こんばんは。
数あるブログの中から、ご覧いただき
ありがとうございます*

kana と申します。

最近の私

ここ最近はセッションの対応をしたりと、
のんびり過ごさせていただいてます。

そんな中、沢山の人に会って、その中で知った言葉。
HSP

この言葉、皆さんは知っていますか?

HSPとは何か?

「Highly Sensitive Person」の略、
「人一倍敏感な人」という意味です。

アメリカの心理学者が提唱したそうです。

*気遣いが上手にできる 
といった長所がありますが、

*五感や人の気持ちに敏感
*強い刺激や人混みの中に入ると疲労を感じやすい

といった、体調面で不調をきたしたりする点があります。

具体的な症状


他にも、
他人の怒りに敏感になってしまうケースや、
怒鳴り声が苦手なケースも見られます。

怒られているのが自分ではなく、第三者が怒られているのを
見かけたときも同様です。

更に、空気を読みすぎてしまうあまり、
疲労が出てくることもあります。

私の話を少しします

わたしは、20代前半まで全く気遣いが上手にできなかったのです。

ただし、当時付き合っていた人に、
「気遣いが出来ないとkanaとは結婚できない
と、言われたことを機に、気遣いについて訓練していました。

居酒屋で料理取り分けたり、誰かのことを持ち上げたり。

しかしその反面、

「次はあれしなきゃ、その次はこれしなきゃ」
「本当に気遣いできているのか不安」
「空気読まなきゃ結婚できないんだー!」

そんな強迫観念を抱いて生活するようになっていました。
その元カレと一緒にいない時でも。

それから、小さいころから苦手だった怒鳴り声や大きな音。
年を重ねるごとに苦手度が増していったのです・・・


結局、破局し今に至る


破局してから今に至るまでの間が長すぎますが・・・
その間に別の人と結婚して、転職を繰り返したり、
発達障害の診断を受けたり・・・

詳細は割愛しますが、元カレと別れた理由の魂胆に、
「発達障害」が隠れていたのかなーと。

今すごく思っているのです。

「気遣いしなきゃ」という焦り


旦那と付き合い始めた時もそうだし、友達とご飯に行った時もそう。
「気遣いしなきゃ離婚されちゃう」
「空気読んで友達を持ち上げないと友情が崩れちゃう」


そんな感情になってしまうのです。

友達と遊ぶってなった時に、気遣いできるかどうか不安になり、
ご飯行ってサラダとか取り分けてもらったら、
申し訳ない気持ちになってしまうのです。
直接「サラダ取り分けて」って言われてもいないのに。

心配性とは違う

その光景を見た友人から
「Kanaは心配性だね」と、言われることもあります。

ええ、気遣いしなくてはって気持ちが常に付きまとう時点で、
「心配性」なのかな と最初は考えていました。

ただ、心配しすぎて疲労をためてしまう点で、
「心配性」ではないのかな、とおもうようになりました。

そんなことで悩んでいる最中「HSP」の存在を知ったのでした。。。

https___www.pakutaso.com_shared_img_thumb_214hariIMGL9956

心配症だったら「長所」としてとらえられるけど、
HSPの場合、「生きにくさを感じる」という点が大きな相違点です。

発達障害とは異なる!?

今のところ、一般的に異なるという意見が多いです。

ASDの方だと、「空気を読むのが苦手」な特性があったり

ADHDの方だと、「注意欠陥」により、
料理を取り分けるのに困難を要したり。

発達障害は先天性のものが多く、「生きにくさを感じる」という点は
HSPと共通する点だと思います。

わたしの注意欠陥や多動、空気の読めなさは幼少期からあったし。

FCFG100144916_TP_V

ただ、元カレの一言で、
「自分の(発達の)特性を無理矢理矯正した」のかな、
と思うこともあるのです。

うつ病になったのもその後の話だし、

HSPという不安と向き合う

あまり浸透していない言葉に悩まされている方はおおいだろうし、
辛い、不安、といった気持ちを抱える人も多いと思います。

しかし、人間、不安を感じない人はいません。

HSPに対する不安な気持ちを、成長の糧にすればいいじゃん!
HSPのことを勉強するだけで、不安と向き合えるんじゃない?


と、いった感じに私は思ったのです。

まずは自分のことを認めよう。
そして、HSPについて何らか1つでも向き合えたら、
自分が成長できた証拠だと思うようにしよう。

そして、1人で向き合わなくていいんだよ?
疲労が溜まっているときは、頼れる人に相談したっていいんだよ?

最後に・・・

「気遣いが出来ないとkanaとは結婚できない」と言っていた
元カレには感謝ですね。

当時、発達障害の診断が出ていなかったとはいえ、
自分の特性と向き合うことが出来たのですから・・・!

お手数をおかけしますが
↓ ワンクリックお願いします♩ ↓
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 発達障害へ
にほんブログ村

\ 購 読 よ ろ し く お 願 い し ま す /