テレビを観ていなかったら、八女にいるとあんまり感じられないハローウィン。
その昔。子供が通う小学生向けの英語教室で、ハローウィンパーティをやっていて、
参加したことは一度もなかったけれど、そういうのがあっていたというくらいでした。
また、もっと昔。
アメリカでハローウィンの時に起こった事件。
間違えて射殺されてしまった服部君のことがどうしても頭から離れず、というのが私のハローウィンの印象でした。

ここ数年。

「仮装」で「渋谷」というのがハローウィンのようです。

若い人が多く集まって、楽しく集う。

なんとなくなじまないなあと思うのは、もう行けない年齢でもあるからでしょう。

その人達の親世代にいつの間にかなっています。

ともかく、ハローウィンで卵が売れるということはあまりなさそうです。

ただし、テレビで卵の特集を10月末は組んであったようで、
売れ行きはやや堅調のようです。

某日本Mルドさんもハローウィン使用のモールドパックが売れて絶好調?


和食のたまご本舗@