きんし重

昨日に続いて京都と滋賀の間にある逢坂山「かねよ」

肝心のきんし重の味について語っていませんでした。

ずばり、圧倒的です!

まず見た目のインパクトが圧倒的です。

うな重ではなくてきんし重なのです。

卵とうなぎをどうやって食べるのか悩んでしまいますが、

先ずは卵から。
自己主張しないけれど、しっかりと卵であるというのが和食のたまご。
それを最大限に活かしていただいております。
とにかくごはんにだし巻然とした錦糸卵が載っています。
厚みは3センチを超えるくらいの勢いです。
卵を3個使ってあるそうですが納得の厚みです。
卵の分量も圧倒的です。


そしてうなぎもホクホクとしておいしいです。
うなぎは大好きなので、これはもう贅沢の極み。

とにかく圧倒的な卵と食が進むうなぎ。
お腹いっぱいになります。これは食べ過ぎたかなと。

とにかく、おいしいうなぎ、じゃないきんし重です。

和食のたまご本舗@