「はじめましてと言ってみよう」

意見を聞いた知人に指摘されて気がついたのですが、そういえば子供のころ、はじめまして、は

How do you do?

と習いました。
How do you do?の歌を習いました。今でも歌えます☆
そして、実は現在でもたまに自分でも使うというか出くわすことがあります。

このHow do you do?は堅苦しいイメージがあって、目上のビジネスで出会った人との最初の会話という認識があります。

なので、小学生には無駄なフレーズということで、ここでは実際によく使われるNice to meet you. のみ登場するんでしょうね。

ちなみにHow do you do?と言われたらHow do you do?と返すことになってますので、ネイティブにそう言われたら、同じように言い返しましょう〜♪

ところで、今回の動画のサムネイル、華ちゃんが名刺を出すところで止まっているのですが、キャプションが

「小学四年生、10才です。」

って言っているところなんですよね。
YouTubeのサムネイルは、動画をアップするときに自動的に生成される3カットの中から選ぶのですが、このカットが選ばれるなんて、大爆笑でした。

華ちゃんのキャラクター設定についても事前にいろいろと話し合ったんですよ。
この動画の対象が小学校3、4年生の子供たちってこともあって、華ちゃんもちょっとおませな小学生の女の子という設定にしたのですが・・・。

撮影の時、「小学四年生、10才です。」というセリフがよったんの心にピンポイントで突き刺さり、笑いが止まらず何度かNGを出してしまったのでした。

あの時はごめんね、華ちゃん(思い出し笑)