2015/04更新 スタックを最新版に入れ替え
2014/04更新 Bluetoothドングルを入れ替え

私はパソコンにBluetoothドングルをさして無線で飛ばして音楽を楽しんでいるのですが、この前購入したWalkmanと比べるととても音が悪いです。

で、いろいろと調べた結果Bluetoothで音楽用に使われるプロファイルA2DPのビットレートが低いのではないか?という結論に至りました。
それで、このビットレートを設定しようと思ったのですが設定できるのは東芝製スタックを採用している製品だけだそうです。残念ながら私の購入したBluetooth 3.0対応のBT-Micro3E1Xはモトローラ製スタックを採用しているのでこの設定項目がありません。レジストリから設定できるかな?と調べたのですが設定できるようなものは発見できませんでした。

最近はapt-Xに対応しているものもあります。新規導入にはそちらも検討して下さい。
問題はapt-XはCSR Harmonyというスタックしか対応していなく、ソフトウェアの出来が悪くトラブルが多いこと。A2DP以外はイマイチらしいです。
音質ではapt-Xが断然良いのでお勧めですが、安定性では東芝スタックです。

それと、Bluetoothには電波の強さでClass1とClass2の製品がありますが大は小を兼ねるので電波の強いClass1の製品を購入しましょう。電波が強いと音切れが発生しにくくなります。(実際に試しました)




せっかくなのでBlutooth4.0対応で
CSR Harmony採用の製品をチョイスしました。
(CSR Harmonyはライセンスされた製品以外では絶対に動作しない) 
で、ここからが本題になりますがスタックを入れ替える方法です。

1.今まで使っていたスタックをアンインストールする
普通にコントロールパネルからアンインストールします。再起動を要求されると思うので指示に従います。

2.東芝製スタックをダウンロードする
http://dynabook.com/assistpc/download/modify/soft/btswt/index_j.htm
こちらにv9.10.32Tがあります。
exeですが、適当なフォルダを作成しておき、そこに解凍します。

3.インストールする
解凍されたフォルダを開き、Setup.exeをダブルクリックします。
普通にインストールし、再起動を求められるので指示に従います。

4.機器を登録する
タスクトレイにアイコンが出てきていればインストールは成功です。
ヘッドセットやヘッドフォン、各種Bluetoothデバイスを登録モードにして登録してあげてください。 

5. 音質を設定する
機器を登録した段階では、「低音質」で接続するようになっているので設定を変える必要があります。
Bluetoothアシスタントを開いてデバイスを選択し、「詳細」をクリックします。
音質を「低音質」から「自動」か「高音質」に設定します。
Bluetoothアシスタント
 
6.確認する
自動的に機器と接続されている場合はいったん手動で切断し、再接続します。
これで音質が上がっていれば成功です。

ただし、この東芝製スタックは関連づけられた製品と組み合わせないと30日間の評価バージョンになります。
Googleさんに聞けば・・・「TosBtChk.dll Crack」(9.xでも8.xのものでOKらしい)