こんばんは。kanaと申します。

美容院での困り事

2~3か月の頻度で行くであろう、美容院。
発達障害当事者様の中で、美容院が苦手という方、いらっしゃいますか?

「美容師さんとの会話が苦手」
「人に髪の毛を触られるのが苦手」
「触覚過敏でヘアケア商品がいつもと違う・・・」

こんな悩み、持っている人多いんじゃないかと思います。

コミュニケーション必須!?

美容師さんに髪の毛を切ってもらうとき、雑談をするシーンが見受けられるかと思います。

しかしこの「雑談」、発達障害当事者、特にアスペルガーの人にとっては苦痛かと思います。
特に初めて行く美容院では緊張してしまいますよね。

「おとなしくしていたいのに・・・」と思っていても、美容師さんから天気の話などから話しかけられ、苦手なのに無理して合わせる人も多いかと。

しかし、「雑談」を上手に避けて、ストレスなく美容院の施術を受けられる方法もあるのです・・・

雑誌を読む


美容院に行くと、美容師さんが自分に合いそうな本を何冊かチョイスして鏡の前においてくれます。
最近では、電子書籍の普及によりiPadを渡されるところもあるかと思います。

目の前にある雑誌をひたすら読んで、夢中になっておけば、美容師さんもある程度気を遣って話しかけられないことが多いです。
「話しかけないでオーラ」ってやつですね。(笑)

ただし、夢中になる=過集中になりすぎないように。
業務連絡的な内容で美容師さんとの会話は必須ではあるので、その点うまく配慮しながら雑誌を読みましょう。

雑誌が読めない!?

紙の雑誌にしろiPadにしろ、
「目が悪い」
「ずっと雑誌を読んでると肩が凝る、重い」


発達障害当事者の方で「疲れやすい」という特性を持つ方も多い。

ずっと雑誌を読むことで疲労が溜まってしまったり、
目が悪い中無理して雑誌を読むのも精神的によろしくないと思います。

スマホを見る


そのような時におすすめな方法は、自分のスマートフォンを席まで持ち込み、自分の好きなコンテンツを見る。
スマホであれば肩の凝りも、雑誌やiPad程ではないと思います。


その時間にTwitterなどのSNSをチェックしたり、Amazonでネットショッピング・・・ってことも可能です。

ただ、受付時に貴重品をロッカーに預けることを促され、その時にスマホも一緒に預けておくと施術終了まで取り出せません(美容院にもよります)。

また、シャンプー台に行くとき等ずっと手に持ってないといけないので、スマホケースにストラップを付けたりして、持ち運びも便利な感じにしましょう。

仮眠


シャンプーの時は、被せ物が目にかかるので、仮眠していても問題ないと思います。

パーマやカラーの置いている時間やヘアセット中は、瞑想みたいな感じで目をつぶっているのもおすすめです。
瞑想のトレーニングにもなります(笑)

やっぱり雑誌が読みたい・・・


「読まなければいけない」「~しなければいけない」という固定概念が心のどこかにあるのでしょう。
でも、それでも雑誌が読みたいという方、

「(自分は)このようなジャンルの雑誌が読みたいのですが、ありますか?」
と、聞いてみましょう。

基本的に、用意される雑誌は美容師さんの勘で選ばれており、勘が外れていることだってあるんです。
はっきり自分の読みたい雑誌のジャンルを言ってみれば、雑誌を変えることが出来ます。

でも、話すのが苦手・・・

そんな人は、予約時に「コミュニケーションが苦手」である旨伝えておきましょう。

関連記事:ADHD対策 -匂いに負けないヘアケア商品を選ぶコツ-

     報連相は最初の時だけ。


お手数をおかけしますが
↓ ワンクリックお願いします♩ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

\ 購 読 よ ろ し く お 願 い し ま す /