Z映画 
今日は私の息子(長男)と知り合いと一緒に「機動戦士Zガンダム 星を継ぐ者」の映画を観てきた。
感想は・・・。
何度も何度も観ている者からしては、流石に20年の歳月は凄いと思った次第。旧画と新画の差を凄く感じる所もある。が、しかしこの意味がわかっていればそれほど違和感を感じる事は無いかもしれない。私は20年前の画に慣れ親しんできたから、たとえ20年前の画であっても未だに凄いと思っている・・・。しかし改めて新画と比べて見ると差を感じてしまうのもやはり事実。これからZを真剣に観ようとしている人であればそれほど気にならないかもしれないが、ベテラン組(単なるヲタではない人の意味。笑)にとってみたら色々な意見はありそうだ・・・。半かじりの人も良いと思う。が、SEEDと単に比べないで貰いたい。比べるのであればファーストから富野作品の雰囲気を感じ取っておくべき(爆)
しかし「今回始めての人」はどうなのだろう?・・・感じだけでも分かれば私は良いと思う。「あの時あのセリフ、どんな意味?」が先ずはガンダムの始まり(爆)聞き流してしまうのが殆どだが、何個か思いの残るセリフがあれば「めっけもん」であると思う(爆)勿論今回の映画は新画によるバトルシーンはかなり見応えがある。子どもはそこを楽しく感じ取れればよいと思う。
話が飛んだが、今回は物語にとてもスピード感(躍動感)があり、私のように何度も観ていても飽きさせないノリがあったのは嬉しい誤算?(笑)
後、よく言われている主人公が「健やかになっていく」感じは今回の第1章でも読み取れる所が随所にある。監督は何を考えてそのような変更をしてきたのかはこれから第2章、3章を通して観て感じ取りたい。それは単に偽善的にそういう風にしているものではないと思えるから・・・。
その時に自分自身の中で結論を出したいと思う。そこが今から楽しみ(^^)

確かに20年も前の古いアニメなのだが、放映が終わり年が経つにつれ特にガンダムファンに影響を及ぼしてきた作品が「Z」であると思う。ファースト世代からは罵倒されたりガンダム離れに繋がった人も多い作品であるのも事実。「これ本当にアムロの出るガンダム作った監督なの?」とさえ思った人も・・・。(現に私の同級生は当時何人も観なくなっていった^^;)しかし後々細かく見る機会が私にはあったから(学生時代に友人から借りる。後に気に入って全てダビングする事に。爆)「Z」というものがどういうものであったかは少しは分かっているつもりだ。良い部分もしっかりと存在する。確かに少年の心に少し影を落とすようなディープな作りをしているのだが、本当にそれだけで終わらせてないところに、この物語に救いがあったのではないかと思う・・・。他のアニメでは(映画でもたまにある)どうにもならない単に悲劇性の強い作品は知っているが、それが分かった時点で私は観るのを止めたい性格である。しかしZは何故か許せてしまうのである。特に世の中に対してはファーストよりメッセージが沢山封じ込まれていると思うのだ。アニメ如きにバカバカしい話しなのだが、年が経つにつれ私はそのような「メッセージ」が少しずつ分かってきたのである。
しかし今回の映画はTV版と同じ話であっても同じ雰囲気ではないというのが一番の見所。オリジナルのままではあるのだが、オリジナルではない所に特に着目し、これからも追って行きたい。今から第2章がとても楽しみだ。
(今日、私達が行った映画館は日曜日という事もあり満席だった^^;ネットで予約していて良かった・・・)