醤油と卵の探究をする鬼

醤油に合う卵「和食のたまご」でいろいろな醤油にチャレンジ。素材としての卵に磨きをかけています。 和食のたまごは2019年発売25年を迎えます。(「和食のたまご」は登録商標です)

2019年05月

このブログ。
アップしたつもりがアップできてませんでした。
月末であわただしかったのでしょう。

5月も今日で終わりです。
2019年になって半年過ぎてしまいました。
あっという間です。

このままあっという間に年末になってしまうのでしょう。

だからこそ、あっという間とならないよう、

とにかく計画をいくつか立てています。


和食のたまご本舗@

高速道路を通ることがあります。
一度広川から久留米まで使ったことがあったのですが、
高速に入った途端に渋滞。
通常なら10分とかからないのですが、
この時は40分以上かかってしまいました。
これなら下道を通ったほうが早かったです。

また小郡から広川まで高速を使った時は、
小郡インターから500m走らないうちに渋滞。
これも下道を通ったほうが早かったです。

似たような経験は他にもあります。

あわてると失敗する。

ゆっくりと考えてと思うこの頃です。

和食のたまご本舗@

食品サンプル

目玉焼きの食品サンプルです。
ダイソーで108円ながらも大健闘の食品サンプル。
種類も豊富で、選ぶ楽しさがあります。
自分にあった食品サンプルは一つくらい持っておきたいもの。

私が持っている食品サンプルは目玉焼きです。
アマゾンで価格は高かったけれど、
リアルな目玉焼き。
シズル感というみずみずしさ感というかリアル感が半端ないです。

サイズもMSサイズを目玉焼きにしたくらい?

最大12cm最小9cmの楕円形です。

卵黄色はカラーチャート、カラーファンで12程度という感じ。
黄色が強いのでマリーゴールドで黄色を強化している卵のようです。

卵白の末端には焼きムラも再現されていて、
なかなかいいです。

和食のたまご本舗@

ダイソー

店舗によっては店内の撮影は禁止されています。

さてこのダイソーの店内写真。
許可なしに撮影しました。
その理由は写真OK!とPOPが掲示さていたからです。
この棚にはたくさんの食品サンプルが売られています。
トーストに目玉焼きが載ったのを思わず買ってしまいそうになりました。
クオリティーは私が持っている目玉焼きサンプルに比べると、
やや落ちますが、価格差が10倍あるのでは致し方ないこと。

ネタのために今度買ってみようと思います。

パンのクオリティーは高かったです。

和食のたまご本舗@

Sx75eXi7S7aZ5TgrivRS6Q_thumb_6adf

昨日は高校の大同窓会だったのですが、
所要があって行けませんでした。

今年に入ってからあれこれいろいろあります。
特に鶏卵業界はものすごい烈風が吹いています。
しかし、がんばってくれる人がいるからこそ、
そして何より弊社の卵を心待ちにしていらっしゃる方がいるからこそ、
笑顔で前向きにがんばっていけます。

毎日農場やたまごセンターそして配送の方々に感謝です。

そしてこれはパックが入ったダンボール。
資材メーカーの方々などのご協力なしには、
成り立ちません。
関連する方々にも感謝です。

和食のたまご本舗@

GnPXQGLpRZqe8Hh%zBtkXA_thumb_6ad3

マックスバリュで売っていた

わかめのおみそ汁

4食入りでまあ通常なら130〜198円というところでしょう。

しかし!

なんと!

58円でした!

お昼にお弁当だけでは水気が欲しくなるので、

インスタントみそ汁を買いますが、

今まで買った中では最安値。

ちなみにセブンイレブンでもインスタントみそ汁は売ってますが、
味もよくて具もバリエーションがあって、
6食入りで198円。

しかし、このみそ汁なら、倍の数買えます。
ああなんかチープです。

和食のたまご本舗@

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6aea

機能に引き続きiPhoneの電卓。
標準添付のものでないアプリ画面です。
電卓アプリはたくさんあって、
選ぶのに困ります。
どれも基本無料ですが、
広告が下に出てきます。

使い勝手は慣れの問題があるようで、
一概にどれがいいかは言えません。
ただし、アプリの電卓は、
色を変えることができたり、
高度な計算もできる機能を有しています。
また計算結果も残すのもあって、
使う方法によってはアプリもよさそうです。

和食のたまご本舗@

UNADJUSTEDNONRAW_thumb_6ae3

iPhoneにはいろいろな機能があります。
ソフトを入れればけっこういろいろできます。
標準?で入っているのが計算機機能。
電卓です。
もちろんアプリにもいろいろあります。
手書きで計算式を入れると計算結果が出るもの。
ルート√とかも計算できます。
すごいです。

ただ単純な計算であれば、
やはりこの標準仕様のこれが使いやすいです。

至ってシンプル。

まずよく見える。
しっかり見える。

さっそく卵の重さを全体の重さを個数で割って求めました。
64.3gなので微妙にLとMの中間。
一応Lサイズが多くでるのかという感じです。

電卓は昔はカード型のものを持ち歩いていました。
当時はシステム手帳を使っていて、
電卓カードをはさんでいました。
ただし、臨時用。やはり使いにくかったです。

そこで統計用の小型手帳サイズの電卓を使っていて、
ニワトリの体重ばらつきを求めたりしていました。
こいつがすごかったのは、
1.85
1.95
1.73
2.02
という具合に値を覚えてくれていて、
合計や平均値のみならず、ばらつきの値を出してくれることでした。

そんなのを見つけてきて使っていた
あの頃の私のほうが今より立派だと思うのでした。

和食のたまご本舗@

Wo3P5jtCTHOCK2jZr70rvg_thumb_6ad8

一般の方はほとんど見ることがない卵があります。
この表面がザラザラしていてブツブツになっている卵。
ストレスや加齢によって引き起こされる現象です。
ツヤツヤした肌をたまご肌と表現されますが、
こんなたまご肌はダメですねえ。

多少ザラザラしているのもありますが、だいたい殻が薄いため、
ヒビが入っていたり、機械によって検知されます。
さすがにこれぐらい悪いと、
選別されてしまいます。

中身は問題ないのですが、やはりこういうのはダメです。
いろいろ卵にもあります。

和食のたまご本舗@

17tQSk8iRBKYoyWBbwvH5w_thumb_6aa3

いま日本では急速にすべての業態で大型化しています。
これはグローバルな経済活動ゆえに仕方がない面があります。
製鉄所、保険会社、銀行などなど。
そして養鶏も同様な感じになっています。
大手20社と呼ばれる生産者がますます寡占化している状態です。

時代に合わせて変えていく。

マンモスにはなれませんが、
ネズミのように動いていこうと思います。

持論なのですが、おいしいものは、
やはり少量でないとできないのではと思います。
また、この人から買いたいと思われるような、
そんな卵にみんなでつくっていきたいと思います。

和食のたまご本舗@

IMG_4293

森永のパルム。
女性には絶対的な人気のアイスです。
類似品(失礼)の明治ゴールドラインもあるほどです。
種別はアイスクリーム。
ふつうのパルムは食べたことがありました。
今までこういうアイスはありましたが、
なんとなくアイスだけれどリッチ?
という感じがしていました。
ただちょっと甘いなと思うことも。

さてそのパルムの亜流。
ストロベリーとこのキャラメルバナナがあります。

ジャケット買いではないですが、
見た目が高級そうでついつい手にしました。
価格はマックスバリュで108円。

アイスクリームなので期待がふくらみます。
で食べてみると、なんというか。
私のようなチープな舌には違和感というか、
佐賀の竹下製菓が出しているトラキチくんと激似。

うーん。
やはりバナナ香料を使うとこうなってしまうのかと。

どうやら私の味覚センサーが乏しいということで、
この評価ははっきりできませんでした。
たぶんパルムが物足りないのは、
ブラックモンブランのような、
グリコジャイアントコーンのような、
チョコにナッツでないからなのかと。

もちろん人によっては、あのナッツがダメという人もあるようで、
大きく好みが関係していると思ったのでした。

和食のたまご本舗@

マザーリーフ

そろそろ2ヶ月になるマザーリーフ。
葉っぱを水に浮かべると、
葉っぱの周囲でくぼだところから
なんと次世代の芽がでてきて、葉っぱを栄養分にして育つというもの。
けっこう大きくなっていて、
いくつかの芽は鉢植えにしています。
そろそろこの芽も鉢植えにする時期になっています。

それにしても不思議な葉っぱです。

正式名称はセイロンベンケイソウ

土台になっている葉っぱはだんだんと茶色になったり、
別の葉っぱは透明になってきています。

芽吹いたほうはやわらかい緑色で、
これからだんだんと成長していくのでしょう。

なんだか人の一生を短時間で垣間見るような、
そんな葉っぱなのでした。

和食のたまご本舗@

0JaWq1PiQ8q7jZdCssXtZw_thumb_6ac7

うどん発祥の地はどこでしょうか。
香川県?違います。
京都?違います。
実は福岡なのです。
やはり地の利と言うか、
大陸に近いからそうなのですが、
なんか福岡=とんこつラーメンみたに思っている人が多いはずです。
もちろんとんこつラーメンも福岡の久留米が発祥の地ですが、
うどんも発祥の地だったのです。

福岡の人はみなとんこつラーメンばっかり食べている?
と思われがちですが、実はうどんも大好きです。

福岡のうどんはやわらかなこしのないうどんですが、
最近は讃岐うどんみたいなうどんも出てきてます。

肉ごぼう天うどん

なんかいいですね。

実は実は。
月見うどんはあまり食べません。
卵の消費に貢献していない私。
でも、うどんのつゆが濁るのがどうも苦手で。
別にゆでたまごを食べるだったらいいのですが。
まあ人それぞれです。


和食のたまご本舗@

FqDEn44US76g%NKvBJdcNQ_thumb_6a9f


マイクポップコーン

食物繊維たっぷりと書いてあって、

なんか健康にいい?

よくわかりませんが、

いいのでしょう。

アメリカンな雰囲気。

ポテトチップスと双璧をなす

袋菓子です。

和食のたまご本舗@

atkx8hNjQly1N4fkcy4mMA_thumb_6ac1

セブンイレブンでアイスを購入。
セブンイレブンは金のなんとかシリーズとかで
そこそこおいしいけれど、
値段もそこそこするので躊躇します。
また品揃えも優等生的というか、どこにでもあるような布陣。
これがローソンだと、いろいろなものが相乱れて、
選ぶ楽しさがまだ残っています。

選んでいるのか選ばさせられているのかの違いとでもいうのでしょうか。

さて、フタバ食品のクッキークリームバー。
なんと108円。
これは期待できない価格と思っていたら、
なんと種別はアイスクリームです。
乳脂肪分8%以上のもの!
食べて納得のミルク感と絶妙なココアパウダー。
ブラックモンブランだとチョコレートが崩落する恐怖と
戦わねばならないのですが、このクッキークリームバーだと
なかにチョコクッキーみたいなのが練り込んであって、
スムーズに食べられます。

これは久々の大ヒットです。
もう一回買ってもいいと思わせるアイスでした。
おすすめのアイスです。

一応インチキながらもアイス評論家として自称しており、
数あるアイスの中でも相当コスパが高い逸品と思います。
インチキなので、ハーゲンダッツや金のシリーズには、
あまり好感を持てないチープな評論家です。
評論家はプロレタリアートたれ、です。

和食のたまご本舗@
QRコード
QRコード
Recent Comments

このページのトップヘ