館大学

和食のたまご本舗@

エナジードリンク
アスタラビスタ(スーパー名)で67円で売られていたエナジードリンク

HOT6

レッドブルショック以降、こういうドリンクを飲んでみたくなり購入。

通常100円で売られているそうで、ぱっと見て普通のドリンクみたいで、

知名度が低いため安く売ってあったのでしょう。

それで、ネットで調べたら韓国ではコンビニでの売上ナンバーワンだそうです。

知りませんでした。

味はごく一般的なオロナミンCとかライフガード、リアルゴールドみたいな味でした。

炭酸が効いていてまあまあおいしいです。

何より安い。

コストパフォーマンスが高いです。

でも、飲み過ぎないようにレッドブルぐらいの価格設定が本来であればいいのかも。

もしくはヤクルトのように容量少なめ。

こういうドリンクは「過ぎたるは及ばざるがごとし」でほどほどがいいようです。

和食のたまご本舗@

小玉ちゃん白

弊社で取扱の少ない小玉ちゃん白10個入りです。

MSサイズのタマゴです。

産地は国産(福岡県)

バーコードは4580114190690

賞味期限はラベルに刻印されますが、これはサンプルのため刻印していません。

和食のたまご本舗@

レッドブル
レッドブル。
つい数年前までは知名度の無かった飲料です。
ミニクーパに大きなレッドブル缶を載せた改造車が走り回っているのを観たことがありましたが、
なんとうちの会社に来たらしいのです。
私は外出中だったので非常に残念。
で、試供品のレッドブルを大量提供頂きました。
ノーマルとカロリーオフとがあって、味も微妙に違うとのこと。


ノーマルを飲みましたが、なんとなく元気になったような。

これなら飲んでもいいなあと思うのでした。

和食のたまご本舗@

お茶会
8月24日福岡の妙楽寺にて立命館大学茶道研究部夏期茶会が行われました。
今回で実に59回目となる夏期茶会は全国各地の中から1箇所で開かれます。
開催地の福岡市博多区御供所町周辺はお寺がたくさんあって、
最初行った時は戸惑ってしまいました。
こんな時に役立つのがグーグルさん。でもなぜか3Dで表示されてしまいよくわからず。
で、迷宮のようなところをたどってたどり着きました。

学生さんたちが案内されます。

お茶会は初めてですが、知り合いの方も多数いて和んだ気分になります。

ついには待合のところで寄席みたいになってしまいました。

他の方々には迷惑千万な私たちではなかったかと思いつつも、

京都にいてなぜに日本の文化の結晶のようなお茶にたしなみがなかったかとつくづく思いました。

お茶には本席と副席がありそれぞれ1杯ずつお茶(抹茶)を飲むようになっています。

お抹茶を飲む前には和菓子が提供されます。

やはり日本の文化を知らねばこれからグローバル化されて行く中で、大事な何かを忘れてしまいがち。

今後またどこかで催されるときには参加されてはいかがでしょうか。

和食のたまご本舗@

スターバックス
中学校の国語の教科書には原文とともに著者の肖像画と略歴のようなものがついていたように思います。
この人物画に点々でまだらを入れたり、切り傷を付けたりしてお笑いにしていました。
明治の文豪には申し訳ない次第でした。
へんにゴテゴテギミックにするよりも、シンプルに紅を差したり、眼を強調した方がおかしかったものです。
クラスメイトに秀逸なデフォルメを施すヤツがいて、
爆笑していました。

でスターバックスさん。

定番の猫の眼にされています。

バックダンサーもいるようです。

なんとも無残なお姿。

でも悪意はないようで、クリスマスのプレゼントを入れる袋だそうで、

目立つようにしたそうです。

確かに。でも目立ちすぎています。

和食のたまご本舗@

アイス戦国時代
熊本に行ったときローソンで買ったロッテのマリンダイバーというアイス。
価格は60円と安いけれど、
当たりくじが付いていて、
今の時代に対応してか塩も入っています。
クール系のミントとバニラが混ざったものですが、
塩とミントがやや強く、夏のアイスの印象です。
アイスに革命をもたらす、とまではいかないけれど、
少なくとも定番に残りそうな雰囲気はあります。

ガリガリ君よりもコストをかけているなあと思います。

ワタシ的にはガリガリ君とこのマリンダイバーが合体すれば更にいいのになあと思うのでした。

アイスクリーム的な要素とかき氷系のミックス。

そういうアイスもあったのですが、

最近見なくなりました。

和食のたまご本舗@


雨
広島での豪雨災害には心が痛みます。
不明者の方が増えていっており、
一刻も早く見つかることを祈っております。

八女もたくさんの雨が降っています。
朝方からカミナリを伴った大雨が降って、
川もかなり増水してきています。

八女地方では2年前記録的な豪雨災害が起こりました。

ひどい災害にならないようにと思います。

和食のたまご本舗@

オペラ
吉井町千年(ちとせ)にあるケーキ店ナチュール。
以前ここのイチゴショートケーキを食べたとき。
これはおいしいと感動に次ぐ感動でした。
軽い口当たりと味の洗練され方が異次元でした。
至高の存在です。
それで、今回は以前買ったこともあるオペラ。
イチゴショートに悩殺され、感動はそっちに持って行かれた感がありました。

で、お盆の配達に行ったときに再度買ってみてしっかりと食べてみました。

おお、これは。

味のカルテットです。

次から次に味が来ます。

しかも上品です。

まさに2枚看板とでもいうのでしょうか。

ちなみにこのオペラというケーキは福岡にあるオペラというところのケーキと作り方は一緒です。

ナチュールの店主の方がオペラで修行されていたとのことで、

なるほどとうならせる味です。

他にも「ちとせロール」というのがあります。

今度買ってみようと思います。

和食のたまご本舗@

かぶとむし
昨日ラジオ体操から帰っていたら近所のおじさんからカブト虫いらないかと言われました。
なんと6匹。
喜んで子どもがもらって意気揚々として家に戻りました。
さっそく、常備している昆虫ゼリーを食べさせます。
ものすごく嬉しかったらしく、
ちょっと出かけるのにも一緒にカゴを持って移動。
クーラーを部屋でつけようとすると、
カブト虫によくないからと、カブト虫を別の部屋に持っていく熱心さ。

それにしてもカブト虫。
人間などの動物と昆虫は本当に異種だと思います。
あの小さな体に羽根も入っていて甲殻類のボディー。
眼も複眼の昆虫もいます。
そしてなんと言ってもその繁殖力。
生きるサイクルの短さはあるけれど、
適応力のすごさなどなど。
たぶん感情を持たないというのは、
それはそれでスゴいこと。
宇宙からやってきた生物ではないかと思っても過言ではないと一人得心するのでした。

和食のたまご本舗@

レインボー
弊社のラベルを印刷して頂いている東兄弟印刷さん。
「きょうだい」ではなく「けいてい」と数年前から読みを変えてあります。
それでお盆前にハワイのレインボー滝をあしらったメモパッドを頂きました。
しかも社名入りです。和食のたまご本舗(株)と。

ちなみにどうやってこの滝を調べたかというと、グーグルの画像検索を使いました。
調べたい画像を入力するところに持っていくと、
なんと似たような写真からこれはどこそこですと教えてくれるのです。
これはすごい。
つくづくグーグルナイズされていると思う自分でした。

最近はグーグルアースとかもあって、
居ながらにして世界を旅した気分になれます。
でもやっぱり現地に行ってみないとわからないこともあるのも確か。

和食のたまご本舗@

検査表
毎月行っているサルモネラ菌の検査結果は陰性でした。

農場でもサルモネラ菌の検査を行っております。

サルモネラワクチンをニワトリには接種しています。

また、そうじや洗浄水の塩素濃度も毎日測って記録しております。

和食のたまご本舗@

いきいき村
メールが来ていました。
いきいき村出荷農家研修会で講師をなさった辰巳明弘さんからです。
なんと講演から40日経って、その後継続してやっていますか?
というメールです。
自動的に送付されるとしても、それを考案して実行してある辰巳さんの凄さを感じました。

こういう何気ないことの繰り返しができることこそが大事なのだとつくづく自分を振り返りました。

その時の写真も添付してあって、
当時の感動が蘇ってきます。

さすがです。

いきいき村出荷農家研修会はいつも内容が秀逸です。

今回も一番いいポジションで写真に収まっていました。

両手を挙げているのが講師の辰巳明弘さんで、その左横が原農場(いきいき村)の原社長。
その左横が私です。
偶然ですがこういうセレンディピティーなことがよく起こる私です。




リンク先(株)佳論

和食のたまご本舗@
QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ