醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2017年05月

寂心さんの樟
九州を代表する熊本にある大きな木が

「寂心さんの樟」です。

木の周りにはベンチがあってゆっくりと見ることができます。

とにかくどこから見てもすごいと思います。

前回はふつうのレンズでしか撮っていなかったので、

今回は魚眼レンズを使って。

それでもあの大きさはなかなか伝わってきません。

絶対これは見て欲しい大きな木です。

絵心がある方なら、ゆっくりとここでこの木を描いてみるのも一考かと思います。

和食のたまご本舗@

八女
28日に筑後市にある八女高校で大同窓会が行われたので参加しました。
こういう高校全体での大同窓会はおじさんおばさんが多く参加するものだと思っていたら、
いつの間にか森高千里もおばさんになっていて、私もおばさんでなくおじさんになっています。
同じ学年のブログを管理しているため、参加が義務付けられているというのもあります。

今回変わったなあと感じたのが、お出迎えのジャンパーが廃止され暑さから開放された前世話の方々。
そして、会場も薄暗くするために窓をカーテンで覆っていたのを廃止されてあったこと。
プロジェクターを使った司会進行ができないので、全体の受ける印象がかなり変わっています。

久々に同じ高校の同じ学年の友人とあうのはいいものです。

和食のたまご本舗@

マック
アイスクリームが昨年から高騰しています。とても庶民の手の届く値段ではない、と言うと大げさですが、なんか一回り小さくなって、値段も高いなあと感じるようになりました。
そこで最近はドライブスルーでマックシェイクだけを頼むという作戦に変わりました。
頼むのはほとんどバニラ。プレーンなシンプルな味がいいのです。オーダーするのはSサイズ120円。Mサイズは200円なのでブルジョア、というか途中で飽きてしまうので。


しかし。

バニラを頼むも味にほのかにベリーベリーを感じる。
これは一体。
よもや間違えてしまったのでは。

ネットで調べると、どうやら機械の仕組み上仕方がないらしいのです。

でも、なんだかそれはそれでロシアンルーレットみたいでいいのかも。

でも合わない味の組合せだったら嫌だろうなあ。

和食のたまご本舗@

たまご
半年ほど経っていることと、弊社にはほとんど関係がない関東の卵業者なので取り上げてみました。

◯◯鶏卵という埼玉の鶏卵販売業者が倒産しました。負債額は3億円だそうです。2010年にできた会社なので、7年で終わったことになります。やはり、ここ最近卵の流通量が減っていたことや、販売先がなんだかんだ言っても特徴がなければ安くしか売れなかったということにつきるのではないかと推測。
鶏卵の流通量が減るとなぜに鶏卵販売業者は厳しいのか。それは、供給先から卵が入らないことと、入ったとしても割高にならざるを得ないためです。また標準価格で卵が入ってきたとしても、出荷先のスーパーや飲食店は価格がなかなか上げてもらえずというところもあったはずです。現に年間固定価格というところがあります。これぐらいなら採算に合うだろうと出していた価格でも、ここ数年の高値で動く鶏卵相場では、この固定価格が仕入れ価格よりも下になっていたということも考えられます。生産販売しているところとのコスト競争では負けてしまうため、売れば売るほど損になっていたのでしょう。固定価格とは安定した仕入れが保証できていなければたちどころに赤字が続いてしまいます。
また、特徴のあるたまごであれば、同じ固定価格でも割高で販売できますが、それもできなかったのでしょう。仕入れ販売となるとこれもなかなかアピールするのが弱くなります。弊社でも全国ブランドの特殊卵を仕入れ販売していますが、そんなに売れるものではありません。

弊社では卵の味を良くするためには、コストをかけていますが、そうでない部分では、常にコストを下げる努力をしています。

ノリ
セブンイレブンのおにぎりはコンビニの中でもおいしさが違うなあと思います。何が違うかというとやはり海苔。他社のおにぎり海苔には申し訳ないですがおいしくないものがあります。セブンイレブンのおにぎり海苔はいいもの使っている感があふれています。
そのセブンイレブンのPB海苔。価格はふつうのスーパー並がそれ以下で意外と安いと思いました。正方形の小袋に分けられていて、一食ごとに使えます。安いから期待していなかった味ですが、ごはんと一緒だと悪くありません。むしろおいしいくらい。
まさにいいことばかりのセブンイレブンの海苔ですが、海苔だけで食べたらけっこう味が濃いことに気が付きました。味を濃くするとおいしく感じることがありますが、まさしくそれです。この方法だと逆に海苔本来の味がわかりにくくなります。もちろん、海苔だけで食べる人はあんまりいないでしょうが、ごはんと一緒の時にベストな味になるように考えられているのでしょう。さすがセブンイレブン。

和食のたまご本舗@

デザイン福岡の企業でその商品やコンセプトが秀逸なデザインを表彰する福岡県産業デザイン協議会にて2010年奨励賞をとることができました。これは一緒に卵かけごはん醤油を作成していただいた若竹醤油様のおかげです。弊社への賞ではなく、これは若竹醤油様への賞といっても過言ではありません。
残念ながら、この賞に報いる仕事が若竹醤油様はじめ会社でもできておらず、私自身残念でたまりません。
3ヶ月の短期目標を策定し、一つでも販路拡大に貢献できるようにしていこうと思います。

和食のたまご本舗@

ごませんべい
かどや製油のごませんべいです。これがおいしい。九州ではスーパーなどの店頭で見かけることもない商品ですが一部熊本ではくまモンのついたごませんべいが販売されているようです。もしかしたらOEMかも。
やはりごま油の国内シェア5割というごまと言えばかどやというくらいゴマゴマしている会社のごませんべいは社運がかかっています。というと大げさですが、それだけ渾身の作であることは間違いありません。
硬さもそれほどなく、というかごまを固めているのでもろく、簡単に崩壊してしまいます。
ごま好きなら絶対外せないお菓子です。おすすめです。

和食のたまご本舗@

iPhone
Toprimeiphone6sPLUSレザースマホケース ベルトホルダーの続報です。
たいしたことではないですが。
ベルトにiPhoneケースを引っ掛けて使うタイプなのですが、この引っ掛けるフックの部分の固定している糸が切れて、フックがぶらぶらしていました。さすがにガマンも限界に達して交換してもらおうとも考えましたが、面倒くさいしクレーマーみたいに思われるのも癪なので、自分で修理することに。
そこで登場したのがゼリー状の瞬間接着剤。
いろいろな機械が壊れた際に修理するのに会社に常備しています。
ゼリーを外れた部分に塗布。
そして圧着させるために重しをのせて30分。
しっかり固定できています。
使ってみたらいい感じになっています。

そもそもこういう固定を最初から補強してあれば問題なかっただろうにと思います。

コレでもう少し延命できるようになりました。

こういう商品は定価よりも価格が極端に安くなっている場合は、それに適合したケイタイが廃盤となった場合や、やはり売れなかったからというのがあると思います。この商品も価格が1,000円ぐらいと定価よりはるかに安くなっていて、もし定価で買っていたら交換してもらったかもしれません。しかし、安くなっていたので、交換する手間ヒマと面倒くささを考えると自力で何とかするという手段を選びました。やはりモノは壊れるという大前提で、壊れたら修理するというスキルを身につけるのも一計だと思ったのでした。

和食のたまご本舗@

由布岳
所用があって別府へ行きました。その帰りに由布院PAに立ち寄りました。
昔はこのPAそのものもなかったのですが、最近はここにスマートETCもできていました。
これで場所によっては城島高原など観光地へのアクセスが容易になったところも多いと思います。
由布岳が印象的な場所ですが、どことなく山の頂付近からえぐられている部分のカタチが変わっているように見えました。久々なのでわかりませんが、ちょっと大きくなったような気がするのです。
なんとなくこういう山を見ていると、人間とは何なのだろうかと思ってしまいます。
ほんの僅かの時間しか生きていないのだと実感させられた今日でした。

和食のたまご本舗@

iphone
Toprime iphone6sPLUS iphone7PLUS ウエストポーチ レザースマホケース ベルトホルダーブラックを買いました。
ベルトに引っ掛けるフック部分と本体を固定しているところが購入後1ヶ月も経たずにほつれてフックが外れそうです。
この状態だと1ヶ月以内にフックが外れそう。
たぶん、フックだけでベルトに引っ掛けていたため、力がこの小さな一点にかかってしまったのでしょう。私の使い方の問題でしょう。せっかく本体は質感も高くてよさそうなのに残念です。
しかしながら、以前使っていたエレコム製タテ型のiPhoneケースは2年半何事もなく使うことができました。
それに比べるとなんと貧弱なことか。
とりあえず、この状態でもホックで留めればなんとか引っ掛かってくれているので、あと半年くらいは使って元を取り戻したいと思います。

和食のたまご本舗@

イースター
時既に遅しの感があるのですがイースターについて。バレンタインやハローウイーンは根付いた感があるのですが、トムとジェリーにも出ていたイースターことキリスト復活祭はもう一つ盛り上がりに欠けています。
なぜか。当然イースターといえば極彩色に彩られた卵が思い浮かぶくらい卵業者にとっては、販売拡大の絶好のチャンスです。なのに今ひとつ盛り上がりません。
この盛り上がらない原因を業者目線で考えてみます。
まず、時期が悪い。これに尽きるのではないでしょうか。
3月から4月にかけての時期は人生の大きな転機を迎える時期です。
いかなイースターといえども、人生の転換期たるこの時期には、かまっていられないということでしょうか。
進学するとか就職するとか。はたまた引っ越しするとか。
おまけにこの時期の日本には桜があります。何もかもふっ飛ばしてしまう象徴的な桜の前にはいかな極彩色に彩られようとタマゴごときではかないません。桜の歌はたくさんあってもイースターの歌はありませんし、知りません。いや、そういえばきゃりーぱみゅぱみゅが歌っていたぞ。イースターイースターって。
そうです。そして流行らない理由の3つ目がタマゴ業界がコンセプトを打ち出せていないに尽きるのではないでしょうか。

1,時期が悪い
2,桜に負ける
3,たまご業界がもう一つ貪欲でない

きゃりーさんがあんなにがんばっていたのに、です。一部業者はイースターにちなんだ卵を販売されてありました。もっと援護射撃をしてタマゴが売れるようにせねば。

和食のたまご本舗@

hana
日本の国債が1,000兆円を越えて、今以上に厳しい財政規律が必要との論者があります。特に公共工事関係でどうなのかという。確かにそこまで必要なのかと思っていしまうことも多々ありますが、あまりにもそれを過度に規制してしまうと、経済そのものが失速してしまいます。また、公共工事を減らしても民主党政権下ではリーマンショック(日本だけでそう言うらしい。英語ではthe financial crisis)の影響もあって逆に国債は増えてしまっています。
経済学者というのは、過去の経済状況を解説するのだけが仕事ではないはずです。よりよい社会の実現のため、どのような経済施策を打ち出すべきかなどを提言できるようにとも思うのです。
しかしながら、他所の国で失敗している規律財政、緊縮財政を打ち出すのはどうなのかとも思います。
過度の緊縮政策では経済が失速してデフレからなかなか回復できないのです。
マスコミもこういうことには全くタッチせず、感覚的に叩きやすいものを叩くという感じです。
こういう状態になっているのは、たいへん嘆かわしいことで、結局損するのはまともな人だということになってしまいます。

でも感覚的に公共工事はたたきやすいんだろうなと思うのでした。

和食のたまご本舗@

迷惑メール
昨日からEMS配達状況の確認-郵便局-日本郵政というタイトルで差出人が郵便局というアバウトなメールがやってきています。
中身を見るまでもなく、さっさとゴミ箱行き。
ネットで調べるとフィッシングメールらしいのです。
間違えてしまいそうなタイトルでうっかり開いてしまいそうです。
ただし、添付ファイルを開かない限りは問題ないようです。

ウイルス対策ソフトをインストールしてはいるものの、
やはりある程度は水際で防げるような知識や経験が必要でしょう。

まず、相手からのメールに信憑性があるかどうか。
電話番号など明記されていない場合は疑うべきでしょう。
判断につきかねる場合は電話してもいいでしょうし。
それでも疑わしい時は、こちらから最寄りの郵便局に尋ねてみるのもいいでしょう。

皆さんもメールで郵便局には注意して下さい。

和食のたまご本舗@

鉄バット
先日土曜日に八女でチャリティーのプロレスがありました。
当日別の用事があったため、夕方から開催だったこのイベントに参加できるか微妙だったのですが、何とか終わりまでには間に合いました。
どうだったとかのコメントも全部見ていないので差し控えますが、がんばっているのはよく伝わってきました。
それで、少しでも何かの足しになればと買ったのがこの針金を巻きつけたバットのキーホルダー。
針金は手巻きだそうで、全部異なっているとのこと。手作りなのでこうなったのでしょう。
それだけにレアな品物のようです。
ネットで検索してもなかなか出てきません。
価格はちょっと高めでしたが、ご祝儀と思って購入させて頂きました。
でも、このキーホルダーつけていたら善人そうに見える人も凶暴な人間に返信、もとい「変身」できそうです。
凶暴な人がつけていたら、恐ろしくてちびってしまいそうです、かな。

和食のたまご本舗@

パクチー
会社のMT子さんが買ってきたパクチーチップス。いつもなら瞬殺でなくなって、その存在時代も闇に葬られるのですが、なぜか今回ほぼ開封状態で残っていました。
体調でも割るのかと思いきや、実は味がノーグッドらしいのです。ポテトチップス愛好家の私としては、そんなチップスでもチャレンジせねばと一念発起。
そんなたいそうなことではないけれど、とりあえず一口。
おお。
まるでお口の中がインドの市場にすっとんで行ったような感じです。

活気のある雑多な市場のあの独特の香り。

確かにこれは好き嫌いが別れます。

いも焼酎と一緒で、最初はなんだこんな酒と思っていたら、だんだんとコレでないとダメ、となってくるのでしょう。

とりあえず、私には合っていたようなので、これを頂きました。

お返しに湖池屋ポテトチップスの松茸味?をプレゼント。

そういえば成形チップスにカルビーのが出ていて、おおっと思いました。

和食のたまご本舗@
QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ