スポンサード リンク

辞表(退職届)の書き方・出し方

辞表(退職届)の書き方

辞表の書き方
オーソドックスな辞表の書き方を説明しますね。まず、辞表の書き方の表題は「退職願」として書き出しは行の一番下から「私事」「私議」「私は」で始めるのが一般的です。辞表に「辞表」と書くのは、まるで重役のようなイメージになりますね。というのも、辞意を表明するのが辞表ですから、役職もたいしてない一般の社員が辞表というのは己の立場を理解していないとか、態度が大きいことになるでしょう。あくまでも「退職願」とするのが会社と自分の雇用契約を破棄したいというお願いを会社にするのです。なぜなら、あなたを雇用しているのは会社であって、契約を実際に解除するのは会社側の手続きになりますね。だから、こちら側としたらどうぞお願いしますといって契約を解除してもらう立場なわけです。

辞表の書き方には、「退職年月日」を記述し、「提出日」も入れてください。他に辞表に書き方の記入事項としては自分が働いている部署名などを記述します。このとき、部署名は宛名の会社名より下に書くのが一般的な辞表の書き方です。また辞表の書き方として、名前の下に捺印をし宛名は会社の社長宛、敬称は「殿」を使います。会社に退職用の所定の用紙がある場合もありますので、あるならばその書式に従ったほうがいいでしょう。辞表の書き方といってもやはり常識の範囲に収まっているならば、自作のものは大丈夫な気がします。