あっという間に1週間って経ってしまうのですね。
さて、第2回目となる今日は、「名前を言ってみよう」

世界中にボーイフレンドを作ろう!ってことで英会話を勉強することに決めた華ちゃん、ぐうふらちゃんにお友達を紹介してもらえるように頑張ってます。

よったんが初めて中学校の先生になったころ、評価の仕方がそれまでの相対評価から絶対評価に変わりつつありました。

評価の仕方はいろいろな細目にわかれていたのですが、その中に学習に対する意欲、というのがありました。

よったんの尊敬すべき先輩方が、初めて英語を勉強する子供たちは、すべて新しい教科に期待を抱いている。

それまでに勉強していた教科ではあまりうまくいかなかったけれど、みんな新しいスタートを切るのだから、当然やる気はあるはず。

というわけで、理解の度合いなどは別として、1年生の1学期の学習に対する意欲に関する評価は全員5段階の5。

授業を進めていくにつれ、その子が興味を持ち続けるか、飽きてしまうかが決まってくるわけで、教師の責任の重さに背筋が伸びたものでした。

あの頃、このブログでも何度か書いたことがありますが、英語の中身を教えることと並行して、英語が話せるとどんなに楽しいか、ってことを伝えることに一生懸命だったことを思い出します。

どうだろう、私はみんなの英語に対する興味や、話せるようになりたいという思いを持続させ、増幅させることができたかな・・・?

これからも、英語を話したいと思う人のお役に立ちたいよったんです。