■ようこそ!■
繁盛店を目指すべてのお店のために
当サイトのおすすめ無料レポートをどうぞ!

■今日来たお客さんを早速リピート客にしてしまう「4つ」の秘策!!
■相手に『売り込まれてる』と感じさせないための文章、コミュニケーション術!!

2006年07月18日

「何かお探しですか?」の前に

ありがとうございます!!
人気blogランキング。応援クリックよろしくお願いします!




「お客さんの一挙手一投足を観察する。 
 それがシューズショップならば、
  
   
   ・なぜその方はその動作をしたのか?
   
   
   ・なぜその言葉を口にしたのか?
   
   
   ・試着のためにソファに座っている時に、
   
    なぜ何度もその場で足踏みするような動作を見せるのか?
   
   
   ・その時どんな心理なのか?
   
   
   ・立って試着する時より足踏みが多くなるのは
    なぜなのか?
   
   
   ・何か納得できない部分、しっくりしない部分があるのか?
   
   
   
   
 「何かお探しですか?」「何かご不満な点でも?」  
   
   
   
   相手に聞く前にまず想像してみる。
   観察ー想像ー実証
   
   
   
   
   
   お客さんの何気ない動作、言葉に
   ヒントはたくさん隠れているものです。
                ☆■■ココ重要!!■■☆

   


ありがとうございます!!
人気blogランキング。応援クリックよろしくお願いします!






繁盛するには訳がある! 「トップへ」



相互リンク募集中です!よろしくお願いします!!


その接客サービスではマズイですよ!!』(ID:0000169294) 読者登録解除フォーム

登録フォーム

解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。    
 

2006年07月17日

無料レポート紹介!


<この無料レポートいいよ!>

無料レポート、という次元ではなく無料ノウハウです。
樺沢さんには非常にお世話になっていて、
この方本当に凄いです。
石川はついて行くので精一杯です。。(笑)

トップランナーのスピードはやっぱりスゴイな〜、といつも思います。
 
 
●これを知らないと1000時間損する!! 
  ネット収入が100倍に爆裂する絶対法則  
  http://1muryoureport.com/?3828
  
 これを読むと、どれだけ努力するとネット収入が100倍に爆裂するのかが
明確に分かります。
 
 あとは、それに向かって努力を開始するだけなのです。
 
 このノウハウは、実践すると必ず結果が出ますので「絶対法則」と
言って良いでしょう。

 メルマガ大賞三冠受賞、精神科医の樺沢さんのレポートです。
 
 21分もの音声レポート。今なら無料でゲットできます。

 ダウンロードは、コチラから
    ↓   ↓
http://1muryoureport.com/?3828







ありがとうございます!!
人気blogランキング。応援クリックよろしくお願いします!






繁盛するには訳がある! 「トップへ」



相互リンク募集中です!よろしくお願いします!!


その接客サービスではマズイですよ!!』(ID:0000169294) 読者登録解除フォーム

登録フォーム

解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。    
 

2006年07月12日

朝礼時

ありがとうございます!!
人気blogランキング。応援クリックよろしくお願いします!




■朝礼の時には、

従業員の顔が下がっていないか見て下さい。
うつむいていないか見て下さい。
目線が下になっていないか見て下さい。

下を向くとネガティブな事を考えやすくなるので、



従業員はみんなうつむいていて、
あなたが一方的に話しているだけの朝礼になっていませんか?

従業員はうなづいているから、聞いているんだと
思い込んでいませんか?

「従業員が思うように動いてくれない」という前に、
どういう信頼関係を築いているでしょうか?
  





ありがとうございます!!
人気blogランキング。応援クリックよろしくお願いします!






繁盛するには訳がある! 「トップへ」



相互リンク募集中です!よろしくお願いします!!


その接客サービスではマズイですよ!!』(ID:0000169294) 読者登録解除フォーム

登録フォーム

解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。    
 

2006年07月11日

ABCクッキングスタジオ

 ありがとうございます!!
人気blogランキング。応援クリックよろしくお願いします!

 

 
 私は知らない街を歩くのが好きで、
 あっちこっち歩いていますが、
 今一番面白い街は、ショッピング・センターですね(笑)。
 
 
 一つ一つ丹念にお店を見て回るのが面白いです。
 今、一日まるまる時間があれば
 間違いなくSCで過ごします。
 
 
 
 その中で、今回のアリオ川口で気になったお店を紹介。
 
 ABCクッキングスタジオ
  
 
 料理教室なんだけど、
 小さい子供用にもやっているんです。
 
 
 子供達がみんな白いコックコートを着て、
 ちょこんと座っている様子はすごいかわいいです(笑)。
 
 
 通路に面したガラス張りから
 中がみえるんだけど、親御さんたちで
 写真取っている人もいましたね〜。
 
 
 それと、
 置いてあったパンフレットを
 持って行く人がエライ多かった。
 
 どういう事を口にしながら手にしていたか、
 お店の人に教えてあげようかと思ったけど、、、止めた(笑)。
 
 
 
 またチェックしてみよう。。
 




ありがとうございます!!
人気blogランキング。応援クリックよろしくお願いします!






繁盛するには訳がある! 「トップへ」



相互リンク募集中です!よろしくお願いします!!


その接客サービスではマズイですよ!!』(ID:0000169294) 読者登録解除フォーム

登録フォーム

解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。    
 

ポイントおさらいしてみる

 ありがとうございます!!
人気blogランキング。応援クリックよろしくお願いします!


       
                           
☆■「ココ重要ポイント!!」 おさらい■☆        
                    
       
       
  
                          
  ■シーン、と静まり返った売り場に
   店員の目を気にしながら忍び足でソロリソロリ
   入っていかなければならない、という緊張感はありません。
  
   気軽に入って、気軽に出られる。
  
   活気、という面でも、入りやすい、という面でも
   プラスに作用している感じです。
    
  
  
  
   ━━━━━━━━━━━━━━

  
  
  ■「いらっしゃいませ」
  
   という店員の言い方も
   客としての自分に対して言っている、というよりも
  
   「お店内の空間に響かせている」という言い方。 といった方が正解?
  
   常に声を出して、空間内に店員の声を絶やさないようにしている。
                      
    
      
   ━━━━━━━━━━━━━━
    
      
  ■「常に」声を出す事が逆に
   相手に、『干渉しません』、『迫りません』、『危害を加えません』
  
   というメッセージにもなっている。
   
   
  
   ━━━━━━━━━━━━━━
  
  
  
  ■「常に」声を出す事で、
   店員は「そこにいるんだけど」、
  
  「どこにもいない」場の感じを作り出している。ことに成功している。
                
   空気のような存在になってしまう。
 
   それはイコール
   お客さんへ近づきやすい、アプローチしやすい、
   という事に結局つながるわけですからね。
  
  
  
   ━━━━━━━━━━━━━━
  
  
  
  ■もし、こういうコミュニケーションを取っていきたいなら
   一つ注意点。
  
   それは
  
  
   「お客さんにキチンと
   『あそこはいつも声を出している店』」
  
   と意識的にせよ、無意識的にせよ認識してもらう事です。
   
     
  
   ━━━━━━━━━━━━━━
  
  
  
  ■中途半端だと
   イメージ醸成につながりませんしね。
   徹底させて行わなくてはダメです。
  
  「常に」声を出して続ける事でこれはうまくいく。
    
    
  
   ━━━━━━━━━━━━━━
  
  
  
  ■常に声を出している店員が店内を歩いていて、
   その声を無意識的にせよ耳にしているので、
  
   「サイズはどうですか?」
   
   って話しかけられても初対面のような気がしない。
   唐突な感じがしない。
  
   
   
   ━━━━━━━━━━━━━━
  
  
  
  ■すでにその店員の事をうっすら
   認識しているような錯覚もする。
  
 
   なんでかって言ったら、
   すでに店員の「声」を何度も耳にしているから、
   いつのまにか店員の存在を受け入れた、みたいな形になっている。
              
                 (正確には受け入れさせられた) 
  
   という仕組み。
     
  
                     
   ━━━━━━━━━━━━━━
  
  
                   
  ■ただ声量等には注意ですね。。
   うるさい、と思われたら意味ない。
    
    
   このような戦略的なコミュニケーションは
   相手に知らず知らずの内に「受け入れさせる」事がポイント。
   
    
   「相手が不快にならない意識レベルに、
    店員の声を聞かせ続ける。」
    
    
   明確に拒絶されなければ、
   相手はそれをいつのまにか受け入れるようになってしまう。
  
        
  
   ━━━━━━━━━━━━━━
  
  
  
  ■「いらっしゃいませ〜」
   「いらっしゃいませ〜」
   「いらっしゃいませ〜」
  
 
   って常に声を出す事で、
   自分の「声」を周りのお客さんに聞かせている。
   それで自分の存在を事前に受け入れてさせる。
  
   お客さんの潜在意識に向かって
   自ら自己紹介しているかのよう。。(笑)
    
    
    
   ━━━━━━━━━━━━━━
  
  
  
  ■フィットしているか確認 → 指先に注意
   
   
   指先に注意。
   お客さんは座りながらその様子を上から見下ろしている、
   という意識を忘れずに!
   上からの視線。
   
   
   
   ━━━━━━━━━━━━━━
   
   
     
  ■在庫を確認するのにも、
   聞かれた事を調べに行くのにも
  
   みんな素早く対応しようと
   
   「走って」います。店内を。
   
   そういう所を見せるのは好感度UPですよね。
          


             
         
 ありがとうございます!!
人気blogランキング。応援クリックよろしくお願いします!









繁盛するには訳がある! 「トップへ」



相互リンク募集中です!よろしくお願いします!!


その接客サービスではマズイですよ!!』(ID:0000169294) 読者登録解除フォーム

登録フォーム

解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。    

2006年07月09日

ショッピングセンター訪店記【8】

ありがとうございます。
人気blogランキング。応援クリックよろしくお願いします!



前回からの続き 
ショッピングセンター訪店記




ポイント 
 ■ 
■○■   『このソファ、試着で座っていいんだよね・・?』
 ■
 
  
  店内にソファの数が少ないと、
  店員の目が気になって座りづらいですね。
  座るとすぐに店員の売り込みが始まるんじゃないか?、と
  ハラハラドキドキ。
  
  急いで試着して、瞬時にいいか悪いか
  判断しなくてはならない切迫感。
  
  
  何足もそこで試す勇気も無く、
  深いショッピングができない事の欲求不満。
  
  
  そもそもそこは
  試着として座ってもいい場所なのか、なんて事も考えてしまう。
   
   
   『ここは客が座ってもいい場所なんだよね??』
  

  しかし、ソファの数が多ければ試着への心理的ハードルは低くなります。
  
  自分が、周りにいる人たちの中の1人になれるので
  試着の負担も減りますね。
  
 
  
  
  それじゃ、もっと突っ込んで
  そこに座って気兼ねなく何足も試着してもらうためには
  
  どうしたらいいか??
 
  
  まずソファの数が多くあって、
  周りに試着している人が見えると安心する、
  というのがあるとすれば
  

   「座りながら、
    周りに座る人が見えるソファの配置」
   
  
  なんて事考えたくなります。 
  
  
  あなただけが座っているんじゃない。
  周りにも座っている人がいて、
  それがキチンと目に入るようなソファの配置。
  
 
  みんなもやっている、という安心感から
  試着へのハードルを下げたいな。
  
 
  
   「こちらのソファから
    あちらに座っている人が見える。」
  
   「あちらのソファから
    こちらに座っている様子を見られる」 
 

  そんな感じですね。
           ☆■■ココ重要!!■■☆

  

  
  ソファの数が多くても
  あんまり座ってくれる人がいない場合は、
  
  こういう配置を変えてみたらいいと思います。
  

  
  数は多くても、まだ「自分だけ目立つ」という
  ニュアンスがあると座ってくれないと思いますよ。
  
  
  
   あなただけが座っているんじゃない。
   周りにも座っている人がいて、
   みんなもやっている、という安心感を生むために、、
    
  

  
  「こちらのソファから
    あちらに座っている人が見える。」
   
   
   「あちらのソファから
    こちらに座っている様子を見られる」 
  
  
  
  という形を作ってあげる。
 
  
  
 
  石川も『客目線だとこう見えるんだ。。』という発見が多々あり、
  非常にいい訪店でした。
  
  


 ありがとうございます!!
人気blogランキング。応援クリックよろしくお願いします!






繁盛するには訳がある! 「トップへ」



相互リンク募集中です!よろしくお願いします!!


その接客サービスではマズイですよ!!』(ID:0000169294) 読者登録解除フォーム

登録フォーム

解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。    
 


2006年07月07日

ショッピングセンター訪店記【7】

ありがとうございます。
人気blogランキング。応援クリックよろしくお願いします!



前回からの続き 
ショッピングセンター訪店記


 
 
 

ポイント 
 ■ 
■○■  『もっとフィット感を確かめたいんだけど・・』
 ■
 

  今では靴を買いに行けば
  試着は座りやすいソファで、という所が当たり前ですが、
  
  
  ソファに座って試着する事によって
  わかりにくくなってしまう部分があります。
  
 
  
  わかりにくくなって不安になるので、
  何度も繰り返してしまう動作があります。
  
  

  知らず知らずのうちに繰り返してしまう動作。
  
  
   何だと思います?
  
 
  
  お店にいる方も、お客としても
  結構見たり、経験したりしてますよ。
  

  
  
  それは、
  
  
  「その場で何度も足踏み」
  
  です。
  
  
  
  
  
  例えば、立ったまま試着する時よりも
  ソファに座って試着する時、
  フィット感がなかなかつかめなくて
  何度も足踏みしませんか?
  
  
   何度もその場で足を動かしたりして、 
   確かめようとしてしまう。
  
  
  でもやっぱり座ったままだと
  フィット感は確認しづらいので、
  ソファから立って、足踏みしたりして
  確認している人が多いですよね?
  
  
  
  よ〜く、お客さんの行動を観察して下さい。
  私が、その場で少し観察しただけで、
  そういう動作をする人が結構いましたよ。
  
       (そういう動作を目にしていても、
        意味を見出していませんでしたか?)
  
 
  
    ソファに座って試着
  
  
       ↓
  
    するんだけど、すぐに立ってしまう
  
    
  
  ソファの設置は確かに座る事ができるので、
  
  
   「試着をしやすい」
  
  
  という面がありますよね。
 
   
  でも一方で座っているので
  
 
   「フィット感が確認しづらい」
    
   
  という面もあると思います。
            ☆■■ココ重要!!■■☆

  
  
  
  立っている時のフィット感。
  座っている時のフィット感。
  
  
  どちらが日常的に必要なものかって言ったら、、、
  
  
  
   前者
  
  
  ですよね?
  
 
  お客さんは明確に意識はしていないでしょう。
  『座ったままだとフィット感、確認しづらいな〜』
  って。
  
  無意識の内に立ってしまうんだと思います。
  
  
  でもそこはお店として、
  お客さんによりいいものを選んで頂くために
  ぜひ一言欲しいです。
  
  
  立ってその場で足踏みしてもらってもいいし、
  
  
  
   「少し歩いてフィット感、確認してみてください」
  
  
  
  っていう言葉があってもいいし。
                ☆■■ココ重要!!■■☆

  
  
 
  試着させればセールスに近づく、という発想は置いといて、
  お客さんのフィット感満足のために
  いろんな角度で考える。動く。
  
  そのための発想を、自分がお客になって得る。
                 ☆■■ココ重要!!■■☆

  
  

 ありがとうございます!!
人気blogランキング。応援クリックよろしくお願いします!






繁盛するには訳がある! 「トップへ」



相互リンク募集中です!よろしくお願いします!!


その接客サービスではマズイですよ!!』(ID:0000169294) 読者登録解除フォーム

登録フォーム

解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。    
 


2006年07月05日

ショッピングセンター訪店記【6】

ありがとうございます!!
人気blogランキング。応援クリックよろしくお願いします!


前回からの続き
「ショッピングセンター訪店記【5】」

 
 


ポイント 
 ■ 
■○■   『探しにいくのも面倒だな・・』
 ■
  


  前回からの話の続きで。
  
  ソファに座って試着しているお客さんに、
  それでは接客者はどういう対応ができるでしょうか?
  
  
  もちろん、
  靴の試着のサポートという意味では、
  
  
  
   一緒に試着を手伝ったり、
  
   オススメ品を紹介したり、
  
   他の商品を取りにいってくれたり(率先して)、
  
  
 
  いろいろできる事、やらねばならないことがあります。
  
  試着の手伝いまではできているんですが、
  大事なのはそこからですよね。
  
    
  お客さんとどう会話し、コミュニケーションをはかっていくのか。

  
  そういう部分は
  まだまだやれる事があると思いました。
  
    (というか、できてない。。)
  
  
 
  本当はそこの、
  お客さんとのコミュニケーション部分も書きたいのですが、
    
    
  う〜ん、今は
  技術的な事をいう段階ではまだないでしょうから。
  
   
  まずは
  
  
  
  「試着でソファに座っている方には、
   
   いろんな対応、アプローチができるんだ」


  という事から認識していって欲しいです。
  
  単にお客さんの試着を手伝うだけでなくね。
  
  お客さんはその時、何を必要としているのか?
  何に不便を感じているのか?
  そういう部分を想像できるようになればいいですね。
                    ☆■■ココ重要!!■■☆

  
 
  
 ○そこがきっちり出来てきたら、
  
  
  「こういう事してあげたら、お客さん喜ぶんじゃない?」
  
  「こんな事したらお客さん嬉しいよね? 
   自分がそうされたら嬉しいでしょ?」
  
  
  と、接客の快感に気づいてもらう段階へと・・引き上げてあげる。
                 (自ら上がっていくきっかけを与える)  
  
  





   ああして!こうして!
   というやり方はしません。
  
  
ありがとうございます!!
人気blogランキング。応援クリックよろしくお願いします!






繁盛するには訳がある! 「トップへ」



相互リンク募集中です!よろしくお願いします!!


その接客サービスではマズイですよ!!』(ID:0000169294) 読者登録解除フォーム

登録フォーム

解除フォーム
まぐまぐ
『まぐまぐ!』から発行しています。    
 

メルマガ登録
その接客サービスではマズイですよ!!』 (ID:0000169294) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
『その接客サービスではマズイですよ!!』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ! 』から発行しています。
Amazonライブリンク
Profile
メルマガ登録
その接客サービスではマズイですよ!!』 (ID:0000169294) 読者登録解除フォーム
メールアドレスを入力してボタンを押すと登録・解除できます。
登録フォーム
解除フォーム
『その接客サービスではマズイですよ!!』バックナンバー
メールマガジン[まぐまぐ!]
まぐまぐ! 』から発行しています。