華ちゃんが見つけてきたDowningStのYouTubeサイトでブラウン首相が質問を受け付けていたので、XOTTANの心の故郷へのお便りのつもりで(なぁんて、内容はそんなノスタルジックなものでは全くなくなっちゃったけど。)投稿してみました。

華ちゃんが作った原稿に手を入れながら、う〜む、私ったら英語力が減退しておるわ!むっき〜★と反省しきり。特に経済的な表現、これでホントに言いたい事伝わってる???

ってところがしっくりくるまでにずいぶん時間がかかってしまいました。

間違えることを恐れずに、とにかく作って、ちょっと時間を置いて他の事をしてまた戻ってくるとちょこちょこと気になるところが出てきて、それを直しての繰り返し。

今回は1分以内という制約もあるので、あんまり長々話せないし、でも省略しすぎてもトンチンカンになっちゃうし・・・。

本当言うと、ここまで強く日本国民が海外資本を脅威に思って閉鎖してしまうと恐れているわけじゃなくて、もうちょっと柔らか〜く、とりあえず今は、海外資本アレルギーが悪化するといけないから一旦引いてもらって、その間に良い素材で、資本を必要としてる日本の企業はいっぱいあるから、そっちに投資してもらってくださいな、的なやんわりした内容にしたかったんですけど・・・。

一応華ちゃんの帰国子女でネイティブなお友達に華ちゃんに確認してもらうと、

英語は結論から先に、直接的な表現で

というアドバイスをいただき、いや、確かにそうなのよと、頭を切り替えて英語のセオリー通りに書き直したら、なんだかやけに直接的な文章になってしまったのです。

正直、私って軽く二重人格?と思うほど、言語の力って人に影響を与えるみたいですね。

だけど、面白い経験になりました。
これからもこういう企画があってもなくても、いろいろ聞きたいこととか言いたいこととか、発信していきたいと思いました♪

日本語訳はイザ!ブログ『メトロ女★楠城華子の乗り継ぎ人生』へ
華ちゃんのブログでの奮闘振りも合わせて読んでみてください。