醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2015年07月

iPhone
テレビコマーシャルでこれはいったい何のCMなんだろうというのがあります。
iPhoneのCMもまさにそうです。
性能の高さを誇示するCMで、確かにハイクオリティーな画像が出てきます。
私が今使っているiPhone6plus。
iPhone6に手ブレ補正機能も付いていて大きいこともあって、
写真を撮るには最適です。

この写真もiPhoneで撮ったのですが、芸術的だなあと思うのは私だけです。

和食のたまご本舗@

田川
久留米岩田屋10階にある農家レストラン自然の恵。
ここでは田川さんちの茶でたまごを使ったオムライスを食べることができます。
昨日、田川さんと一緒にここに行って、

茶でたまごのとろとろオムライス〜デミグラスソース〜

を食べてきました。
サラダが最初運ばれてきて、ふつうのサラダに比べると野菜の感じがします。
野菜の感じというのは、何となく輪郭がはっきりしている野菜の味がするということです。

それで、オムライスがやってきて食べてみて、
ああ、これはオムライスだと。
口に入れてデミグラスソースと卵がからみあいつつ、オムライスのごはんとが相まって、
なかなかのおいしさです。

ぜひお試し下さい。

なお、茶でたまごは西鉄天神レガネットや久留米エフコープなどで発売されています。そして明日からハローデイ国分店にて発売されます。

和食のたまご本舗@

tamago
連日関東地方を中心に猛暑が続いていると報道されています。
アスファルトの照り返しやエアコンの排熱で体感的には40℃を超える温度だと思います。
昔に比べると本当に暑くなっているとつくづく思います。
本当は毎年これぐらい暑いのだけれど、寒い冬で忘れてしまっているのかも。

この暑さでニワトリもダメージを受けています。
エサの摂取量が減って、次第に卵を産まなくなります。
また卵のサイズも下がってしまい、
L以上の卵が極端に減ってしまいます。

長い夏はこれからが本番です。

和食のたまご本舗@

トンボ
トンボをたくさん見ました。
大きさは5センチ程度です。
写真だと間延びして見えますが、
たくさん飛んでいます。
まだ初夏ですが、トンボというとどことなく秋の風情を感じます。
しかし、そんな情緒的なことと裏腹に、
トンボが肉食だということや、間近で見ると恐ろしい昆虫だというのがよくわかります。
昆虫は草食よりも先に肉食がいたそうです。
トンボも太古の昔、大きな70センチもあるのが飛んでいたそうです。
恐ろしいですねえ。

和食のたまご本舗@

アイス
毎年たくさんのアイスが発売される中で私の中でベストテンに入っているのが
アイスまんじゅうです。
今年はじめて食べてみました。
今までと何かが違うように思いました。
練乳がかかっているのです!
昔からそうだったけれど私が気が付かなかったのか、
最近変わったのか。
どちらでもいいけれど、
前のほうがおいしかったような気がします。

万人向けにおいしさは本当は向上したのでしょう。
チープな感じが抜けて、ちょっぴりぜいたくという感じ。
個人的には変わってほしくなかったというただの思いだけです。

でも他のアイスと一線を画すおいしいアイスです。

和食のたまご本舗@

パック
テレビがアナログからデジタルへ移行した時期に32インチテレビのほうがそれよりも小さいインチよりも安いという逆転現象が起きていました。
同じように卵を入れるパックも10個入りのほうが4個入りよりも安いというようになっています。
確かにあまり出ない4個入り卵のパックは高い価格設定になっています。
減価償却とかのからみでしょうが、原料のことを考えると、
やはりテレビとは違って安くならない理由はないと考えられます。
原料の使用料は半分以下であり、ほぼそれが価格を構成しているからです。
メーカーさんに話してみたいと思います。

メーカーさんもこのブログを読んでいるので。

10個入りを安くしていますから、
というのが正解かもしれません。

和食のたまご本舗@

カミキリ

暑い夏が九州北部にもやってきました。
本当に暑いです。
長い暑い夏の始まりでしょうか。
まだ、まだこれからです。
カミキリムシのようにバタバタしている私でした。

暑い長い夏といえばグレン・フライの歌。
1992年のアルバムにStrange Weatherというのがあります。
歌詞の中にロングホットサマーというフレーズがあり、
暑いといつもこの曲が頭をよぎります。
あれから20年以上。
台風も凶暴化し、確かに一歩一歩悪い方にいっているような気がしてならないこの頃です。
ただし、暑くなると言われている一方で、氷河期がまたやってくるとも言われています。
地震と一緒で気象のこともよくわかっていません。
宇宙もブラックマターと呼ばれる宇宙の大半を占める物質も解明できていないのと一緒です。

和食のたまご本舗@

マクドナルド
ちょっとネタ切れ。
なので先日食べたマクドナルドの補足情報です。
改善の兆しがあるようで、まだ道半ばという感じがしました。
ただ、ポテトではなくサラダを選べたのはよかったです。
おまけにベジタブル押しがかなりで、トレーの上に置かれた紙にも野菜のうんちくを語ってありました。

サラダはごくふつうの感じ。
でも悪くはありません。

和食のたまご本舗@

ブラックサンダー

暑いのでアイス続きです。
今回はブラックサンダーアイス。
安いチョコなのでしょうけれど、
とてもそれを感じさせないおいしさです。
ほろ苦い感じもどことなくアイスという子どもアイテムにもかかわらず、
オトナを感じさせます。

しかし、これと同じコンセプトのアイスは食べたことがあります。
カントリーマアムだったか。
いろいろあるので忘れてしまう私でした。


和食のたまご本舗@

天気
梅雨明け宣言、そして35℃前後の気温と全国的に夏という感じです。
しかしながら、九州北部はまだ梅雨空が広がっています。
今朝も雨が激しい勢いで降っています。
梅雨末期には大雨が降りますが、まさしくそれを連想させる強い降り方です。

こういう感じだと気分も晴れず、
鬱屈した感じになります。

そういえばビアガーデンも長いこと行っていないような。
行ったけれど忘れてしまっているのか。

でも夏はもう少しでやってきそうです。

和食のたまご本舗@

ガリガリ君
夏突入。

夏といえばアイスです。

ブルジョアもプロレタリアートもアイスしかありません。

夏にアイスを食べられるという環境は昔なら将軍様ぐらいしかなかったはず。

それを、今では100円前後で実現できるのです。

それでもって、ガリガリ君。

いろいろな種類があるけれど、これはレモンヨーグルトというやつ。

中にラムネ菓子が混入しており、いいアクセントになっています。

和食のたまご本舗@

マクドナルド
世の中は単純に黒白つけられるものではありません。
が、そういうふうにしたほうがわかりやすいのも確かです。
なんとなくですが肉は悪、野菜は善というかなり暴力的なわけかたがあります。
それをこれもなんとなくですが垣間見たのがマクドナルドでした。
業績低迷にあえぐマックが放ったのがフレッシュネスバーガー。
バーガーにフレッシュネスという接頭語がついてます。
野菜を入れています、なのでフレッシュでござい、ということなのでしょう。
味は今までと対して変わっていませんでした。
多少なりともきたいをしていたわけで。
何かを求めようとした私が間違いでした。

和食のたまご本舗@

CoCo壱番屋
30年前に京都の丸太町でファースト・コンタクトしたCoCo壱番屋。
今では九州にもあまねく店舗があり、鳥栖にはその工場があります。
このCoCo壱番屋は業績がいいそうです。
それというのも単価が高いからだそうです。
それと店舗に行くと気が付きますが、お客さんへの対応が実にまっとうです。
言葉にしにくいのですが、丁寧な感じがします。
なんというか。
それでというわけではないでしょうが、
CoCo壱番屋は2015年5月期決算で「売上高は前期比3.4%増の440億円、営業利益は同6.5%増の46億円、純利益は14.2%増の27億円と、いずれも前年同期を上回り、過去最高を更新」ということだそうです。

外食を取り巻く環境は厳しいと言われていますが、
この成績は立派です。

ちなみに、タイにもCoCo壱番屋は進出しており、タイでは価格を安くせずに高級路線で売っているそうです。

和食のたまご本舗@

ラーメン
前はいつも通っていたのですが、はじめて立ち寄ったラーメン屋さん。
近くに競合店があるものの、割とお客さんが多く繁盛しています。
カウンターで食べました。
ラーメン屋によっては水はセルフなんてところがありますが、
ここは丁寧に持ってきて注文を聞いてくれます。
とりあえずラーメン定食。
いわゆるラーメン、ごはん、餃子、そしてつけもの。
炭水化物バンザイという感じです。
餃子はまあまあ。ボリュームありこれなら納得です。
ラーメンは、ごま油が効いていて、とんこつ臭が抑えられています。
具材はチャーシュー、キクラゲ、ゆでたまごスライス、ネギ。
最初来た時にこの写真のようにキクラゲとネギだけの、
素うどんならぬ、素ラーメンみたいだったので、失敗したと思いましたが、
中から大きめのチャーシューとゆでたまごスライスが出てきて安堵しました。
大したことじゃないけれど。

ちょっと残念なのが麺でしょうか。
悪いのではないですが、ちょっともっさりしている感じでした。
それと、別添の紅ショウガの容器が固くて開かなくて、トッピングをあきらめました。
まあ、ふつうのラーメンです。

こういうラーメン屋さんも少なくなってきました。

和食のたまご本舗@

うから館
昨日熊本県南関町にあるいきいき村の講習会がうから館にて行われました。
たくさんの生産者が集い、私も講演会に参加しました。
いきいき村は民間の道の駅というか農産物直売所です。
毎年こうやって生産者へ向けての講演会を行い、販売とは何かを考える機会を与えて頂いております。
また生産の大切さや今後の農業の行くべき方向を示唆されるような内容が多いです。
今回は福岡市南区中尾にある農産物直売所「ぶどう畑」の新開玉子さんの話でした。
農家の嫁という立場からの家族模様、そして消費者目線の生産。更には生き方までも伝えられました。
このいきいき村の講演会に参加される方々は還暦を過ぎた方がほとんどなので、
話としてはズバリのところです。
また私にしても20年先の未来を見たようでした。

和食のたまご本舗@
QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ