サッカー
サッカーワールドカップが盛り上がっています。
決勝トーナメントに進出はさておき、
Jリーグ誕生から24年余り。
数々のスターが誕生してきました。
やはりキングカズこと三浦知良。
そしてラモス瑠偉。
外国からもリネカーやリトバルスキー、
そしてジーコ。
忘れられないのはアルシンド。
男性かつらのCMでも有名でした。
日本の選手もたくさん。
それにしてもヨーロッパのクラブで活躍選手も出てくるレベルにまで日本のサッカーが上がっていったのは、
草の根のサッカーチームであったり、Jリーグサポーターの熱い応援があったからこそであると思います。
今回も香川、本田はじめたくさんヨーロッパやロシアで活躍している選手ががんばりました。

初戦のコロンビア戦での勝利が大きく何かを変えたと思いました。
今回の試合も後半のパス回しも想定していたそうで、コメントも用意していたのではと言われるほどでした。
決勝トーナメントありきで、リスクもあったけれど結果がよかったのでよしです。

ありがとう!

和食のたまご本舗@