醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2019年01月

シゲキックス

とてもすっぱいシゲキックスです。
試しに食べて、1個だけでもうたくさんとなりました。
本当にすっぱいです。
こういう小学生向けのお菓子は一定量あります。
最近CMでなかなかやるなあと思ったのが、
さけるグミ
今年のバレンタインデーは仏滅だそうで、
さけるグミのおどろおどろしい感がよく出ています。

さてこのシゲキックス
最初はすっぱいが口中に広がってきます。
ガマンです。
ガマンしているとやっとコーラの味がしてきます。
ナニカスゴイ、、。

まじめに卵の業界は消費の増大を考えています。
しかし、こういうギミックな発想の売り方も必要なのかもです。

仏滅のバレンタインデーにはたまごを投げつける、
では軽犯罪法違反になるので、たまごを使ったチャレンジをするとか。
生卵をどれぐらいの距離で受け取れるか、
生卵をどれぐらいの高さから割らずに受け取れるかとか。
それぐらいの発想ではまだまだでしょうが。

和食のたまご本舗@

明星末廣ラーメン本舗

これだけコンビニやら何やらある中で、食料を備蓄する必要があるのかと思われそうですが、災害が起きると店頭から一斉に品物がなくなります。
とりあえず会社には卵があるので、新鮮ゆえにカラがむきにくいけれど、
ゆで卵にすれば一時的な食料にはとりあえずなんとかなります。
しかし、そうとばかりも言ってられない事態に備えて、
カップ麺をいくつか備蓄しています。

これはマックスバリュで買ったもの。

明星の東北秋田の名店末廣ラーメン本舗

アウトレット品ということですが、
賞味期限は4月まであります。
定価218円が98円と半額以下になっていました。
これは本当にバーゲンプライス。ちなみにカップヌードルのクレイジーチリチリチリトマトのビッグ定価208円も98円でした。こいつは「チリトマトヌードル」の20倍の辛さ! だそうです。

さて末廣ラーメン。パッケージには京都の有名店で修行したと書いてあって、たぶん新福菜館でしょう。こことは縁があったこともあり、食べに行ったこともあっておいしかったです。

2011年1月のブログ

なので、これは食べる前から期待が高まります。
九州はトンコツ王国で。ラーメンは皆トンコツと思われそうですが、
福岡ではうどん文化もあるためか、意外と醤油もいいなと思ってしまいます。

というかこのブログの趣旨からしても醤油に関係する話題が一番。

脱線してばかりのブログですが、醤油と卵を探求していきたいと原点回帰です。


和食のたまご本舗@

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_66d8

いただき物の珍しいお菓子。
白くて丸くて甘い。
大きさは2センチ大。

送り主はその昔インドで知り合った方。

懐かしい思い出が蘇ってきます。

この時にガンジス川で沐浴し、
インド大好きになりました。

和食のたまご本舗@

花見の白鷺宝

ドーナツ

一時期レジ横に置いて、強烈に売っていたセブン-イレブンのドーナツ。
今はパンコーナーの片隅にワンアイテムだけ置いてありました。
ドーナツの競争で、結局ミスタードーナツも苦戦を強いられ、
それが理由ではないかも知れませんが、
久留米の上津バイパス沿いにあったお店も閉店してしまい、
今ではとんかつの松屋になっています。

セブン-イレブンのコーヒーは今でも変わらず売れているようですが、
ドーナツは結局当たらなかったようです。

今は焼き鳥に力を入れているようで、
先日もお店には私達親子しかいなかったのですが、
店員さんが皆に聞こえるように(お客は私達だけのはず)、
焼き鳥いかがですか〜と声高らかに言っていて、
その声に反応したのか結局ヤキトリを買う羽目に。

さて、セブン-イレブンのドーナツ。
税込みで100円でした。
期待せずに食べたらサクッと感がたまりません。
しっとりでもなく、パサパサでもなく、さりとてザクザクの対局。
しなやかな感じがしたのです。
味もバランスがよくて、これならまた買ってもいいと思うレベル。
たまにはいいかもです。

和食のたまご本舗@

5VNlvcoRTCqHXjXMjy6q5Q_thumb_66d5

土曜日の夕方。
飛行機がかなり低空飛行していました。
夜だったので、さほど威圧感はなかったのですが、
あれが日中であれば、大丈夫だろうかと思うほど低い高度に感じました。

私の見間違いか、感覚の違いかもしれませんが、
なにか旋回しているような、
空中待機しているような感じにも見受けられました。

いつもと違うことが起きると、不安になります。

地震も九州で多発していますが、
これも不安になってしまいます。

こういう不安を煽っているネット情報もありますが、
そういうデマに惑わされないことも大事だと思います。

和食のたまご本舗@

Vf9Ct93oR0Sb22N2SQRwCw_thumb_66cb

筑豊を代表する河川といえば遠賀川(おんががわ)です。
筑豊を南北に貫いていて、
筑豊の方にとっては一番思い入れのある川ではないかと思います。
筑後地方にいた私は、30代までほとんど冷水峠を超えて、
筑豊に行くことはほとんどありませんでした。
北九州に行くときは高速道路で行くのがほとんどでした。
30代になってから取引先ができてから、行き来するようになりました。
遠かった筑豊が身近になりました。
更に縁が深くなり、小竹町、田川、遠賀町とあちこち行くようになりました。

福岡市内に行く回数よりもこっちに行く回数が断然多かったです。

ここ最近は、あまり行く機会がなくなりましたが、
接続する冷水トンネルや八木山バイパスが無料化され、
交通アクセスも格段に良くなっています。
東西に貫く福岡インターから行橋までの道もできて、
東西南北に福岡県を行き来できる利便性も向上しています。
そんな交通の要にもなってきている筑豊です。
利便性が高くなると、かえって素通りしてしまう、
ということも多くて反省しているこの頃です。


和食のたまご本舗@

鶴屋吉信

いただき物のお菓子です。
京都の老舗和菓子店鶴屋吉信製の
栗京観世
こんなにおいしいものがあるのかと、
驚くこと必須のお菓子です。

京都にはお茶の文化の影響があって、
そして雅な文化が1,000年続いたこともあって、
こういう和菓子一つでも奥深いものを感じます。

京都には縁がある私です。
京都の金閣寺近くにある立命館大学。
ここに4年間通いました。
何でココを選んだのか今でも謎なのですが、
このブログにも昔書いたことがあったのですが、
京都イラストマップというのを高校の時にいとこからもらって、
それを自分の部屋に貼っていました。
それで、なんとなく京都に惹かれたのだと思います。

こうやって京都を感じるものをいただくと、
京都にまた行きたいと思うのでした。

和食のたまご本舗@

パック

大学では環境問題をゼミで習っていたので、
今クローズアップされているマイクロプラスチックの問題は、
なんで今さらの感がありました。
ゼミの担当教授は川俣淳司先生でチッソで働いてあり、
水俣病と接してこられた方でした。
なので、多くは語られませんでしたが、
巡り巡って自然はつながっていることを痛切していました。

マイクロプラスチックが問題なのは、
適切な処理がなされず、ゴミとなって海や川に行ってしまうことです。
それが小さくなって魚の体内に取り込まれてしまうのが問題。
100円均一の安い海のレジャー品はおおむねプラ製。
こういうのが問題です。そのままダイレクトに海に行きます。

一方で卵パックはほぼ家庭内もしくは調理場で使用されるため、
海まで到達する率はかなり少ないと思います。

ただ、絶対ではないので、そうなると卵パックも問題視されそうです。

そもそも論からすれば、プラスチックそのものの使用全てを禁止!
という過激な発想にもつながってしまうので、
落とし所を早く見つけてほしいものです。

一番ダメージを受けているのはストロー製造業者。

それよりもレジ袋のほうが問題だと思うのですが。
フリースも問題かなと。スポンジ・たわしも問題ありでしょう。
ちなみにアウトドアブランドのパタゴニアのフリースは1着2万円と高価なのですが、
リサイクルファブリックを使っているためだとかで、
環境を考えるとこれぐらい高価になってしまうという典型的な例です。

和食のたまご本舗@

日本農業新聞

今朝の日本農業新聞の1面トップの記事は

利益残らない・・・鶏卵安値 農家経営圧迫

エサも高い上に生産物である鶏卵が安いという状況をつぶさに伝えてあります。
深刻の度合いは今まで私がこの業界にいて、最大ではないかと思うくらいです。
今までも鳥インフルエンザが発生したり、卵価安はありましたが、
今回はすぐに回復する見込みがない感じがしています。

相場に頼らないたまごの生産も行っていますが、
これほど安い卵が出回ると、その価格差がネックとなり、
結果として売れ行きが落ちてしまいます。

今後の打開策としては、
増えすぎた生産を抑制するしかありません。
しかし、新しくつくったばかりの養鶏場では、減らすこともできず、
それゆえに難しい問題になっています。

日本農業新聞を読みましょう。

日本農業新聞

ゆる

センター試験の英語リスニング問題に使われた挿絵が話題になっているそうです。
さっそく日曜日の新聞で確認してみると、
擬人化されたリンゴやニンジンに羽根が生えています。
キュウリやブドウも力強く受験生を応援。
問題は野菜か果物かという点と、
羽根があるかないかという点で聴き分けます。

とりあえず、私はほぼ毎朝基礎英語2とかを聴いているので、
この程度であればだいたい理解ができます。
なんだかんだで継続して英語は続けているので、
なんとか一定レベルを維持している程度ですが。
ビジネス英会話レベルになると、うっとなることも。

ポケトークという小さな手のひらサイズの翻訳機械があるそうです。
英語学習が必要なのか考えさせられます。
英語だけでなく中国語やフランス語など74語もできるそうです。

しかし英語。できないよりはできたほうがいいし、
まあ、海外に行って困るような場面も少なくなると思います。

昔広瀬香美の歌に、
なんとかいってる英会話しゃべれて当然の世の中
というフレーズがありましたが、
まだまだ努力しないと刀も錆びてしまいます。

和食のたまご本舗@

クマと太陽

八女にあるハンバーグ店「クマと太陽」
ハンバーグの専門店です。
なのでハンバーグはおいしいです。
今まで数回行っていますが、今回は前回よりグレードアップしています。
ハンバーグが微妙に大きくふっくらしていて、
前はその時だけだったのかもしれませんが、パサパサしていたのがジューシーに。
これなら納得の味です。
他の卵や野菜と麺の配置も適切な場所に。

同じお店でも忙しい時とややゆとりがあるときでは、
いろいろな調理の具合が変わることがあるのかと思います。

今回あらためておいしさを再確認できてよかったです。

和食のたまご本舗@

ピーナッツチョコレート

監視カメラが四方八方に付いているディスカウントストアコスモス。
ドアにも到るところに注意書きがあって、レジで精算の済んでいない商品を持ち出したらダメと書いてあったりします。それだけ万引きが多発しているのでしょう。久々に行ったら、店内の前の方にあった陳列棚が低くなって見通せるようになっていました。カメラ+レジから見通せることで抑止力としたのだと思いました。
その棚には店内および駐車場での写真撮影禁止と書いてあります。これは対同業者対策のようです。
それだけ注目を集める存在なのでしょう。
そんなコスモスで発見したのがピーナッツチョコレート88円。
この形状はでん六に似ているなと思って、ひょいとウラ面見たら、でん六の製造。
似ているではなく同一商品?
食べてみると、微妙に甘さがオリジナルよりも強い感がします。
たぶん同じかもしれませんが、パッケージでそう思っているのだと思います。
なんとなくオリジナルのほうがおいしそうだと固定観念みたいなものがあるのかも。

和食のたまご本舗@

でん六ピーナッツチョコ

とある量販店に並んでいたでん六のピーナッツチョコブロック。
100円以下だったと思います。
それだけでもたいへんなコストカットを経て出したのだろうと思いますが、

いかんせん中身が少ない!

サイズがひと回り小さくなっている上に、
中身も力石徹ばりの減量化。
ちなみに力石徹とは昔のボクシングアニメ
あしたのジョーのライバルでものすごく強かった人です。

でも中身が少なくても、
でん六のピーナッツチョコブロックはおいしい。
たぶんピーナッツがいいのではと思います。
セブンイレブンのPBバターピーナッツがでん六のものですが、
他のローソンやファミリーマート品と比べるとおいしさが違います。
同じピーナッツでもなんであんなに違いが出るのかと。

中身が少ないくてもいい。

とにかくでん六のピーナッツチョコブロックは最高です。


和食のたまご本舗@

ノンアルコールビール

ビール味のノンアルコール
それがノンアルコールビールと呼ばれるものです。
飲酒による悲惨な交通事故を防ぐために厳罰化されたため、
ノンアルコールビールも一定の支持を得るようになってきました。
宴会の席でもこれで済ます人もいます。
ノンアルコールビールは昔からあるにはあったのですが、
ノンアル=バービカンはそれほどおいしくなくて不評でした。

その後、需要増に合わせるかのように味も進化して、
しかもアルコールゼロとなって完全なノンアルに。
ビールとは違うけれど、これはこれでありだというところまで来ています。
そして更にこのような機能性も持たせニーズの多様化にも応じています。
このアサヒ ヘルシースタイルは、
食後の血中中性脂肪の上昇をおだやかにする働きがあるそうです。
これ1本飲んで健康になる人はいないでしょうが、
これを飲もうという気持ちが大事なのだと思います。

禁煙するのに禁煙タバコを吸うように、
お酒を減らすためにこれを飲むのも一計だと思います。

しかし、お酒自体がコンビニで買いやすい今の状況では、
意思が固くなれば難しそうです。

和食のたまご本舗@

たまご

言われたくない言葉があります。
それは「卵は物価の優等生」
安ければ正義というか優秀だということでしょうが、
裏を返せば単に安いだけで能がないバカと嘲笑されているのと一緒。

ここ数年卵が極端に不足していて、
それでどこも生産規模を拡大したのが裏目に出ました。
昨年の11月ぐらいからその兆候が現れて、
ついには12月に相場が下がり、
1月は最低レベルの相場が続いています。
やっと少しだけ上がりましたが、まだまだです。
多少上がっても採算ベースにはほとんどの生産者はあわず、
たいへん厳しい状況を余儀なくされています。

安ければいいという風潮がありますが、
生産の大変さを考えると一定水準は必要です。

アニマルウェルフェアにも取り組まなればばならないけれど、
それに見合った対価すらないのであれば、
なかなか前に進みそうにない感じがします。


和食のたまご本舗@
QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ