883Life

世田谷ベースに憧れるサラリーマン。 バイク(XL883)、アメカジ、レザークラフトなど、一度限りの人生満喫中。

メンテナンスに使ったアイテムたち

今回のタイヤホイールのメンテナンスに使ったアイテムたちのご紹介。
セルフメンテナンスを頑張ってみようという方は参考にしてください。

バランスウェイト。
DSCF1499


フロントは2個、リヤは3個でバランス取れました。
ちょっと多めに買ったので、残りは次回に。

バランス取りの工具は、コチラ。


タイヤホイールをクルクルまわして、毎回、同じところでとまるようであれば、
とまった場所の最上部(重たい場所の対角)にウエイトを貼っていきます。

タイヤ交換をするならコチラもあったほうが便利。


ビード落としです。

それ以外にも、こんなモノを購入しました。
DSCF1500
スパークプラグです。


1本500円以下です。
高いプラグも良いですが、純正を定期的に交換します。

続いてはコチラ。
DSCF1501
ワコーズの添加剤、FUEL 1(フーエルワン)です。
高いですが、エンジンの内部を綺麗にしてくれるので
定期的に使ってます。
バイクはタンクが小さいので、数回に分けて注入。
この製品は評価も高く、信頼できます。


色々と工具などをご紹介しましたが、セルフメンテで大活躍しているのは、
実はコチラです。
image
写真は古いですが、ホイールクランプです。
バイクを直立できるのでオイル交換の時も大活躍です。


ある程度、揃えるまではお金もかかりますが、
長い目でみると、安上がりだし、楽しいし、最高です。

おわり








ランキングに参加しています。ポチッっとお願いします。

キャストホイールに戻す計画③ 最終章

さて、前回はベアリングの圧入までおわったカスタム計画ですが、
いよいよ最終回です。

ベアリング圧入がおわったホイールに、新品のステムバルブを取り付けます。
DSCF1505

DSCF1503

特に記事にすることでもないですが(笑)

次にホイールのブレを確認しました。
結果は問題なしでした。
DSCF1498

次に、タイヤの組替時にホイールに傷が付かないように、
また、安定してタイヤ交換できるように土台を作ります。
DSCF1507
700mmに切ったツーバイ材に切り込みを入れて、

DSCF1508
わずか700円です。

ネットでは6,000円弱で販売されてます(驚)

こんな感じで使いますね。
DSCF1509

では、フロントから交換していきます。
ホイールの取り外しは過去の記事(カスタム)を参考にしてください。

DSCF1511

ロータを外します。
DSCF1513

DSCF1514
スポークホイールの雰囲気は大好きなんですが・・・。

今回はタイヤは今のコマンダー2を流用です。
DSCF1512
ビードを落としてタイヤを外します。

そして、キャストホイールを準備して、
DSCF1516

タイヤレバーを駆使してタイヤを組みます。
DSCF1518

そして、バランス取り。
DSCF1519
完璧にバランス取れました!!

DSCF1520

どうですか!!なかなか良いと思いませんか。

DSCF1521

はい、次はリヤです。
DSCF1538
こちらも、さっさとタイヤを外し、

DSCF1537
ローターとプーリーを外し、

DSCF1540
タイヤを組み替えます。

そして、リヤもバランス取り
DSCF1542
こちらも、バッチリです。

DSCF1543
アクスルシャフトは前後とも、トルクレンチで締めます。

DSCF1547

タイヤ交換は3回目なので、手慣れたもんです(笑)

では、お披露目です。
DSCF1546

DSCF1551

DSCF1548

その後、いつもの場所まで試走しましたが、
とにかく軽い!!驚きの軽さです。

ベアリングが新品になったからなのか、
キャストホイールで軽量化されたからなのか。
DSCF1558
スポークホイールと違って、ちょっとお洒落になった気分です。

工具さえ揃えれば、セルフメンテは楽しいです。
愛着も沸きますしね!!


おわり






ランキングに参加しています。ポチッっとお願いします。

キャストホイールに戻す計画②

今日はツーリングに行く予定でしたが、
昨日から風邪の症状が出始め、今朝は頭痛と寒気で
ツーリングをキャンセル。

薬を飲んで昼まで寝てたら、少し落ち着いてきました。
そこで、キャストホイールの計画を少しだけ進捗させました。
DSCF1493
今日の作業はベアリングの圧入です。
ネットで調べると、専用のインストーラを使ったり、新しいベアリングを
冷やしたりと、色々とコツが掲載されてますが、賛否があるようです。

そこで吾輩はシンプルに打ち込みました。
DSCF1485
はい、綺麗になったホイールです。

DSCF1483
使うベアリングはNTN製。
国産のベアリングで格安です。
オレンジもハーレーのイメージカラーですね(笑)
DSCF1486
使う道具は古いベアリングとプラハンです。
上のミミズみたいなのはワコーズのグリスです。

DSCF1489
ベアリングの内側を叩かないように気を付け、
平行に打ち込んでいきます。

ある程度までは、これで打ち込めます。
DSCF1491
途中からは古いベアリングを重ねて、これまた周りをハンマーで
叩いていきます。

すると簡単に打ち込めます。
DSCF1492

これを両面やるのですが、ディスタンスカラーとの干渉具合を確認しながら
左右均等にベアリングを打ち込みました。

古いベアリングを外す前に、どのくらい打ち込まれていたか
確認していたので、これで大丈夫だと思います。
DSCF1236

DSCF1235

さて、ここまで来たら、あとはステムバルブを新品に交換して、
いよいよ取り付けになりますが、タイヤは今使っているものを流用するので、
いつになるかわかりません。

最後に、風邪をひく原因となったのは今週の横浜出張ではないかと。
火曜日は冷え込みがすごく、水曜日はポカポカ陽気。
仕事で行ったのにカメラを持参して、こんな写真を撮影しました。
DSCF1467

DSCF1468

DSCF1478
おわり




ランキングに参加しています。ポチッっとお願いします。

キャストホイールに戻す計画①

現在、吾輩のXL883にはXL1200Nの純正スポークホイールが装着されてます。
DSCF1211
個人的にはスポークホイールの雰囲気が大好きなのですが、
パンクした時の事を考えると、ちょっと心配に。

また、キャストでもカッコよくしているスポスタさんもいるので、
ここは吾輩もキャストホイールに戻す計画を実行します。
ただし、今までのカスタムと違うのは、この計画はゆっくりと実行すること。
空いた時間で、のんびり作業していきます。

まずは、キャストホイールの入手から。
純正のキャストホイールはブラックアウトした後、
ヤフオクで売却したので手元にありません。

そこで、ヤフオクから手頃なホイールを入手します。
XL883N(アイアン)の純正ホイールや、XL883Rの純正ホイールなど
何度かチャンスがありましたが、ご縁がなく見送ること数回。
前後、別々ですが、なんとか格安で入手できました。
DSCF1233
我輩のXL883は2009年式なので、前後ともベアリング内径25mmのタイプです。
スポーツスターは頻繁にホイールが変わっているので入手する時は年式の注意が必要です。

さて、入手したら、最初にしたかったのがベアリングの交換。
どうせリフレッシュするなら新品のベアリングに交換します。
DSCF1235

DSCF1236

そこで準備したのが、コチラ。
DSCF1408
ネットで3,000円弱で販売されているベアリングプーラーです。

結論からいうと全く使い物になりません。
理由は、ベアリングの内側から引っかける歯が大きすぎて
上手くベアリングとカラーの間にかからないんです。
歯を削ってみたり、色々とやってみましたが無理でした。

そこで次に準備したのが、コチラ。
DSCF1420
STRAIGHTのベアリングプーラー。
こちらはbasixさんも使っている工具なので間違いなし。

結果、いとも簡単にベアリングが外れました。
DSCF1421

DSCF1422

やっぱり工具は重要ですね。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

パイロットベアリングプーラーセット 8〜25(mm) STRAIGHT/19-6...
価格:8982円(税込、送料無料) (2016/10/23時点)


はい、ベアリングが外れたら次は塗装に入ります。
でも、その前にちょっと、こんなもんで磨いてみました。
DSCF1409

DSCF1411
ワコーズのメタルコンパウンドとマザーズのマグ&ポリッシュです。

広島の45Degreeさんで磨きのコンビとして紹介されているアイテムです。


これでリムを輝かせます。
DSCF1415
塗装後に仕上げますが、どの程度の実力か試してみました。
弱い力でも結構磨けますのでお薦めです!!

さて、この段階から数週間経った本日、マスキングから塗装をしました。
我輩にしては、のんびりしたカスタムです。
※純正キャストに戻すのをカスタムというのだろうか?
DSCF1430

DSCF1431

そして、今回使う塗料は以前のブラックアウト化でも使用したイサムのエアーウレタンです。
この塗料は2液混合で定評ありますので安心です。
DSCF1432
下地はミッチャクロンではなく、同じイサムのものを使いました。


寒くなる前に塗装は終わらせておきたかったんです。
DSCF1434
ここから、焦らず数回に分けて塗っていきます。
エアーウレタンは2本準備したのでしっかり重ね塗り。

DSCF1444
はい、もう終わりました。
マスキングテープを外して乾燥させます。
完全硬化まで数日ですが、ゆっくりカスタムなので問題なし。

はい、今日はここまで。

次回はいつになるかわかりませんが、興味のある方は乞うご期待!
DSCF1453

DSCF1451

DSCF1452

おわり





ランキングに参加しています。ポチッっとお願いします。

お洒落なミドルウォレット

少し前に納品させて頂いたウォレットです。
image

赤ですが濃いめでムラがあって上品。

image

真鍮のDカンもマッチしてます。

image

ベージュのステッチが引き立てます。

image

コバはリクエストに応えてブラックに。

以上、上品なカワキチ ミドルウォレットのご紹介でした。

おわり



ランキングに参加しています。ポチッっとお願いします。

次なる一歩

さて、ゆっくりと始めますか❗image


おわり



ランキングに参加しています。ポチッっとお願いします。

XF18mm F2 試し撮り

お題の通り、XF18mm F2の試し撮りをしてきました。

レンズがコンパクトというのは非常に良い!!
DSCF1206
オープニングにこの写真。これは別に特別ではないですね。

DSCF1179
ツーリング先での食事もバッチリそう。

DSCF1181

DSCF1180
このあたりは広角レンズのおかげかな。

DSCF1185

DSCF1186
F2の明るさなので、こんなボケも楽しめます。

次はTouit 32mm F1.8の試し撮りですね。
Carl Zeissの実力は・・・。



おわり






ランキングに参加しています。ポチッっとお願いします。

出たり入ったり・・・


またまたカメラのネタです。

少し前に明るい広角レンズを入手しましたが、
その後、色々と出たり入ったりがありました。

XF16mm F1.4は寄れるし明るいので最高のレンズなのですが、
X-T1に装着して普段から持ち歩くにはちょっと重たかったのです。
そこで、XF18mm F2に買い換えました。
DSC01157
このレンズは価格も安いし、コンパクトだし、F2という明るさだし、
18cmまで寄れるんです。

写真では、XF35mmにつけているフードを装着してみましたが、
フードを外せばとてもコンパクト。
やはり持ち歩きは軽くて小さいほうがよいですね

さて、コレだけでは終わりません。
XF16mmとXF18mmの価格差があるので、
別のドナドナもやっちゃいました。
DSC01139
そうです!CarlZeissです!!

富士フィルムのX-Mountで、AFが使えるレンズがあるんです!
CarlZeiss Touit 32mm F1.8
これをXF35mm F1.4とドナドナです。

では、早速、比較です。
まずは顔。
DSC01146
フジのレンズのほうがカッコいい気もしますが、
実はこのTouit、中古ですが、「Carl Zeiss」との文字があります。
これ、現在は「ZEISS」になっているんです。
我輩は、ネットで「Carl Zeiss」のモデルを探しまくって入手したのです。
何が違うのかって?そりゃ見た目ですよ

次に大きさです。
DSC01147
実は、フジのXF35mmとほぼ同じです。
ドッシリした形なので大きく見えますが、あんまり違いはありません。

最後に装着時のイメージ。
DSC01148
まずはXF35mm F1.4 R

DSC01149
次にTouit 32mm F1.8

実は、ボディとの質感はTouitのほうがマッチしてるんです。
※XF35mmは艶があって高級感があるのですが、
X-T1のボディにはTouitの艶が抑えられたレンズのほうが似合う!と思っている。

DSC01150
やはり、この「Carl Zeiss」という文字がカッコいい。

DSC01151
XF35mmに使ってたフードも装着可能(52mm)

DSC01153
妻のα7用のCarlZeissに続いて我が家に2個目。

さて、実際にXF35mmと比べてどうなのか?
実は32mmという、少し画角が広がるのも吾輩にとってはポイント。
DSCF1191
こちらはXF35mm F1.4

DSCF1192
こちらはTouit 32mm F1.8

若干、画角が広いですね。

明るさはF1.4からF1.8に落ちますが、そこはあまり問題ではありません。
DSCF1194
Touit 32mm F1.8で撮影しました。

広角レンズもコンパクトになり、ますます楽しくなる吾輩のカメラライフです。

あっ、写りに関して、見比べる力を持ち備えてないので、
あくまでも雰囲気で勝負してます

おわり




ランキングに参加しています。ポチッっとお願いします。

熊本チャリティーステッカー

少しでも協力できればとチャリティーステッカー購入。
再来週はチャリティーライブにも参加します。
ただ、阿蘇山の噴火が心配。

image


おわり



ランキングに参加しています。ポチッっとお願いします。

次なるカスタムへスロースタート

今週末はスポスタに乗ることなく終了。

洗濯機の水漏れ対策や家の用事で乗るチャンスを逃しました。
DSCF1045

来週以降に期待ですね。

そんな吾輩のスポスタですが、
ゆっくりと次のカスタム計画を始動します。

そのために必要なグッズがコチラ。

広島にある45degreeさんのケミカルは素晴らしいんです。
以前、マザーズのホイールクリーナーを購入しましたが、
スポスタのタイヤとホイールから、とんでもない汚れが出てきました。

さらに、吾輩のスポスタはマザーズの最高級カルナバワックスで
過保護に輝いております!!


このワックスを使うと、独特の甘い香りとともに
強烈な艶が生まれます。

塗装の表面がワックスで柔らかくなるような感じです。

とにかく、魅力的なケミカルが多い45degreeさん。
お薦めのショップです。



あっ、カスタムの内容はそのうちアップします。

おわり







ランキングに参加しています。ポチッっとお願いします。
パパさんプロフィール

どうもです!
  • 今日:
  • 昨日:
  • 累計:

カワキチウォレット
  • カワキチ AAFミドルウォレット 通常価格のご案内 
  • GW特別企画!!カワキチ特売!!
  • GW特別企画!!カワキチ特売!!
  • カワキチ ミドルウォレット NEWバージョン!!
  • カワキチ ミドルウォレット NEWバージョン!!
  • カワキチ ミドルウォレット NEWバージョン!!
  • 【納品完了】カワキチ AAFミドルウォレット spl.ver
  • 【納品完了】カワキチ AAFミドルウォレット spl.ver
お問い合わせフォーム

カワキチ製品の質問やオーダー、 シーソーペダルの件はコチラから。

名前
メール
本文
お得情報


楽天ではポイントUP実施中


楽天カードは作るだけでお得


ハーレーのカスタムパーツ、純正部品ならヒロチーで。


取り扱いブランドも多く、アメカジファン必見!
楽天POINT5倍という事は実質5%OFF!
最新コメント